パーカー×タイトスカートのおすすめコーデ15選!

カジュアルな装いに役立つパーカーは、色の違いやデザインの変化を楽しみながらオシャレができるアイテムです。パンツスタイルに合わせやすいイメージですが、タイトスカートとの組み合わせもコーデとして広く取り入れられています。

今回紹介するパーカーとタイトスカートのトータルコーディネートは、これからの洋服選びの参考になるはずです。是非今後に活用させてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているパーカー タイトスカートのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

パーカー×タイトスカートのおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

ロング丈のタイトスカートは、大胆なギンガムチェックがアクセントで、シンプルなパーカーと合わせたコーデは、誰もが真似できる着こなしでしょう。薄紫のバッグがポイントとなります。

引用:CBK(カブキ)

レースのタイトスカートに合わせるパーカーは、パンプスと同系色の白を選ぶのがおしゃれ度をアップさせるコツです。小物遣いとしてカゴバッグをイメージしたクラッチバッグがアクセントとなります。

引用:CBK(カブキ)

黒のタイトスカートに合わせるパーカーは、ボーダー柄のカットソーとブルーのパンプスが映えるグレーを選ぶのがポイントで、他のファッションを邪魔しない存在となります。

引用:CBK(カブキ)

スリット入りのタイトスカートは、女性っぽい印象が強くなりますが、カジュアルなパーカーを加えることで、上下のバランスが程良くマッチします。

引用:CBK(カブキ)

膝丈のタイトスカートには、スニーカーと同系色の白いパーカーがおすすめです。Gジャンをきることで上半身を引き締める効果が期待できるほか、どんな人でも真似できるコーデとなります。

引用:CBK(カブキ)

バッグにアクセントがあるパーカーとタイトスカートの着こなしには、同系色のスニーカーを選ぶことで、全身のトータルコーディネートが思い通りに完成します。

引用:CBK(カブキ)

シックな色味のタイトスカートに合わせるパーカーは、シンプルで飽きない白がベストな選択で、どんな体形や年齢の人でも、上手に着こなしができるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

個性的なサンダルと合わせる黄色のタイトスカートは、落ち着いた茶畏敬のカットソーとグレーのパーカーの組み合わせがとてもよく似合います。

引用:CBK(カブキ)

ドッド柄のタイトスカートは、ロング丈ですので気なる下半身をカバーできます。薄いグレーのパーカーは、モノトーンコーデとの相性が抜群で、多彩な着こなしが実現可能です。

引用:CBK(カブキ)

レース仕様のタイトスカートは、大人っぽい印象が演出できるグリーンがおすすめです。パーカーとパンプスを同系色にする着こなしは、全身を自分らしくコーデする時に真似したい手法となります。

引用:CBK(カブキ)

タイトスカートからちらりと見えるレギンスがポイントのコーデでは、グレーのパーカーが他のファッションアイテムの引き立て役として活躍しています。

引用:CBK(カブキ)

タイツや靴下だけでなく、ショートブーツとの相性が良いタイトスカートは、同系色で下半身をまとめてスッキリさせています。パーカーとMA-!の組み合わせは抜群で、カジュアルコーデの良いおて本となります。

引用:CBK(カブキ)

黒のタイトスカートとグレーのパーカーの組み合わせは、ファー仕様のバッグを始め様々なコーデの中心的な存在として基本的な着こなしとなるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ライダーズジャケットとの相性が良いパーカーとタイトスカートは、シックで落ち着いた色のモノトーンコーデとの組み合わせが絶妙です。

引用:CBK(カブキ)

レース仕様のスカートとパーカーの組みあわせは、意外性があるかもしれませんが、Gジャンやパンプスなど様々なアイテムをバランス良く組み合わせることで、女性らしい着こなしとカジュアルコーデが上手く融合できます。