デリカシーのない人の特徴・発言あるある

デリカシーのない人というのはどこにでもいるものです。そのような人との関わりに困っている方がいるかもしれません。こちらではデリカシーのない人の特徴について説明しましょう。どのような発言をするのか、あるあるネタも紹介しましょう。

そもそもデリカシーの意味って?


デリカシーの意味をよく理解していない人がいるかもしれません。当たり前のように使っている言葉ですが、デリカシーの詳しい意味を説明しろと言われると困ってしまう方は多いでしょう。そこでこちらではまずデリカシーの意味について紹介しましょう。具体的な意味について確認してください。

デリカシー=感情や心配りの繊細さ

デリカシーというのはそもそも感情や心配りが繊細であるという人のことです。デリカシーがないという言い方をされることが多いため、デリカシーそのものの意味について理解している人は少ないでしょう。繊細であり、細かなことにもよく気がつくという意味なのです。悪く言えば神経質といえるかもしれませんが、デリカシーのある人を嫌う方は基本的にいないでしょう。

「デリカシーのない人」という表現が多い

一般的にはデリカシーのない人という表現をされることが多いです。その逆としてデリカシーのある人という表現を聞いたことのある方はあまりいないでしょう。デリカシーというのは英語のことです。ただし、デリカシーには珍味という意味も含まれています。デリケートという形容詞があるため、こちらを考えるとデリカシーの意味が分かりやすくなるでしょう。英語の場合はデリカシーのない人という表現はされません。

デリカシーのない人の特徴


それではデリカシーのない人というのはどのような特徴があるのでしょうか。あなたの周りにいる人の中にもデリカシーのないと表現したくなる人がきっといるはずです。デリカシーのない人の特徴について紹介しましょう。

周りの人の空気を読むのが苦手

まず基本的にデリカシーのない人というのは周囲の人への心配りが足りません。周囲の人がどのように思っているのかということに無関心なのです。そのため、周りの人の空気を読むのがとても苦手です。空気の読めない行動に出てしまうことが多いでしょう。周りの人が引いていたり、嫌がっていたとしても、自分の行動や言動をやめないということが多いのです。このような行動をする人は嫌われてしまうでしょう。

容姿について指摘する


他人の容姿について指摘するというケースがあります。たとえばその人がコンプレックスを抱いているようなことも平気で言ってしまうのです。男性に対しても女性に対しても容姿について指摘してしまい怒られてしまったり、嫌われてしまうことがあるのです。髪を切ってきた人がいれば、それを似合わないとストレートに言ってしまう方もいるでしょう。

自分の意見は周りも同じように思うと感じている

基本的にデリカシーのない人というのは自分の考えていることや意見には普遍性があると考えてしまいます。周りの人も自分と同じように考えていると思い込んでいるのです。そのため、周囲が嫌がるようなことも平気で言ってしまいます。それにみんなも賛同してくれたり、納得してくれると思っているのです。

他人がどのように考えているのかということに無頓着となっています。そのため、周りから嫌われてしまう可能性が高くなっているのです。

自分にデリカシーのないことに気が付かない

デリカシーのない人の最大の特徴とは、自分にデリカシーがないことに無自覚であることでしょう。他人から指摘されるまで自分は常識人であったと思いこんでいるケースすらあるのです。自分が絶対に正しいと考えており、周りの人も自分に賛成してくれると考えなしに思い込んでしまっているのです。

そのため、デリカシーのない人にはしっかりとその点について注意しないといつまでもデリカシーのない発言を繰り返してしまうでしょう。そうなるとその人はどんどん敵を作ってしまうことになります。デリカシーがないことをいつまでも許容してくれるとは限らないのです。大きなトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。

自分に自信を持っていて自慢話が多い


デリカシーのない人というのはなぜか自分に自信を持っているケースが多いです。そして、どんどん自慢話をしてくるでしょう。その話はあまりつまらないことが多いです。そのため聞いていて辛くなってしまうかもしれません。そのような話を延々と繰り返してくるのが自信のない人の特徴となっています。そのため、途中で嫌気がさしてしまうかもしれません。デリカシーがないため、相手が話を嫌がっていることを理解できないのです。

