友達以上恋人未満とは?中途半端な関係のときに気になる異性の本音

友達以上恋人未満という言葉はよく耳にしますよね。「あの人とは友だち以上恋人未満なの」といった会話をしたことがある方もおられるでしょうが、そもそもこれはどのような状態のことを指すのでしょうか。ここでは友だち以上恋人未満の状態、中途半端な関係の時に気になってしまう異性の本音についてお話したいと思います。

友達以上恋人未満の状態とは?

友だち以上恋人未満という状態がそもそもよく分からない、という方は少なくないと思います。今までそのような曖昧な関係になったことが一度もないという方もおられるでしょうし、本当にそのような関係になることがあるのかと疑問に感じている方もおられるでしょう。では、具体的に友だち以上恋人未満の状態とはどのような状態なのでしょうか。

手は繋ぐ

友だち同士で手をつなぐということは少ないと思いますが、友だち以上恋人未満の状態だと手を繋ぐことはよくあります。散歩したり買い物に出かけたりしたときに手を繋いで歩くこともありますし、人前でも普通に手を繋ぎ合って行動することも多いです。

二人っきりで遊ぶことが多い

2人っきりで遊ぶことも多いです。友達同士でも二人っきりで遊ぶことは多いと思いますが、友だち以上恋人未満の状態だとほかの人を交えずに二人きりで行動することも多い傾向です。

お互いに相手がいない

お互いに特定のパートナーがいないというのも特徴ではないでしょうか。彼氏、彼女がいませんし、それゆえに2人っきりで会ったとしても特に問題はありません。

ハグなどの軽いボディタッチはある

ハグしたりと軽いボディタッチは日常茶飯事です。軽いボディタッチ以上のことをするかしないかは二人の関係性によって変わってきます。

二人っきりで旅行もする

異性の友だちと2人っきりで旅行に行くということはあまり考えられませんよね。いったいどんな関係なのかといった話になりますし、そのような考えにもならないと思います。しかし、友だち以上恋人未満の状態だと二人っきりで旅行に出かけることもあります。

身体の関係を持っていることもある

友だち以上恋人未満だと体の関係を持っていることもあります。身体の関係はあるけど付き合ってはいない、という状態ですね。そこが「友達以上」という関係になってしまう由縁でもあるのかもしれません。

どちらかが片思いになりやすい

友だち以上恋人未満の状態だとどちらかが片思いになっているケースが多い傾向にあります。例えば、男性は友達くらいにしか思っていなくても女性のほうが恋人になりたいと恋心を抱いていることも多々あります。もちろんこの逆パターンもあります。

友達以上恋人未満の気になる異性の本音

友だち以上恋人未満の状態にある異性がどのような本音を抱いているかは気になるところでしょう。それによって今後の出方も変わってくるでしょうし、知りたいものですよね。ここでは友だち以上恋人未満の気になる異性の本音をご紹介します。

今の関係が壊れてしまうのが怖い


このような関係性にあるときは今の関係を壊したくないと考えています。この関係性が壊れてしまうことを恐れていますし、それゆえに友だち以上恋人未満というあいまいな状況から抜け出せないままになっていることも多いです。

束縛の無いこの状態が好き

友だち以上恋人未満という状態がイイと感じている方がいるのも事実です。この関係性だと交際しているわけではありませんから、束縛されるようなこともありません。恋人同士であれば束縛されることもあるでしょうが、それをする権限がありません。自分も相手を束縛することがありませんし、相手からされることもありません。このような関係性を楽だと感じてしまう方が多いのも事実ではないでしょうか。

女性からの告白を待っている


男性だと女性から告白してくれるのを待っているということも考えられます。このまま交際に発展すればいいのにと思っていることもありますし、女性から告白してくれないかと思っているのです。男性から告白すればいいのにとも思ってしまいますが、男性としては告白してもし失敗したらこの関係性が壊れてしまいますし、それを恐れている部分があります。

女性を都合良く使っている

このような関係性だと女性を都合よく使っているというケースも少なくありません。性のはけ口にしているということもありますし、都合のイイときにセックスさせてくれる女友達くらいにしか思っていないこともあります。女性もその関係でイイということもあれば、いつか本気で付き合ってくれるだろうと信じて身体を許してしまっていることもあります。

真剣に付き合う前の品定めをしている状態


友だち以上恋人未満という状態にしておいて真剣に付き合う前の品定めをしていることもあります。このまま交際すればどんなことになるのだろうと考え、付き合い始める前にいろいろなところをチェックしておこうという考えですね。意外にこうしたことを考える人は多いようですし、今の状態を品定め期間と考えている方も多いです。

友達以上恋人未満の関係チェックポイント

友だち以上恋人未満の関係から脱却したいと考えている方もおられるでしょうし、人によってはそのままの状態でもいいと思っていることもあるでしょう。ここでは友だち以上恋人未満の関係チェックポイントをお話しますから、それを理解してから今後の行動を考えてくださいね。

あなたから関係を近づけたら告白される:恋人候補

あなたのほうから関係を近づけたら告白される場合だと恋人候補と考えて差し支えないでしょう。このような場合だと本気で交際したいと考えていることが多いですし、そのまま交際に移行してもうまくいくことが多いです。告白するタイミングを待っていたというケースもありますし、これは割とハッピーエンドな結末ではないでしょうか。

あなたから関係を近づけても離れないが告白されない:セフレ候補


もっと距離を詰めたいと考えぐいぐい迫った場合、離れないものの告白もしてくれないという場合だとセフレ候補だと考えられます。ここで本当に嫌なら離れてしまうものですが、離れないということは離れたくないと思っているからです。ただ、告白しないというのは別に付き合う気はないということですし、アナタの体目当てで一緒にいたいと思っているだけという可能性は大いにあるでしょう。つまりはセフレということですね。

あなたから関係を近づけると相手が離れる:脈なし

関係を近づけたときに離れてしまうのは脈なしと考えられます。このような場合だともう追いかけても無理でしょうし、これから先お付き合いできる可能性もかなり低いのではないでしょうか。チャンスがまったくないとは思いませんが、離れるということは付き合う気はほぼないと考えられます。交際する気があるのなら関係を近づけたときに受け入れてくれるでしょうし、相手から告白してくれる可能性もあるのですが、それがなく離れていくということは友だち以上恋人未満の状態でないと嫌だということです。

この場合だと再び友だち以上恋人未満の関係に戻るということもできますが、いつまでも中途半端な関係が続いてしまうことにもなるでしょう。新しい恋愛もできなくなってしまいますから、関係を近づけようとして離れていくような人はそのままにしておき、自分は新しい恋を見つけたほうがベストな選択だと考えられます。

まとめ

友だち以上恋人未満の状態や関係性、異性の本音などについてお伝えしました。友だち以上恋人未満という状態はどうしても女性が都合よく扱われてしまいがちになりますから注意したいですね。女性としてはいつかお付き合いしたいと思っていても、男性は都合のイイ性のはけ口くらいにしか思っていないことがあります。いつまでも信じているとバカを見る可能性もありますから、きりのいいところで見切りをつけるのも一つの考えでしょう。相手にまったくその気がないのにいつまでもそのような状態を続けているといつになっても幸せは訪れません。早々に見切りを付けるということも考えたほうが良いでしょう。