ブラジャーの畳み方でバストの形が変わる?正しい畳み方と収納方法

ブラジャーの畳み方を意識しないで、適当に丸めている・畳んでいるという人もいるのではないでしょうか。しかし、ブラジャーはバストの形を維持させるための大切な衣類です。もしかしたら、畳み方の間違えによって、ブラジャーの機能が損なわれているかもしれません。ここでは、ブラジャーの畳み方・収納についてみていきましょう。

ブラジャーの畳み方はなぜ重要なのか

間違った畳み方が型崩れの原因になる

他の衣類と違ってブラジャーは立体感もあり、畳み方によって形が変わってしまいます。収納スペースを節約するために、小さく折り畳んでしまっている人もいるようですが、それによってブラジャーの型崩れが起きている可能性もあるのです。

ブラジャーの型崩れはバストの形を悪くする

間違った畳み方を続けていると、ブラジャーは型崩れを起こします。そして型崩れを起こしたブラジャーをつけ続けていると、今度はバストの形を悪くしてしまいます。きれいなバストを保つためのブラジャーがバストの形を崩す原因になっては本末転倒ですから、正しいブラジャーの畳み方は覚えておくべき事です。

ブラジャーの正しい畳み方を覚えよう

ブラジャーの正しい畳み方は意外と知られていないようです。自己流でブラジャーを畳んでいる人は多くいます。しかしブラジャーには正しい畳み方があります。正しく畳む事で収納時の見た目も良くなりますし、取り出しやすくなります。毎日の下着選びが楽しくなるかもしれません。

ワイヤーあり・なしで畳み方が違う!

ブラジャーには大きく分けて、ワイヤーあり、ワイヤーなしに分けられます。そしてワイヤーのあるなしで畳み方が変わります。それぞれの畳み方を覚える事で、ブラジャーを長持ちさせる事が可能です。

ワイヤーレスブラの正しい畳み方


ワイヤーレスブラを畳む手順は、まず裏側を表にしてブラジャーの形を整えます。この時、フックも留めておきます。次にストラップを畳み、ブラジャーのカップからはみ出ないように載せます。最後は、ブラジャーの中央で半分に折ります。この畳み方だと、ブラジャーのストラップがカップ内におさまっているため、収納後の見た目もすっきりしますし、別のブラジャーを取り出す時などにストラップがひっかかる事もありません。

ワイヤーありは二つ折り厳禁

ワイヤーありブラジャーの場合、畳み方が変わります。しかし最初のステップは同じで、まずはブラジャーの裏側を表に向けて、フックを止めます。ストラップ、フック部分はカップの中にしまいます。ワイヤー入りブラジャーの場合、この状態で収納します。

ワイヤーなしブラジャーのように二つ折りにしてはいけません。二つ折りにする事は形崩れの原因になりますし、ワイヤーに無理な負担がかかると、ワイヤーが折れて布地を破ってしまうなど、ブラジャーが傷む原因にもなります。

肩ひもはカップの中に織り込む

どちらのブラジャーを畳む場合でも共通しているのは、肩ひもをカップの中に織り込む事です。こうする事で収納時もスッキリと収納する事ができます。

パッドは取り外して畳む

人によっては、ブラジャーの中にパットを入れて装着している人もいるでしょう。パットを入れているブラジャーの場合、畳む際には取り外すようにします。パットを入れておいた方が次に装着する時に便利ですが、パットを入れたままの収納は型崩れの原因になるので、やめた方が良いでしょう。

ブラジャー収納のコツと注意点

平積み収納はNG!ブラジャーは立体的に収納しよう


ブラジャーは畳み方だけではなく、収納の仕方も重要です。収納スペース節約のために平積み収納をしている人もいますが、これは型崩れの原因になるのでよくありません。ブラジャーは装着時に近い形を保ったまま、立体的に収納します。立てて収納すると引き出しやケースを開けた時にどのブラジャーがあるか一目で分かるので便利です。

下着収納ケースを活用する

ブラジャーの収納には下着収納ケースがおすすめです。下着収納ケースは引き出しに入れる仕切りケースのようなもので、活用する事で他の衣類と混ざってしまう事や、押しつぶされて形崩れを起こす事を予防できます。引き出しを開ける振動で収納の位置がずれるといった事もなくなるので、いつでも快適に使う事ができます。

下着収納ケースは、最近では100円ショップでも売られています。ブラジャーの数に合わせて複数必要ですから、同じ大きさのものが安く手に入る100円ショップでの購入がおすすめです。もちろん、値段は張りますが雑貨屋や家具屋の収納コーナーでも下着収納ケースは売られています。100円ショップの大きさとデザインが気に入らない場合は、雑貨屋や家具屋ものぞいてみて下さい。毎日目にするものですから、お気に入りを手に入れる事も大切です。

生乾きはカビの元!収納はよく乾かしてから

下着を収納する際に注意するのは、必ず完全に乾いてから収納する事です。早く片付けたいからと生乾きのまま収納してしまうと、嫌なにおいの原因になりますし、湿気でカビが生える事にも繋がります。下着はデリケートな部分を守るものでもありますから、そういった不衛生な下着は肌のかゆみなどトラブルの原因ともなります。ブラジャーはパット部分が厚く意外と乾きにくいので、畳む前に必ず完全に乾いているのか確認しましょう。

旅行の時のブラジャーの畳み方と収納方法は?

基本の畳み方は同じ・収納方法が重要

旅行時の荷物はできるだけコンパクトにまとめたいものです。旅行カバンの大きさも限られていますから、衣服を圧縮している人もいるかもしれません。旅行時のブラジャーの畳み方ですが、基本は家で収納する時と同じ畳み方です。ブラジャーの型崩れを防ぐためにも、正しい畳み方を続けましょう。

ランジェリーケースに入れる


旅行であってもブラジャーはいつも通りに畳む事がベストです。しかし旅行カバンはスペースも限られていますし、他の荷物もありますから移動中にブラジャーが押しつぶされてしまうリスクもあります。またブラジャーは肩紐やホックなど、他の衣類にひっかかったり、衣類を傷つけるかもしれないパーツがついています。

旅行時のブラジャー収納におすすめなのがランジェリーケースです。ケースに入れれば型崩れも防げますし、他の衣類と絡まる事も防げます。100円ショップでも売られている事がありますから、旅行前にのぞいてみると良いでしょう。

ブラジャー専用洗濯ネットに入れる

ランジェリーケース以外にも、ブラジャー専用の洗濯ネットに入れて持ち運ぶのもおすすめです。この時注意するのは、必ずブラジャー専用のネットを使う事です。他の洗濯ネットではブラジャーを守れない場合があります。ブラジャー専用の洗濯ネットは、洗濯機の動きからブラジャーを守るために作られたネットです。旅行カバンの中でもブラジャーを守ってくれるでしょう。

ブラジャー専用洗濯ネットを利用するメリットは、旅行中だけではなく日常でも使える事です。ブラジャー専用の洗濯ネットは他の洗濯ネットより割高な場合もありますが、日常でも使える事を考えたらそれほど大きな出費ではありません。

まとめ

たかがブラジャーの畳み方と軽視される事があるかもしれませんが、畳み方を間違えればブラジャーの型崩れに繋がり、型崩れしたブラジャーはバストの形を崩す可能性があります。また、せっかく正しい畳み方を実践しても、収納方法が間違っていてはブラジャーは型崩れを起こしてしまいます。ブラジャーは安いものではありませんし、体に直接あてるものですから、清潔に、大切に使いたいですね。