適齢期を過ぎても結婚できない!?結婚を近づけるためのポイント

結婚の適齢期というものがありますが、適齢期を過ぎても結婚できない人はいます。結婚したいと思っていてもできない人はいますし、そのような方だと気持ちばかりが焦ってしまいますよね。ここでは適齢期を過ぎても結婚できない理由や、結婚するためのポイントについてお話しますから気になる方はぜひ最後まで目を通してくださいね。

結婚の適齢期とは


結婚適齢期という言葉はよく耳にすると思いますが、適齢期とは結婚するのに適切とされる年齢範囲のことをこう呼んでいます。結婚適齢期は男女によって異なりますが、あくまでこれくらいの年齢に結婚したほうがイイという目安のようなものですし、別に適齢期に結婚しないといけないということはありません。

男性の適齢期は27~30歳

男性の適齢期は27~30歳くらいだと言われています。これくらいの年齢になると仕事も安定しているでしょうし、それなりの経済力もあります。結婚して奥さんや子供を養う力は十分ありますし、結婚に適した年齢と言えるでしょう。

女性の適齢期は25~28歳

女性の場合は妊娠や出産のこともあるため25~28歳くらいとなっています。

適齢期を過ぎても結婚しない人の特徴


適齢期を過ぎても結婚しない方も少なくありません。アナタの周りにもそうした女性がいるかもしれませんし、アナタ自身がそうかもしれませんね。ここでは適齢期を過ぎているのに結婚しない人の特徴について見てみましょう。

仕事が上手くいっている

仕事が上手くいっていると結婚しないことがあります。仕事がうまくいっていると楽しいですし、仕事のことばかりを考えてしまうことも多いです。頭の中が仕事ばかりになっていますし、恋愛をしようという気にならない方も少なくありません。結婚ということを現実的な話として考えることがあまりできなくなっている状態ですし、仕事の面白さに支配されていることも多いですから適齢期を過ぎてしまうということもあります。女性の社会進出が著しくなってからはこうした女性も増えているのではないでしょうか。

子どもが欲しくない

子供を産むことが女性にとって一番の幸せ、とは昔からよく言われることです。確かに子供は女性にしか生めませんし、最大の喜びであることも事実かもしれません。しかし、世の中のすべての女性が子供を欲しがっているということはありませんし、子供は欲しくないという方もたくさんいます。それが理由で適齢期を過ぎても結婚できない、しないという女性がいるのも事実でしょう。結婚すれば相手や相手のご両親からも子供の話をされるでしょうし、それがプレッシャーになることもあります。それが嫌で結婚しないという方もいるのではないでしょうか。

収入が低い


収入が低いことを気にして結婚しないという方もいます。結婚すると基本的には旦那さんが一家の大黒柱として稼ぐと思いますからそこまで考えなくてもいいと思いますが、人によっては収入が低いことを理由に結婚をしない方もいます。もっと収入が多くなったら結婚を考えてみようかな、と思いつつ気が付いたら適齢期を過ぎていた、という方も恐らく多いのではないでしょうか。

独身の自由な感じが捨てられない

結婚すると基本的に自由はなくなります。好きな人とはいえもともと他人だった人と一緒に暮らすわけですし、多少の束縛をされるのは当然でしょう。子供ができたとなるとさらに自由は失われるわけですから、それが嫌だという方もいます。独身だといつも自由に行動できますし、それを誰かに咎められるようなこともありません。その自由な感じを捨てることができない、いつまでも自由にいたいという方は適齢期を過ぎても結婚できない傾向にあります。

家に介護者がいる

ご両親や祖父母の介護をしているという場合だと適齢期を過ぎても結婚できないことがあります。家に介護者がいる場合だと結婚しても介護は続けないといけないでしょうし、結婚した相手やその家族にも迷惑をかけてしまうかもしれません。そのため、こうしたケースでも結婚をしないという方はいます。

相手がいない


結婚するためには当然相手が必要です。一人では結婚できませんし、まずは相手がいることが大前提ですよね。適齢期を過ぎても結婚しない人はそもそもその相手がいないということも多いです。仕事一筋だったので彼氏を作る暇がなかった、恋愛にあまり興味を持てないのでずっと独身だったという方もいるでしょう。このようなケースも結婚できないことが多いですね。

独占欲が少ない

独占欲が少ない人もあまり結婚に興味を持たないことがあります。独占欲がある程度ある方だと結婚して自分だけのものにしたい、という気持ちも芽生えるものですが、独占欲が少ない方だとそのようなことを考えることはありません。別に今の状態でも全然不満はないという方でしょうし、これだと結婚を考えることはないでしょう。

結婚を近づけるためのポイント

ポイント
ここでは少しでも結婚を近づけるためのポイントについてお話したいと思います。これをすれば絶対に結婚できる、という魔法のような方法ではありませんが、確実に今よりは結婚に近づくことができるでしょう。どうしても結婚したい方、適齢期は過ぎているけど結婚したいと考えている方は参考にしてください。

出会いを積極的に増やす

出会いを積極的に増やすのはおススメです。適齢期を過ぎても結婚しない、できないという方だとそもそもそういう相手がいないということも多いです。お付き合いしている人がいないことには結婚などできませんから、まずは出会いを増やすことから始めてみましょう。出会いを増やす方法はいくらでもありますし、もっともポピュラーなのは婚活イベントへの参加です。婚活パーティーやお見合いパーティーといった婚活イベントには積極的に参加してみましょう。合コンなどの飲み会に参加するのもイイですし、マッチングアプリを使ってみるのもイイですよ。

結婚相手の条件を妥協する

結婚相手に高い理想を求めているとなかなか結婚できません。理想の相手を求め続けているうちに適齢期を過ぎてしまったという方もおられるでしょう。そのようなことになってしまうと本末転倒ですから、結婚相手の条件を妥協してみるのも一つの手です。あまりにも理想が高いとなると出会うまでに時間もかかるでしょうし、そのような人が見つかったとしても自分を選んでくれるかどうかは分かりません。理想の高い相手はライバルも多いですからね。

自分磨きをする

自分磨きをしてみるのも結婚に近づくには効果的です。出会いを増やす努力をしつつ、自分磨きもしてみましょう。いくら素敵な男性と出会うことができたとしてもその人が自分のことを選んでくれないと話になりません。男性が結婚したい、と思えるような女性にならなくてはなりませんから、そのためには自分の魅力を常に磨いておく必要があります。習い事を始める、新しい趣味を見つける、エステに通ってキレイになるなど自分磨きの方法はいろいろあります。頑張って自分磨きをしてみましょう。

心に余裕を持った行動を心がける


心に余裕がないとなかなか結婚もできません。男性は意外に勘が鋭いですから、心に余裕のない女性はすぐにわかってしまいます。そのような女性とはあまり結婚したいと思いませんよね。心に余裕があれば自然と男性も惹きつけられるでしょうから、まずは心に余裕を持った行動を心がけてみましょう。いつもいっぱいいっぱいということにならないように注意してくださいね。

まとめ

適齢期を過ぎても結婚できない女性の特徴や、結婚に近づく方法などについてお話してきました。結婚適齢期に必ず結婚しないといけないわけではありませんが、女性の場合だと妊娠や出産の問題もあります。30代後半や40代以上になって結婚したい、子供がほしいと思っても難しくなってしまいますから、できるだけ適齢期やそれに近い年齢で結婚したいものですね。ここでお話したことも参考になると思いますから、結婚に少しでも近づけるよう頑張ってみましょう。