透明感は肌だけじゃない!これからの時代は「髪型」に透明感を

透明感は髪型で作れる

女性雑誌にでもよく使われる言葉でもある「透明感」

主に女性の肌に対して、透明感という表現をすることが多いですね。

透き通った印象を感じる際に使われる言葉です。

 

しかし、これから「透明感」は肌だけではなく髪型でも作ることが可能に。

今回は、透明感のある髪型のポイントをまとめてご紹介します。

 

髪型で透明感を出すポイントは《髪の色素》

透明感を出すポイントはヘアカラーである髪の色素が大きく関わっています。

 

日本人の色素は、赤色が強く残りやすいタイプの人が多いのだとか。

また、海外に比べて髪自体の太さがあり、艶が出やすいのが特徴です。

ふんわりと柔らかというより、スッと伸びる直毛タイプと言えますね

 

日本人の髪に透明感を出すためにはポイントがあります。

 

透け感のあるヘアカラー

柔らかな髪の動き

 

上記の2点を髪型に取り入れることで一気に透明感をプラスすることができます。

 

明るさは関係ない!《くすみ系カラー》で透明感

透け感があるカラーとして、くすみ系のあるヘアカラーがオススメ。

主に「アッシュ」と呼ばれるグレーをベースにしたカラーが適しています。

アッシュにもさまざまな明るさのタイプがありますが、この「くすみ系」があれば、黒髪に近い暗めのカラーでも透明感を表すことが可能に。

異なるトーンの髪色で透明感を楽しむことができますね。

 

くすみ系カラー王道の《ハイグレージュ》

くすみ系の王道とも呼ばれているのが「ハイグレージュ」

赤色が出やすい髪質の日本人ですが、その赤味を完全に消したカラー。

暗めのトーンのカラーなので、日本人にも合いやすいカラーのひとつ。

 

黒髪に近い!青みのある黒《ブルーブラック》

黒髪よりも深みのあるカラーがブルーブラック。

ほんのりと青色がプラスされることで、涼し気な印象に仕上げてくれます。

どれくらい青色を髪色に出すかによっても、印象が大きくことなるカラー。

深みがあるので肌自体を綺麗に見せてくれるような引き立てカラーです。

 

トーンの変化で印象が変わる《アッシュベージュ》

同じアッシュベージュ系のカラーでもトーンによっても印象が大きく異なります。

柔らかくも落ち着きのあるカラーは、まさに「透明感」という言葉がピッタリ。

アッシュベージュは、2018年人気のあるヘアカラーなようですね。

 

髪の毛に動きを出すために《ウェーブ》をプラス

ストレートのシルエットよりも、髪に動きのあるウェーブスタイルが柔らかい印象をより与えてくれます。

くすみ系カラーと組み合わせることで、まるで外国人のような透き通るような髪型を再現することができますよ。

上記の画像は、毛先を重点的に動きを取り入れたヘアスタイル。

 

3Dハイライトを取り入れて《立体的》なヘア

ベースのヘアカラーよりも明るいカラーで、ポイントカラーをする場合のことをハイライトと呼び、その逆のパターンがローライトと呼びます。

ローライトよりもハイライトが人気が高い印象を受けますね。

ハイライトをポイントで入れることで、ベースのカラーを引き立ててくれたり、髪の動きが協調され立体感が得られます。

2018年は、ポイントカラーを細く入れるタイプのデザインが人気ありますね。

 

肌の透明感も引き立てるなら《暗めのくすみ系カラー》

髪の透明感について話を進めましたが、肌の透明感も同時に引き立てるのであれば、暗めのトーンのくすみ系カラーがオススメ。

暗めのトーンが肌の白さや透明度を引き出してくれることでしょう。

髪型に重さを感じる場合も、透明感を意識した「カラー」「動き」があれば、たとえ暗めのトーンでありながらも軽やかな印象に。

ただ、くすみ系のカラーは色が抜けてしまうのも、他のカラーに比べて早いです。

普段からカラーシャンプーなどを使用や髪の毛自体のケアも重要と言えるでしょう。

 

髪の色が抜けていく工程すらも、愛らしく感じるようになるかもしれませんね。

是非、髪型でも「透明感」意識してみて下さいね。