両家の顔合わせにはどんな服装がいい?選び方とポイントを紹介!

お互いの実家へのあいさつが終わると、いよいよ両家顔合わせです。両家顔合わせは、家と家を繋ぐ最初の儀式であり、お互いの家のことを知る最初のタイミングです。この両家顔合わせがうまくいくと、両家の親睦も深まりとてもスムーズに結婚まで運ぶことができます。

そんなとても重要な両家の顔合わせには、いったいどんな服装で臨むのがいいのでしょうか。顔合わせでの服装で一番大切なことは両家の格を合わせることです。誰一人浮くことなく、みんなで一塊にきれいに調和されるような服装でなければいけません。今回は、格の合わせ方や髪型、小物、お勧め洋服について和装と洋装を分けて詳しくご紹介します。

顔合わせの服装の選び方!まずは基本をおさえよう

顔合わせの服装選びの最低限のルールは、両家での服装の格を合わせることです。一人だけ着物を着る、一人だけ普段着のようなワンピースを着るなどして浮かないように最初に彼としっかりと話し合い両家全員の格をあわせましょう。

また、会場が旅館などの和の雰囲気であれば和装、モダンなホテルといった洋の雰囲気であればきれいなワンピースというように会場の雰囲気ともマッチする服装を選びましょう。また、清楚で上品にみせるためにも、夏でも露出は最低限に控えましょう。

両家で服装の格を合わせる

どの程度の格で顔合わせに臨むのかを事前に細かく話し合う必要があります。それによって、どういった服装がしっくりくるのかが全く変わってきます。仲人を立てて高級ホテルや旅館で格式ある顔合わせにするのか、両親と自分たちだけでカジュアルなレストランでアットホームな感じで和気あいあいとした顔合わせにするのかなどです。その場所にあった格に全員が揃え、誰一人輪を乱すことがないようにしましょう。

新郎新婦の服装の格を合わせる


両家での服装の格を合わせることはもちろんですが、新郎新婦で記念に写真を撮ることも多々あります。記念となるものですので、新郎新婦が並んだ時に格が合うように二人の間でもしっかりと事前打ち合わせを行い格を合わせましょう。カジュアルスーツと和装などアンバランスは調和を乱してしまいます。

会場の雰囲気に合わせる


カジュアルなレストランに着物で行くなど場違いな服装にならないよう全員の格を合わせる際に、会場の雰囲気も考慮の1つに入れておいてください。高級旅館で厳格に行う場合は、両家着物で揃えるのも素敵です。カジュアルレストランであればワンピースがいいでしょう。

女性は肌を露出しないように

両家顔合わせはお互いの家の品格や家族の雰囲気を確認する場所でもあります。露出が高い恰好は、その人自身の品位を下げるだけでなく両親は何も言わなかったのかなど、両親の信用にも関わってきますので夏でも露出は最低限に抑えましょう。ボディーラインがはっきり出るものや、透け感のあるもの、胸元が開いた服、短い丈のものなどは避けるのが無難です。

顔合わせの服装の知識!ドレスコードは3つの種類がある

顔合わせの会のドレスコードには、格式高いフォーマル、フォーマルの次に格が高いセミフォーマル、カジュアルさがあるインフォーマルの3つがあります。それぞれでふさわしい服装はまったく違いますので、どの格で行うのかを決めて事前に全員の服装を確認しましょう。

フォーマル(正装):最も各が高い


フォーマルな両家顔合わせには、きれいで華やかな振り袖がふさわしいでしょう。振り袖は、結婚後もう着られなくなりますので最後の記念にと着る方も多くいらっしゃいます。男性には、フォーマルなスーツに爽やかな明るい色のネクタイを締めてもらいましょう。和装の場合は紋付羽織袴がお勧めです。

洋装の場合は、かっちりとした高級感のあるワンピースがいいでしょう。ジャケットを合わると一層フォーマル感が上がります。顔合わせはめでたい席ですので、明るい色のワンピースにすると場の華やかさが増し明るい雰囲気になります。

セミフォーマル(準礼装):フォーマルに次いで各が高い


フォーマルよりも一つ下のセミフォーマルでは、柄物のワンピースや訪問着がピッタリです。明るい色で華やかなデザインを選びましょう。ただ、会場によっては柄が派手すぎると浮いてしまうので会場との調和を大切にすることが重要です。男性はネクタイを柄物するなど少しカジュアルにすると良いでしょう。

インフォーマル(略礼装):セミフォーマルに次いで各が高い

インフォーマルは、家族でアットホームな感じでの両家顔合わせでよく用いられます。おしゃれなレストランに行くときぐらいのカジュアルさで良いでしょう。かわいいワンピースやブラウスにひざ丈のスカートなどがお勧めです。

