コーヒー 飲み物 食

コーヒーで便秘が良くなる!?コーヒーの成分や飲み方を紹介

コーヒーが好きだという方は多いかと思います。こだわりがあって、好きなコーヒー豆を吟味して選んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。朝一杯のコーヒーや気持ちを前向きにさせてくれることもありますので、生活の一部になっている方も少なくないかもしれません。しかし、コーヒーを飲むと便秘になりやすいという話について耳にしたことはありませんか?実際、コーヒーが原因となって便秘になってしまうことはあるのでしょうか?コーヒーと便秘の関係性についてまとめました。

コーヒーは便秘になりやすいのか?


コーヒーには色々なメリットがあると言われているのですが、反面注意したいこともありますなんでもそうですが、良いものであってもたくさん摂ってしまうと、逆効果になってしまうことも少なくありません。コーヒーもそうかもしれません。適量を摂ることで得られるメリットと、たくさん摂ることでもたらされるデメリット。注意したいこともあります。

利尿作用で水分不足になりやすい

コーヒーには、利尿効果があります。コーヒーを飲むと、トイレに行きたくなる方も多いのではないでしょうか。その為、コーヒーを飲むと体内の水分が減ってしまうこともあります。ご存知のように、スムーズな排便の為には、食物繊維なども必要なのですが、たっぷりの水分も必要となってきます。しかしながら、利尿効果により水分が排出されてしまうと便を作る為の水分が不足してしまうこともあります。こういった理由から、便秘しやすくなることもあります。

もちろん、コーヒーを一杯程度飲んだところで心配するようなことはありません。注意したいのはコーヒーを飲む量と飲む時間についてです。

胃腸の働きが抑制される

コーヒーに含まれている成分の中には、ポロフェノールの一つであるクロロゲン酸が含まれています。クロロゲン酸はメリットもあるのですが、腸の働きを穏やかにしてしまう特徴もあります。その為、コーヒーをたくさん飲んでしまうと、便秘になりやすくなる方もいます。コーヒーを飲みすぎることが無ければ、こういった心配はありません。

コーヒーが便秘に効く人もいる?


コーヒーには、便秘に繋がる原因もあるのですが、反面むしろ便秘の改善に繋がる理由もあります。便秘の方がコーヒーを適量摂取することで、改善されることもあるのです。快便が期待できるメリットもたくさんあります。

カフェインの消化促進効果によるもの

コーヒーには、カフェインが含まれています。このカフェインの働きによって得られるメリットが色々あります。その中には、胃での消化が促されたり、腸へほどよい刺激を与えたりして、排便しやすくさせるといったこともあります。これが、便秘改善に繋がるとされる理由です。

腸の働きを活発にさせるオリゴ糖によるもの


様々な魅力があるオリゴ糖ですが、その中にはコーヒーオリゴ糖と呼ばれるものもあります。コーヒーオリゴ糖は口から入った後、途中消化されることもなく大腸まで届き、そこで所謂善玉菌のエサとなります。悪玉菌が多い傾向にあった腸内を、善玉菌を増やすことでバラスが良くなり、理想的な腸内に。これにより、便秘が改善します。

コーヒーオリゴ糖に限ったことではありませんが、オリゴ糖は便秘改善が期待できる為、それを目的に日々の生活に取り入れている方もいます。腸内環境を良くしたい方にも、オリゴ糖がオススメです。

タンニンの成分によるもの

コーヒーにはタンニンが含まれています。これは、コーヒーを飲んだ時にどことなく感じるあの渋み成分です。これが、便秘解消に役立っていると言われることもあります。

便秘解消につながる人のためのオススメな飲み方


なんとかして便秘を解消したい。そんな方も少なくないでしょう。できれば、特別なものではなく、ごく身近なものでそれを目指したいとお考えの方もいるかと思います。そんな方にお勧めしたいのが、コーヒーです。コーヒーには、嬉しい効果がたくさんありますので、上手に生活に取り入れて健康づくりを目指すのも良いかもしれません。但し、コーヒーを飲みすぎてしまうとデメリットもありますので、そこは気を付ける必要があります。

ホットで飲む

季節を問わず、温かい一杯のコーヒーは、気持ちをホッとさせる嬉しい飲み物です。また、暑い日に、冷たく冷えたアイスコーヒーを飲むのが好きな方も多いかもしれません。どちらも美味しい飲み方ではありますが、便秘の改善を目的としてコーヒーを飲むのなら、アイスよりもホットコーヒーを選んだ方が良いと言えます。理由は、冷たいコーヒーを飲むとどうしても体が冷えてしまいます。その為、胃腸の働きが悪くなってしまうこともあります。ですから、せっかくコーヒーを飲むのでしたら、お腹を冷やすことがない温かいもコーヒーを飲んだ方が良いと言えそうです。これは、真夏であっても同じことが言えます。

また、温かいコーヒーを飲んだ方が、便を柔らかくしてくれますので、スムーズなお通じが期待できます。こういった理由から、便秘の改善のためには、コーヒーはホットの方がオススメです。

食後に飲む

コーヒーを飲んで便秘改善を目指したい方は、食後に飲むのがオススメです。食事の後にコーヒーを飲むと、コーヒーの中に含まれているカフェインの働きによって消化が促されるからです。胃腸の負担を軽くすることができます。反対に、朝食事の前にコーヒーを飲むと、中には胃の痛みを感じる方もいますので注意が必要です。

運動の前に飲む


運動する前に、コーヒーを飲むことで得られるメリットは色々あります。脂肪燃焼効果も期待することができますので、それを目的に続けている方もいるようです。また、運動する前にコーヒーを飲むことで、便秘の改善も目指すことができます。

あまり飲みすぎるのもよくないので適度に

コーヒーは色々なメリットがありますので、お好きな方なら是非飲んで頂きたいのですが、注意したいこともあります。それは、コーヒーの飲みすぎについてです。コーヒーを飲みすぎてしまうと、利尿効果も更にアップするので便秘が悪化してしまうことも考えられます。ですから、コーヒーを飲むときはいつも以上に水をたくさん飲むようにしてみると良いかもしれません。

また、快適な睡眠を邪魔してしまう危険もあります。コーヒーを夜飲んでしますと、眠りが浅くなることもありますので注意が必要です。イライラしたり息苦しく感じたりすることもありますので、飲みすぎないようにしなければなりません。ではどれくらいが適量なのかと言えば、個人差がありますが、一日にだいたい3~4杯程度です。何でもそうですが、過ぎたるは及ばざるがごとしですから、適量を守りながら美味しくコーヒーを楽しみたいものです。

まとめ

便秘改善のために、コーヒーは良い飲み物です。コーヒーには、様々なメリットがあるのですが、便秘改善が期待できる働きも少なくありません。しかしながら、注意したいこともあります。コーヒーを飲みすぎてしまうと、反対に便秘しやすくなってしまうこともありますので注意が必要です。また、睡眠の妨害などの心配もありますので、飲む量と飲む時間帯に注意しながら上手に取り入れていきましょう。

また、コーヒーを便秘対策のために取り入れたい方は、アイスで飲むよりもホットの方が良いと言えます。ホットコーヒーの方が、体を冷やさないからです。暑い夏であっても、是非ホットを飲むようにしましょう。