歯医者の選び方って?良い歯医者を見つける15のチェックポイント

オーラルケアに関心のある人は、最近だいぶ増えていますよね。しかし、オーラルケアを考えるうえでもっとも基本的な部分が抜け落ちてしまっている人も少なくありません。そのもっとも基本的な部分と言うのが、歯医者選びです。

どんなに高い歯磨き粉を使おうと、どんなに丁寧な歯磨きをしたとしても、無知な素人だけでは限界があります。定期的に歯科医院に通院し健診を受けることが最重要なのです。

しかし世の中には星の数ほどの歯科医院がありま。その全てが良心的で優れた歯医者さんであるとは限りませんよね。そこで今回は「いい歯医者さんの選び方」について、解説します。以下に解説する15のチェックポイントを参考にしてみてください。

いい歯医者を選ぶことがオーラルケアの第1歩

ではまず、「なぜ良い歯医者さんを選ぶ必要があるのか」という基本的な部分を解説します。当然、良い歯医者であるに越したことはないのですが、その具体的な理由を理解しているのといないのでは、実際に選ぶ際にもだいぶ違ってくるでしょう。

歯医者がコンビニより多くて選ぶのが大変

日本には歯科医院が非常にたくさん点在しています。コンビニよりも多いとさえ言われているのです。そんなたくさんの歯医者さんが存在しているので、玉石混合なのは当然であると言えるでしょう。

歯科医によって治療方針や腕の良し悪しが違う

非常にたくさん存在している歯医者さんですが、その一軒一軒にそれぞれの治療方針があります。治療方針がまず自分に合っているか否かが非常に重要になるのです。

そして単純な腕の良し悪しも違ってきます。どんなに熱心に広告を出したりホームページを更新したりしても、どんなに患者への対応が丁寧でも、腕が悪ければ良い歯医者さんではありません。治療方針以前の最重要ポイントであると言えるでしょう。

いい歯科医と巡り合うにはしっかりチェックすることが大切

良い歯医者さんに巡り合うためには、やはりチェックしておくことが重要なのです。ネットの口コミや近所の評判など、できる限り情報を集めておきましょう。その情報をもとに自分に適した最高の歯医者さんを選ぶ必要があるのです。

いい歯医者を選ぶチェックポイント〜ホームページ編〜

今の時代、たいていの歯科医院がホームページを所持していますよね。もちろんホームページを持たない名医もたくさん存在していますので、一概に言えることではありませんが、ないよりもあった方が判断しやすいのは確かです。では実際にホームページをチェックする際、どのようなポイントをチェックすれば良いのでしょうか?

ホームページの内容が充実している

ホームページの内容が充実しているか否かは重要なチェックポイントです。この「充実」というのは、ホームページが見やすい、センスがある、といったポイントではありません。自分にとって必要な判断材料となる情報が丁寧に記載されているか否かが重要なのです。

自費診療の料金が明瞭になっている

自費診療を行っている歯科医院の場合は、その料金形態が明瞭になっているか否かも重要です。できる限り細かく記載されている歯医者さんの方が信用度が高いと言えるでしょう。

定期的にブログを更新している

ブログもやっている歯医者さんならば、ブログを定期的に更新しているか否かも重要です。まめな正確さが歯医者さんには必要なので、その頻度や内容などもチェックしておきましょう。

口コミもチェックする

口コミサイトもしっかりとチェックするようにしましょう。基本的にホームページの運営者は自分に不都合なことをホームページに記載しませんよね。たとえば腕に自信のない歯医者さんがいたとしても、そんなことをホームページに記載するはずがありません。

しかし口コミサイトは投稿者が第三者なので、そういった部分も容赦なく記載してくれます。実際に腕が良いのか悪いのか、患者への対応はどうなのか、客観的な感想を知ることができるのです。

いい歯医者を選ぶチェックポイント〜病院編〜

良い歯医者さんか否かを判断するためには、病院そのものの立地やシステムなども含めて判断することが必要です。以下、そういった部分のチェックポイントを解説します。

通いやすい場所にある

自分が繰り返し通院するのに通いやすい場所にある歯医者さんを選ぶ必要があります。旅行先で突発的に歯痛になったなら別ですが、基本的に歯医者さんは同じ医院に定期的に通院することになります。通いやすい場所でないと最悪の場合治療を放棄せざるをえなくなってしまう可能性も出てきてしまうのです。

予約制を取っている

これは一概に言えることではありませんが、予約制をとっている歯科医院はおすすめです。自分が歯医者に行きたいタイミングを予約しておけば、待ち時間も少なくなりますよね。忙しい人にとっては非常に重要なポイントとなるでしょう。

他の病院と提携している

他の病院としっかりと提携しているか、というのも重要です。歯医者さんにもそれぞれ得意不得意がありますので、「自分の専門とは少し違う症状である」と判断することも少なくないのです。

そんなとき、提携している他の医院があれば、そちらを紹介してくれることもあります。逆にどことも提携していないと、歯医者さんは自分の不得意な症状でも自分で治療しなければならないのです。どんな業界でもやはり横のつながりと言うのは重要なのです。

