簡単ホームケア!ホワイトニングテープの魅力と使い方

最近日本においても、にわかに注目を集めているのがホワイトニングテープです。名称は聞いたことがあってもどのようなアイテムなのかわからないという方も多いかもしれません。実際問題としてホワイトニングテープとはいったいどのようなアイテムなのでしょうか?

今回はホワイトニングテープの効果やアイテムの内容について調べてみました。国内で販売されているアイテムと海外製品の比較についても要チェックです。ホワイトニングが気になる方に向けて一挙ご紹介いたします。

ホワイトニングシートはアメリカでは常識?

ホワイトニングテープ(シート)はアメリカなどでは一般的に流通しているアイテムであることはご存知の方もいらっしゃるかもしれません。なぜ日本ではあまり広まっていないのかチェックしてみましょう。

アメリカではホワイトニングテープ(シート)が一般的

アメリカのドラマなどを見るとホワイトニングテープが販売されているシーンや、劇中の演者が装着していることなどを見かけるかもしれません。実はアメリカでは一般的に用いられているアイテムであり、ホワイトニングといえばテープタイプのアイテムを選ぶ方が非常に多いのです。アメリカのスーパーマーケットなどでもホワイトニングテープの扱いがあることがほとんどで、非常に手に入れやすい為です。

日本では過酸化水素の取扱は医師のみで販売許可が降りない

なぜ日本ではホワイトニングテープのアイテムが流通していないのかというと、過酸化水素が含まれているアイテムだからです。過酸化水素が使用されているアイテムの取り扱いは医師の指導の元のみでの使用が認められているのが現状です。
つまりアメリカで売られているホワイトニングテープは、日本では販売許可が降りないということになります。

日本で販売されているは着色汚れのみに効果があるもの

日本などでも一部ホワイトニングテープが販売されていることがありますが、これらは過酸化水素が含まれていることはありません。過酸化水素が含まれていないということは、ホワイトニング効果は無いということになります。そもそもの漂白する作用がないため、元の歯よりも白い歯にすることは難しいでしょう。そのため日本で市販されているホワイトニングテープの多くは着色汚れを落とすまでのものになっています。ホワイトニングや美白などと記載されていても漂白効果は無く、着色汚れに特化というのを前提として抑えておく必要があります。

通販で購入することができる

ホワイトニングテープはアメリカなどでは店頭で売られているくらい一般的なものですが、日本では店頭で扱っていることはほぼありません。購入する際には通販や個人輸入で手に入れることが方法となるでしょう。一部店舗などでは店頭で扱っていることもあるようですが、非常に限られている手段になります。

ホワイトニングテープの魅力

アメリカなどでホワイトニングテープが広まっているその魅力とは一体どのようなポイントなのでしょうか。ここではホワイトニングテープのその魅力についてご紹介いたします

自宅で簡単にステインケアができる

購入するだけで簡単にデンタルケア、ステイン(着色落とし)ケアができるというポイントが支持されています。海外製品のホワイトニングテープの場合はホワイトニングが行えるという点、日本製品の場合はステインケアが行えるという点がメリットになるでしょう。
欧米などの場合は男性女性ともに歯のホワイトニング文化が進んでおり、一般の方でも歯の白さが身だしなみの一部となっているので、手軽に行えて負担が少ないというのは大きなポイントです。

ホームホワイトニングより手間がかからない

一般的なホームホワイトニングの場合は手間がかかることがデメリットです。マウスピースを作り、その上で薬剤と塗布し装着するという手間がかかります。
ホワイトニングテープの場合は、封を切り透明なシートを外し歯の表面に貼るだけなのでとても簡単です。ホームホワイトニングの場合は知覚過敏などの症状も出やすいですが、ホワイトニングテープの場合は知覚過敏になりにくいという点もメリットになるでしょう。

ホワイトニング費用を抑えることができる

ホワイトニングテープの場合は1回あたり約100円~程度となっており、非常に安価で利用することができます。着色汚れを落とす上では比較的手が出しやすいでしょう。
海外製品のホワイトニングテープの場合は1回あたり約200円~からとなっており、こちらも安価です。
一般的なホームホワイトニングやオフィスホワイトニングに比べても安価にホワイトニングが行えるというのも人気のポイントです。

ホワイトニングテープの使い方

手軽に使えてしかも安価であるホワイトニングテープについて実際どのように使うのでしょうか。ここではホワイトニングテープの使い方をご紹介いたします。

歯みがき後に歯にテープをつける

しっかりと歯を磨き、食べかすや歯垢を除去します。このときに強い力でブラッシングしないように気をつけましょう。歯や歯茎にキズがあると染みることや、知覚過敏の原因となる可能性があります。歯の表面がキレイな状態であるときにティッシュなどで軽く水分を拭き取ります。このときに歯茎から歯に向かって拭き取るようにするか、歯茎にティッシュを軽く押し当てて拭き取るのがおすすめです。

