ブラウンのブラウスを使ったおすすめコーデ11選!

どんなスタイルとも合わせやすいのがブラウンのトップスです。デニムに合わせれば大人のカジュアルスタイルに、一方でスカートなら落ち着きのあるフェミニンなコーデが作れます。

特にブラウンのブラウスは1年を通して活躍する定番アイテムで、デートに最適なフリルがあしらわれたものからオフィスにぴったりなシンプルデザインまで様々です。

そこで今回は、季節を問わず着られるブラウンのブラウスを使ったオシャレなコーデをいくつかご紹介します!

この記事で紹介しているブラウス ブラウンのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

ブラウンのブラウスを使ったおすすめコーデ特集

スッキリ見せてくれるVネックを選ぶ
引用:CBK(カブキ)

ドット柄が可愛いブラウスのコーデにはデニムを合わせたカジュアルコーデに。

ブラウスをインすることで全体が引き締まって見えます。

大きな丸サングラスがアクセントになってgood!


引用:CBK(カブキ)
大人の女性を演出するのにマストアイテムとなるブラウンのブラウス。
こちらのコーデでは、ひらりと揺れる仕草が乙女心をくすぐるフレアスカートに合わせています。
ブラウスはボリュームのあるオフショルダーにすることで、フェミニンな雰囲気を醸し出してくれます。


引用:CBK(カブキ)
バルーンスリーブが魅力的なブラウンのブラウスに、爽やかな白のフレアスカートを組み合わせたコーデです。
ブラウスはスクエアネックになっているので、デコルテラインが美しく見えますし小顔効果も期待できます。
きらきらと輝くゴールドのストラップサンダルを添えて、足元も華やかに演出!


引用:CBK(カブキ)
ラフに着こなせるオフショルダーのブラウスに、黒のワイドパンツを合わせたコーデ。
着こなし次第では落ち着きすぎるコーデに収まりがちなブラウンのトップスですが、ドット柄のパンツを持ってくれば程良いアクセントになります。
キャップやポシェットなど小物の色を統一して、全体的にすっきりまとまっています。


引用:CBK(カブキ)
袖をきゅっと絞ったボリューム感のあるブラウスに、同系色のフレアスカートでまとめたコーデです。
フレアスカートは配色が特徴的なデザインで、レトロな雰囲気を印象付けます。
ラウンド型のバッグは丸いフォルムが可愛らしく、コーデに女性らしさをプラス!


引用:CBK(カブキ)
さらっと着こなせるブラウンのブラウスに、チェックのロングスカートを合わせたコーデになります。
広めに開いたバックデザインのブラウスは顔回りをすっきりと魅せてくれるので、小顔効果も抜群!
程良く高さのあるヒールを履けば、ロングスカートでもだぼつかずにすっきりとした美しいラインを作れます。


引用:CBK(カブキ)
ブラウンのブラウスと相性がとても良いボトムスは黒のアイテムです。
こちらでは黒のテーパードパンツと組み合わせているので、足元の肌見せもでき軽やかなスタイルに。
手元は思わず触りたくなるようなふわふわのファーバッグを添えて、シーズン感がプラスされています。


引用:CBK(カブキ)
デコルテラインが美しく見えるVネックのブラウスに、シンプルなデニムパンツを合わせたコーデになります。
袖のボリューム感が目を引くブラウスはエレガントな印象を与えてくれますが、ボトムスにデニムをチョイスすれば程良くカジュアルダウンできます!
パンプスには秋冬の定番カラーになっているボルドーを持ってきて、季節感を加わります。


引用:CBK(カブキ)
胸元が大きく開いたブラウスに、ダメージジーンズを組み合わせたコーデです。
ブラウンのトップスと相性の良いデニムパンツですが、このようにインすることでスタイル良く魅せてくれます!
手元には白のトートバッグを合わせれば、全体のコーデがぱっと華やぎます。


引用:CBK(カブキ)
ベーシックな着こなしに活躍するブラウンのブラウス。
こちらではオフショルダーで着こなすことでコーデが重くなりすぎず、爽やかに魅せることができます!
上品な白のタックパンツと合わせれば、夏らしい涼しげなパンツスタイルの完成です。


引用:CBK(カブキ)
こっくりとした色合いが秋冬カラーとして定番化しているブラウンは、透明感のある白のアイテムとミックスさせるのがお勧め!
こちらのコーデではブラウンのブラウスに、フリンジ使いの籠バッグとスキニーパンツ、ミュールを白に持ってきているので、清涼感のある爽やかさが強調されています。