自宅でできるホームホワイトニングのメリットやデメリットは?どこで買える?

白くてキレイな歯、笑顔も自然と明るくなるのでつい見とれてしまいますよね。そんな白くてキレイな歯は芸能人やモデルさんだけのものではなく、一般の方でも手に入れられることはご存知でしょうか。

ホワイトニングの技術は日々向上しており、その中でも個人が自宅ではじめることが可能なホームホワイトニングがにわかに注目を集めています。ホームホワイトニングは手軽で安価に始めることができるため、ホワイトニングしてみたいと感じる方におすすめです。宅でできるホームホワイトニングのメリットやデメリットを中心にホワイトニングについてご紹介いたします。

自宅でできるホームホワイトニングってなに?

自宅で手軽に安価ではじめることができるホームホワイトニングとはどんなものなのでしょうか。

専用のマウスピースと薬剤をつけて行うホワイトニング

ホームホワイトニングとは自宅で行うことができるホワイトニングのことです。

一般的なホワイトニングは歯科医院などでの専門医による施術によってホワイトニングを行いますが、ホームホワイトニングの場合は専用の薬剤をご自身の歯の形に合わせたマウスピースに取り、装着することで歯に効果を与えるというものです。

1日数時間、数ヶ月継続することで効果が出る

専用の薬剤を塗布したマウスピースを1日数時間装着することで歯が漂白されていくのです。家庭用の薬剤なので医師が扱うものよりも濃度が低いため、1か月から数か月程度継続使用することで歯を徐々に白くしていきます。

ホームホワイトニングのメリット

ホームホワイトニングの概要はわかったところで、どのようなメリットがあるのかについてチェックしてみましょう。ホームホワイトニングが持つ効果は実は嬉しいポイントも多いものです。

メリット①スキマ時間を活用してホワイトニングができる

マウスピースに薬剤と塗布し装着するだけという手軽なステップでホワイトニングを行うことができるため、毎日のスキマ時間を活用して歯を白くすることができます。装着している間は、会話をすることや飲食することが難しいので、就寝時を利用してホームホワイトニングを行う方もいらっしゃるようです。毎日が忙しくオフィスホワイトニングに通うことができないという方でも継続のしやすさがポイントです。

メリット②後戻りしにくく、白さを維持しやすい

ホームホワイトニングは徐々に歯の色を漂白していくため、一般的に歯の色が後戻りしにくいと言われています。1回あたりの色素の分解が細かくなるため、色戻りまでの期間が長く、日々の食事などで付着した着色汚れも都度漂白を行うので、継続的に白さをキープすることができます。歯の表面の荒れをケアし、ツヤのある透明感の高い仕上がりになるためオフィスホワイトニングと併用してホームホワイトニングを活用することを推奨されていることがほとんどです。

メリット③比較的安価でホワイトニングができる

ホームホワイトニングのためにかかる費用は塗布する薬剤とマウスピースの分だけです。そのため一般的なオフィスホワイトニングよりも安価で行うことが可能です。費用対効果の面でも決して損をするということもないため、気軽に始めやすいというポイントにおいても優れているでしょう。

ホームホワイトニングのデメリット

ホームホワイトニングにはメリットだけではなくデメリットも存在しています。デメリット部分を許容できるかどうかでホームホワイトニングを使用するかどうかの判断にすることをおすすめします。

デメリット①効果が出るまで数週間はかかる

ホームホワイトニングで使用する薬剤の濃度は低いため漂白効果もその分弱くなることがデメリットです。1回あたりの効果が低減されることにより、目に見えて白くなったとわかるためには数週間から数か月かかることもあります。そのためすぐに歯を白くしたい、目的の日時までにホワイトニングを完了したいという場合には不向きなことも多いです。あらかじめ根気が必要なことを踏まえておきましょう。

デメリット②毎日継続しなければならない

ホームホワイトニングは基本的に毎日継続する必要があります。白く漂白した歯の色戻りを防ぐため、少なくとも最初の1か月間程度は継続使用が望ましいです。普段の生活で取り入れることができても、飽き性であることや、継続することができないという方にはホームホワイトニングはデメリットとなってしまう点もあるでしょう。

デメリット③器具をつけている間は喋りにくい

ホームホワイトニング中はマウスピースを装着することになりますので、当然喋りにくい状態になります。会話はもちろんのこと、飲食もできませんのでそのような不都合がある点について知っておきましょう。そのため就寝時や自宅で休息している状態での使用が望ましいと言われていますが、メーカーや薬剤の濃度によって装着時間が異なるため使用上の注意をよく読んだ上で使用しましょう。

ホームホワイトニングに向いている人はどんな人?

