自分勝手な人にうんざり!自分勝手な人の特徴と対処法

自分勝手な人にうんざり!自分勝手な人の特徴と対処法

自分勝手な人というのはどこにでもいるものです。このような方が近くにいて迷惑を被っているという方はたくさんいるでしょう。それでは自分勝手な人とは具体的にどのような人のことなのでしょうか。こちらでは自分勝手な人の特徴や対処法について紹介しましょう。

自分勝手になってしまうのはどうして?

そもそもどうして自分勝手な人というのはそのような態度になってしまうのでしょうか。こちらでは人が自分勝手になってしまう理由について紹介しましょう。その秘密に注目します。

愛情不足

まず、愛情不足だったために自分勝手になってしまうという方がいます。子供の頃から愛情を注がれてこなかったため、ずっと寂しい思いをしてきたのです。このような方というのは愛情に飢えていることが多いです。そのため、周りの人達がもっと自分に注目して欲しい、構って欲しいと考えています。その結果として自分勝手な行動をとってしまうのです。

このような理由から自分勝手になってしまう方というのは、ある意味可哀想でしょう。本人の責任というよりも親の責任もあるのです。ただし、大人になってからも自分勝手なことばかりしてしまうのは、やはり迷惑なものでしょう。

子どもの頃の生活環境

子どもの頃の生活環境
子供の頃のその人の生活環境が自分勝手な態度をとらせてしまうというケースがあります。たとえばとても甘やかされて育ってきた方です。このような方というのは、周りの人達が自分の言うことを何でも聞いてくれるのです。そのため、自分勝手なことをしても許容されてきたという過去があり、それが大人になっても持続しているのです。

自分勝手な人の特徴

そもそも自分勝手な人というのは具体的にどのような特徴のある人なのでしょうか。こちらでは自分勝手な人の特徴について紹介しましょう。さまざまな迷惑な行為や行動をしているのが自分勝手な人なのです。自分勝手な人の特徴的なことについて説明しましょう。

なにか頼まれたら嫌がり、人に頼ろうとする

自分勝手な人というのは、自分のことしか考えていません。他人のために何かをしようという気持ちがほとんどないのです。そのため、他人から何かを頼まれたとしても、それを嫌がってしまう方が多いでしょう。それにも関わらず、自分からはどんどん他人を頼ろうとするのです。自分の優先や都合を最優先しており、他人もそれにしたがうべきだと考えています。このような方というのは嫌われやすいでしょう。

とても簡単に嘘をつく

自分勝手な人というのは簡単に嘘をつくという特徴があります。自分の利益のためには他人を騙すことにも躊躇しないのです。自分が楽をしたい、自分が成功したいという気持ちがとても強いのです。そのためには嘘をついて他人を騙してでも自分が気持ちよくなりたい、自分が楽に生きたいと考えてしまうのです。自分勝手な人はどんどん嘘をつくでしょう。たとえば嘘をついて用事をサボるようなことも平気でするでしょう。

自分の話は聞いて欲しいけど、人の話は聞かない

自分の話は聞いて欲しいけど、人の話は聞かない
自分勝手な人というのは、基本的に自分に注目してもらいたいと考えています。そのため、自分が話をしていて他人がそれを聞いていないと腹を立てることが多いでしょう。しかし、逆に自分が他人の話を聞くことについてはそれほど意識していないのです。人の話を真面目に聞くことはなく、それについて注意されても反省することはありません。とにかく自分の話さえ聞いてもらえばそれで満足してしまうのです。

作り笑いにお世辞が上手

自分勝手な人というのは作り笑いをするのは上手いでしょう。そうすることによって、自分の利益になったり、自分の印象を高めることができるのであれば、平気で作り笑いをするのです。また、お世辞を言うのも上手でしょう。歯の浮くようなことでも平気で言います。相手を持ち上げたり、お世辞を言うことによって、自分が有利な立場にいたいと考えているのです。

交流関係は広く浅く

自分勝手な人というのは意外と交流関係は広いです。それは自分の利益のためです。自分にとって役に立つという人物とは積極的に仲良くなろうとします。ただし、それぞれの交流関係についてあまり深く関わることはないでしょう。基本的に広く浅い交流関係を持っているのが自分勝手な人の大きな特徴となっているのです。基本的に自分だけが好きなタイプのため、他人に深く関わったり、他人のために何かをすることはありません。

自分の価値観を人に押し付ける

自分勝手な人というのは自分の価値観を大切にしています。自分の価値観が一番正しいと考えているのです。そして、他人の価値観を認めることはないでしょう。そのため、無理やり自分の考えを他人に押し付けるということもよくあります。それによって他人の価値観を否定することになったとしても、そのようなことを気にする人ではないのです。

目上の人に媚びを売る

自分勝手な人というのは平気で目上の人に媚びることが多いです。そうすることによって、組織の中での自分の立場を高めようとしています。明らかに媚びへつらっていて、周りからも白い目で見られることが多いのですが、自分の利益になることであれば何でもするのが自分勝手な人なのです。たとえば組織の中で嫌われているような人であっても、その人の立場が高いのであればどんどんへりくだっていきます。

