身長差カップル必見!キスをするときのメリットとデメリット

男女が一緒に歩いているのを見ると、身長が同じくらいのカップルもいれば、身長差があるカップルもいます。そこで、今回は身長差があるカップルならではのメリットやデメリットについて、恋愛に詳しいAnnalieseさん提供による情報をもとに解説します。さらに、身長差カップルが仲良く付き合っていくためのアドバイスもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

身長差カップルとは

身長差カップルにはいろいろなタイプがあります。ここでは、一般的にどのような身長差カップルがいるのかをまとめてみました。あなたはどれに該当しますか?

女性の身長が低い&男性の身長が高い

ひとつめは、女性の身長がすごく低く、男性の身長がすごく高いタイプ。身長差カップルでよく見かけるのがこのタイプでしょう。

女性は、男性が自分よりも身長が高くて、一緒にいるときに見上げるほどの身長差を理想と思っている人も珍しくありません。

しかし、20センチ以上もの身長差になると、良いところだけでなく困るところも出てくるでしょう。

男性の身長が低い&女性の身長が高い

ふたつめは、女性の身長が高くて、男性の身長のほうが低いタイプです。カップルとしては、男性の身長のほうが高いというのは一見当たり前に見えますが、身長の高い女性もたくさんいます。

すらっとした高身長の女性はカッコ良く見えるので、街中を歩いていても周囲からの視線を感じることも多いでしょう。

身長差カップルのメリット

身長差のあるカップルのメリットを、10センチ以下、10~20センチ、20センチ以上と身長差ごとにまとめてみました。身長差があるカップルは、これらのことに思い当たることがあるのではないでしょうか。

身長差10センチ以下

身長差が少ないと、まわりから見ても似たもの同士の仲の良いカップルに見えるでしょう。この身長差のカップルは、ほぼ同じ目線となるので、女性が少しあごをあげるくらいで、簡単にキスができるのがメリット

あとは、2人で並んで歩いているときには手を繋ぎやすく、どちらかが歩幅を合わせなくても良いというメリットもあります。

そのほか、彼氏の洋服を彼女が着られるということもあり、洋服をシェアしたり、お泊りのときに借りることができたりと、着るものに困りにくくて良いでしょう。

身長差10~20センチ

一般的に、理想のカップルの身長差は15センチという人も多いでしょう。これくらいの身長差があれば、漫画のキスシーンのような憧れのキスができます

女性のほうが身長が低い場合は、ちょうど女性の額が男性の口元くらいの位置になるので、女性が背伸びをしてキスする姿も可愛く見えます。

また、女性は気にせずにデートでヒールを履けるのもメリットのひとつ。そして、周囲からもバランスの良いカップルに見られることが多く、お似合いのカップルに見える身長差です。

身長差20センチ以上

身長差がこれほどにもなると、男性が高身長な場合、かがんでキスをするようなシチュエーションができます。

また、女性の頭が男性の胸元にくる位置になるので、ハグをしたときに女性が男性に守られているようにも感じられて、彼の男性らしさを実感できるでしょう。

それに、手が届かないところにあるものを、簡単に取ってくれるのも頼もしく感じます。

身長差カップルのデメリット

メリットだけでなく、身長差カップルにしかわからないデメリットもあります。それぞれの悩みや努力などを見てみましょう。

身長差10センチ以下

身長差があまりないカップルだと、女性がヒールを履くのをためらうことも多いでしょう。デートのときには男性の身長を追い越さないようにするため、ヒールを履かないようにするなど、気にしないといけないというデメリットがあります。

また、ハグをしたときに顔が同じ位置にあるので、男性が包み込むようなドラマチックなハグに憧れている女性は、少しがっかりしてしまうかもしれません。

身長差10~20センチ

理想の身長差であるため、そこまでデメリットを感じることは少ないでしょう。また、女性がヒールを履いても、男性の身長を追い越すかもなどの心配も必要もありません。

キスやハグをするときや一緒に歩くときも、自然とアクションを起こせる身長差です。

身長差20センチ以上

これほど身長差が大きくなると、手を繋ぐ高さに悩んだり、キスがしにくかったりといったデメリットがあります。歩いているとき手を繋ぐにしても、最低でも身長が高いほうの手の高さに合わせないといけないですし、立ってキスをするときにも背伸びをしたりかがんだりが必要です。

また、一緒に歩くときは歩幅が合いにくいので、どちらかに合わせると疲れやすいということも。さらに、身長が低いほうの人が相手を見上げることが多いため、首が痛くなるということもあります。

身長差カップルが仲良く付き合っていくためには

身長差を理由に2人の関係がぎくしゃくしてしまうのは避けたいですよね。良好なお付き合いを続けていくために、以下のポイントを押さえておくことをおすすめします。

身長差を気にしない

とくに男性のほうが身長が低いと、女性は気にしてしまうことでしょう。しかし、身長差だけで悩んでいるようでは、先が思いやられます。相手のほかの面に目を向ければいいところがあるはずなので、ぜひそちらに目を向けてください。

さらに相手の身長も個性として受け入れ、キスがしにくくても笑い飛ばすくらい前向きでいることが理想的です。

身長差を利用して甘える

身長差があるカップルなら、身長の低い女性の場合、高身長の男性に思いっきり甘えることがきるでしょう。

また、女性が相手の顔を見るときには、自然と上目遣いになります。すると男性からも可愛らしく見えるため、お願いも聞き入れてもらいやすいかも。

さらに、ハグをしたときも、女性は包み込んでくれるような優しさと安心感を感じられ、男性も守ってあげたいという気持ちになるため、いつまでも仲良くいられるでしょう。

歩くときは腰に手を回す

身長差があって並んで歩くときは、手が繋ぎにくいと感じやすいでしょう。もし実際に感じて困ったときには、身長が高いほうの人の腰に手を回して歩くのがおすすめ。

また、キスやハグをするときも、首の位置が高すぎて手が回せないのなら、腰に手を回してぎゅっと抱きつくのも、密着度が増してより親密な仲になれるでしょう。

座ると気になりにくくなる

手を繋ぐにしても、ハグやキスをするにしても、立った状態でしようとするために身長差が気になりやすくなってしまうというもの。たとえば、おうちデートのときにソファに2人で腰掛けている状態であれば、立っているときに比べてスキンシップが楽にできるでしょう。

まとめ

身長差があるカップルには、いろいろなメリットやデメリットがあることをお伝えしました。ただ、実際には男性も女性も、身長のことはあまり気にしていない人が多いのも事実です。好きになった人がたまたま身長が高かったり低かったりしただけという程度に捉えています。

あなたもそれにならうほうが、相手とのお付き合いがうまくいきやすいでしょう。また、見た目だけでなく、性格や価値観を重視すると、もっと仲良く付き合っていけるはずです。今回ご紹介した内容を参考に、素敵な身長差カップルになってくださいね。