男の愛情表現はわかりづらい!彼なりの「好き」の伝え方11個

男子の愛情表現とはわかりにくいものです。それはもう多くの女子が感じていることなのではないでしょうか。しかし、彼らなりに「好き」を伝えるよう努力しています。ここでは、そんな男性が女性に伝えたい愛情表現について紹介します。

男子の愛情表現はわかりづらい!


男子はなかなか愛情表現ができない生き物です。自分の気持ちを女子に知ってもらいたいのに、それを表現できずにいる男子も沢山います。あえて言うなら、女子に気付いてほしいと思っている男子もいるのです。
まずは男子の愛情表現について学び、どういう反応をすればどういう気持ちなのかということを知ってみましょう。近年は「気付いてもらいたい系男子」が沢山いるので、女子も気付いてあげてみてはいかがでしょうか。

男性が大切な女性だけにする11の愛情表現

強めのハグをする


男性が大切な女性だけにする愛情表現の中でも、特にわかりやすいのが強めのハグです。好きな女性のことはギュッと抱きしめたくなるというのが、男性の素直な気持ちと言えます。抱き締める時間が長ければ長いほど、力が強ければ強いほど愛情が強いのです。
男性はあまり言葉で「愛している」や「好き」ということは言えません。だからこそ、ギュッと抱き締めて気持ちを伝えるのです。すべての男性がそうだとは言いませんが、強めのハグには男性のそんな気持ちが詰まっていると思っておきましょう。

長い時間のディープキス

長い時間のディープキスは、やはり男性にとっても特別なものです。男性は誰にでも欲情すると思われていますが、実はそうではありません。興味がない女性に対しては、キスをしたいとすら思いません。それは当然のことです。
好きな女性だからこそ、キスをしたいと思うのです。それが長い時間のディープキスとなれば、愛情表現であることは間違いないと言えます。特に男性はキスを特別視している人もいて、ディープキスが愛情表現になっているという人もいますよ。

やきもちを焼く

やきもちを焼くというのは、男性の愛情表現の1つです。男性だってやきもちを焼きます。自分の恋人が他の男性と歩いていたり、楽しそうに話していたりするだけでも、嫌な気持ちになる人がいるのです。意外と男性も乙女ということですね。
実際に男性の中には、嫉妬してしまう人も沢山いて、女性の行動によってはへそを曲げてしまう人もいます。それは面倒な男性だと思われてしまうかもしれませんが、好きだからこその気持ちなのです。嫉妬するほど、やきもちを焼くほど好きという愛情表現なのです。

まめに連絡を取る


まめに連絡を取るのも、男性の愛情表現だと言えます。相手の女性のことが気になって気になって仕方ないからこそ、連絡を取ってしまうのです。もちろん、女性も連絡があった方が嬉しいでしょうし、それによって男性の気持ちもわかると思います。
連絡自体は特に意味がないものも多いです。「今何をしているの?」とか「今日見たテレビがさ」「今日職場でさ」というようなものが多いと言えます。何気ない話にもしっかりと対応してくれる女性の反応を見ているわけですね。

家事を手伝う

男性はいつもツンケンしているわけではなく、自分から積極的に好かれようとすることもあります。その1つの表現方法としては家事を手伝うということがあります。近年は育メンという言葉なども増え、積極的に子育てに参加する人も増えているのです。
男性は女性のために仕事を頑張るということも多いですし、家事を手伝うということもあります。その心の中では、「褒めてほしい」「認めてほしい」という気持ちもあります。ぜひ、男性が手伝ってくれた日には、女性もしっかり褒めてあげたいですね。

会う時間を増やすために残業なしで帰宅

会える時間を増やすために、残業をしない男性もいます。残業をすれば稼げるのはもちろんですが、そのまま帰宅して女性との時間を大切にしている方もいるのです。それは、ストレートに「一緒にいたい」という愛情表現となります。
女性を大切にしているからこそ、仕事との両立については常に考えている方もいます。仕事は仕事と割り切ってできる男性ほど、女性を大切にしてくれるでしょう。そこは人によって違ってきますが、男性なりの愛情表現だと思ってください。

一緒にいる時間を作るために生活を犠牲にする

一緒にいる時間を作るために、自分の生活を犠牲にする男性もいます。それも愛情表現の一種です。本当は自分の趣味に没頭したいけれど、女性が喜ぶことをしてあげるために削っているという方もいます。
一緒にいる時間というのは、たとえ恋人同士であっても少ないものです。だからこそ、自分の生活を犠牲にしてまで、女性のことを想える人こそ本当の意味で愛情表現が上手な人だと言えるのかもしれません。そんな男性は、ぜひ大切にしてあげたいところです。

話をよく聞く


聞き上手であればあるほど、男性は愛情を持って接してくれています。実際に自分の話だけして終わってしまうという男性は、相手の女性のことをまったく考えていないことも多いです。女性だって話を聞いてもらいたいですし、聞き上手な男性の方が良いですよね。
実際に話をよく聞く男性は、その分女性に対して興味を持っているという証拠です。興味があるからこそ「もっともっと知りたい」と思ってくれています。そういう男性に対しては、どんどん自分のことを話してあげましょう。