男性は、カジュアルジャケットに色違いのパンツでさわやかに見せましょう。ジャケットを着ているからといって下をジーンズにするのは絶対にNGなので気を付けましょう。

フォーマル(正装):顔合わせの服装例

顔合わせの時のフォーマルな服装は、スーツやワンピース、色無地、付け下げがお勧めです。ワンピースは、柔らかい素材ではなくかっちりとした型崩れがしない素材がいいでしょう。長袖とあわせることでより格を上げることができます。ワンピースは、体にぴったりとフィットするようなものではなく、少しゆとりがあるものを選びましょう。

スーツ


落ち着いた光沢感のある上品なワンピースに長袖のジャケットを合わせたアンサンブルは露出度も少なく、最もフォーマルに見えるスタイルです。コサージュや、落ち着きのあるパールのネックレスをつけるとさらに品が上がります。

ワンピース


暑い夏は、シースルーの袖があるワンピースがお勧めです。すこしゆとりがあるように作られた服幅は、ボディーラインを隠しつつ美しく見せてくれます。アイボリーカラーは清楚さが、ネイビーカラーは上品さがあります。両家顔合わせはお祝いの席でもありますので黒色は避けるのがいいでしょう。情熱的な赤は目立ちすぎるかもしれませんので場の雰囲気によっては避けましょう。

色無地


洗える色無地は将来何度も着る機会があるので、この機会に1着購入しておくのがお勧めです。色無地はカラーも豊富で、どんな帯との相性も良いため自分の好きなようにアレンジできるのが特徴です。季節によってや、旦那様となる方のネクタイと色を合わせるなどお好みにアレンジして着てみてはいかがでしょう。

付け下げ


型から流れるように美しい柄が入っている訪問着は、お祝いの席にはピッタリです。やや光沢かかっているものは上品な華やかさがあり場の雰囲気を明るくしてくれます。着物に詳しくない方は、帯や帯揚げなどがセットになっているものを購入することをお勧めします。

セミフォーマル(準礼装):顔合わせの服装例

セミフォーマルの顔合わせでは、ワンピース、上下が別れて見えるツーピース、セミフォーマルなドレス、ジャケットが付いたアンサンブルのワンピース、色無地紋付、紋付付け下げなど様々です。下着が透けない色でさわやかな色を選ぶと印象も良いでしょう。

ワンピース


セミフォーマルの顔合わせでワンピースを選ぶときは、袖のあるワンピースでジャケットなしが良いでしょう。丈は膝ぐらいでベルトを締めると少しフォーマル感がアップします。華やかな色がいいですが、白は下着が透けるのが気になりますので、白にする場合は裏地がしっかりとしたものを選ぶようにしてください。

ツーピース


ツーピースは、ワンピースと違い上下別れたデザインのものをいいます。上下離れているように見えて実は繋がっていますので、ウェストをきつく締めることもなく長時間の顔合わせなどにピッタリです。ワンピースよりもフォーマルな感じになります。コーディネートが苦手な方にもお勧めです。

セミフォーマルドレス


長袖のセミフォーマルなドレスは顔合わせにぴったりの華やかさと気品を持ち合わせています。夏場は袖がレースのものを選ぶと涼しさも加わりより爽やかなイメージになります。透け感が強く出てしまうと顔合わせにふさわしくないものになったり下着が透けてしまったりする恐れがあるので色選びには気を付けましょう。

アンサンブル


アンサンブルは今後もいろいろな行事で使いまわしができるのでこの機会に1着揃えるのもいいでしょう。部屋の温度によってはジャケットを脱ぐこともありますので、中のワンピースは袖があるものを選んでおくと無難です。小さなアクセサリーやコサージュと合わせると上品に見えます。

色無地紋付


背中に1紋着いた色無地の着物を着れば、さりげない気配りができる大人の女性をアピールできます。優しい色合いを選べば、顔合わせだけでなく冠婚葬祭や入学式など今後のイベントでも大いに活躍してくれます。色の組み合わせに特にこだわりがなければ、帯締めなどがセットになっているものを選ぶのが良いでしょう。

紋付付け下げ


紋付きの付け下げもセミフォーマルな顔合わせでは人気の服装です。特に、雪輪に隅立四つ目の紋は、人との繋がりや団結を示すので顔合わせの会にピッタリの着物でしょう。デザインの中に光沢があれば、動くたびに光に映えてしぐさ自体が美しく見えます。おとなしい色合いは、いろいろな場所で着まわせますので今後のことも考えて色を選ぶと良いでしょう。

インフォーマル(略礼装):顔合わせの服装例

カジュアルなレストランなどでアットホームな雰囲気での顔合わせの際は、少しカジュアルなワンピースやドレスなどのインフォーマルな服装がいいでしょう。和装では、留袖などは格が高くなってしまうので、紋なしの色無地や、訪問着がお勧めです。

