ホワイトニングの効果はいつからでるの?どのくらい白くなる?

歯のホワイトニングを行ってみたいけれども、どれくらい効果があるのか、白さはどこまで白くできるのかわからないと感じている方も多いのではないでしょうか。ホワイトニングについては素人目だけではわからないことも多く、インターネットの記事を見てもわかりづらく感じる部分も多いかもしれません。

今回はホワイトニングの効果がどれくらいで実感できるのか、その効果のほどについてご紹介いたします。

ホワイトニングで歯が白くなるメカニズム

そもそもホワイトニング施術で歯が白くなるということはどのようなメカニズムに基づいて行われるのでしょうか。まずは歯が白くなる原理について確認してみましょう。

歯の着色汚れの原因は飲食物やヤニ

飲食物の色が付着することによって歯が黄色く見えてしまうことがあります。コーヒーやお茶の茶渋、赤ワインなどの色素で歯が汚れ汚く見えてしまうのです。
そして喫煙されている方であればヤニ汚れによって歯が黄ばんでしまうことがあります。歯の成分であるペリクルとヤニが結びつくことでこびりついてしまうことが多く、定期的に洗浄する必要があるのです。また、加齢によって黄ばみが増すこともあります。

過酸化尿素や過酸化水素が汚れの色素を分解

ホワイトニングの成分として採用されている過酸化水素は、歯についてしまった汚れや着色汚れを分解し透明にする働きがあり、歯が白くなります。

更に漂白効果もあり、本来以上の白さに

過酸化尿素や過酸化水素は歯の中に含まれる色素も分解してくれるため歯本来の白さ以上に漂白する効果があります。
加齢とともに象牙質が厚くなることや歯の変色などには、過酸化水素がエナメル質表層の構造を変化させる作用によって光の乱反射を起こします。これによって歯の表層であるエナメル質を曇りガラスのように白く見せるという仕組みです。

どこでホワイトニングができるの?

ホワイトニングはどこで行うことができるのでしょうか。ここではホワイトニングが行える施設と施術内容について確認してみましょう。

歯科医院

歯科医院や審美歯科などではオフィスホワイトニングを行うことができます。医療機関で国家資格所有者でないと取り扱うことのできない医薬品、過酸化水素などを用いてホワイトニング施術を行うことできるメリットがあります。ホワイトニング効果が高いことや専門家の元で安心安全に行うことができます。

ホワイトニングサロン

ホワイトニングサロンと銘打った歯科医院や審美歯科、エステサロンなどのことです。国家資格所有者が居る施設ではオフィスホワイトニングやホームホワイトニング、エステサロンなどではクリーニングなどを行うことができます。歯科医院や審美歯科としてホワイトニングのみ提供している施設も多く近年増加しています。

歯磨き粉やジェルなどでのホームケア

ホームケアで代表的なのがホームホワイトニングです。マウスピースに過酸化尿素を含んだ薬剤を塗布し装着することで歯の漂白を行います。
ホワイトニング効果の歯磨き粉などでホームケアする方法もあります。しかしこれらのアイテムの場合、歯を漂白する効果はないためあくまでもクリーニングができるということを念頭においておく必要があるでしょう。

ホワイトニングの効果はすぐに出る?

ホワイトニングの効果はどのくらいで確認できるものなのでしょうか。ここでは施術ごとでどのくらいの期間で効果を実感できるのかをチェックしてみましょう。

歯科医院でのホワイトニングなら1回で白くなったと実感できる

歯科医院や審美歯科で施術を受けることができるオフィスホワイトニングの場合は、1回で効果を実感できることも少なくありません。医師しか扱うことのできない高濃度の薬剤を使用することで、漂白効果を高めることができるからです。数回通うことで白くキレイな歯を手に入れることができます。

サロンでのホワイトニングは数回で実感できる

ホワイトニングサロンの場合は国家資格を持つ歯科医がいる、または歯科医院や審美歯科が運営している場合には、歯科医院と同様のホワイトニングを行うことができるでしょう。基本的に1回から数回程度で効果を実感することが可能です。
エステサロンなどのクリーニングを中心としたホワイトニングサロンの場合には、クリーニングすることで歯がキレイになったことを実感できるでしょう。着色汚れやヤニ汚れがひどい場合には数回通う必要があります。

ホームケアは数週間〜で効果が実感できる

自宅でのホームケアの場合、ホームホワイトニングについては数週間から1か月間程度で白さを実感することができます。徐々に漂白されていくため、ホームホワイトニングを行う前に撮影しておくことで、どのくらい白くなったのかがはっきりとわかるでしょう。
ホワイトニング効果のある歯磨き粉などのケアの場合、元々の黄ばみなどがひどい場合には数週間で白さを実感できるかもしれません。

ホワイトニングはどこまで白くなるの?