「お疲れ様」とあなたをねぎらう

毎日の会話の中で、重要となるのが相手をねぎらう言葉です。「今日は1日にお疲れ様」と言ってお酒を振る舞うような男性は素敵です。相手をねぎらうことのできる男性は、大人のスマートな魅力に満ちていますよね。
日々の中で、ちょっとした言葉を忘れがちですが、それを恥ずかしがらずに言える男性はやはり魅力的です。「お疲れ様」という一言を言うために、男性も頑張って女性に喜んでもらえる言葉を探しています。その言葉、ぜひ受け止めてあげてください。

いろいろな場所でデートする

キス声は我慢しなくていい?男性が喜ぶキスの仕草やおねだり方法

いろいろな場所でデートするというのも、男性にとっては愛情表現だと言えます。「色々なところに連れていってあげたい」「もっと一緒に楽しみたい」「さまざまな場所でデートしたい」と思うこと自体が愛情表現です。
デートというのは、正直なところ男性がすべて決めるというのは負担も大きいです。しかし、毎回デートコースを決めてくれるのであれば、それは素敵な男性だと言えるのではないでしょうか。素敵な男性ほど、デートも真剣に考えてくれています。

食べ物を食べさせようとする

食べ物を食べさせようとするのも男性のちょっとした愛情表現です。男性は、沢山食べてニコニコしている女性を見るのが好きな人も沢山います。女性が食べ物を食べている姿を見て、愛情を感じるという男性もいるのです。
食べ物を食べさせたくなるという気持ちは、親心にも似ているかもしれません。自分の大切な人を守り、その人がずっと自分といてくれることに関して、生の感情を得られるのが食べ物を食べている時なのかもしれませんね。

なかなか愛情表現をしてくれない彼氏には……

彼氏なりの愛情表現をしていないか確認する

彼氏の愛情表現がとてもわかりづらいということも多いです。彼なりに愛情表現をしているという可能性もあるため、まずは確認してみましょう。小さなことでも良いので、彼氏が何か自分に対してやってくれていないか確認することが重要です。
もしかしたら小さな愛情表現が沢山ちりばめられているかもしれません。どうしても気付かない時には、「何か愛情表現してくれている?」と聞いてしまうのも良いです。男性は時にハッキリと言ってあげた方が良い場合もありますからね。

できるだけ彼の気持ちをくみ取る努力をする

できるだけ彼の気持ちをくみ取ることが重要です。実際に彼氏に対しては、意外な一面を見ることも多くなります。付き合っている時間が長ければ長いほど、それはより顕著になっていくでしょう。その中で、彼が見せる小さな愛情表現を見逃さないことが重要です。
優しい笑顔でこっちを見ていたり、手を繋いだりキスをしたり、目を見て話したり逆に話を聞いてくれたり。さまざまな面から彼の気持ちをくみ取ってみましょう。そうするだけでも、愛情を感じられるようになります。

あなたがしてほしいことを伝える

自分がしてもらいたいことについては、ちゃんと伝えた方が良いです。男性というのは鈍感な生き物で、女性がやってもらいたいことに気付けない人もいます。だからこそ、ストレートに教えてあげる方が良い場合もあります。
男性は思っている以上に鈍感なので、ちゃんと伝えた方がお互いにとっても良い関係を築いていくために必要だと言えるのです。もちろん、相手に自分がしてもらいたいことを伝えるのは勇気が必要ですが、ちゃんと言葉にして伝えましょう。

彼氏に思い切り甘えてみる


彼氏は甘えられると気づいてくれることも多いです。時には自分から甘えてみて、愛情を欲していることを伝えてみてください。男性は目に見えて甘えているとわからないと、女性の気持ちに気付かないこともあります。
自分から甘えるというのは、大人になればなるほど難しくなってくるものです。しかし、だからこそ大人が甘えるというのは、相手に気持ちも届きやすいと言えます。

他の女友達に相談する

他の女友達に相談してみると、さまざまなパターンがあることを知ります。それは、やはり自分の状況と重ねることもできますし、解決策も見つかることに繋がるのです。まずは親しい女友達に相談してみてください。

女子が喜ぶ愛情表現を彼氏にさせるために

彼氏に「好き」と言う練習をさせる

彼氏に「好き」と言う練習をさせておけば、次第にふとした瞬間に「好き」と言ってくれるようになります。これができるようになれば、やはり彼氏も愛情表現がより上手になっていきます。要は慣れることが重要です。
何度も「好き」と言う練習をしておけば、大切な時にもしっかりと「好き」と言ってくれます。最初は恥ずかしさがあるかもしれませんが、普段から「好きと言って」とお願いしてみると、彼氏も言いやすい状況ができ、愛情表現もしやすくなります。

女性が喜ぶ愛情表現を彼氏に教える

女性が喜ぶ愛情表現を彼氏に教えておくというのも良いです。何気なく「こうしてもらったら嬉しいんだけどなぁ」と遠回しに伝えておくというのも良いです。そうすることで、男性は「こうしたら喜んでくれるのか」と学んでくれますからね。

まとめ

大人の男性や男子というのは、愛情表現もわかりにくいです。しかし、彼氏なりに「好き」ということを伝えているということもあります。そこに気付いてあげることも重要です。協力しながら愛情表現については学んでいくことも重要ですね。