他人に興味がない

基本的にデリカシーのない人というのは自分のことにしか興味がないことが多いでしょう。他人に対してほとんど関心を持っていないのです。そのため、自分が言いたいことを話して、やりたいことをするという傾向があります。このような方は周りの人にとってはとても迷惑でしょう。みんなから避けられてしまい嫌われてしまう可能性があるのです。そのことに本人はまったく気がついていないのです。

物事を決めつけることが多い

デリカシーのない人というのは物事を完全に決めつけてしまっているケースが多いです。自分が正しいと思ったことを決めつけており、それを他人に強要してくることもあります。他人からその部分を指摘したとしても否定してくることが多いでしょう。思い込みの激しい性格をしているのが特徴となっているのです。自分の考え方や常識がすべてであると考えており、そのため、他人とはズレが生じているのです。しかも、そのことを自覚していません。

他人に押し付けることが多い

デリカシーのない人というのはとにかく他人に押し付けるということが多いです。自分の考え方や行動などを他人にも押し付けてくるのです。それが一番良いことであると何故か信じているのです。そのため、周りの人にとっては鬱陶しいと思ってしまう存在となっています。そのように周りから思われていることにもデリカシーのない人は気がついていません。そのため厄介者として扱われていたり、陰口を言われているケースもあるでしょう。

デリカシーのない人の発言あるある


デリカシーのない人には特徴的な発言がたくさんあります。こちらではデリカシーのない人が言いがちなことについて、どのような発言があるのかあるあるを紹介しましょう。

「最近、元気なさそうじゃん」

こちらのセリフは相手が落ち込んでいたり、本当に元気がなさそうに見えるときについ言ってしまうのです。もちろん、本当に元気がないというケースもあるのですが、それを直接言ってしまうのは相手に対する配慮がないでしょう。たとえばみんながいるところで大きな声で言ってしまうこともあるのです。このような発言はデリカシーがないと思われても仕方がないでしょう。

「(性格に対して)暗くない?」

相手の性格的なことをつい指摘してしまうのも悪い癖となっています。それが良い意味のことであれば問題ないのですが、つい暗い人に対して直接暗くないと問いかけてしまうことがあるのです。これを言われた人はどのようにリアクションをすればよいのか戸惑ってしまうでしょう。一体どのような返事を期待しているのか困ってしまいます。そのようなこともデリカシーのない人はまったく気にしないのです。

「見た目がダサい」

相手の見た目について思ったことをすぐに直接口にしてしまうのもデリカシーのない人によくあることです。たとえば見た目がダサいことをそのまま言ってしまうことがあるのです。それは本人が気にしている可能性もありますし、気がついていない可能性もあります。いずれにしても、このようなことを直接本人に言うべきではないでしょう。相手にけんかを売っていると思われても仕方ありません。

また、基本的にその人の尺度で他人のファッションセンスを判断してしまっており、それが間違えている可能性もあります。そのようなことも一切考慮せず、自分のファッションセンスは正しいと考えており、相手の見た目がダサいと言ってしまうのです。

「老けた?」


久しぶりに会った相手に対して老けたと言ってしまうことがあります。よほど仲の良かった相手であれば問題ないでしょうが、たとえば女性に対してもこのようなことを言ってしまうのがデリカシーに欠ける人の特徴です。それによって相手が傷ついてしまう可能性があることにはお構いなしなのです。そのようなことは知ったことではないと考えているのです。そのため、これを言われた人は怒り出すこともあるでしょう。老けたと言われることがどのような気持ちになることなのかを想像できないのです。

