ターンオーバーとは?必要な理由と正常化させるポイント

美容に関する用語はいろいろとありますが、ターンオーバーもその一つとなり、多くの方が気になっていることですよね。美肌に関する部分でもありますし、肌のサイクルとして重要なポイントにもなってきます。正常化させていくことが重要ですが、なぜくるってしまうのか、トラブルになっていくのかを考えなければいけません。

ターンオーバーとは何のこと?


生物の細胞や組織は、時間とともに古くなっていってしまいます。しかし、古くなっていくだけでは、身体がもたなくなってしまうでしょう。そこで、新しい細胞を生み出して、古い細胞を押し出していきます。この流れがターンオーバーです。非常に単純な流れですが、一定の周期でおこなわれていかなければいけません。年齢とともに遅くなっていきますが、正常であることがポイントであり、加齢といった要因以外で崩れてくれば、肌に大きな影響を与えることになるでしょう。

表皮の入れ替わりサイクルのこと

ターンオーバーは、新しい肌が生まれて入れ替わることになりますが、このサイクルは何でもいいわけではありません。適切なサイクルの中で生まれてこなければ、正常な肌にならないでしょう。古い表皮は、押し出さて行くことによって、最後は垢になって剥がれ落ちていくことになります。

ターンオーバーの速度は28日が正常

一定の間隔でおこなわれるのがターンオーバーになりますが、適切な感覚でなければいけないポイントがあります。通常ゆっくりとおこなわれていくのは、その間に肌になるための細胞が育っていくからです。あまりにサイクルが短くなってしまえば、細胞は未成熟なまま表皮になってしまうことになるでしょう。これでは、角質は薄く傷みやすくなってしまうため、肌のことを考えると、トラブルになってしまうことになります。そうなると、適切な速度はどれぐらいかといえば、28日といったところになってくるでしょう。

加齢とともにターンオーバーの速度は低下する


ターンオーバーに関しては、適切な速度でおこなわれていかなければいけません。ですが、阻害要因として最大の問題は年齢です。年齢を重ねていくごとに、細胞の活性化は鈍くなっていってしまい、その分ターンオーバーも遅れることになっていきます。これは、どんなに高等な生物も避けることができない部分です。やがて、細胞の入れ替わりがおこなわれなくなれば、それは死を意味することになるでしょう。それほど細胞の入れ替わりである代謝回転は、生物にとって大きな意味を持っているといえます。

シミや肌のくすみはターンオーバー機能低下が原因

肌は、身体を守るため、さまざまな刺激を受けています。刺激を受けてしまえば、大きなダメージになってしまうこともあるでしょう。シミができたり、くすんでしまったりすることもありますが、ターンオーバーによって新しい肌ができあがれば、これは排出されていくことになります。ところが、ターンオーバーの機能低下を引き起こしてしまうと、シミもくすみも排出が鈍くなってしまうため、回復することができなくなってしまうのです。これは、押しだけではなく、過度な反応により、敏感肌のようにターンオーバーが過剰に速い場合にも起きます。

美肌を作るなら必要な正常なターンオーバー

ターンオーバーが短すぎる:肌のバリア機能が弱まる

肌が細胞であることを考えると、しっかりと成長していかなければいけません。表皮の役割を考えてみると、これより下の皮膚を守っていくことが必要になってきます。この機能がなくなれば、肌はバリア機能を失うということになっていくでしょう。守ることが弱くなっていけば、当然強い刺激を受けていくことになります。肌荒れが続くような状況も、未発達だからといっていいでしょう。

ターンオーバーが長すぎる:肌の老化が目立つ

ターンオーバーが鈍くなり、時間がかかるようになると、老化が目立つようになっていきます。これも自然な流れですが、どうしても古い肌が表皮に残っていくことになるでしょう。老化して見えるというのも、ターンオーバーが長くなってしまうからです。当然老化した皮膚が残ってしまうことになるため、どうしても目立つようになるでしょう。年齢が若くても、ターンオーバーのサイクルが長すぎれば、当然老化が目立つようになるのは当然です。

ターンオーバーに異常が起こるとシミの原因になる


人間の肌は、紫外線を受けると、耐えられるようにメラニン色素を出していくことになります。これがシミの元ですが、本来は肌にできても、ターンオーバーとともに排出することになるでしょう。しかし、どんどんと遅くなっていってしまえば、肌の内部に残ってしまうことになります。溜まりこんでいけば、シミは抜けなくなり、シミはどんどんとできやすくなっていくでしょう。

ターンオーバーに異常が起こると毛穴が開く

ターンオーバーが遅れていくと、その分だけ古い表皮が残ってしまうことになるでしょう。この表皮があるというのは、肌からすると異常なことです。危機を感じるようになると、皮脂を以上分泌させるようになり、毛穴が開いてしまうことになります。ここに汚れもつまってしまうのですから、悪循環を繰り返すことになるでしょう。

ターンオーバーを正常化させるポイント

成長ホルモンを分泌させるための十分な睡眠

ターンオーバーが起こるためには、細胞ができなければいけません。成長することになりますが、そのためには成長ホルモンがなければいけませんが、作り出されて全身に広がっていくのは、20時から明けた2時ごろの間が最も活発です。さらに、十分な睡眠を取っていなければ、ホルモンは適切な量で分泌されません。もちろん、ターンオーバーも異常をきたすことになります。良質な睡眠をとるとともに、夜の時間はゆっくりと休むことが、ターンオーバーを正常化させるために大きなカギになるでしょう。

クレンジングで肌を清潔な状態に保つ


悪循環を引き起こしているターンオーバーを正常化させるためには、清潔にするというのがひとつの方法です。古い肌を除去してしまえば、正常化に近づけることができるでしょう。ですが、クレンジングで何でも落とせばいいというわけではありません。あくまでも肌ができあがっていないから、古い角質が残っています。水分や油分を適度に与えてあげることによって、クレンジングの後に肌を守り、正常化に近づけることができるようになります。

注意しなければならないのが、ピーリングなどでしょう。古い角質を強制的に排除することができますが、どうしても刺激を与えることになるでしょう。当然、ダメージを与えていくことになるため、逆効果になってしまいます。あくまでもクレンジングで落としながら、正常化できるまでに守っていく必要があるでしょう。

食物繊維や乳酸菌を摂取して腸内環境を整える

腸内環境によって、化粧ののりが変わってくるということがあるはずです。肌の環境と腸内環境は密接につながっているところがポイントになるでしょう。腸内環境が悪化してしまえば、悪玉菌が有害物質を放出していくことになりますが、血液の中を巡り肌が必死に排出していこうとします。これが肌荒れにつながってしまう理由です。そのため、食物繊維や乳酸菌の力によって、腸内環境を整えていくことは、ターンオーバーの正常化にも意味を持ってきます。

ターンオーバーを鈍らせないように飲酒は控える

飲酒が過度に増え始めると、アルコールを分解するために体内で大量の水分を必要としていきます。水分を失ってしまうことになれば、体内も乾燥することになるでしょう。さらに、寝不足にもつながっていくため、どうしてもターンオーバーが鈍くなっていきます。さらに、ビタミンCも大量に消費するところが重要です。ビタミンCもターンオーバーに必須の栄養素ですので飲酒はできるだけ減らしていくというのがポイントになってきます。

まとめ

肌のターンオーバーを正常化していくのは、多くのポイントが存在します。それだけさまざまな要因によってターンオーバーがくるっていくことになるのですから、日常生活を考えていかなければ、肌は正常な状態にならないといえるのです。