結納では何を着るのが正しい?結納での服装のマナーとは

結納とは、正式に婚約するための儀式であり、結婚する二人と両家の両親が顔を合わせる場でもあり、両家を繋ぐとても大切な儀式です。結納は、両家の絆がぐっと深まりますが、いろいろな決まり事があるので事前にしっかり理解しましょう。

まず最も大切なことは服装です。格式ある結納の席では、いったいどのような服装がふさわしいのでしょうか。マナー違反で、相手の家の方からの印象を悪くしないよう、身だしなみには細心の注意を払いましょう。今回は、結納での服装のマナーを詳しくご紹介します。

結納当日は何を着たらいい?

結納の当日は、どのような服装が正解なのでしょうか。結納には、格式ばった正式結納から略式結納までいろいろなスタイルがあります。まず一番大切なことは、両家でフォーマル度合いを揃えることです。結納をどの程度格式に則って行うのか、事前にしっかりと両家で話し合うことが重要です。

両家の格を合わせるのが基本


一昔前は、仲人を立て正礼装でフォーマルに厳格にとり行われていましたが、最近では少しゆるい準礼装や略礼装でとり行われることが多くなってきました。男性は黒スーツに白などのフォーマルな色のネクタイを、女性はワンピースか振袖を着るのが人気です。これは、振袖が、結婚後に着られなくなるからとも言われています。

結納で一番大事なことは、両家の参加者全員の服装の格を揃えることです。自分たちだけでなく、両親にもちゃんと気を配り、一人でも格が違うことにならないよう気を付けましょう。

女性は男性の服装の格に合わせるのが基本


結納の席では、基本的に女性が男性側の服装に合わせるのがマナーです。正装の場合、男性はブラックスーツか五つ紋付羽織と袴、女性は振袖などの格が高い着物です。両親は、父が紋付き袴、母は留袖がいいでしょう。

略式の場合、少しカジュアルに、男性はダークスーツと女性は露出度を控えたワンピースがお勧めです。父は略礼服のブラックスーツ、母は控えめな訪問着か黒以外の柄がない着物がいいでしょう。

フォーマルな服装を心がける


結納によって正装や略装などに違いはありますが、きちんとしたフォーマルな服装を心がけましょう。清潔感があり、しわなどがないよう前日までに一度試着をして万全の体制で臨みましょう。

フォーマルの意味合いとしては、ワンピースであればつやがあまりない上品なワンピースもいいでしょう。丈が膝上など短すぎたりノースリーブといった露出が高くなるものは避けましょう。靴や装飾品も、キラキラしたものではなく落ち着きのあるものを選ぶようにしてください。

身だしなみにも気をつける


身だしなみももちろん大切です。メイクや香水、アクセサリー、ネイルに至るまでさまざまなマナーがあります。香水は好き嫌いも別れるので、できればつけない方が良いでしょう。メイクは、つけまつげなどはせず、控えめなものにしましょう。口紅は身だしなみなので忘れずに。ネイルも派手なものは控え、淡いピンクなど上品な色にしましょう。

アクセサリーは、和装の場合は基本的にはナシ、ワンピースの場合にも真珠など上品で控えめなものにしましょう。夏場でも素足は厳禁です。ストッキングをはくようにしましょう。ストッキングは破れやすいので、当日も予備を持参することをお勧めします。

靴下など新品のものは、シールやタグ、ジャケットではしつけ糸などが付いたままになっていないかをよく確認しましょう。新品でない場合は、穴が開いていないかも気を付けましょう。クリーニングに出した時もタグには要注意です。

女性は黒以外の色を選ぼう


まずは、お祝いの席ですので洋服は黒以外の落ち着いた色を選択しましょう。ベージュや薄いグレーなどがお勧めです。ピンクも華やかで人気ですが、派手すぎる色にならないように心がけましょう。

また、体のラインがはっきりわかるようなピッタリとした服は、はしたなく見えてしまうのでNGです。結納は、正座をしてのやり取りになります。お辞儀も何度もしますので、お辞儀をしたときに胸が見えてしまうほど胸周りが開いているものや、正座をしたときに下着が見えてしまうようなスカートの短い服はふさわしくないのでやめましょう。

正式な結納は正装もしくは準礼装が基本

正式な結納には、正装もしくは準礼装が基本です。女性の正装は振り袖や五つ紋の色留袖が主流です。男性は五つ紋付羽織と袴ですので、並んだ時にとても華やかで豪華に見えます。準礼装となると、訪問着や三つ紋、一つ紋の色留袖が主流ですが、男性にブラックスーツを着てもらい、華やかなワンピースを着るなど洋装でおしゃれに行うことも最近では人気になってきています。

洋装の場合:華やかなワンピース(準礼装)

準礼装の結納で洋装の場合は、季節や部屋の温度によっても調整できるので袖のあるワンピースとジャケットの組み合わせが一番お勧めです。膝が少し隠れるくらいの丈が、清楚で落ち着いた雰囲気が出せます。ワンピースは、裏地がある、透けないものにしましょう。

