大人の魅力を引き出すには?派手すぎない《赤ネイル》の取り入れ方

魅力的な《赤ネイル》にはコツが必要

派手になりがちな赤ネイル

大人っぽいセクシーさを感じられる赤ネイルですが、いざチャレンジしてみると「派手すぎるかな…」と思ってしまうことがありますよね。パーティーシーンには良くても、普段取り入れるのには少しハードルが高いイメージがあります。

そんな赤ネイルでも、コツをしっかりと覚えておけば大丈夫。日常的におしゃれな赤ネイルを楽しむことができるようになります。

コツをおさえて素敵な赤ネイルに仕上げよう

ちょっとした工夫をするだけで、魅力的な赤ネイルができあがります。おしゃれな赤ネイルを普段の生活に取り入れて、「あの人の手元、素敵だな」とみんなに思ってもらえるようになりませんか?赤ネイルのコツをまとめてみました。

爪は短めにする

長い爪だとインパクトが強い

赤ネイルをするときに気をつけておきたいのが、爪の長さ。もともとインパクトが強い赤ネイルを長い爪に合わせてしまうと、印象が強くなってしまいます。

ロングタイプの赤ネイルは相手に「主張が強そうで怖いな」という印象を与えかねません。ナチュラルに赤ネイルを取り入れるために、長い爪は避けておきましょう。

短めの爪なら赤ネイルでも派手になりすぎない

普段の生活で赤ネイルを取り入れるには、爪を短くカットしておくのがおすすめ。「ちょっと短いかな?」というくらいの長さでも、赤ネイルなら十分なインパクトを感じられるのでバランスがとれます。

深みのあるボルドーレッドを取り入れる

ボルドーレッドなら落ち着いた風合い

はっきりとした赤い色味は取り入れるのにハードルを感じる、という場合はボルドーレッドの色味を選んでみましょう。こっくりとした深みを感じられるボルドーレッドは、落ち着いた雰囲気なので赤ネイル初心者の方にもおすすめです。

普通の赤ネイルとボルドーレッドを並べてみると、いかに風合いに違いがあるのかわかると思います。まずはボルドーレッドを取り入れて、様子を見てみるのも良いかもしれないですね。

グレイッシュカラーを組み合わせて

落ち着いた風合いのボルドーレッドは、他の色と合わせやすいのも魅力的なポイント。すべてを同じ色にするのではなく、お好みで変化をつけてみてはいかがですか。

大人の女性におすすめなのが、グレイッシュカラーとボルドーレッドの組み合わせ。1つだけグレイ系のカラーにすることで、落ち着いた印象に仕上げることができます。

メタリックシルバーも素敵

トレンドになっているメタリックシルバーもボルドーレッドと相性ぴったり。落ち着いた色味のボルドーレッドなら、メタリック系の色を入れても派手になりすぎません。メタリックな輝きで、モードなおしゃれを楽しめます。

ブラウンでグラデーションを作る

ブラウン系のカラーとボルドーレッドを組み合わせて、グラデーションを作るのもおすすめ。少しずつブラウンを混ぜていけば、大人の女性にふさわしい素敵なネイルになります。アクセントとしてホワイトやゴールドなどを入れているのもポイントですね。

フレンチネイルで赤を入れる

フレンチネイルならやりやすい

はっきりとした色味の赤でも、一部分にだけ入れるならバランスが取りやすいのではないでしょうか。フレンチネイルとして赤を入れることで、おしゃれな雰囲気になります。

キラッとさせると可愛い

フレンチネイルのアクセントには、ラメを入れてキラッとした輝きをプラスするのがおすすめ。みんなから褒められるようなネイルを満喫できます。

《赤ネイル》を日常に取り入れてみよう

チャレンジするのにハードルが高そうなイメージがある赤ネイルですが、コツをおさえておけば安心。自分好みの方法で、赤ネイルを取り入れてみてはいかがですか。