寡黙な男性の特徴!付き合い方がわかると楽しい恋が待っている

全然しゃべってくれない寡黙な男性っていますよね。このような人とどのように付き合っていけば良いのか分からないという方がいるでしょう。寡黙な男性と楽しい恋をするために知っておくべきことについてまとめました。

寡黙=口数が少ないことや態度


寡黙とはそもそもどういう人かといえば、これは口数が少ない人のことです。あるいは口数の少ない態度をあらわして寡黙といいます。一般的に男性の中には寡黙な人がわりとたくさんいます。女性で寡黙な方はあまりいないでしょう。そのため、寡黙な男性とどのように付き合っていけば良いのか分からないという女性は多いのです。

寡黙な男性と付き合うのは楽しい

そもそも寡黙な男性と付き合っていて楽しいと思えるのか疑問を感じている女性がいるかもしれません。どうせ付き合うならば楽しい人と付き合いたいと考えている方もいるでしょう。こちらでは寡黙な男性と付き合っていく際のメリットについて紹介しましょう。意外とさまざまなメリットがあるのです。

ルックスが良ければ黙っていても見てるだけで満たされる

たとえば寡黙な男性のルックスが良いのであれば、それを見ているだけでも満たされるでしょう。ルックスが良いならば黙っていても問題ないと考える女性は多いのです。むしろおしゃべりな男性を嫌っているという方もいるのです。ルックスが良いのであれば、それを見ているだけでも満足できるという女性は多いのです。それ以上のことは特に求めないという方は、寡黙な男性に満足しているのです。

活発なコミュニケーションを強要してこないから疲れない


もし彼氏がおしゃべりな人の場合は活発なコミュニケーションを求めてくるでしょう。そのようなコミュニケーションを強要してくる人を嫌がっているという女性もいます。たまにであれば良いでしょうが、彼氏となるとずっと一緒にいることになります。常にずっとおしゃべりをしていなければいけないのは彼女からしたらとても疲れてしまうでしょう。それならば寡黙な男性の方が楽だと感じる女性もいるのです。

口が堅いから秘密を漏らさない

寡黙な男性というのは基本的に口が堅いです。そもそも余計なおしゃべりをしないから寡黙と評価されているのです。したがって、寡黙な男性に何かを打ち明けたとしても、その男性はしっかりと秘密を守ってくれるでしょう。何かを自分から他人に話すということがそもそもほとんどないのが寡黙な男性の特徴なのです。このような男性を彼氏にすれば、恋人同士の秘密の出来事を誰かに知られることはないでしょう。二人だけの秘密をたくさん持つことができるのです。

喋りはいけなくても歌は上手いなど意外な一面もある


喋りが苦手な男性であっても、他の面では意外な特技を持っているというケースもあります。たとえば歌が上手い寡黙な男性がいるでしょう。この場合はたまにカラオケで歌を披露してもらうと、とても感動できるでしょう。その他にもさまざまな特技を持っているケースがあるのです。おしゃべりだけが男性の魅力ではありません。

一本筋が通っている人であれば行動力で引っ張ってくれる

寡黙であってもおしゃべり以外の点で魅力的な男性はたくさんいます。たとえば一本筋が通っているというタイプの男性がいます。このような男性であれば、寡黙であっても行動力があって、女性を導いてくれるケースがあるのです。そのため、寡黙でもとても頼りがいのあるタイプの男性はいます。おどおどしているわけではなくて自信満々であり、常に彼女を引っ張って自分の道を進んでいくタイプの寡黙な人もいます。

数少ない発言の中に説得力があり信頼が置ける

寡黙な人であっても、まったくしゃべらないというわけではありません。そして、数少ない発言の中にはとても説得力があったり、含蓄のある言葉がある場合が多いのです。そのようなことを話してくれるのであれば信頼できるでしょう。寡黙であっても、本当に大切なことはしっかりと発言してくれて、それが役に立ったり、感心することがあるのです。

言葉数は多くなくても不器用な愛情表現にキュンとする

寡黙な人の中には不器用な人が多いです。彼女に愛情表現を示そうとするのですが、それがなかなか上手くいかないのです。口が軽い人のように簡単に好きと言ってくるわけではないのですが、自分なりに愛情を示そうとしてくれて、それが不器用になってしまうところに可愛さを感じてしまうことがあります。そのような男性にキュンとしてしまう彼女は多いでしょう。

