その口臭は便秘が原因!口臭の原因と解消法を紹介

最近は、以前にもましてニオイについて敏感になってきています。中でも口臭対策は必須で、多くの方が自分に合った方法を探して口臭予防に努めているようです。口臭を引き起こす原因は、色々考えられます。その中には、意外に思うかもしれませんが、便秘も含まれています。便秘になると、体がダル重くなったり肌荒れが起こったり腰痛になったりと色々な問題が出てきます。更に口臭も引き起こすとなれば、早めの対策を考えたいと思う方も少なくないことでしょう。

便秘時の口臭の特徴


どんなにしっかりと歯磨きをしていても、どうしても臭ってくる便秘時の口臭。様々なマウスケアを行っても改善が見られません。便秘時の口臭には、いくつかの特徴が見られます。

おなら・便のにおいが口臭にも影響する

腸内で発生した悪玉菌によって、有害物質がつくられます。便秘になるとこれが血液に乗って運ばれるようになり、その結果口臭や体臭となるのです。個人差もありますし状態によっても違いがあるのですが、排便がない状態が3日以上続くようであれば、もしかしたら口臭が発生しているかもしれません。

口内ケアをしてもにおう


多くの方が、何かしらの口内ケアを行っているかと思います。歯磨きを徹底したり、デンタルフロスなどを使ってケアしたりしている方もいるでしょう。更に良いアイテムがたくさん販売されていますので、そういったものを使って口内ケアをしているかもしれません。また、定期的に歯医者さんに通っている方も多いでしょう。このように、できることを精いっぱいしているのに、口臭が止まらないことがあります。全ての原因が便秘と断言できるわけではありませんが、その可能性も否めません。

体臭からも悪臭がする

便秘が原因による口臭が強い方の場合、体臭も気になっていることが少なくありません。これもまた、口臭と同じで、腸内で悪玉菌が有害物質を発生させて、それが血液と一緒に流れていることが理由です。それが汗と一緒に発散。臭いを伴います。

腐った卵のようなにおい

便秘が原因の口臭は、腐った卵のような臭いをさせることがあります。普段なかなか腐った卵に遭遇することがないと思いますので、もっと別な表現をすれば硫黄のような臭いです。温泉などで香ることがあるあの独特の臭いです。これは、腸内で消化されずに残った食べ物が腐ったことで、生み出される臭いです。

カビのようなにおい

もし口臭がカビのような臭いであるなら、それは肝機能が衰えているからかもしれません。もちろん全ての人が必ず肝機能の問題ということではないのですが、このように口臭と言っても色々な特徴があり、それによって考えられる原因は色々あります。

口臭の確認方法


あなたもそうだと思いますが、親しい間柄であっても、口臭はデリケートな問題なのでなかなか指摘することができないものです。その為、何とかして自分で気づくことが必要となってきます。もし、信頼できる友達や家族などがいるのでしたら、一度息を吐いて嗅いでもらい、本当のことを言ってもらうといった方法もあります。

臭気測定器を使う

口臭が気になる方は、臭気測定器や口臭計測器を使うといった方法もありこちらもお勧めです。アルコールの臭いを検知できるなど、色々なものがありますので一つあると何かと便利ではないでしょうか。お手頃価格で購入できるタイプもあります。

誰かに息を嗅いでもらう

信頼できる相手に息を嗅いでもらい、その結果を聞くといった方法もあります。なかなか勇気があることかもしれませんが、お互いにチェックしようと誘えばスムーズに口臭チェックができるかもしれません。多くの方が自身の口臭について不安に思っていますので、快く引き受けてくれるのではないでしょうか。

手に息を吐いて嗅ぐ

昔からよくされている方法ですが、残念ながらこの方法はあまり効果がないと言えそうです。自分の臭いは自分では気が付きにくいもの。相当臭い場合を除いては、正しい結果を知ることは難しいと言えそうです。似ている方法として、コップなど大きめの器に息を吹きかけ臭いをチェックすると言う方法があります。こちらもしっかりとしたチェックは難しいかもしれませんが、手に息を吐いてチェックするよりは、確かな結果が期待できるかもしれません。

便秘による口臭を改善する方法


便秘は、体調も悪くする嫌な症状ですが、不快な臭いを発すると聞けば、更に何とかしたいと考える方が少なくないように思います。歯磨きだけでは防げないしぶとい臭いですから、是非徹底的に改善していきたいものです。便秘を改善して、不快な臭いも取り除いていきましょう。

便秘解消をする

便秘を解消するために必要なこと。それは、便秘になりやすくなる行為を止めること。そして、便秘になりにくい生活を送ることです。便秘になりやすくなる行為とは、栄養が偏った食事や食物繊維が足りない生活、運動をしない生活、不規則な生活、朝ご飯を食べない生活などです。他にも、水分不足であったり、冷たいものばかり飲んだり食べたりして体を冷やしてしまったりする生活です。

反対に、便秘になりにくい行為とは、バランスが良い食事をしたり、積極的に食物繊維を摂ったりする生活です。また、体を温める工夫をしたり適度な運動を取り入れて、腸の働きを期待したり、血行を良くして体を温めることができる生活です。運動は、軽いジョギングやウォーキングなどでも良いですし、体操やストレッチヨガなどもオススメです。好きなものを楽しみながら続けることができれば、良いストレス発散もできますので色々なメリットが期待できそうです。

睡眠を十分にとる


忙しい方が多いですので、睡眠不足が気になっている方もいるかもしれません。しかし、それは様々なデメリットをもたらす状態です。睡眠不足が続くと、自律神経が乱れてあちこちに色々な症状が出てきます。便秘しやすいのもその一つ。また、睡眠不足になると、必要以上に甘いものが欲しくなったりカロリーの高いものを食べたくなったりする方もいて、更に便秘を悪化させやすくなることもあります。本当は、積極的に摂った方が良い野菜や食物繊維よりも、こういったものを食べたくなるので、結果的に栄養バランスの悪い食事になってしまいます。

ですから、心当たりがある方は、しっかりと睡眠を摂るように努めてみましょう。また、眠る数時間前から食べることはストップした方が、より便秘改善に効果が期待できます。眠る直前まで何か食べている方は、ちょっとお休みして様子を見てみましょう。便秘が良くなる可能性もあります。

ストレスを溜めない

ストレスをたくさん溜めてしまうと、自律神経が乱れてしまい便秘しやすくなります。便秘の他にも色々なデメリットがありますので、是非自分らしいストレス解消法を見つけて続けてみましょう。リラックスする時間も大切です。

乳酸菌・食物繊維を摂る


食生活の中に、乳酸菌や食物繊維をたっぷりと取り入れてみましょう。乳酸菌と聞くと、ヨーグルトを想像する方が多いかもしれませんが、この他にも色々な食品があります。キムチなどもそうです。ですから、乳製品が苦手な方でも乳酸菌は摂れます。自分に合ったものを見つけてみましょう。また、食物繊維もたくさん摂るのがオススメです。食物繊維は、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があるのですが、どちらも必要です。不溶性食物繊維は野菜に多く含まれていますし、水溶性食物繊維は海藻などにたくさん含まれています。

まとめ

便秘が原因で口臭がすることがあります。歯磨きなど口内ケアをしっかりしていても、臭いが改善されないような時は便秘が原因かもしれません。便秘は、食生活を見直したり運動を取り入れたり睡眠時間をしっかり摂るなどして改善を目指すことができます。