彼女の好きなところはどこ?うまく言えない男ゴコロ10選

好きすぎてつらい!苦しい!恋の状況別で使える対処法

恋愛は、楽しいことばかりでもありません。総合的に考えれば、むしろ苦しいことの方が多いともいえるでしょう。会えないときのさみしさ、気持ちがすれ違ったときのつらさ、責任感、将来への不安などなど、考えなくてはならないことが多々存在します。今回特集したのは、中でも複雑さの伴う、好きすぎるからこそつらいという状況です。恋愛を経験したことがある人には分かることでしょう。意外に、この感情はとてもやっかいです。好きすぎてつらい状態とは、どのようにして付き合っていくべきなのでしょうか。

「好きすぎてつらい」経験者は多め


ケンカしたり振られたりしてしまったとき、きっとつらい思いにさいなまれることでしょう。ですが、好きすぎてつらいというのは、少し意外に感じられるかもしれません。ですが、実際にそのような経験をしたことがある女性は多くいるようです。

特にそのような状況に至りやすいのが片思い中です。アンケートにおいては、何と約46%もの女性が経験があると回答しています。やはり、好きの気持ちが育っているにもかかわらずなかなか思いを伝えられない、そんなもどかしさが苦しいのでしょう。どのような心理状態になっているのかを知って、うまくコントロールすることが大切です。

好きすぎてつらいときの心理状況

 

ネガティブなことを考える

好きの感情は、ポジティブなものばかりでもありません。その思いは、かならずしも成就するとは限らないのです。時には、想像がネガティブな方向に走ってしまうこともあるでしょう。実は他に好きな人がいるのでは、告白したら振られるかも、私では物足りない?考え出すときりがありません。ネガティブな想像は、増長されてしまいやすいので、特にコントロールが重要となります。

情緒不安定になる

普段しっかりとした女性でも、好きな相手ができると、情緒不安定になってしまいがちです。あらゆる想像に振り回されて、普段の調子が出せなくなっているのです。結果的に、好きすぎてつらいという感覚を覚えることでしょう。情緒不安定なときは、自分がつらいだけでなく、周囲にも強く当たってしまいやすいです。時には、仕事へも影響がでてしまうかもしれません。

好きな人のことを考えすぎて集中力がなくなる

つらいと感じるほどに好きな人ができると、どんどんその人が頭を占領していくものです。するとどうでしょう、他の優先しなければならないことまでもを、疎かにしてしまいがちです。いわゆる、集中力がなくなるという状況にも陥ることでしょう。気持ちが不安定となるゆえに、意図しない言動を発してしまうかもしれません。結果的に意中の男性を遠ざける結果ともなりかねないので、気を付けるべきです。

片思いが苦しいときの対処法

 

メールやLINEの返信がないなら電話してみる

思い切った方法ですが、根本的な解決になるので効果的です。メッセージを送ったのに、メールやLINEの返信がなかなか帰ってこないとき、それはそれはつらい思いをすることでしょう。まだそこまで仲良くもない、片思いしはじめのような段階であればなおさらです。ですがそんなときは、思い切ってこちらから電話をかけてみてはいかがでしょう。返信がないことへの不安も、一気に解消されることでしょう。

他のことに集中できなくなるなら告白する

片思いしているときの大きな不安は、やはり告白が実るかどうかではないでしょうか。告白してお付き合いに発展させたい、だけどもし断られたらどうしよう、そんなもどかしい思いこそがつらい気持ちにさせます。ですが、そのつらさがどうしても耐え難いものなら、いっそ勝負にでてみてはどうでしょう?当たって砕ければそれまでですが、耐え難いつらさからはきれいさっぱり解放されます。諸刃の剣ですが、効果的です。

ほかの異性と話していることに嫉妬するなら告白する

嫉妬感情というのは、何とも醜い存在です。人の幸せを妬み心の中でひそかに僻む、まるで負け組にでもなったようではありませんか。そんな感情は、表情や服装、メイクにも現れだすものです。結果的に、魅力が損なわれてさえしまうかもしれません。そんなリスクを背負うぐらいなら、告白してみてはいかがでしょう。自分の魅力を保ったまま次の恋愛に進めるので、新たな恋を実らせやすいというメリットにも繋げられます。

もっと遊びたいなら思い切って告白する

告白するための原動力に、遊びたいという欲求をもちいてみてはいかがでしょう。片思い中は、相手男性に嫌われないため、他の男性と遊ぶことを極力控えているのではないでしょうか。また心のつらさから、行動的になれないというケースもあることでしょう。恋愛も大事ですが、遊びの楽しみも大切です。早い段階で、すっきりしてみるのもいいかもしれません。

相手に恋人がいるなら身を引く

片思い相手が、かならずしもフリーの男性とは限りません。それこそ、彼女や妻を持つ男性であることも十分考えられます。いけないと分かっていても湧き上がる、それこそが恋愛感情に他ならないためです。ですが、倫理的に間違ったことに違いはありません。深呼吸して、冷静になって、素直に身を引くという選択肢も良いのではないでしょうか。

交際中に苦しいときの対処法

 