院内が清潔で不快感がない

建物内が清潔か、というのも重要なチェックポイントです。もちろんあまり清潔感を感じない医院に名医がいることもあります。建物や内装がきれいだからおすすめと言うわけではありません。しかし、同じ力量、同じ人柄の歯医者さんが古びた医院と綺麗な医院にそれぞれいたとしたら、どちらを選ぶでしょうか?やはり気分よく治療を受けられると言うのは重要なポイントなのです。

いい歯医者を選ぶチェックポイント〜院内スタッフ編〜

気持ちよく定期検診や治療を受けるためには、医院内のスタッフの対応も重要ですよね。どんなに優れた腕をもつ医師がいたとしても、対応が乱雑だったり不快感を覚える対応だったりしたら、通いたくなくなってしまいます。もちろんスタッフの対応が自分に適しているのか否かというのは人それぞれです。自分にとって気持ちの良い対応をしれくれる医院なのかが重要なのです。

以下、スタッフのチェックポイントについて解説しますので参考にしてください。

電話対応が雑ではない

どんな人であっても、雑な電話対応をされたら不快感を覚えるでしょう。しっかりと自分の伝えたいことが伝わっているのかさえ不安になりますよね。実際に電話対応が雑でしっかりと伝わっていない、ということは多々あります。電話にしっかりと対応しているかは必ずチェックするべきでしょう。

カウンセリングや治療の説明を十分にしてくれる

患者には自分で治療方針や治療内容を決定する権限があります。その権利を守るためには、やはり医師によるカウンセリングや治療前の説明が絶対不可欠です。それをないがしろにする歯医者さんは、どんなに外科的な腕が高かろうと名医とは言えないでしょう。患者との相談をしっかりと行ってくれる歯医者さんを選びましょう

再発防止や普段からの予防方法を説明してくれる

歯医者さんに通院する理由は、治療だけではありませんよね。虫歯の具体的な予防方法や、再発防止策を指導してもらうために通院する人も多いです。歯医者さん側からそれらを指導してくれるか、というのはとても重要になります。

いい歯医者を選ぶチェックポイント〜治療編〜

これがもっとも基本になるポイントです。どんなにきれいで清潔感のある歯科医院でも、人柄のよい歯医者さんでも、治療の腕が悪ければ名医ではありません。歯医者を選ぶ際に一番最初にふるいにかけるべきポイントこそが、歯医者さんの腕の良し悪しなのです。腕が良くないという評判の歯医者さんは最初の段階で選択肢から外すことをおすすめします。

患部だけでなく口腔内全体の様子を見てくれる

口腔内全体の様子を診ることは、治療を行ううえで絶対に必要なことであると言えます。患部ばかりを診て他の個所に関心を示さない歯医者さんは絶対に避けるべきであると言えるでしょう。

塗る麻酔など痛みを抑えた治療を行なってくれる

これは一概に言えることではありませんが、やはりできる限り痛みの少ない治療をしてくれる歯医者さんがおすすめです。痛いと通院するのが嫌になってしまうことも多いですよね。しかし症状によってはどうしても痛みの伴う治療が必要なケースも多々あります。麻酔の悪影響を考え、あえて痛みの伴う治療を行う歯医者さんも存在しており、その方が本当の意味で患者のことを考えた賢明な判断であるということもあり得るので、麻酔が必要な治療の際は、お医者さんの方針をしっかり聞くことが必要です。

カルテやレントゲンでしっかり情報を記録してくれる

カルテやレントゲンなど、しっかりと情報管理してくれる歯医者さんを選びましょう。万が一にトラブルが起こった場合にも、いつどのような治療が行われているかを確認することができます。レントゲンを取らないのに歯を抜こうとしたりなんてのはもってのほかです。もし不安なことがあるとき、自分が納得いくまで情報を開示してもらうのも患者の権利ということを知っておきましょう。

歯医者を選ぶときの注意点

最後にその他の注意ポイントを解説します。以下の2項目も非常に重要なポイントなので、しっかりと把握しておきましょう。

歯に異常を感じる前から良さような歯科医を下調べしておく

歯医者選びは歯に異常を感じてから行うのでは遅いのです。歯痛になったらすぐにでも歯医者に行かなければならないので、選んでいる暇はありませんよね。そうなる前に下調べしておきましょう。

合わないと感じたらセカンドオピニオンを行う

実際に歯医者に行ってみて、自分に合わないと感じたら迷わずセカンドオピニオンを行いましょう。「歯医者さんに悪い」と思ってしまう人も多いですが、セカンドオピニオンは患者の権利ですので、遠慮することはありません。

まとめ

オーラルケアを考えるうえで一番重要であると言えるのが歯医者選びです。それらをしっかりと把握し、実際にチェックを行い、そして自分の性格や体質などと相談しながら歯医者さんを選ぶことが歯医者選びの基本であると言えるでしょう。