パーカー×シャツのおすすめコーデ7選!

様々な場面で活用できるパーカーは、シャツとのコーデの幅を広げることで、今まで以上におしゃれのセンスをアップできます。カジュアルな印象が強いパーカーですが、シャツの選び方一つで違った着こなしを表現できることから、広い年代から支持されるファッションアイテムとなっています。

今回紹介するコーデを参考にして、手持ちのパーカーとシャツを今までよりも更に活用させてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているパーカー シャツのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

パーカー×シャツのおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

デニム素材のシャツに合わせるパーカーは、スニーカーと同系色となる白っぽいものを選びますと、全身をバランス良く見せる効果が発揮されます。

引用:CBK(カブキ)

ギンガムチェックのシャツに良く似合うパーカーは、フレアスカートと同系色の紺が便利で、スニーカーの白が足元をスッキリ見せる役割を果たすので、全身をスリムアップした印象を保ちます。

引用:CBK(カブキ)

白のロングシャツに合わせるグレーのパーカーは、シャツの長さを活かすためにsっよーと丈のものを選んだ方が、全身を重たく見せてしまうことがなく、すっきりとした着こなしができます。

引用:CBK(カブキ)

ワインカラーのシャツに合うパーカーは、シンプルでそんな服装にも合わせやすいグレーが万能性を維持しています。シンプルな着こなしには、ニット帽や大きめのリュックなど、小物でインパクトを与えるコーデが実現します。

引用:CBK(カブキ)

チェック柄のシャツとジーンズをはいたコーデには、防寒対策にもなるパーカーを着るのがアクセントになります。特に白のパーカーは、様々なシャツやボトムスに合わせやすいので、1着は欲しいアイテムでしょう。

引用:CBK(カブキ)

タイトスカートに合わせてもおしゃれに着こなしができるパーカーは、デニム素材のシャツとの相性が抜群である薄いグレーがおすすめです。靴下と靴を黒で揃えて、足元を細く見せる効果を活かしましょう。