束縛しすぎるときは友達と遊ぶ

好きすぎてつらいという状況は、片思い中以上といってもいいほどに交際中も起こります。彼氏彼女という絆で結ばれていて当たり前の関係性だけに、少しでも距離を感じると心がざわついて仕方がないのです。それにより、束縛しすぎてしまうこともあるかもしれません。この状況は、罪悪感が生じると同時に、別れの原因を作ってしまう可能性もでてきます。そんなときは、あまり彼氏ばかりを見すぎず、友達と遊ぶ時間を大事にすると楽になります。

浮かれた言動をしそうなときは趣味に没頭する


好きすぎると、その気持ちを何かと言葉にしたくなってしまうものです。ときに、浮かれたような言動になってしまうこともあるでしょう。彼氏に対してはもちろん、他の女友達にまで自慢を押し付けてしまうかもしれません。そうなってくると、少々やっかいです。恋愛関係や友達関係に、傷をつけてしまうためです。そんなときは、彼氏ばかりでなく、一人でできるような趣味に没頭してみてください。恋愛以外に熱中することで、余分な熱を冷ませるかもしれません。

会いたいと思ったら会いに行く

会いたくても会えない、そのもどかしさはとにかくつらく感じられることでしょう。会いたい、だけど自分の都合だけで飛んでいくと、嫌われてしまうかもしれない、そんな葛藤が心を締め付けるのです。ですが、無理をする必要はありません。どうしてもつらさがぬぐえないなら、会いに行ってしまいましょう。もちろん限度もありますが、多くの場合は彼氏も喜んでくれるでしょう。

背伸びしすぎていると感じたら時には休んでみる

好きの気持ちが大きいゆえに、彼氏の理想に合わせようとがんばりすぎてしまう。何ともけなげでかわいらしいものです。ですがその姿勢は、ときに心を疲れさせてもしまうでしょう。背伸びのしすぎは、ストレスに繋がってしまいます。ときには肩の力を抜く瞬間も作って、負担を調節してみてください。

既婚者を好きすぎるときの対処法

 

相手の家庭を壊してしまうことを想像する

つらさの大変さも去ることながら、恋愛の形として上記の2つ以上に深刻なのが、既婚者を好きすぎる状態になってしまうケースです。結婚しているから好きになってはいけない、分かっているのに気持ちがコントロールできないとなると、かなりやっかいです。そんなときは、まず相手の家庭のことを考えましょう。夫婦関係はもとより、子供への申し訳なさなども考えれば、ある程度気持ちも留められるのではないでしょうか。

自分が慰謝料請求されることを想像する

既婚者と恋愛関係になることは、法的に認められていません。そのため、訴訟を起こされてしまうと慰謝料の支払いが科される可能性もでてきます。好きすぎてつらい、ただそれだけの理由で大金を払わされるというのも、ばからしいでしょう。そんな滑稽ともいえる状況に陥った自分を、想像してみてください。好きの気持ちが一時のあやまちであると、振り返られるはずです。

周囲から白い目で見られることを想像する

法律で認められていない行為ということは、既婚者と恋仲になるのは常識に反しているともいい換えられます。そのため、万が一知り合いなどに知られると、きっと白い目で見られてしまうことでしょう。訴訟沙汰になろうものなら、なおさらです。好きの気持ちどころか、その後においても後ろめたい気分を味わい続けなければなりません。そんな状況を、想像してみてください。

誰からも祝福されない恋愛だからと身を引く

恋愛などを経て普通に結婚するのであれば、基本的に多くの人から祝福を受けることでしょう。ですが、法に反する恋愛の末に迎える不倫相手との結婚は、心から祝福されません。形式上は祝ってもらえても、きっと心のどこかで何かが引っ掛かったままになることでしょう。本当の意味でのハッピーエンドを迎えられないのであれば、きっとそれはそこまで固執すべき恋愛ではないのかもしれません。早い段階で、手を引いてはいかがでしょうか。

将来性がなくて時間のムダなので諦める

祝福される結婚を迎えられないことにも通じますが、もし明るい未来が想像できないのであれば、そもそも意味のある恋愛ではないのかもしれません。そもそも、男の側のただの火遊びであることも考えられるので、結婚自体もかなりハードルは高いです。遊ばれて終わるだけ、また、うまくいったとしても祝福されない結婚しかできないとなれば、もしかすると好きすぎて苦しい思いをするだけムダなのかもしれません。

ムダなことでばかみたいに悩んでいる、そんな自分を見つめ直してください。はっきりいって、必要のない時間を過ごしているのかもしれません。自分に自分で突っ込みを入れられたら、あとは早いです。気持ちに整理をつけて、取り返しがつかなくなる前に身を引きましょう。

まとめ

好きの気持ちをコントロールすることは、簡単でありません。特に女性の場合、恋愛体質の人も多いのでかなり顕著です。ときには、好きすぎるがゆえにつらくなってしまう場合もあるでしょう。ですが、上記のような原因と対策を把握しておけば、状況をスムーズに解決できるかもしれません。まずは一度冷静になって、適切な解決策を練ってみてください。