寡黙な男性の特徴


そもそも寡黙な男性というのはどのような特徴があるのでしょうか。どういう特徴を有していれば寡黙な男性と評価することができるのか、その特徴について紹介しましょう。

自発的に人に話しかけない

まず寡黙な男性というのは基本的に自分から他人に話しかけることはありません。もちろん必要があれば発言をすることがあるのですが、自発的に人に話しかけるということはないのです。それにはさまざまな理由が含まれているでしょう。まったく他人とコミュニケーションをとる気がないというわけではなくて、あくまでも自発的に言葉をはっしないというパターンは多いです。

自分を正当化するようなみっともない言動をとらない

基本的に寡黙な人は自己弁護を図ったり、自分を正当化するようなことは言いません。そのような言動をしないことが多いのです。そのような状況でもいちいち見苦しく発言をしないからこそ寡黙な人と評価されているのです。そのため、このような男性というのは、好感が持たれるケースもあるでしょう。みっともない言動をとる人と比較してみるとカッコよいと思われるケースもあるのです。

まわりのことをよく観察し満を持してアクションを起こしている

寡黙な人というのは自分から話をすることは少ないのですが、その代わり周りの人のことをよく見ている場合が多いです。そのため、周囲をよく観察しており、自分が本当に動かなければいけないタイミングをしっかりと理解していることが多いでしょう。そのため、満を持して本当に必要なタイミングでアクションを起こすことができます。そのような方が寡黙な方には多いのです。

ユーモアがある人なのに口数が少なくクソ真面目な人と誤解される

寡黙な人というのは真面目な人と思われているケースが多いです。しかし、これは実際には誤解であるケースがあります。本来はユーモアのセンスがとてもあるという人もいるのです。ただし自分からそのユーモアを発揮するようなことはなく、周囲からはクソ真面目な人であると誤解されているのです。仲良くなってみると意外と面白い人だったと分かるケースが多いのです。

発言するときは自分の中で結論が出た・決断したあと


寡黙な人というのは無駄なことは基本的に発言しません。しっかりと自分の中で考えてみて、結論が出たり、決断をしたあとに初めて発言をするのです。そうでなければ余計なことは一切言わないでしょう。できるだけ口数を少なくしたいと自然に考えており、そのため本当に確信が持てたときでないと発言をしないことが多いのです。

必要のない話はほとんど・一切しない

寡黙だとされている人というのは、必要のない話をすることは滅多にないでしょう。そのような話を一切しないという方もいます。無駄口をきかないのです。これはそのような話をする必要性を感じていないからという場合が多いです。他人と話をして楽しいと思うことはあまりなく、むしろ疲れてしまうというタイプが多いでしょう。あるいは公私混同をしなくて、今やるべきことに集中して取り組むという方が多いのです。話をするのは余計なことだと考えているのです。

一度信じた事・物・人に対しては一途

寡黙な人は基本的に一途な人が多いでしょう。自分で信じたことや信じた物、あるいは信じた人に対しては一途な態度をとることが多いのです。そのため、寡黙な人の愛情というのは真っ直ぐであることが多く、ずっと自分を愛してくれるというケースが多いでしょう。そのため、寡黙な人との恋愛が上手くいけば、ずっとラブラブでいられる可能性が高いのです。

嘘をつかない


寡黙な人というのは基本的に嘘をつきません。嘘をつくという行為に意味を感じていないことが多いでしょう。強がったり、見栄を張るということがないのです。嘘をつくためには話をしなければいけません。それが面倒くさいと考える方も多いでしょう。必要なことだけを話すのが寡黙な人であり、嘘をつくのは余計なことなのです。口数を増やすことになるため、それでは寡黙とはいえなくなります。

レディファーストは苦手

寡黙な人というのはレディファーストは苦手であることが多いでしょう。レディファーストをするためにはそれをきちんと女性に伝えなければいけません。そのようなことを発言するのが寡黙な人は苦手なのです。口では言わないけれども女性を尊重する態度や行動をとることはあるのですが、それを口にしないため相手に気がつかれないというケースもあります。

自信のなさが口数が乏しい原因のこともある

寡黙な人にもいろいろなタイプがいます。たとえば自信がないために口数が乏しくなってしまい、それが寡黙な印象を与えてしまうというケースもあるのです。このようなタイプの寡黙な男性というのは、とてもおとなしくて自信がなさそうにしていることが多いでしょう。一見すると気弱そうなタイプの男性が多いのです。

