スキンシップって男性にウケる?男性をキュンとさせるスキンシップとは

男性とのスキンシップが激しい女性もいますが、同性の目から見ると少々イヤラシく見えてしまいますよね。「あんなに男性とベタベタして」と嫌悪感を抱いてしまう女性がいるのも事実ですが、実際のところスキンシップは男性にウケるのでしょうか。もし男性にウケるのなら自分も試してみたい、と思っている女性は少なくないと思います。そこで、ここではスキンシップが男性にウケるかどうか、男性をキュンとさせてしまうスキンシップとはどのような行為なのかについてお話したいと思います。気になる方はぜひ最後まで目を通してくださいね。

スキンシップを喜ぶ男性は多い


スキンシップを喜ぶ男性は多いです。女性からボディタッチなどのスキンシップをされて嫌な気持ちになるという男性は基本的に少ないと考えられますし、多くの男性は女性からのスキンシップを好意的に受け止めています。もちろん、世の中にはたくさんの男性がいますから中には女性からのボディタッチなどを嫌がる人もいるでしょう。ただ、一般的にはボディタッチなどスキンシップを含めたコミュニケーションを喜ぶ男性が多いですし、そこから関係性が発展するということは十分考えられます。

女性が思わずスキンシップしたくなっちゃうのはどんなとき?

女性が思わずスキンシップしたくなる時というのはどういう時なのでしょうか。正直これは人によってまちまちだと思いますし、何となくしてしまうという方もいるでしょう。いろいろなタイミングが考えられますが、ここでは女性が思わずスキンシップしたくなるタイミングについてお話したいと思います。

好きな気持ちが抑えられないとき

好きという気持ちを抑えることができないときに思わずスキンシップしてしまうことがあります。いつもは内に秘めているはずの好きという感情が自分の中で爆発してしまい、それがついボディタッチという形で現れてしまうということもあるのでしょう。

甘えたいとき

男性に対して甘えたいときもあります。寂しいという感情を抱いているとき、仕事などでツライことがあったとき、褒めてほしいときなど甘えたいと思う瞬間を挙げればきりがありません。このような時は男性の肌に触れたいと思うものですし、実際に触れてしまうことが多いのではないでしょうか。相手の腕にこちらの腕を絡めてスキンシップを図るような方もいますし、体を密着させるような方もいると思います。いろいろなスキンシップの形が思い浮かびますね。

寂しいとき


寂しいときは少しでも好きな人に寄り添っていたいものです。優しい言葉もかけてほしいですし、慰めてほしいという気持ちもありますが、それ以上に好きな男性に触れ合っていたいものではないでしょうか。このような時もついスキンシップをしてしまうでしょうし、無意識のうちにボディタッチをしていた、くっついていたという方もいると思います。寂しい気持ちになっているときはつい自然とスキンシップをしてしまう傾向にあります。

好きになってもらいたいとき

気になる男性、こちらが恋心を抱いている男性に好きになってもらいたいという気持ちは誰でもあると思います。両思いになればカップルとしてお付き合いすることもできますし、そんな日を夢見ている方も多いのではないでしょうか。好きになってもらいたいときも思わずスキンシップしてしまいます。必要以上に触れてしまったり、体を密着させてしまうということもあるのではないでしょうか。

何かをごまかしたいとき

何かをごまかしたいときにスキンシップをしてしまうというのはよくあることではないでしょうか。スキンシップをすることでうまく何かをごまかそうとすることはよくありますし、それに男性は簡単に騙されてしまうこともあります。男性は女性が思っている以上に単純ですから、ちょっとスキンシップするだけでごまかされてしまうことも珍しくありません。

モテたいとき

モテたいときにスキンシップするということも考えられます。女性から触られて嫌な感じになる男性はほとんどいませんし、それを理解している女性もたくさんいます。そのような女性だとモテるためにわざとスキンシップをしてしまうということがありますね。

