イライラする原因は何?簡単にできる8つの解消法

特にこれと言った原因もなく、何だかイライラしてしまうということがあります。どうしてイライラしてしまうのでしょうか。それにはさまざまな原因が関係しています。こちらではイライラの原因や解消方法について解説しましょう。

イライラする原因

まずイライラの原因について教えましょう。原因を知っていないとイライラを解消することができないでしょう。さまざまな原因について教えます。

イライラするのは交感神経が優位になっている状態


イライラというのは神経が関係しています。人間には交感神経というものがあり、こちらが優位な状態となっているとイライラしてしまうのです。人間には交感神経と副交感神経というものがあります。交感神経はアクティブなこと、副交感神経はリラックスすることに関わっているのです。したがって、交感神経が優位になると神経が過敏な状態となっており、イライラしやすくなってしまいます。

幸せホルモンのセロトニンが不足

人間の体の中には幸せホルモンと呼ばれているものがあります。それがセロトニンです。セロトニンというのは神経伝達物質であり、こちらは睡眠や精神安定に大きく関わっているものです。このセロトニンが不足してしまうとネガティブ思考になってしまいます。代謝が下がったり、内臓の働きが悪くなってしまうのです。人間の体にさまざまな影響を与えてしまうため注意しましょう。

ストレスホルモンのコルチゾールの分泌増加

ストレスホルモンと呼ばれているコルチゾールがイライラに関わっていることがあります。過度なストレスを受けているとコルチゾールの分泌量が増加してしまいます。したがって、コルチゾールがたくさん出ている場合にはあなたは大きなストレスを抱えている可能性があるのです。ストレスの指標とされているのがこのコルチゾールなのです。こちらをチェックすることによって、客観的にストレスが溜まっているかどうかを判断できるでしょう。

腸内環境が悪玉菌優位になっている

腸内環境も実はイライラに影響を与えてしまうことがあります。腸内環境は善玉菌と悪玉菌、日和見菌によって調節されています。もし悪玉菌が優位な状態になっていると、体にさまざまな悪影響が出てしまうでしょう。それによって体調が悪くなってしまったり、精神的なストレスが高まってしまう可能性があります。そのため、腸内環境をしっかりと整えておくことは大切なのです。

睡眠不足で疲れている


睡眠は人間の心身に大きな影響を与えるものです。毎日しっかりと睡眠時間を確保しておかないと、ストレスが溜まってしまうでしょう。そのため、あなたがイライラしているのであれば、睡眠不足で疲れている可能性があります。そのために精神的な余裕がなくなってしまうのです。そのため、しっかりと睡眠を確保することが重要なのです。たとえば毎日6時間以下の睡眠しかとれていないのであれば、睡眠時間は短いといえるでしょう。ただし、睡眠時間には個人差があるため、以前より短くなっているかどうかを基準としましょう。

激しい寒暖差

気候があなたをイライラさせるということがあります。たとえば激しい寒暖の差があるとそれが心身に影響を与えてしまいます。それによってイライラしてしまうことがあるでしょう。体調が悪くなってしまったり、ストレスが溜まってしまうのです。

イライラの解消方法

もしイライラしてしまったならば、早くそれを解消するべきです。それではどうすればイライラを解消することができるのでしょうか。こちらではイライラを取り除くための方法を教えましょう。

十分な時間の良質な睡眠を確保する

まずしっかりと睡眠時間を確保することが大切です。夜眠たくなったらすぐに寝るようにしましょう。良質な睡眠を確保するようにしてください。毎日同じ時間にベッドの中に入るようにしましょう。少し早いと思うぐらいの時間に寝てしまうと良いでしょう。睡眠環境もしっかりと整えておきましょう。

できるだけ低GI値の食品を選択する

血糖値が急激に上昇してしまうとイライラしてしまうことがあります。血糖値はGI値に影響されます。GI値の高い食品というのは血糖値が上がりやすいのです。たとえばパンのGI値は高くなっています。そのため、できるだけ低GI値の食品を選択してみましょう。