ワンピース


派手すぎない柄のワンピースは、インフォーマルの顔合わせにふさわしいです。柄は小ぶりなものの方が、爽やかで優しい印象を与えます。膝が隠れるくらいの丈を選ぶと上品で大人っぽく落ち着いた雰囲気になります。

ドレス


ピンクのゆるふわ系のワンピースは、女性らしさとかわいらしさの両方を引き出してくれる素敵な組み合わせです。顔合わせでは、はっきりとした濃い色よりもパステル系の色がお勧めです。また、丈が長めのドレスは、露出度も低く好印象を与えます。

アンサンブル


秋・冬であれば、アンサンブルはアットホームな感じで家庭的な女性の魅力を引き出してくれるのでとてもお勧めです。大きなアクセサリーではなく小ぶりなものを添える程度にしておくと奥ゆかしさが増します。季節の色を取り入れるとなおいいでしょう。

スーツ


スーツは、動きやすく清潔感もあるのでどんな会場にもマッチします。かっこいい女性の魅力を引き出してくれます。黒ではなく、仕事ではなくお祝いの席ですので、淡い色合いのスーツを選びましょう。

訪問着


上半身にも模様が描かれているので、テーブルに座っていても華やかに見えます。和装の中でも一番カジュアルな着物ですので、インフォーマルな顔合わせにもピッタリです。紋が付いたものを選ぶかどうかは会場の雰囲気を見て決めましょう。

色留袖(三つ紋か一つ紋)


インフォーマルな場では、五つ紋よりも格が低い三つ紋や一つ紋の色留袖を選びましょう。ただ、色留袖は、訪問着よりも格が上になりますので、他の参加者の方々の服装を確認し浮かないように気を付けてください。

色無地紋付


細かい柄が特徴の色無地は、光に反射するたびにとても美しく見え、動作に輝きが増します。格を上げたいときには紋付きを選びましょう。

顔合わせの服装での注意点:ワンピースの場合

顔合わせでワンピースを着る際、いくつかの注意点があります。丈の長さ、色合い、羽織などです。顔合わせの格によっても変わってきますので充分注意しましょう。

ひざ丈くらいの清楚なデザインにする


会場にもよりけりですが、座敷の場合正座をすることになります。膝よりも上のスカートやボディーにフィットするようなタイトなスカートの場合、正座した時にぐっと丈が上がり太ももが見えてしまうことがあるのでそうならないよう、膝が隠れる程度の長さのふんわりとした清楚なデザインを選びましょう。

おめでたい席に似合うソフトで明るい色にする


顔合わせはめでたい席ですので、黒はNGです。明るく華やかな色にしましょう。原色よりも淡いパステル系の色は優しく女性らしい雰囲気を演出してくれます。薄いピンクやベージュなどを選ぶと良いでしょう。

ノースリーブワンピには羽織りを

顔合わせはとても大切な儀式でもあります。露出度は最低限に抑えましょう。ノースリーブのワンピースを着たいときは、ジャケットか羽織り、ボレロなどを合わせると上品に見えます。

顔合わせの服装での注意点:小物や髪型について

顔合わせでは、何度もお辞儀をするタイミングがありますので、アップかハーフアップにするのがお勧めです。飾りを付ける場合は、頭を振っても落ちないようにしっかりと留めましょう。小物は、ベージュなど目立たない色で揃えると品がでます。

アクセサリーは上品で控えめなデザインを選ぶ


和装の場合アクセサリーはつけないのがいいでしょう。ワンピースでは、上品で控えめなデザインのネックレスやピアスをつけると好印象です。一番のお勧めはパールのネックレスとイヤリングです。今後冠婚葬祭にも活躍しますので、持っていない方はこの機会に揃えてはいかがでしょう。

髪型は清潔感のあるまとめ髪


何度もお辞儀するため、髪型は顔にかからないようまとめてしまうのがお勧めです。結婚式のように髪を盛るのは派手になってしまうのでお勧めできません。飾りも小さいものを選び、控えめで清楚感がでるようにしましょう。

靴はヒールが低く華美ではないものを


外を歩くこともあります。靴はヒールが低く歩きやすいものを選んでください。また、テカリがあるものや足の先が見えているものはカジュアルに見えますので、足の爪が隠れる靴を選びましょう。

バッグはブランドロゴのあるものは控えて

バッグは、ブランドのロゴがあるものは控え、目立たない控えめなものを選びましょう。ベージュなどの淡い色だとどんな服装にも似合います。大きさは、化粧直しと携帯が入るぐらいの小さなものがお勧めです。

まとめ

顔合わせは両家をよく知る初めてのタイミングです。相手家族から好印象を持ってもらえるよう品のある服装で臨みましょう。一人だけ浮いた服装になってしまうとその人は一日中恥ずかしい思いをしてしまいます。そうならないよう事前に会場の雰囲気を伝えお互いの両親や自分がどんな格好で行く予定なのかを伝え当日笑顔あふれる顔合わせにしましょう。