パーカー×Gジャンのおすすめコーデ9選!

幅広い年代に支持されるファッションアイテムであるパーカーとGジャンは、両方を上手に組み合わせすることで、最強の着こなしができる可能性が広がります。素材や色の違いで印象が変わるパーカーやGジャンは、コーデの中心的存在として、大いに活用させるのが理想です。

今回紹介する着こなしを参考にして、これからも更におしゃれに関心を持って洋服選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているパーカー Gジャンのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

パーカー×Gジャンのおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

白いフレアスカートに良く似合うGジャンは、グレーのパーカーを合わせて着ることで、バランスの良いコーデが完成します。足元のスニーカーがアクセントとなって、全体をまとまった印象の着こなしにします。

引用:CBK(カブキ)

パーカーと同系色のニット帽がアクセントになっているコーデには、ロング丈のタイトスカートとGジャンを組み合わせる大人っぽいコーデが良いでしょう。

引用:CBK(カブキ)

万能性が高い白のパーカーは、スニーカーと同系色にするとスッキリします。タイトスカートはカジュアルな与おいにもピッタリで、Gジャンとの相性も抜群です。

引用:CBK(カブキ)

女性っぽいイメージが強い黒のチュールスカートに合わせるパーカーは、同系色を選ぶことでスリムアップした印象になります。アクセントにGジャンを加えますと、意外な組み合わせのコーデが完成します。

引用:CBK(カブキ)

ギンガムチェック柄のロングスカートがポイントとなる着こなしには、シンプルで飽きない白のパーカーやGジャンを組み合わせたカジュアルコーデが似合います。

引用:CBK(カブキ)

重ね着コーデとして重宝するGジャンとパーカーは、フレアスカートやスニーカーなど、手持ちのアイテムとの組み合わせが広げやすくなってます。

引用:CBK(カブキ)

個性的なバッグやシンプルなスニーカーなどに合わせるGジャンとパーカーは、ドッド柄のボトムスに調和する白いパーカーと、オーソドックスなデニム素材のGジャンが良いでしょう。

引用:CBK(カブキ)

大きめのリュックだけでなく、下半身を黒で統一したシンプルな装いには、Gジャンとパーカーのカジュアルコーデが良く似合います。

引用:CBK(カブキ)

大胆な花柄が特徴的なロングスカートには、地味になり過ぎる印象があるGジャンとパーカーが良く似合います。パーカーとバッグを黒で統一させて、スッキリとまとめるのがおすすめです。