男性をたぶらかそうとしているとき


男性をたぶらかそうとしているときにスキンシップするということもあります。この場合だと男性はスキンシップされることに弱いということを女性側がきちんと理解しています。肌に触れることで男性がどのような感情を抱くかを熟知していますし、巧みにボディタッチを使って男性をたぶらかそうとしています。女性からみると何を企んでいるのか一目瞭然なのですが、悲しいことに男性は簡単に騙されてしまうことが多いです。

癒されたいとき

癒されたいときにボディタッチをしてしまうということは多いのではないでしょうか。寂しいとき、ツライことがあったとき、しんどい時などは癒しが欲しいものです。男性に触れることで癒される方もいますから、そのような女性だとこういうときにスキンシップでコミュニケーションを取ろうとします。

下心があるとき

下心と聞くと男性をイメージしてしまうかもしれませんが、下心を抱くのは何も男性だけではありません。女性でも下心を抱くことはありますし、それがスキンシップという形になってしまうことは多々あります。男性が下心を持っているときも女性に触れたくなることがありますし、実際にちょっと触れてしまう方もいるでしょう。女性でも同じように性的な下心があるとスキンシップが増えてしまいます。

単なる挨拶で意味なんてない

スキンシップが挨拶代わりという帰国子女のようなことを言う女性も実際にいます。それがポーズである可能性も否めませんが、実際に挨拶程度にしか思っていないという女性がいるのも事実です。

触り心地が良いから触りたいだけ


触り心地がいいからスキンシップしているだけというケースもあります。こうしたケースは少ないかもしれませんが、実際にこうした理由で男性へスキンシップをしてしまう女性がいるのは事実でしょう。まるで思考が男性のようですが、男性の逞しい胸や腕に触るのが好きという女性は多いですよね。性的な意味ではなく単純に触り心地がいいから触ってしまうという方もいます。

男性がキュンとくる女性のスキンシップ

どうせなら男性がキュンとしてしまうようなスキンシップを心がけたいものです。男性が思わずキュンとしてしますようなスキンシップを心がければもっとモテるようになるでしょうし、好きな人も振り向いてくれるかもしれません。そこで、ここでは思わず男性がキュンとしてしまう女性のスキンシップテクニックについてレクチャーしたいと思います。

軽く肩を叩く

軽く肩を叩くというスキンシップは意外と男性をドキッとさせてしまいます。あまりこういうスキンシップの仕方をする女性はいないと思いますが、だからこそ効果的ではないでしょうか。まるで男性同士の挨拶のようなスキンシップですし、それがまたいいという男性もいます。軽く肩を叩くスキンシップを実践してみましょう。

手に触れて直ぐに離す


手に触れてすぐに離す、というスキンシップもアリです。手に触れたままではダメなのか、と思った方もおられるでしょうが、ここでポイントとなるのはすぐに離すという部分です。当たり前のように男性の手に触れて、急に恥ずかしそうに手を離す仕草に男性はきっとキュンキュンしてしまうでしょう。できることならほんのり頬を赤く染めてみれば完璧なのですが、さすがにそこまで自分をコントロールできる人はいないと思います。手に触れて、少ししてから恥ずかしそうにパッと手を離すだけでもかなり効果的です。男性は内心ウキウキしていますよ。

肩でグリグリと押す

肩でグリグリと押すようなスキンシップも男性は喜びます。これも女性がやるよりは男性同士がよくやっているようなスキンシップ方法と言えますが、先ほど同様だからこそ男性はキュンとしてしまうものです。女性が肩で多少強くぐりぐりとしても男性はまったくダメージはありませんから安心してやってください。これもかなり効果的なスキンシップのテクニックですね。

