元彼が忘れられない!気持ちが落ち着かない理由と忘れる方法

女性の恋愛は、アップデート型だとよくいわれます。一方で男性は、フォルダ分け型なのだそうです。つまり、女性は過去はすぐに忘れてすぐに次の恋愛を始められるけど、男性は過去の女性もいつまでも記憶しているといった考え方です。ですが、女性誰しもがそんな風に都合よく考えられるかといえば、そうとも限りません。ときには、どうしても元彼が忘れられない、そんなこともあるでしょう。いったい、なぜ元彼が忘れられず気持ちが落ち着かなくなるのでしょうか。そして、どうすれば早い段階で忘れられるのでしょうか。それぞれご紹介します。

元彼を忘れるまでの期間は1ヶ月から数年とまちまち


過去の恋愛を忘れるスパンが比較的早いとされる女性ですが、やはり人それぞれ性格というものがあります。そのため、元彼を忘れるまでの期間も人それぞれであると考えられています。具体的には、早い人であれば1ヶ月、長い人は数年といった具合のようです。

過去の恋愛を引きずってしまうと、なかなか新しい恋愛を始められません。それにより、人生全体のアクティブさ損なわれてしまう可能性もでてきます。できることなら、可能な限り早いタイミングで元彼は忘れて切り替えたいところでしょう。未練があるなら別ですが、前向きに考えるなら足かせでしかありません。以下のコツを理解して、うまく忘れられるよう工夫してみてください。

元彼を忘れられない理由

寂しい

元彼のことがまだ好き・結婚したかった

別れたのに忘れられない、その理由の多くはこれではないでしょうか。本当はまだ別れたくなかったのに、向こうから一方的に別れを告げられたケースです。相手の気持ちが離れていってもなお、まだ好き、やりなおして結婚したい、そんな気持ちはなかなか捨てられないものです。そしてこのパターンは、特にやっかいな引きずり方でもあるでしょう。元彼が忘れられない上に、なかなか次の恋愛へと踏み出せません。早い段階で、忘れるための工夫を実践したいところです。

自分の反省点が多かった

ダメ
相手への想いというより、罪悪感が付きまとうことで元彼を記憶にとどめ続けてしまうケースです。悪い部分がなければ、そもそも別れには至らないはずです。やはり、相手か自分に落ち度があったからこそ、別れは生じてしまうものです。そこへきて、原因が自分にあったとなれば、忘れるのは難しいかもしれません。傷つけてしまった罪悪感、本当はまだ好きなのに別れる原因を作ってしまった未熟さなど、後悔の念はしばらくの間付きまとい続けるでしょう。

他人から必要とされたい

元彼うんぬんではなく、彼氏というパートナーがいなくなってしまったことによる寂しさが影響しています。付き合うということは、お互いがお互いを必要としているからこそです。そこへきて、突然の別れがきてしまうと、必要とする相手がいなくなり、大きな喪失感を味わうことでしょう。仕事や友達関係において必要とされることもあるかもしれませんが、恋愛においてのそれとは比になりません。空虚感が拭えず、長い間元彼を思い続ける、そんな展開も考えられます。

プライドを傷つけられた怒り


振られしまった場合に多くみられるケースでしょう。特に、振られる展開とは無縁のモテるタイプの女性なら、なおさらなはずです。何で私ほどの女がフラれなくてはならないの?その怒りはなかなか忘れることができず、心には元彼の姿が残り続けてしまうのです。好きという気持ち以上に、怒りの感情はやっかいです。表情や性格までもを、曇らせてしまうかもしれないためです。次の人生に早く踏み出すためにも、すっきりしたいところです。

さみしい

何とも単純な理由ですが、これほどに大きな存在はないでしょう。好きだった彼氏と別れてさみしい、いつも一緒にいることが当たり前であった相手がいなくて人肌恋しい、そんな思いは、なかなか元彼を記憶から消し去ってくれません。心の隙間を埋める新たな存在をみつけて、さみしさから解放されるよう努力しましょう。

初めての彼氏だった

別れるのは、とても苦しいです。ですがかなしいかな、そんなショックは回数を重ねることで慣れていけます。別れの悲しみに落ち込む自分をコントロールしたり、次へ踏み出すための気持ちの切り替え方を知っていれば、そこまで引きずることはありません。その点、反対に経験が乏しい初めての恋愛となれば、なかなか立ち直れないものです。初めての彼氏と別れたときには、より一層気持ちとの向き合い方に注意しなくてはなりません。

元彼を忘れる方法

 

 

