恋で病む人に共通する性格8つ!恋愛に疲れないために心がけたいこと

恋愛は、楽しいばかりでもありません。ときに苦しいこと、つらいことも平然と起こるのが実際のところです。けんかや浮気だけでなく、好きすぎて不安になる、病むといったことも気にしておかなくてはなりません。恋で病みやすい人は、どのようなポイントに注意しておけば疲れにくくなるのでしょうか。

恋愛が疲れた時にやるべきことについてはこちらをチェック

恋愛疲れた人がとるべき行動はズバリ・・・え、コレだけ?

あわせて読みたい

恋愛疲れた人がとるべき行動はズバリ・・・え、コレだけ?

続きを読む

恋愛がしんどいと思う人は多い


参考:https://woman.mynavi.jp/article/170331-39/
恋愛を経験したことがない、もしくは経験の浅い人からすれば、彼氏との関係はもちろん楽しいことの方がたくさんである、きっとそんな風にイメージしていることでしょう。ですが実際は、そうでもありません。それどころか、恋愛にしんどさを覚える女性も結構います。事実、女性を対象としたアンケートでは、何と恋愛においてしんどいと感じた経験があると答えた人は、ゆうに80%近くもいたとの結果がでているほどです。

むしろ、恋愛はしんどくて当たり前ともいい換えられるのかもしれません。心の疲れは、溜め込みすぎると病んだ状態に発展する可能性も出てきます。たかが気分の問題と軽視せずに、しっかり向き合うことが大切です。

恋に病む人に共通する性格

好きな人のためなら何時間でも待てる


恋に病む人の傾向して、恋愛一辺倒になる性質が多くみられます。つまり、頭の中が恋愛や彼氏でいっぱいになり、そのことに振り回されてしまうようなタイプです。依存型とも、いい換えられるかもしれません。

好きな人が待ち合わせに遅れてきた、だけど彼のためなら何分でも何時間でも待てる、そんな性格は危険かもしれません。自分の貴重な時間が無駄になってもなお、相手に尽くしてしまうタイプだからです。いつか我慢の限界がきて、気持ちが爆発してしまうかもしれません。

好きなことを何時間でも続けられる集中力がある

好きな人のためなら何時間でも待てるという性格にも、通ずるものがあるかもしれません。趣味や仕事など、どれだけ大変な内容でも好きなことなら何時間でも続けられる!そのような性格は、恋愛において苦労する可能性があります。恋愛対象となる男性にもまた好きという感情を抱くわけですから、つい熱中してしまいかねません。気づけば、視野が狭まり生活が彼中心となってしまい、心を疲れさせてしまうことでしょう。そうなると、彼のちょっとした言動や行動にも深く傷つき、そのたびに病んでしまうかもしれません。

人見知りだけど共通点があると距離を急に近づける


人見知りということは、簡単に人を信用できないタイプといえるでしょう。信用するまでに時間をかけなければならないがゆえに、社交的なふるまいが苦手なのです。ですがそれは、反対に一度信用した人にはとことん気を許してしまう性格ともいい換えられます。そのため、心のパートナーともいえる彼氏や片思い相手に、振り回されてしまうかもしれません。人見知りがゆえに、病んでも相談する相手がいないため、ストレスは蓄積されていく一方です。恋愛においては、少し危険な性格ともいえるかもしれません。

神経質で深読みしがち

おおざっぱな人は、楽な恋愛に向いています。些細なことを気に留めず、気を楽にして付き合っていけるためです。一方注意すべきなのが、その反対で、神経質、深読みしがちといった性格の人です。些細な表情の変化や言葉のとげなどを切り取っては、ネガティブな想像を膨らませてしまいがちであるためです。深読みは、すればするほどネガティブ路線に走ってしまいがちです。繊細な感性を持つことは決して悪いことではありませんが、こと恋愛においては、おおらかな心、ある種の適当さも持ち合わせるべきでしょう。

自分のことをわかってほしい


好きな人にはとことん自分のことを理解して欲しい、女性の中には、そんな考えを持つ人も多いかもしれません。彼氏ともなれば、一心同体ともいえるパートナーになるわけですから、やはりそんな欲求も湧き上がってきがちでしょう。ですが、このタイプもまた病みやすいといえます。

そもそも、他人のことを100%分かるなどということはあり得ないのです。自分を100%理解している人間は、自分以外にいません。それどころか、自分でだって把握できていない部分は多いことでしょう。そこへきて、異性に完全に分かってもらうことを期待するのは、無理のある話なのです。

こういったタイプには、依存型が挙げられるでしょう。彼がすべて、彼なしでは生きていけない、そんな感覚を持つ人は完璧を求めてしまいがちです。恋人同士であったとしても、結局は他者に他なりません。適度に思いやる関係以上は、あまり求めるべきでないでしょう。不可能を求めれば求めるほど疲れるのはあなた自身です。

