一瞬で白い歯にできる!?歯のマニキュアってなに?

歯が黄色く見えてしまうと笑顔に自信を持つことが難しいと感じる方も多いです。普段暮らしている中ではあまり気にならないかもしれませんが、面接や合コンなどはじめての方に会うというときにはやはり気になるでしょう。

そんな時に使えるアイテムが歯のマニュキュアです。歯にホワイトコートを施すことで白くキレイな歯に魅せる事が可能になります。「一瞬で白い歯にできる!?」そんな歯のマニキュアについて詳しくチェックしてみましょう。

歯のマニキュア(ホワイトコート)ってなに?

歯のマニキュア(ホワイトコート)とはどんなものなのでしょうか。まずはどのような効果があるのかをチェックしましょう。

くすみや黄ばみ、着色をコーティングして白く見せることができる

歯のマニキュア(ホワイトコート)とは歯の表面に塗布することで白く魅せることができるものです。マニキュアは白いペーストを歯に塗布し乾かすことで白く魅せます。

ホワイトコートはジェルネイルのように歯の表面へ歯科専用プラスチックを塗布し光で固めるといった施術で行います。歯を削ることがなく白さを出すことができるのです。

安全性の高い薄いプラスチック材が材料

歯のマニキュアは天然成分など口に入っても問題のない成分で作られており、口内にダメージを与えることはありません。
またホワイトコートは虫歯の治療でも使われているプラスチックが主原料となっています。そのため安全性が高いことがポイントとなっています。

その日に効果を実感できて急なイベントにもぴったり

歯のマニキュアは歯磨き後塗布し乾かすことで白く魅せることができるので急なイベントなどに向いています。
一方ホワイトコートの場合は歯科医院へ来院する必要があるので急なイベントには不向きです。しかしブライダルや決まった記念ごとがある場合には一時的に歯を白くすることができるのでおすすめと言えるでしょう。

歯のマニキュアはどこでできる?

すぐに白くキレイな歯にすることができる歯のマニキュアやホワイトコート。これらはどこでできるのでしょうか。

歯科医院

歯のホワイトコートは歯科医院や審美歯科などで行うことができます。一般歯科では行っていないことも多く、あらかじめホワイトコートの施術を行っているかどうかチェックしてから予約を行いましょう。また事前の診察が必要になることも多く、その日の内に施術を受けることが難しいこともあります。
歯のマニキュアは市販されているアイテムなど購入することで使用することができます。

ムラになりにくいのがメリット

ホワイトコートは歯に薄く塗布することで白くキレイに魅せることが可能です。白さがムラになりにくいのがメリットであり、均一に白くなります
マニキュアは個人で塗布するため、ムラやダマになりやすいのがデメリットです。マニキュアの扱いになれるまでは均一に塗ることが難しく感じるかもしれません。

平均相場は5000円〜

ホワイトコートの平均相場は5,000円〜となっています。初回割引やキャンペーンなどを行っているだけではなく、一部ブライダルセットなどでは最初からメニューに含まれていることもあります。期間限定で歯を白くキレイに魅せたいなどというときにも効果的です。
マニキュアは一つのアイテムで約1,000円程度から購入することが可能です。様々なアイテムがあるため、個人にあった好きなアイテムを選ぶことが出来ます。

1週間〜3ヶ月程度もつ

ホワイトコートは一度施術することで1週間〜3ヶ月程度効果が持続します。剥げてしまうことは少なく、塗布した縁の部分が欠けてしまうことがあるのです。歯の健康のためも3カ月以内に一度完全に除去し、塗り直しする必要があります。

自分でする

歯のマニキュアは市販のアイテムを購入して行うことができます。ホワイトコートと違い、個人で行うためいつでもどこでも塗布することができることがメリットです。

通販で簡単に手にはいる

歯のマニキュアは店頭または通販で購入することができます。店頭ではあまり多くの種類を扱っていることが少ないため、通販で購入することをおすすめします。

ムラになりやすく技術が必要

歯のマニキュアは塗布するのが難しく、口内に付着したりムラになったりすることがあります。そのため塗り方になれるまでは均一に塗布することが難しく感じるでしょう。また乾かし方や、マニキュアが剥げないように気をつけるポイントもあるため、少しずつ慣れていく必要があります

1日で落ちるものが多い

基本的には食事や歯磨きですべて落ちてしまうため、歯には残存しません。そのため歯を白く魅せたい時に都度塗り直す必要があります。

約10秒で乾くおすすめ商品!ハニックDCルナ

ハニックDCルナ

商品の特徴

「約10秒で乾くおすすめ商品!ハニックDCルナ」は塗るだけで簡単に歯を白く魅せることが出来るホワイトニングマニキュアです。使うことでナチュラルな白い歯に仕上がります。塗布後約10秒で乾き、効果は約12時間ほど持続します。義歯や金歯、銀歯、エナメル質が薄くホワイトニング出来ない歯にも使用でき、歯磨きで簡単に落とすことができます。1本で約120回使用可能でコスパの良さもポイントです。

