目を見て話せない……どうしたら克服できる?効果的な克服法とは

日本には「目は口ほどに物を言う」ということわざがあり、目は非常に重要とされています。しかし、いくらそれを分かっていたとしても、なかなか目を見て話せないという方も多いことでしょう。目を見ることが出来ないことで恋愛に対して消極的になることも多いのです。そのため、これは克服したいことでしょう。こちらでは目を見て話すためのコツをご紹介いたします。そして、目を見て話せないことで起こる問題についても解説しますので、これらを参考にして克服しましょう。

目を見て話せない根本的な原因とは?

自分に自信が全くない

目を見て話せないことで悩む方は多いものですが、その原因はどこにあるのでしょうか。最も多い原因は自分の自信の無さでしょう。自分に自信の無い方はどうしても消極的になってしまい、なかなか相手の目が見られなくなってしまうのです。自分に自信の無い方は目が見られないだけでなく、どうしても相手に暗い印象を与えてしまいます。そのため、悪循環になってしまうのです。何よりも大切なことは自分に自信をつけることです。これによって物ごとに対して積極的になれますので、さまざまなプラス効果があります。

自分の事を知られて幻滅されるのが怖い

相手の目を見るということは、相手からも自分の目を見られているということです。そのため、自分の事を知られてしまうような気分になることから、相手の目を見て話せなくなることもあります。これは、「自分のことを知られることで相手に幻滅されるのではないか」という心理が働いているのです。特に自分の事を知られたからといって、そこで幻滅されることはありません。相手も自分に興味を持っているので心配することは無いのです。安心して目を見て話しをしましょう。

相手の事が怖い

中には相手に対して恐怖心を抱いていることから、相手の目が見られない方もいることでしょう。もちろん、初めての相手は誰もがある程度警戒してしまうものです。しかし、そこで相手の目を見られずにいると、相手も自分に対して不信感を抱いてしまいます。こうなってしまうとお互いの距離が縮まることがありません。余計にお互いの雰囲気が悪くなってしまうでしょう。これはお互いが同じことを考えていますので、相手が自分の目を見てきたらそれに応じるようにしてください。これによってお互いがスムーズにコミュニケーションをとれます。

自分の視線が相手を不快にしているのかと心配


自分に自信が無いことで相手の目が見られない方もいますが、それがさらに悪化してしまうと「自分の視線が相手を不快にしているのではないか?」と考えるようになるのです。こうなってしまうと相手の目を見ることは難しいでしょう。しかし、余計な心配をしてしまうとより目つきは悪くなってしまいます。そのため、何よりも大切なことはナチュラルに振る舞うということです。ナチュラルな振る舞いであれば相手を不快することはありません。

正視恐怖症の可能性も

人の目を見て話せない方の中には、目を合わせること自体に恐怖を感じる方も少なくありません。こういった方は正視恐怖症の可能性も考えられます。恐怖を感じることは大きな問題ですので、日常生活にも支障をきたしてしまうでしょう。そのため、正視恐怖症の可能性のある方は医師に相談してください。専門医のアドバイスを受けることで改善されるでしょう。自分だけでは改善が難しいこともあります。

目を見て話せないと相手にどう思われる?

話を聞いていないと思われてしまう


目を見て話せないことで大きなマイナスになってしまいますが、具体的にどういったことが起こるのでしょうか。何よりも目を見ないことで相手から「自分の話しを聞いていないのではないか?」と思われてしまうのです。せっかくふたりきりでトークをしていたとしても、これでは相手の気持ちは冷めてしまうでしょう。相手と仲良くなりたいと考えているのであれば、相手の目を見るようにしてください。そして、これによって自分の気持を伝えることも出来ます。

「私のことが嫌いなのかな?」と勘違いさせてしまう

目を見ないで話しをすると相手の気持ちは冷めてしまいます。そして、それがエスカレートすると「私のことが嫌いなのでは?」と思われてしまうのです。こうなってしまうと、いくら自分が相手のことが好きだったとしても相手は離れてしまうでしょう。好きな相手からは誰もが好かれたいと思うもの。そのため、好きな相手と話すときは相手の目を見て話すようにしましょう。これによって相手から好きになってもらえます。

言葉や気持ちが正しく伝わらない

いくら心をこめて自分の言葉を伝えたとしても、それが正しく伝わらなければ意味がありません。そのためには相手の目を見て話す必要があります。しかし、そこで目を見て話せないと気持ちは伝わらないでしょう。特に好きな相手や気になる相手に自分の気持を伝えるのであれば、しっかりと相手の目を見てください。目を見ずに話してしまうと逆に嫌われることもあるのです。

目を見て話せない人に効果的な克服法

家族など話しやすい人で練習する


目を見て話さなければ自分の気持ちを伝えることは出来ません。そのため、目を見て話す練習が必要ですが、最初は家族など話しやすい相手を選びましょう。家族であればナチュラルに話しが出来ますので、目を見て話すこともスムーズになります。そして、家族の目を見て話せるようになったら友だちを相手に練習をしましょう。これによって克服が出来るでしょう。家族や友だちであればアドバイスも気軽にもらえるので、おすすめの練習方法です。

相手の目ではなく眉間を見ながら話す

いくら目を見て話すことの重要性を理解していたとしても、いきなり目を見ることは難しいもの。そのため、まずは相手の目ではなく眉間を見て話すようにしましょう。目を見ることに恥ずかしさを感じる方もいますが、眉間であればそれほど難しくありません。そして、眉間であれば相手に不快感を与えることも無いのです。眉間を見て話すことに慣れたら、次は目を見て話すようにしてください。スムーズに見られるようになるでしょう。

相手が話している時に集中して目を見る

トークとはキャッチボールですので相手と自分が交互に発言をしますが、自分から話す際に相手の目を見ることが出来ない方もいます。しかし、相手が話しを聞くときに目を見ることはそれほど難しくありません。そのため、相手が話しているときだけで構いませんので目を見るようにしましょう。これによって相手は「自分の話しをしっかりと聞いてくれている」と感じてもらえるのです。これだけでも大きな一歩と言えるでしょう。

最初は相手の話を聞く割合を増やす


目を見て話しをする最初のステップは、相手の話しを聞く際に目を見ることです。これによって慣れることが出来ます。そして、出来ることならトークでは相手にたくさん話してもらうようにしてください。これであれば自分が相手の目を見るタイミングが増えますので、相手からの高感度が高まるのです。相手の話題に対して質問をすることでスムーズに話してもらえるでしょう。

短い挨拶の時に目を見ることから始める

誰もが相手と会った際や別れる際に必ず短い挨拶をするものですが、そこで目を見るようにしてください。挨拶な最も大切なマナーですので、目を見てしっかりと挨拶をするだけで相手に好感触を与えることが出来るのです。そのため、トーク中にあまり相手の目を見ることが出来なかったら、別れの挨拶の際には必ず目を見るようにしてください。これによってある程度のリカバリーが出来ます。

まとめ

目を見て話すことは非常に大切です。相手に好感を持ってもらうにはこれが欠かせませんが、なかなか出来ない方も多いことでしょう。しかし、家族や友だちなどを相手に練習を繰り返すことで克服することが出来ます。目を見ずに話しをしてしまうと相手から「自分のことが嫌いなのでは?」と思われてしまうので、目を見ることに慣れるようにしましょう。