喧嘩するほど仲がいいって本当?喧嘩をしても仲良くいられる方法

ケンカするほど仲がイイ、というのは昔からよく言われることです。彼氏とケンカした話などを友人にして「ケンカするほど仲がイイって言うからね~」などと言われたことのある方は多いのではないでしょうか。しかし、喧嘩するほど仲がいいというのは果たして本当のことなのでしょうか。ここではその真相に迫りつつ、ケンカしても仲良くいる方法などについてお話したいと思います。

喧嘩するほど仲がいいと言われる理由


お付き合いしているとケンカになることは多々あります。頻度はカップルによってまちまちでしょうが、毎日のようにケンカをしてしまうという方もいれば一ヶ月に一度くらい大きなケンカをしてしまうというカップルもいるでしょう。人間ですから気分が悪いときもありますし、ちょっとしたことでケンカになってしまうことはありますよね。喧嘩するほど仲がいいというのはよく言われることですが、どうしてそのように言われているのでしょうか。

溜めこむ前に本音を言い合えるので重症化しにくい

喧嘩というのはお互いの本音がぶつかることです。感情を爆発させてお互いの主張や本音をぶつけることがケンカですから、そう考えると「喧嘩するほど仲がいい」という言葉の真意が見えてくるのではないでしょうか。つまり、溜め込む前に本音を言い合うことができるということですし、関係が大きく悪化することがないということです。お互いの不満などをため込んでしまうとそれが重症化してしまうこともありますし、最悪別れに繋がることも考えられるでしょう。その前に喧嘩して発散することができますから重症化しにくいということです。

遠慮なく感情的になる事が出来る

喧嘩ではお互いの感情が思いっきりぶつかり合いますから、遠慮なく感情的になれるということです。これはつまりお互いを知り尽くしているということでもありますし、だからこそ喧嘩するほど仲がイイと言われているわけです。遠慮することなく感情をぶつけることができるというのはお互いを信頼している証でもありますね。

二人なら乗り越えられると確信しているから喧嘩できる


どのような障害であっても2人なら乗り越えることができると確信しているからこそ喧嘩ができるのです。乗り越えられないと思っているのならケンカになる前に離れ離れになっているでしょうし、ケンカができるということはお互いを信じあっているということに他なりません。

弱っている自分を見せられる間柄

喧嘩ができる間柄というのは自分の弱い部分を見せられる関係です。弱っている自分をさらけ出すことができるような関係性ですから、これが喧嘩するほど仲がイイと言われる理由でもあります。

一緒に過ごす時間が長いから喧嘩も起こりうる

カップルだと当然一緒に過ごす時間も長くなりますから、そうなると当然喧嘩も起きやすくなります。生まれも育ちも、もしかすると年齢や価値観なども違うわけですし、他人同士が一緒の時を過ごすのですから当然喧嘩になることはあるでしょう。一緒に過ごす時間が長いとケンカが起きやすくなるのはある意味当然のことなのです。

本当に好きだからヤキモチを焼いてしまう


本当に好きだからこそやきもちを妬いてしまうものですし、それが原因で喧嘩になってしまうこともあります。お互いが愛し合っているからこそこのような痴話げんかも起きますし、これはどのようなカップルにも起きることではないでしょうか。

喧嘩をしても仲良しでいるためには


喧嘩をしても仲良しでいたいと思うのは誰でも同じことでしょう。では、ケンカをしても仲良しでいるためにはどうすればいいのでしょうか。

その日のうちに仲直りする


喧嘩をしてもその日のうちに仲直りするのが基本です。喧嘩をした状態で時間が経つとどうでもよくなってしまうこともありますし、最悪の場合別れてしまう可能性もあるでしょう。その日のうちに喧嘩を治めて仲直りしておけば重症化することもありません。ケンカの原因が何なのかはケースバイケースでしょうが、もし自分に非があったのならそれをきちんと謝り、その日のうちに喧嘩は治めてしまいましょう。

お互いに非を認め合って反省する

明らかにどちらか一方に非があるケースもあれば、お互いに非があることもあります。このような場合だとお互いに非を認めることが大切ですし、その上できちんと反省することです。こうすることで次に活かせるでしょうし、喧嘩をしてまでぶつかりあった甲斐があるというものです。お互いが非をまったく認めないとなると泥沼になってしまいますし、どんどん関係が悪化していくということも考えられるでしょう。そのようなことにならないように、お互いがきちんと非を認めて反省しなくてはなりません。

相手から怒られたことは直す努力をする

相手から何かを注意されてそれが原因でケンカになるということもあります。相手から怒られたことはきちんと直す努力をすることで今後同じ理由でケンカになることも回避できるでしょう。指摘されたこと、怒られたことについてはしっかりと反省し、そこは直すようにしてください。

相手の嫌いなところを見つけたら、それ以上に好きなところを探す

付き合っていると相手の嫌いな部分も見えてきます。最初のうちは良い部分しか目に入らないものですが、次第に良い部分よりも悪い部分が目に入るようになってしまうものです。相手の嫌いなところが目立つようになるとそれが原因で喧嘩になってしまうこともありますから、相手の嫌いなところを見つけたらそれ以上に良いところ、好きな部分を探すようにしてみましょう。

こんな喧嘩はNG!別れに直結する悪い喧嘩

ダメ
別れに直結してしまうような悪い喧嘩、NGなケンカもありますから注意しましょう。ここでお話するようなケンカだと最悪別れに繋がってしまいますから、なるべくこのようなケンカはしないに越したことはありません。

他の異性を褒める

ほかの異性を褒めてしまったことでケンカになることもあります。彼氏と自分の男友達などを比べて、友だちのほうが見た目はかっこいい、性格が優しいなどと言ってしまうと十中八九ケンカになってしまいます。誰でもこのように比べられてしまうとイラっとしてしまいますし、それならそいつと付き合えばという話になってしまいます。

自分の意見を押し付ける

自分の意見を押し付けるというのもNGです。人から押し付けられるものほど嫌なものはありませんし、このようなことが原因でケンカになると別れに直結してしまうこともあります。

過去の不満を持ち出す


過去の不満をいつまでも持ちだすのはダメです。過去のことはもう過去のこととして忘れることですね。過去のことを持ち出されてしまうとそれだけでイラっとしてしまいますし、もうやっていけないとなることも考えられます。

人格を否定する

これもダメです。人格を否定されてまでその人と一緒にいようと考える方はまずいません。よほどドMな方でもない限り無理でしょう。

セックスを乏しめる

セックスのテクニックなどをバカにしたりするのもNGです。男性にとってそのようなことを言われるのはショックでしかありませんし、それならもう別れるという話になりかねません。こうした話題は相当デリケートなものですから、軽々しく出すものではありませんよね。別れを覚悟しているのなら言ってもいいでしょうが、そうでないのならこうしたことは言わないことです。仮に仲直りしたとしても今後セックスするたびに不穏な空気になってしまうかもしれません。

まとめ

ケンカするほど仲がいいと言われる理由やケンカしても仲良しでいる方法などについてお話してきました。実際に喧嘩するほど仲がイイというのは事実でしょうが、できることならケンカなどせずに楽しく笑って過ごしたいですよね。最悪ケンカになってしまってもすぐに仲直りして仲良しでいたいものです。そのためには素直になることも大切ですし、自分の非を認めることも必要なときがあります。ここでお話したことはきちんと覚えておいてくださいね。