人を平気で見下す

人を平気で見下す
自分勝手な人というのは基本的に自分に自信を持っており、周りの人たちを馬鹿にしていることが多いです。そのため、他人のことを平気で見下す態度を取ることが多いでしょう。自分が一番偉くて周りの人達は自分を引き立てるための存在であると考えているのです。そのため、心の中では他人のことを見下しています。場合によっては直接相手を馬鹿にするようなことを発言するかもしれません。そのような発言をすることに躊躇しないのです。

思い通りにならない場合は不機嫌になる

自分勝手な人は思い通りにならなければとても不機嫌になります。我慢をするということを知らないのです。そのため、他人に邪魔されたり、注意されるとかなり腹を立てるでしょう。そのようなことに怒りだしてしまう方もいるのです。他人が親切な気持ちでアドバイスをしてきたとしても、それを真剣に受け入れるということはないのです。他人の施しを受けたくないと考えているのです。基本的に周りを見下しているため、他の人は自分の邪魔をする存在としか考えていないでしょう。

突発的な行動をとる

突発的な行動をとる
自分勝手な人は空気を読むということをしません。周りの人に迷惑をかけたとしても、そのことを反省したりはしないのです。自分の都合ばかりを優先させるという特徴があります。そのため、自分勝手な人が突然突発的な行動に出てしまうということがあります。それによって周りが翻弄されてしまうことがあるのです。感情的な行動に出てしまうこともあります。そのようなことをしたとしても、周りの人に謝罪すらしないのです。

周りの空気を読まない

自分勝手な人というのは周りの空気を読むということはしません。自分が最優先であり、周りの人が何を考えていようが構わないと思っているのです。そのため、その場の空気にふさわしくないことでも行ってしまうケースがあります。それで周りから非難されても白い目で見られたとしてもまったく気にしないのです。

自分勝手な人への対処法

どこにでも自分勝手な人はいるものです。そのような方への対処の仕方に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。こちらでは自分勝手な人にどのように対処するべきなのか、そのための方法について紹介しましょう。自分勝手な人と接する際の参考にしてください。

下からお願いをして感謝をする

下からのお願いをして感謝をする
自分勝手な人というのは基本的に持ち上げられていれば気持ち良くなるものです。相手に対してはこちらから下になってお願いをするようにしましょう。そして感謝をするのです。そうすれば自分勝手な人はあなたを攻撃してくることはなくなります。何かどうしてもそのような方に頼み事をしなければいけない場合には、あくまでも下からいくべきです。

感謝の言葉を求める

相手に対して感謝の言葉を求めてみるという方法があります。自分勝手な方に何か頼まれごとをして、せっかく何かをやってあげたのに感謝されないというケースは多いのです。その際には感謝の言葉を言うべきだとはっきりと言いましょう。そうすれば相手は動揺してしまうかもしれません。ひょっとしたら自分の態度を反省する可能性もあるでしょう。

こっちもわがままを聞いてもらうように取引する

相手がわがままなことをしてきたり、頼んできたのであれば、あなたの方のわがままも聞いてもらうように取引してみましょう。自分勝手な人の思い通りになってしまうのは癪に障るでしょう。それならば交換条件を出すことによって、あなたが一方的に相手のお願いを叶えるという状況を脱することができるのです。

ちゃんと自分勝手だと言ってあげる

ちゃんと自分勝手だと言ってあげる
本人は自分勝手な態度や行動をしているという自覚を持っていないケースもあります。この場合ははっきりと指摘してあげるという方法もあります。そうすることによって、相手が反省をするかもしれません。少なくともあなたが不快な気持ちになっていることを伝えられるでしょう。

切り離す

たとえ相手が自分勝手な態度や性格をしていたとしても、それを切り離して考えてみるという方法もあります。特に仕事上の付き合いのある相手の場合は、いつまでも腹を立てていると何もできなくなってしまいます。相手はそういう性格なのだと諦めて、相手の性格や態度を切り離して考えてみると楽になるでしょう。

論理的に諭す

自分勝手な人に対しては論理的に話をしてみると良いでしょう。そうすれば相手もその論理にしたがわなければいけません。論理的に話そうとするでしょう。自分勝手な人に対して感情的になってはいけないのです。それでは相手の土俵に立つことになるため、あなたが不利になってしまいます。

相手にしないことが大事

相手にしないことが大事
可能であればできる限り自分勝手な人とは関わりにならないようにするべきでしょう。そうすればあなたが不利益な状態になってしまうことを避けられます。たとえば話しかけてきても適当に反応をしてあしらっておけば良いでしょう。あなたがまともに対応しなくなれば、自分勝手な人もあなたに関わらなくなるでしょう。できるだけそばに近寄らないようにしてください。

まとめ

自分勝手な人に対してうんざりしてしまったという方がいるかもしれません。こちらで解説してきた自分勝手な人の特徴を理解して、対処法を実践してみましょう。そうすれば、もう自分勝手な人に惑わされなくなるでしょう。