後ろから抱きつく

後ろからいきなり抱きつくというのもおススメしたいテクニックです。基本的に彼氏など付き合っている男性にしかできないと思いますが、日ごろからフランクに付き合っている男友達などにしてもいいかもしれません。ただ、彼氏がいる場合にほかの男性に後ろから抱きついてしまうとシャレにならなくなりますからそこは注意してください。基本は彼氏だけにしたほうがイイですね。彼氏がいない場合だと好きな人にやるのはアリだと思います。いきなり後ろから抱きつかれてしまうと一瞬びっくりしますが、それが女性だったらなおさらびっくりしますよね。ドキドキさせる効果は抜群です。

立ち上がる時に手を出す

立ち上がるときに手を出すのもアリです。椅子などに座っている状態から立ち上がるときに手を出して引っ張ってもらうような感じです。よく見るような光景ですが、これも男性を虜にしてしまうスキンシップテクニックの一つです。女性からこのようなことをされると誰でもドキドキしてしまいますし、コロッと騙されてしまう男性もきっといるでしょう。また、逆に座っている男性が立ち上がろうとするときに手を差し出すというのもアリです。この場合は先ほどと立場が逆になってしまいますが、スキンシップの効果は同じです。

落ち込んでいる男性に頭ポンポン

女性が男性にやられたいと思っている頭ポンポン。女性のハートを掴む必殺のテクニックとして話題になっていますが、女性が男性にやるのもアリです。しかも落ち込んでいる男性だと効果てきめんですからぜひチャレンジしてみましょう。落ち込んでいるときの男性は心にぽっかりと穴が開いているような状態ですから、落としやすい傾向にあります。このような時に女性から頭をポンポンされるとドキッとしてしまいますし、その女性のことを好きになってしまうこともあるでしょう。ついでに何か極め台詞を一つくらい言ってみるとさらに効果的ですね。

隣に座っている時に太ももに軽く触れる

隣に座っている男性の太ももに軽く手を触れるというのも効果的なテクニックです。まるでキャバ嬢のようなテクニックですが、覚えておいて損はありません。男性が女性にやってしまうとただのセクハラ、痴漢になってしまうため大変ですが、女性が好意を持っている男性にする分には特に問題にはならないでしょう。あまりしつこく触ってしまうと嫌らしくなってしまいますから、あくまで軽く触れる程度にしておくことです。

スキンシップをする際の注意点


スキンシップは効果的なコミュニケーションのテクニックではありますが、いくつか注意点もあります。ここではスキンシップにおける注意ポイントをいくつかお伝えしたいと思います。

人前で触られるのが嫌な男性も多い

スキンシップそのものには抵抗がない男性でも、人前でやられるのは嫌という方は多いです。人前では触られたくないという方が多いですからそこは注意してください。もし人前でスキンシップをして嫌がられたときにはもうしないことです。2人きりになれたときだけにスキンシップをするようにしましょう。あまりしつこく嫌がることをしていると関係性が悪化してしまう可能性もあります。男性もからかわれていると思うようになるかもしれませんから注意が必要ですね。嫌がっている男性にはやらないことです。

相手の精神状態に配慮する

スキンシップはいつやってもいいものではありません。相手の精神状態によっては触られたくないこともあるでしょうから、相手の精神状態を配慮したスキンシップを心がけましょう。あまり精神状態が良くないときにスキンシップをしてしまうと本気で怒られる可能性もありますし、ギクシャクした関係になってしまうことも考えられます。このようなことになってしまうと今まで築き上げてきた関係性も音を立てて崩れてしまいます。常に相手のメンタルを配慮してあげてください。このように精神状態が良くないときにスキンシップをしても逆効果になってしまいますから注意が必要です。

まとめ

スキンシップは最高のコミュニケーションテクニックですからできるだけ駆使することをおススメします。男性からモテたいのならスキンシップを日ごろから心がければいいですが、あまりにも誰にでもやってしまうと全然好きでもなんでもない男性から好意を持たれてしまう恐れもあります。このようなことを防ぐためにも誰にでも同じようなスキンシップをするのはやめておきましょう。できることなら好きな男性、本当に振り向いてほしい男性にだけスキンシップをするのが望ましいです。ぜひ覚えておいてくださいね。