深呼吸をする


もしイライラしたときには深呼吸をしてみましょう。そうすることによって、精神を落ち着かせることができるのです。突発的にイライラしてしまうことはあります。そんなときに急いでイライラを沈めたいときには深呼吸をすることをおすすめします。これだけでもあなたのイライラをなくすことができるものです。

15~20分程度の昼寝をする

毎日数十分でも昼寝をしてみましょう。睡眠はイライラの解消に役立つのです。たとえイライラしたことがあったとしても、昼寝をすることによってリセットすることができます。昼寝をすることによって、心身の疲れを取り除くことができるでしょう。毎日昼寝の時間を確保してください。そうすることでゆとりのある生活を送ることができるでしょう。

筋弛緩法で体の緊張をほぐす

体の緊張をほぐすことによって、イライラをなくすことができます。筋肉が緊張してしまうとそれぞれがイライラにつながってしまうのです。こちらの療法によって、体の疲れを取り除くことができて、手足の体温を上げることが可能です。呼吸が深くなり、眠りやすくなるでしょう。具体的な方法としては、筋肉を緊張してから緩めるという動作を繰り返すというものです。

ジョギングなどの運動で発散する


運動はストレス解消に最適となっています。大きなストレスを抱えて生きている方は運動をしてみましょう。これは軽い運動でも問題ありません。体を動かして汗をかくということが大切です。たとえばジョギングをしてみましょう。ちょっと走るだけでも自然とイライラがなくなるでしょう。

入浴してリラックスする

お風呂に入るのもおすすめします。入浴をすることによって、体温を上昇させることができます。血行が良くなり、精神的にも安心することができます。

イライラが爆発寸前なときはその場から離脱する

どうしてもイライラが爆発してしまうことがあります。そんなときには、その場から急いで離脱してしまいましょう。その場にイライラの原因があるならば、それを見るだけでもイライラしてしまいます。離脱することによって、一度冷静になることができるのです。そうすれば、心を落ち着かせて、イライラを解消することができるでしょう。

考え方も大切!イライラの解消方法

イライラは考え方によって影響されることがあります。ちょっと考え方を変えるだけでもイライラをなくすことができるのです。どのような考え方をするべきなのかを教えましょう。

相手の許せない部分だけでなく許せる部分も探す

もし相手に許せない部分があったとしても、そこにだけ注目するのではなくて、許せる部分を探す努力をしましょう。どのような方にも良い部分もあれば、悪い部分も存在しているのです。そのため、できるだけ良い部分を見つけるようにすることで、その人を許せるようになるかもしれません。

物事を「不完全でも大丈夫」と考える


ストレスが溜まってイライラしてしまう方は完璧主義の方が多いです。何でも自分の思い通りにならなければ済まないのです。そこで完璧主義をやめて不完全な状態であっても大丈夫と思うようにしましょう。物事が中途半端な状態でも受け入れる努力をするべきです。意外と完璧でなくてもなんとかなるものなのです。自分でハードルを上げすぎてしまうと、それが苦労してしまう原因となるのです。完璧でなければ失敗だと考えるとイライラしてしまうでしょう。

焦らなくて大丈夫!自分が思っているほど他人は自分に興味を持っていない

他人に期待されていると感じてしまい、早く問題を解決したり物事を進めなければいけないと焦ってしまうことがあります。このような状況ではイライラしてしまうことが多いでしょう。そこで考え方を変えるべきです。自分が思っているほど他の人はあなたに興味を持っていないものです。みんなあなたにそれほど注目していないと考えることによって、イライラしなくなるでしょう。

まとめ

仕事や人間関係など、どうしてもイライラと切り離せない状況など、起こってしまうのは仕方のないことでもあります。ただ、そういったこととにどう向き合っていくか、どう自分の中で落ち着きを取り戻すか、工夫次第では毎日を変えていくこともできます。ストレス発散をしながら、うまく切り抜けていける術を身につけられると日々の生活がもっと楽しいものになっていきそうですね。