思い出のモノは断捨離をする

元彼と別れたことによる悲しい記憶自体は、時間が解決してくれることでしょう。ですが、スムーズにはいかないのが実際のところです。なぜなら、忘れようと思っても生活の中のふとした瞬間にまた思い出してしまうためです。そのため、まずは思い出をよみがえらせるような元彼にゆかりある品を捨てましょう。いわゆる、断捨離というやつです。

仕事や趣味に打ち込む

冒頭の通り、女性の恋愛観はアップデート型であるといわれています。すなわち、過去の恋愛は新しい記憶で上書きしていくのです。そうした作業が難しい人こそが元彼を忘れられないタイプかもしれませんが、新しいことに打ち込んで強引にでも記憶の上書きを図りましょう。たとえば、仕事や趣味などはいかがでしょう。その中で、また新たな出会いにも巡り合えるかもしれません。

SNSは見ない

現代ならではのツールとして、SNSが挙げられます。彼氏や恋人とのコミュニケーションにおいても、大いに重宝することでしょう。ですが、別れたあととなると、それは悲しい記憶をよみがえらせるだけの余計なツールともなりかねません。元彼本人の発信を避けていても、共通の知人から近況が伝えられる可能性もあります。そのため元彼を忘れたいときは、極力SNS自体を避けるようにしましょう。

彼の長所や短所を書き出す

ノート

元彼を忘れたいからといって、忘れよう忘れようとひたすらに考えすぎると、逆に頭の中が彼のことでいっぱいになってしまうかもしれません。そこで、あえて飽きるまでとことん思い出してみるというのはいかがでしょう。長所と短所を書き出して、元彼がどのような人物であったかを振り返りましょう。すると、付き合っている最中では見えなかった真の姿に気づかされるかもしれません。よくよく考えれば、短所も結構多くてそこまで固執するような相手ではなかったような気がしてくる、そんな展開も考えられます。

友達には愚痴らない

悲しい気持ち、寂しい気持ちは、何かと苦しさを味あわせる存在です。そのため、友達にできるだけ吐き出して気分を紛らわしたいと考える女性も、多いことでしょう。女性において、コイバナは定番的な話題でもあるはずです。ですが、愚痴るたびに元彼を思い出すことにも繋がります。元彼を忘れようとしているときには、あまり理想的な作業ともいえません。

とにかく外に出て遊ぶ


家の中にひとりこもっていると、ネガティブな気分に走ってしまいがちです。目にする情報、感じる感情に新鮮味がないため、つい元彼の思い出を引っ張り出してきてしまうのです。家の中の思い出の品や場所が目に入ることでも、そういったことに繋がってしまうでしょう。そんなときは、とにかく外に出て遊ぶことを心がけてみてください。気分を切り替えることで、マイナスの感情は和らぐことでしょう。

忘れられないから元彼と復縁したい

 

冷却期間を設けよう

元彼を忘れられないという気持ちは、決して悪い存在でもありません。好きという気持ちが本物なら、とことん貫いたって良いのです。その結果、よりを戻すことにも繋げられるかもしれません。

復縁を目指すなら、まずは冷却期間を設けてみましょう。彼の長所短所を見つめ直せますし、またお互いの温度感を下げることで、感情的にならず再度真剣に向き合うことができるかもしれません。

自分磨きと別れた原因の反省をしよう

別れに至ったからには、やはり何らかの原因があったのでしょう。そのため、いったい何がいけなかったのかを反省してみてください。直せるところは直し、またさらなる魅力を手に入れるため、自分磨きをがんばるというのも効果的でしょう。実際により魅力的になれるかもしれませんし、またそのがんばりを察してもらうだけでも、離れた気持ちを再び引き寄せられるかもしれません。

時間を掛けて関係を戻そう

問題は時間が解決してくれるとよくいわれますが、これは言い得て妙です。本気でよりを戻したいなら、じっくりじっくり、時間をかけて関係修復を図ってみてはいかがでしょう。それにより、本当に効果的な解決策が見いだせるかもしれませんし、それにプラスして時間をかけることそのものによる修復効果も伴うので、とても有効です。ただ、のんびりし過ぎると元彼は新たな彼女を作ってしまうかもしれないのでそのあたりは注意しましょう。

まとめ

過去の恋愛を引きずるような未練がましい状態は、イイ女を目指す意識の高い女性としては理想的でないでしょう。ですが恋愛において、気持ちのコントロールというのは何とも難しいものです。ですが、上記のポイントを意識すれば、どうしても引きずってしまう未練も、比較的早い段階で捨て去れるかもしれません。時間をかけて、よりを戻すのも良いでしょう。落ち込んでばかりいるのでなく、できる限りのアクションを起こしてみてはいかがでしょうか。