ウエディングドレスの種類はたくさんあるの?理想的なウエディングドレスの選び方

簡単にウエディングドレスと言っても、さまざまな種類があります。会場の雰囲気や新婦の体型によって相性があるので色々と試してみましょう。今回はウエディングドレスの種類と美しく着こなすためのポイントなどについて紹介します。

ウエディングドレスの種類

ウエディングドレスはさまざまな種類があります。こちらでは、どのような種類があるのかを紹介していくので、ウエディングドレス選びを考えている人は参考にしてみてください。

人気の高いAライン

ウエディングドレスでもっとも人気が高いのはAラインです。名前の通り、アルファベットのAに似ていることからAラインと呼ばれるようになりました。高い位置にウエストがあり、そこから裾へ直線的なスカートが広がり、シンプルながらも上品さを感じられるドレスです。年齢問わずで着ることが出来るため、結婚式のウエディングドレスにAラインを選ぶ人は多い傾向にあります。

ポピュラーなプリンセスライン

タイトな上半身を持ち、ウエストの切り替え部分にふわりと広がるスカートが特徴的なドレスです。童話の中のお姫様が着るようなドレスであり、プリンセスの名前に相応しい上品さと華やかさを併せ持っています。

大人っぽいスレンダーライン

スレンダーラインは身体のラインが分かるほどぴったりとしたドレスです。先に紹介したAラインやプリンセスラインとは異なり、スタイリッシュな雰囲気を持っているので大人の女性におすすめです。小回りが利くので、コンパクトな会場でのウエディングドレスに最適です。

エレガントなマーメイドライン

ウエディングドレスの中でもエレガントかつゴージャスな雰囲気を持つのがマーメイドラインです。装飾が施されたロングトレーンが豪華さをアップさせます。デザイン自体はシンプルなものが多いのですが、フリルやリボンをふんだんに使った可愛さ重視のものもあるようです。

人気の海外ブランド

こちらでは、海外ブランドで人気のウエディングドレスを紹介します。同じタイプのウエディングドレスであっても、ブランドが違えばまったく異なる雰囲気を出してくれます。

Antonio Riva(アントニオリーヴァ)

Antonio Rivaはボリュームたっぷりのドレスが印象的なブランドです。ボリュームはあっても、基本的にシンプルなデザインなので派手さはなく、上品さ、エレガントさがアップしています。ミカドシルクを使用したウエディングドレスは手触りも良く、結婚式という特別な日に彩りを添えてくれます。シンプルなドレスなので、イヤリングなどは大振りなものにした方がアクセントになるでしょう。

Monique Lhuillier(モニーク・ルイリエ)

Monique Lhuillierは胸元が空いたセクシーなウエディングドレスが特徴的です。しかし、そのセクシーさも官能的さを出すのではなく上品さが出ています。透明感のあるデザインのウエディングドレスはまるで純白の衣装を着た妖精や天使のようです。

GRANMANIE(グランマニエ)

GRANMANIEのウエディングドレスは女性の魅力を引き出すマーメイドラインが特徴的です。繊細なレースを使い、華やかなビーディングが新婦を彩り、後ろから見ると少しだけ足が透けるサプライズが施されています。女性の美しさをこれ以上ないほど引き出してくれるウエディングドレスと言っても過言ではありません。

Reem acra(リームアクラ)

Reem acraのウエディングドレスは、まさに豪華絢爛の言葉がふさわしいでしょう。繊細なレース細工、まるで天使の羽根のようなデザインが女性の心をくすぐります。プリンセスになったような気分を味わえるので、王道ながらも遊び心が加えられたウエディングドレスを求めている人におすすめです。

VERA WANG(ヴェラ・ウォン)

VERA WANGのウエディングドレスは、ウエストが細く見える工夫がされていて、スカート部分がシンプルながらもゴージャスなデザインなのでひとめ見ただけでも女性の心をくすぐります。

人気の国内ブランド

ウエディングドレスで人気なものがあるのは海外ブランドだけではありません。国内ブランドでも女性から注目されているウエディングドレスがあるのです。

THE HANY

THE HANYのウエディングドレスは一見するとシンプルなものに見えます。しかし、よく見ると豪華な刺繍が施されているのです。他にもレースの下にはスパンコールが付けられたチュールが重なっていて、自己主張しすぎない輝きが結婚式に相応しい彩りを添えてくれています。

YUMI KATSURA

YUMI KATSURA<のウエディングドレスは、まるで映画の主人公になったような錯覚を起こさせるほどオリエンタルな雰囲気を出してくれます。特にロングベールが風に舞う姿はプリンセスになった気分を味わえるのでおすすめです。

MAISON SUZU(メゾンスズ)

MAISON SUZUのウエディングドレスは、他のブランドと比べるとシンプルさが出ています。しかし、地味ではなく大人っぽく洗練されたデザインは女性を表してくれるため年齢問わずに着られるウエディングドレスです。

M/mika ninagawa

M/mika ninagawaのウエディングドレスは、季節感あふれるものが特徴的です。春なら桜のウエディングドレスが人気で、レースにちりばめられた桜、そして繊細な模様は春を感じさせながら特別な日を過ごさせてくれます。

JILL STUART WEDDING(ジルスチュアート ウェディング)

JILL STUART WEDDINGのウエディングドレスは、重なるフリルが幻想的な雰囲気を出しています。上品さ、清楚さ、大人っぽさ、すべてを表していて女性の持つ美しさを引き出してくれるドレスでもあるのです。

ウエディングドレスを美しく着こなすために

こちらでは、ウエディングドレスを美しく着こなすためのポイントを紹介します。いくら美しいウエディングドレスを選んでも、新婦本人の努力がなければ美しさは最大限まで引き出せません。では、ウエディングドレスの美しさを引き出すにはどのようなことが必要なのでしょうか。

挙式までにエステサロンなどでお肌のコンディションを整えておく

ウエディングドレスを着る女性は、ブライダルエステなどに通う人がほとんどです。一生に一度の思い出だからこそ、一番綺麗な自分でウエディングドレスを着たいと考えるのです。さまざまなエステサロンでブライダルエステを実施しているので、相談してみてもいいかもしれません。肌のコンディションを整えておくことで、実際にウエディングドレスを着た時の雰囲気も大きく変わります。

ムダ毛処理も忘れずに!

ウエディングドレスは露出の多いものです。そのため、絶対に忘れてはいけないのがムダ毛処理です。せっかく身体を絞っても、綺麗なウエディングドレスを選んでも、ムダ毛があるとそれだけで綺麗さが半減してしまいます。ブライダルサロンでは脱毛も行っているところがあるので、そういったところを利用するといいでしょう。

規則正しい生活や運動でドレスが似合う体型に近づける

挙式の日取りが決まり、ウエディングドレスも決まれば、後は自分の肌を整えるだけです。肌だけではなく、ウエディングドレスが似合う体型に近づける努力も忘れてはいけません。規則正しい生活、日常的に運動を取り入れるなどでウエディングドレスに相応しい自分の身体を作り上げましょう。

まとめ

結婚式も楽しみですが、女性としてはやはりウエディングドレスを選ぶ時が一番楽しいのではないでしょうか、男性はちょっとうんざりするくらい試着を繰り返す女性は少なくありません。ですが、ふたりの結婚式なので自分の意見だけを取り入れるのではなく、彼氏の意見も取り入れてウエディングドレス選びをしましょう。