女性の装いは、場の雰囲気にも直結します。優しく華やかな色のワンピースで、場の雰囲気を温かく明るいものにするとより一層結納も幸せムードに包まれることでしょう。

洋装の場合:パールのアクセサリーで華やかさをプラス


和装の場合はアクセサリー不要ですが、洋装の場合は何か一つ華やかさをプラスしたいものです。ダイヤモンドや派手なネックレスは結納の席には合いません。そんなときは、パールのネックレスがお勧め!華やかさの中にも優しく上品な輝きが場の品格にピッタリです。ピアスやイヤリングも併せると顔を明るく見せてくれ華やかさがアップします。

パールのネックレスは将来、冠婚葬祭でも長く使えますので、この機会に少し高めの気品あふれるものを購入してみてはいかがでしょう。

和装の場合:振り袖(正装)


振り袖は、結婚してしまうと着られなくなってしまうので、ぜひ最後の記念に着ておきたいところです。振り袖には、その長い袖で厄を祓うという所以もあり、節目となる結納の席には、ピッタリの装いです。

色柄も、幼すぎないものを選びましょう。小柄な方は、小さな柄のものを選ぶと釣り合いが取れて美しく着こなせます。身長がある方は、大ぶりな柄も映えますよ。正装で結納を行う場合、女性は振り袖を着ることができますが、振り袖は格が高いので、略式で行う場合浮いてしまうことがありますので充分に気を付けましょう。

和装の場合:五つ紋の色留袖(正装)


五つ紋の色留袖とは、背縫いの中央、両袖、胸元の5つの紋がある色留袖のことです。色留袖は、紋の数で格の高さが決まります。その中でも一番格式高いのが五つ紋の色留袖です。淡いピンクの色合いはとても柔らかく、女性としての魅力もアップさせてくれます。また、場がとても華やかになり、まさに結納にピッタリの色と言えます。帯や草履、バッグなどの小物類にも気を配り、美しく仕上げましょう。

和装の場合:訪問着(準礼装)


帯よりも下だけでなく、上半身にも流れるような模様が描かれているのが特徴の訪問着は、和装の中でも一番カジュアルな着物です。おしゃれも兼ね備え、種類も豊富なので好きなものが見つけやすいでしょう。少し格を上げたいときは、紋が付いた訪問着を選ぶとフォーマルになります。

和装の場合:三つ紋、一つ紋の色留袖(準礼装)


略式の結納では、三つ紋や一つ紋の色留袖や訪問着がマナーです。訪問着との違いは、上半身に柄があるかどうかです。柄があるのが訪問着、下にだけ柄があるのが色留袖です。格としては、色留袖のほうが訪問着よりも格が上になります。

帯揚げや帯締めは白を選び、バッグなどはシルバーかゴールドを合わせましょう。それ以外でも、フォーマルな淡い色のバッグであれば大丈夫です。アクセサリー類はつけないほうが良いでしょう。

略式の結納なら略礼装や略装でもOK

略式の結納はどんな服をきればよいのでしょうか。略式の場合は、控えめな色合いのカジュアルなワンピースやスーツなどの洋装も許されています。黒は祝いの席ではNGとなっていますので、黒を選ぶのは避けましょう。

洋装の場合:華やかなスーツ(略礼装)


略式での結納であれば、洋装でのご挨拶もマナー違反とはなりません。清楚で品のあるものを選びましょう。淡く華やかな色のワンピースとジャケットのアンサンブルがお勧めです。華やかすぎないよう、光沢のある生地ばかりのものはやめましょう。ただ、少し光沢が入っている方が華やかですので、ほんの少し入っているものがベストです。

シルエットですが、体のラインがはっきりでないものを選びましょう。また、お辞儀を何度もするので、お辞儀の際に胸元が開いて胸が見えるなど失礼のないよう首回りが小さいものがよいでしょう。ネックレスやイヤリングはつけても良いですが、派手すぎないパールのものを合わせることをお勧めします。

洋装の場合:お洒落なワンピース(略装)


年齢にもよりますが、まだ若いのであればガーリーな可愛い雰囲気のワンピースも良いでしょう。その際にも、透けるものやノースリーブのものなど露出度の高いものは避けましょう。透けないためにも裏地があるものが安心です。ベルトもつけるとよりフォーマルな感じになりますので両家の格に合わせて決めるとよいでしょう。

年齢より幼く見えるということのないよう、年相応の恰好や色のワンピースを選びましょう。カップルでちぐはぐにならないよう彼の年齢を考慮することも忘れずに。

和装の場合:江戸小紋(略礼装)


江戸小紋は、普通の小紋の着物とは違い、紋が付いていない色留袖と並ぶ略礼装です。小紋は、上下方向に関係がない模様が細かくちりばめられた柄を言い、一般的には柄が細かいほど格があがります。鮫、角通し、行儀の3つの柄が江戸小紋の代表的な柄とされています。江戸小紋は、奥ゆかしく繊細でとても気品あふれる柄が特徴で、柄自体が控えめなので、帯の美しさがよく映えます。

まとめ

いかがでしたか?結納では参加者全員の格の高さを揃えることが一番大切です。結婚することが決まったら、まずは結納です。結納をどの程度格式張って行うかを両家でしっかりと話し合いましょう。正装ともなると、用意するのにも時間がかかります。時間に余裕をもって行動しましょう。二人並んだ時に、おかしい色合いにならないよう、事前の衣装合わせも行ってください。