この商品の口コミまとめ

「扱い方が難しいが、歯の気になる部分を一時的に隠したい時におすすめです。重ね塗りすることで銀歯のギラギラする部分も隠すことができます。ただし食事をすると落ちてしまうため、あくまでも応急処置的な使用しか行えない点はあらかじめ踏まえておきましょう。」

歯のマニキュアの使い方

店頭や通販で歯のマニキュアを購入したらぜひ使ってみましょう。ここでは歯のマニキュアの使い方をご紹介いたします。

容器をよく振る

まずは歯を磨きます。歯の表面に汚れが残っているとうまく塗ることができないため、しっかりと磨くようにしましょう。そしてマニキュアのボトルを持ち、よく振ります。この時、キャップは閉めたままにしておきます。中身がしっかりと撹拌されたことを確認してから次のステップへ進みます。

歯の水分を拭き取る

歯の表面の水分をティッシュやコットンを拭き取ります。この時、歯と歯茎の間を拭き取るように行いましょう。歯の水分が口に残ってしまうとうまく塗ることができません。そのため余計な水分をオフした上で塗布を行うのです。

さっとひと塗りする

キャップを外し、塗る作業に入ります。刷毛に少なめに取り、歯の表面に塗っていきます。液体の量は少なめでさっと塗ります。ペンタイプのマニキュアの場合は、液体が多く出てしまった場合はティッシュオフすることで調整を行うことができます。歯一つ一つにさっと塗り、塗り終わってから10秒から30秒ほど口を開き乾かせば完了です。重ね塗りするときには乾かしてから行いましょう。

歯磨きで簡単に落とせる

歯のマニキュアは歯磨きで簡単に落とすことが可能です。磨き残しの無いようにしっかりとオフしましょう。

歯のマニキュアの注意点

歯のマニキュアの注意点はどのようなものなのでしょうか。しっかりとチェックしてから購入するようにしましょう。

効果は一時的

歯のマニキュアの効果は一時的です。すぐに剥げてしまうことも少なくありません。そのため基本的には都度塗り直す必要があるものと考えましょう。

マニキュアの落とし残しに汚れが溜まる

歯と歯のすき間のマニキュアの落とし残しには汚れが溜まる恐れがあります。そのため毎日の歯磨きで落とし残しが無いかどうかしっかりと確認し、キレイに除去する必要があるのです。また歯の表面に落とし残しがあると次に塗布する際にもダマになってしまう可能性があります。

白さを継続させるためには

歯にマニキュアやホワイトコートを施し、白さをできるだけ長く継続させるためにはどのような点に気をつけるべきなのでしょうか。白くキレイな歯にしたい方は要チェックですよ。

定期的に塗り直す

歯のマニキュアは食事などを摂ると落ちてしまうことがほとんどですので、歯磨きなどを行い都度塗り直すようにしましょう。手間はかかりますが塗り直すことで白くキレイな状態を維持することができます
ホワイトコートの場合は3ヶ月ごとに1度すべて除去し、塗り直すことで歯の健康状態を守りつつ白くてキレイな歯を維持することができるでしょう。

着色の強い食べ物は避ける

歯のマニキュアやホワイトコートを塗布する場合でも着色の強い食べ物は黄ばみの原因となります。特にホワイトコートは塗布後1週間、色の濃いものを食べると沈着してしまう恐れがあるのです。色の強い食べ物を摂取する際には気をつけるか、避ける必要があるでしょう。

長い目で見るとホワイトニングの方がお得

歯の白さを継続することが目的である場合、長い目で見るとホワイトニングの方がお得になることがあります。ホワイトコートを施す場合、3ヶ月に一度すべての歯を塗り直す必要があるからです。ホワイトニングの場合は歯自体を漂白するため、継続していくことでどんどん歯がキレイになるため、最終的に費用がかからなくなることもあります。
ただし神経が死んでしまった歯や銀歯、被せ物をしている歯などはホワイトニング効果が得られなく、逆にホワイトコートを施すことで白くキレイに魅せることができます。そのためホワイトコートかホワイトニングで悩んでいる方はまずは歯科医院や審美歯科で相談をおこなってみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。歯のマニキュアやホワイトコートを塗布することで歯を白く魅せることが可能です。しかし一時的なものであることや永続しないことはあらかじめ踏まえておきましょう。

歯そのものを白くしたい場合にはホワイトニングを検討するなど、個人に合わせた最適なケアを見つけてみましょう。