「異性として見られないけど好き」

女性に対してこのセリフを言ってしまう方がいます。これは女性がその男性に好意を抱いていることに気がついている場合もあれば、気がついていない場合もあります。いずれにしても、このようなことを言われてしまうと女性はがっかりしてしまうでしょう。好きだと思っていた男性が自分のことを異性として見ていないことが分かってしまうのです。これで失恋してしまうことになるでしょう。もっとオブラートに包んでこのようなセリフは言うべきでしょう。相手が傷つくということをデリカシーのない人は気がつかないのです。

「結婚しないの?」

こちらのセリフは今ではセクハラとされているものです。特に年配の方がこのようなことを言うケースがあります。たとえば会社の上司や先輩から言われてしまうことがあるでしょう。会社に入ってからこのようなことを言われるケースがあるでしょう。これはとてもデリカシーのない発言といえます。結婚をするのは当人の自由です。さまざまな事情から結婚しないという選択をする方もいるのです。そのような人の存在を無視した発言といえるでしょう。

「子供はまだいないの?」

結婚をしていて子供のいない夫婦に対してこのようなことを言うケースがあります。これは場合によっては相手をかなり傷つけてしまう発言となっています。ひょっとしたら泣いてしまう可能性もあるでしょう。夫か妻のどちらかが原因となって子供が生まれないというケースがあるのです。それで苦しんでいる夫婦はたくさんいます。そのようなことをまったく無視してこの発言をする人はデリカシーがなさすぎるといえます。

「いまの年収ってどれくらい?」

お金
お金のことについてどんどん質問をしてくるというケースがあります。たとえば年収がどのくらいなのか質問するのは、一般的にはとても失礼なこととされています。初対面の相手に対してもこのような質問をする方がいるのです。これはとても非常識な質問といえるでしょう。

「貯金はどれくらいあるの?」

年収を質問するだけではなくて貯金はいくらあるのか質問されるケースがあります。とても親しい相手に対してでも貯金がいくらあるのかは言いたくないものです。もしたくさんの貯金を持っているのであれば、それを吹聴するのはとてもリスクのあることでしょう。たとえば詐欺師があなたのところに寄ってくる可能性もあります。このようなデリカシーのない発言をする方が実際に存在しているのです。

デリカシーがない人とはこう付き合え!


デリカシーのない人とはどのように付き合っていけば良いのか困ってしまう方は多いでしょう。こちらではデリカシーのない人とも上手く付き合っていくためのコツを紹介します。こちらを参考にすることによって、トラブルを避けて上手く付き合えるでしょう。

お互いに本音で話す

デリカシーのない人に合わせるという方法があります。デリカシーのない人は本音で話をしてくれるため、これはある意味では良いことともいえるでしょう。あなたの方でも相手にまったく遠慮をする必要なく、どんどん本音で話をしていけば良いのです。そうすれば、相手の良さを知ることができるかもしれません。意外と楽しめるでしょう。スッキリするかもしれないでしょう。

言ってはいけない理由を説明する

デリカシーがない方に対しては、言ってはいけない理由についてきちんと説明をすると良いでしょう。そうすればひょっとしたら理解してくれるかもしれません。デリカシーのない人というのは悪気がない方もいるのです。そのような方にはきちんと説明をすれば理解してくれるかもしれないでしょう。その人の性格にもよるのですが、しっかりと説明をすれば分かってくれることもあるのです。

とりあえずお礼を言ってやり過ごす

もしデリカシーのない人があなたに話しかけてきたり、何か失礼なことを言ってきた場合には、とりあえずお礼を言ってやり過ごすという対処方法もあります。これによって真剣に相手をしないことで相手はあなたから離れていく可能性があります。本気で相手の言ったことを受け止めるべきではありません。

距離感を近づけすぎない

デリカシーがない方とはできるだけ近づかない方が良いでしょう。あまり仲良くならないようにするべきです。そうすればあなたへの被害は少なくなるでしょう。

まとめ

デリカシーがないとされている人はたくさんいます。そのような人への対処法について解説しました。デリカシーのない人への理解を深めて、しっかりと対処できるようにしておきましょう。