ホームホワイトニングを行うにあたって、向いている方はどんな人なのでしょうか。しっかりとチェックした上でホームホワイトニングを取り入れるかどうか検討してみましょう。

空いた時間でホワイトニングをしたい人

ご自宅で空いている時間にホワイトニングを行いたい方にはホームホワイトニングは向いています。近くに審美歯科が無くオフィスホワイトニングに通うことが難しい方や、自宅に居る時間の長い方は装着時間も取ることがたやすいでしょう。また就寝中に使用するタイプのものであれば、誰でも気軽に始めやすいです。

毎日継続できる人

基本的には毎日装着するのがホームホワイトニングなので、根気よく続けることができる方に向いています。すぐ飽きてしまう方や、ご自宅に居る時間の短い方などは継続して使用することが難しい場合もあります。ご自身の生活環境に合わせて選択してみましょう。

費用を抑えてホワイトニングをしたい人

ホームホワイトニングにはオフィスホワイトニングと比べて安価であることから、費用を抑えてホワイトニングを行いたいという方に向いています。費用を抑えることが出来、なおかつ色戻りしにくく、仕上がりもキレイになるため、歯のこと考えて選択される方にもおすすめです。

ホームホワイトニングのキットはどこで買える?

ホームホワイトニングに興味があるという方であれば、どこで購入することができるのかを知りたい方も多いのではないでしょうか。ホームホワイトニングのキットは一体どこで買えるのでしょうか。

基本的には歯科医院で販売してもらう

基本的には歯科医院または審美歯科から販売してもらうことになります。販売してもらう際に型を取りマウスピースも作ってもらいましょう。

月に1回など薬剤を買いに行くことが必要

歯科医院または審美歯科から定期的に歯のチェックを行ってもらい、薬剤を買い足す必要があります。基本的にマウスピースがあれば購入する必要があるのは使う薬剤だけなので経済的です。

通販でも安価なホワイトニングキットが売ってある

通販や個人輸入代行サイトなどはホームホワイトニング用の薬剤とマウスピースを取り扱っていることもあります。しかし製品の保証をしてくれるとは限らないため、購入する際には注意が必要です。

効果があまり実感できないこともあるので注意

ホームホワイトニングについて、購入するアイテムによっても効果が異なります。特に一般的な歯科医院や審美歯科で用いられているホームホワイトニング以外のキットやアイテムの場合、歯の漂白の効果が得られないだけではなく、効果が実証されていないことも多いです。

そのためまずは薬剤が効果のあるものかどうか、販売されているキットは一般流通のものなのかどうかをチェックしてみましょう。インターネット上の口コミを参考にすることもおすすめです。口コミを参考にすることである程度効果の実証されていないアイテムかどうかを見極める手立てになります。

自宅でできるその他のホワイトニング方法は?

ホームホワイトニングの他に自宅で行えるホワイトニング方法はあるのでしょうか。ここではホームホワイトニング以外の方法をご紹介いたします。

ホワイトニング用の歯磨き粉を使う

歯磨き粉の中にはホワイトニング用のアイテムもあります。使うことで歯を白くするといった表記が書かれているアイテムはホワイトニング効果があると言われています。しかしこれらのアイテムは歯に付着した汚れや着色汚れを落とす効果のことを指していることがほとんどです。ハイドロキシアパタイトなどを含んでいるアイテムの場合、汚れ落ちの他に歯の表面のキズを補修し、ツヤを与えるものもあります。

歯の消しゴムを使う

歯の消しゴムとは、シリコン製の消しゴム状のパーツと研磨剤が組み合わさったものです。研磨剤を歯に塗り、シリコンでこすることで歯の表面の汚れや着色汚れを落とします。やや研磨効果が高いため、歯にダメージを与えてしまうことが懸念されます。

しかし、どちらも着色汚れのみに効果を出すクリーニングに近い

どちらの方法も歯の汚れや着色汚れを落とす目的であり、歯の漂白、つまりホワイトニングは行うことができません。ホワイトニングと記載されてはいますが、基本的には歯のクリーニングを目的で行うものと考えるのが良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。ホームホワイトニングのメリットとデメリットについてご紹介いたしました。興味をもたれた方はぜひホームホワイトニングを検討してみましょう。歯を白くキレイにすることで笑顔もより素敵に見えるようになるでしょう。