寡黙な男性との付き合い方

寡黙な男性とはどのように付き合っていけば良いのでしょうか。こちらでは寡黙な男性と上手く付き合っていくための方法について紹介します。

警戒心を解くためにまずは挨拶から距離を詰める


寡黙な人というのは基本的に警戒心が強い場合が多いです。そのため、仲良くなりたいならば、まずはその警戒を解くところから始めなければいけないでしょう。いきなり仲良くなろうとするのではなくて、まずは挨拶から始めてみましょう。会う度にこちらから挨拶をすることを繰り返していくうちに徐々に距離を詰めることができるでしょう。

男性の興味がある物事を知って自分から話を振る

寡黙な人に話をふるためには相手が興味を持ったり、話についていけるような話題を選ばなければいけません。そうしないと相手は話についてこられないようになってしまうでしょう。そこで事前に相手の興味のある話題についてリサーチしておきましょう。その話題についてある程度知識を得ておいて、それから話をするのです。あるいは相手の興味のあることについて質問をしたり、解説をしてもらうのも良いでしょう。

不用意な発言で自尊心を傷つけないようにする

不用意な発言をしてしまうと寡黙な人を傷つけてしまうかもしれません。たとえば寡黙なことを茶化したり、馬鹿にするようなことを言ってはいけません。意外と本人は気にしているかもしれないからです。寡黙な人というのはどこに地雷があるのか分かりません。相手の地雷を踏んでしまうと相手はあなたと真面目に話をすることがなくなってしまうでしょう。そのため、自分の発言には注意しましょう。

熟慮していると考えて振った話の結論・返答を急がない

おしゃべりな人に多いのですが、相手に話を振ったときにその結論や返答を急いでしまうことがあります。しかし、相手が熟慮していたり、じっくりと考えているのであれば急かさないようにしましょう。寡黙な人というのは意味のある会話を求めることが多いです。その場のノリや勢いでいい加減な会話をすることを嫌っている場合が多いのです。

ネット上のほうが円滑にコミュニケーションが取れることもある


いっそのこと寡黙な人とはネット上でのコミュニケーションをメインにしてみるのも良いでしょう。SNSやメールを活用してみるのです。その方が相手の本心を聞けることが多いでしょう。口下手なために寡黙になっている人もいるのです。コミュニケーションは絶対に会話にこだわらなければいけないということはないのです。

無理して沈黙を埋めようとしない

寡黙な人はそもそも沈黙を嫌なこととは考えていません。沈黙になってしまうと気まずいと考えるべきではありません。心地よい沈黙というのもあるということを覚えておきましょう。沈黙を埋めるために無理に話をしようとすると逆に嫌われてしまう可能性があるのです。無理して沈黙を埋めて余計な話をしてしまい相手を怒らせてしまうケースもあるのです。それならば、ずっと黙っていた方がましでしょう。

自分がまず腹を割って相手と話す

寡黙な人はなかなか腹を割って話をしてくれないと不満を抱いている方が多いです。しかし、相手のことを聞きたいならば、まずは自分のことを話すべきです。そして相手に自分のすべてをさらけ出してしまいましょう。そうすることによって、相手も礼儀として腹を割った話をしてくれるはずです。自分が腹を割っていないにも関わらず、相手にだけそれを求めるのはワガママでしょう。

お酒が入ればいろいろ本音が聞きやすくなることもある


普段は寡黙な人であっても、意外とお酒が入るとさまざまな本音を話してくれるケースがあります。そのため、寡黙な人をお酒に誘ってみるのも良いでしょう。そうすることによって、さまざまな本音を聞ける可能性があるのです。いろいろな本音を聞くことによって、相手のことがもっと理解できるようになるでしょう。

まとめ

ここまで寡黙な男性について注目してきました。あなたの周りにも寡黙な男性はいるでしょう。寡黙な男性についての意外な真実を知ることができたでしょう。これから寡黙な男性を上手く付き合いたいと考えている方はぜひとも参考にしてください。寡黙な男性と付き合うことによって、意外と楽しい恋愛ができるかもしれないのです。寡黙な男性には他の男性にはない魅力がたくさん存在しているのです。そのような魅力を見つける努力をしてみましょう。新しい世界を体験できるかもしれません。