1回の施術では1〜2トーン程度白くなる

オフィスホワイトニングの場合、1回の施術で1〜2トーン程度白くなると言われています。ホームホワイトニングの場合は、1か月間程度あれば同じくらい白くなるでしょう。

歯の黄ばみ・黒ずみが気にならなくなるまでは十分可能

歯の黄ばみや黒ずみに対しては気にならなくなる程度まで白くすることは可能です。ただし神経が死んでしまって黒ずんでいる歯に対しては効果がないことがほとんどです。

継続すると芸能人のような真っ白な歯になれることも

芸能人の方の歯はとってもキレイで白さが印象的ですが、施術を重ねることによって同じくらい白い歯にすることができます。しかし元の歯の色などもあるため、誰でも真っ白の歯になるとは限らないことは念頭に置いておきましょう。

かなり真っ白な歯はセラミックの可能性もある

芸能人のようなかなり白い歯はかぶせ物を装着していることや、セラミックの可能性があります。なりたい白さがどの程度明るく、ホワイトニングで解決できる白さなのかどうかはよく相談しましょう。

サロンやホームケアは歯の自然な白さまでが限度

サロンなどで行うクリーニングや、ご家庭内で使用するホワイトニング用の歯磨き粉などの場合には、歯が持つ本来の白さまでが限度です。研磨剤などを使ったケアの場合、汚れや着色汚れを落とすことに留まるため漂白効果は得られません。より白い歯にしたい場合にはホワイトニングを検討しましょう。

過酸化水素は劇薬指定で歯科医しか扱えない

過酸化水素は劇薬指定されており国家資格を持つ歯科医しか扱うことができません。そのためオフィスホワイトニングに関しては国家資格を持つ歯科医がいる歯科医院や審美歯科、ホワイトニングサロンでの施術のみに限定されるのです。

ホワイトニングの注意点

歯を白くしたいならホワイトニングは必須ですが、注意すべき点も知っておく必要があります。これからホワイトニングを行いたい方はぜひしっかりと確認しましょう。

被せ物や差し歯には十分に効果が出ないことがある

被せ物や差し歯には十分に効果が出ないことがあります。前述の通り、ホワイトニングのメカニズムは人間の持つ本来の歯に対して効果があるものです。被せ物や差し歯は人工的なものなので、ホワイトニングすることはできません。歯の色が変わり、これらの色味があっていない時には歯医者に診てもらい、色を合わせてもらいましょう。

妊娠しているときには控える

現在妊娠中の方はオフィスホワイトニング・ホームホワイトニングどちらも行うことができません。そのため出産後、授乳期間が終わってから行うようにしましょう。また医師に相談の上開始時期を決めることをおすすめします。

歯への刺激が強く知覚過敏になることがある

歯への刺激が強いため知覚過敏になることがあります。そのため、異常を感じた場合は無理に続けず異常をしっかりと相談して治療方針を決定しましょう。また、ホームケアとして知覚過敏用の歯磨き粉などを使用しケアを行うと治りが早くなる可能性もあります。

ホワイトニングの効果をより引き出す3つの生活習慣

ホワイトニングを行う上で日々のデンタルケアだけではなく、生活習慣も見直すことが効果的です。ホワイトニングの効果をより引き出す3つの生活習慣をご紹介いたします。

色の濃い飲食物を食べたらすぐに口をゆすぐ

色の強い飲食物を摂取した時には、すぐに口をゆすぐようにしましょう。着色汚れを防ぐことができ、歯の黄ばみ予防につながります。またホワイトニングを行っている期間は色の濃い飲食物を摂取することは控えるようにと指示を受けることもあります。白さを出すためにもしっかりと気を付けておきましょう。

食後、就寝前は必ず歯磨きをする

食後や就寝前はしっかりと歯磨きを行いましょう。特に就寝前は念入りに行うことをおすすめします。就寝時は雑菌が繁殖しやすく、歯垢が出来てしまうだけではなく再石灰化により歯石が形成されてしまうことも。白くキレイな歯には歯石や汚れはNGですので、作らない環境を構築することが必要です。

定期的にホワイトニングを継続する

ホワイトニングで白くキレイになった歯は永続するものではありません。一定期間で色戻りすることも多いため、定期的なホワイトニングが必要となります。またホワイトニングだけではなくデンタルケアも継続して行う必要があります。定期的に歯科医院へ通い、歯のチェックを行ってもらいましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。ホワイトニングのメカニズムや施術の内容、効果を実感することができる期間等をご紹介いたしました。ホワイトニングについての知識を深めることができれば、効果的なホワイトニングを受けることができます。興味を持たれている方はもちろん、検討されている方も記事を参考にしてホワイトニングを行ってみましょう。