将来のことを考えてしまう

現在の恋愛が楽しくても、将来に渡りその関係性が続くとは限りません。いつ別れが訪れるか分かりませんし、結婚できたとしても常に順調かどうかは不明です。にもかかわらず、常日頃から将来のことを考えてしまう、計算してしまうといったタイプは、気を付けるべきです。

未来のことは、誰にも分かりません。どれだけ深く思い悩んでも、将来どうなるのか知っているのは未来の自分以外にいないのです。にもかかわらず、ないものねだりで予想や計画に没頭してしまえば、心は当然疲れてしまいます。確かに、将来のことを考えながら恋愛することも大切ですが、あまり考え込まないように気を付けましょう。

将来のイメージが心の負担になるようであれば、今現在こそを思いっきり楽しむよう心がけてください。それこそが理想の将来に繋がるということも、大いに考えられます。相手男性としても、将来に頭を抱えてばかりのあなたより、今を謳歌する輝くあなたの方がきっと魅力的に映るでしょう。

嫉妬心が強い


彼が自分以外の女と仲良くしている、メールやLINEの返事が遅い、ただそれだけで嫉妬心が膨らんできて仕方がない、そんな人もきっと大変な思いを味わっていることでしょう。嫉妬というのは、何とも醜い感情です。彼や周囲の女に妬みの感情を抱くことどのものも大きなストレスですが、そんな自分への罪悪感も伴うのがやっかいなところです。嫉妬心が強いと自負している人は、恋愛中は注意するべきでしょう。

嫉妬したところで、何も解決しません。それどころか、嫉妬に顔をゆがめるあなたを見て、彼は離れていってしまうかもしれません。いいことなしなので、冷静さを保つ努力をすべきです。

メールやLINE、電話が来ないと不安になる

連絡の遅さによって不安になりやすい人も、気を付けてください。恋愛中ともなれば、その不安感は一層大きな負担となることでしょう。いったい何が理由で応対できないのだろう、自分以外の女と会っているのかもしれない、何らかの駆け引き?想像を膨らませ始めるときりがありません。この悩みの正解を知るのは、彼本人に他なりません。あなたがどれだけ想像を膨らませても、答えなんて出てこないのです。すなわち、不安を膨らませるだけ無駄なのです。速やかにクールダウンできる、冷静さが大切でしょう。

恋に病む人に心がけてほしいこと

相手に尽くしすぎないこと

尽くすこともまた、愛情といい換えられるでしょう。ですがその作業に没頭しすぎると、自分を見失ってしまいます。ちょっと愛情が届かないだけでも、大きく落ち込んで振り回されてしまいます。結果、精神的に病んだ状態に陥ってしまうかもしれません。尽くす恋愛も素敵ですが、ほどほどにするよう心がけてください。

今を楽しむこと


相手に尽くしすぎる性格をコントロールすることは、容易でありません。そんなときおすすめなのが、今を楽しむという心がけです。尽くしたいという思いは、将来への不安や、会えていないときの不安感を補うためのものではないでしょうか。完璧な愛情を注ぐことで、気持ちが離れるのを防げるような気がするものです。ですがそれでは、身がもちません。

ですが、今を楽しむという心がけを持つことで、不安は和らげられます。将来のことは運命に任せ、とにかく今を楽しむ、会えないときはどうしようもできないのだから、趣味に没頭する、そんな風にして、彼への過度な想いをコントロールしてみてはいかがでしょう。

彼氏の性格を理解すること

彼が好きすぎて心を病むのは、相手のことがよく分からないからではないでしょうか。そのため、彼氏がどういった性格であるのかを把握しておくことで、ストレスを緩和することが可能となります。心揺さぶられるでき事がおこっても、余裕をもって構えていられるでしょう。十分な会話や冷静な考察によって、理解を深めてください。

1人で抱え込みすぎないこと

相手を好きになりすぎること、相手に尽くしすぎることは決して悪いことではありません。しかし何事も度が過ぎると、相手にも自分にも負担がかかってしまうものです。そしてその気持ちを我慢し自分の中に溜めてしまうこともよくありません。誰か信頼できる人に相談をしてみると良いでしょう。

自分視点からだけではなく、色々な視点からの意見をもらうことで、考え方に変化が起きることもありますよ。

まとめ

せっかくの大好きな彼氏や恋人との関係であるにもかかわらず、しんどいと感じるのはさぞかしつらいことでしょう。ですがそれは、まったくの仕方がないことというわけでもありません。原因と対策をイメージできれば、感情をコントロールして、それこそ病んでしまう状況を回避することができます。上記のポイントを役立てて、理想的な恋愛を楽しんでみてください。