30分間つけたまま放置する

透明な剥離テープを剥がし、薬剤がついている方のテープを歯に貼ります。このときに歯茎に触れないように貼るようにしましょう。ホワイトニングテープの構造上、歯面のすべてを漂白するのは難しいため、歯と歯茎の境目からはやや外して装着するのがおすすめです。アイテムによっては歯の前面だけではなく、折り返して裏面にも貼ることができるタイプもあるようです。使用の際にはアイテムごとの使用上の注意を守りましょう。
アイテムにもよりますが30分~1時間放置したあとに剥がします。

時間が経ったら剥がして軽くうがいをする

放置時間を過ぎたら剥がして軽くうがいをしましょう。このときに歯磨きをするのはNGです。歯が敏感になっている状態なのでブラッシングすることで知覚過敏を引き起こす恐れがあります。また色の濃い飲み物や食べ物もすぐに摂取するのは避けましょう。

ホワイトニングシートを使うときのポイント

ホワイトニングテープを使用する上で注意すべき点はどのようなことなのでしょうか。ここではホワイトニングテープを使用する上でのポイントをご紹介いたします。

まだらにならないよう歯に密着をさせる

ホワイトニングテープ自体に薬剤が染み込んでいるため、まだらにならないようにするためにしっかりと歯に密着させましょう。基本的にホワイトニングテープには粘着力があるので、簡単に外れてくることはありません。そのため最初にしっかり貼り付けることで確かな効果を得られることができます。

時間をきちんと守る

ホワイトニングテープの使用方法などに欄に記載されている装着時間についてはしっかりと守りましょう。

置きすぎると刺激になって知覚過敏になることも

装着時間を守らないと歯への強い刺激となり知覚過敏に発展することもあります。知覚過敏になるとホワイトニングの使用を中止する必要がある場合も考えられるため、使用上の注意をしっかりと守り、歯の調子を見ながら使用するようにしましょう。

使用後は着色の強い飲食物を避ける

ホワイトニングテープ使用後は歯に色が付きやすいだけではなく、色素沈着する恐れもあるので、色の濃い飲食物を避けるようにしましょう。基本的にはホワイトニング期間にはコーヒーや赤ワインは摂取しないように勧められることも多いため、摂取を辞めるか量を控える、または摂取したあとには水でゆすぐなど都度対処するようにしましょう。

日本で販売されているホワイトニングテープ

Nicori(ニコリ) ホワイトニング 歯 テープ

Nicori(ニコリ) ホワイトニング 歯 テープ 14セット【過酸化水素不使用で安全】

商品の特徴

Nicori(ニコリ) ホワイトニング 歯 テープ」は歯に貼るだけで簡単に美白(着色汚れ)対策が行えるホワイトニング用テープです。使い方はホワイトニングテープを歯に貼り30分程度放置します。その後丁寧に剥がすだけです。1日1回、2週間1クールとしてお使いください。過酸化水素不使用、歯へのダメージとなる知覚過敏の恐れもないため安心してお使いになることができます。

この商品の口コミまとめ

「ホワイトニングテープの存在はyoutubeなどで知り興味をもっていました。実際このアイテムを購入して確認したのですが、成分など詳細なことが記載されていないことが気になりました。成分にこだわる方は控えたほうが良いでしょう。実際に使用すると歯が白くなります、しかしすぐ色戻りしてしまいます。現在知覚過敏や歯のトラブルがあり通常のホワイトニングが行えない方の応急処置としては使えるかもしれません。」

Urhomy 歯 美白 ホワイトニングテープ

Urhomy 歯 美白 ホワイトニング マニキュア 歯ケア 歯のホワイトニング 美白歯磨き 歯を白 ホワイトニングテープ 歯を漂白 14セット/28枚 (透明)

商品の特徴

Urhomy 歯 美白 ホワイトニングテープ」は仕事やお風呂など、何かをしながら効果的に歯垢を除去できるホワイトニングテープです。着色汚れを浮かして落とす効果に加えて口腔内の衛生と歯の強化も行います。またフレッシュミントの味で気分もリフレッシュすることが可能です。

この商品の口コミまとめ

「歯の黄ばみが気になる部分に貼り付けて放置したら白くなったので効果はあると思いました。ミントのスースー感もお気に入りです。黄ばみには効果が感じられましたが、歯のホワイトニングはできないので、漂白目的だとあまり効果が感じられないかと思います。」

まとめ

いかがだったでしょうか。ホワイトニングテープに興味を持たれた方はぜひ購入し使用を行ってみましょう。使用上の注意をよく読み、注意内容を守って使用しましょう。