ふわふわ感を1日キープ!《ぺったんこ前髪》を復活させる対策ポイント

いつのまにかなっている《ぺったんこ前髪》

汗や湿気でふんわり前髪も台無しに

出かける前はふんわりとしたきれいな前髪でも、湿気や皮脂のせいでいつの間にかぺったんこになっていませんか?ふと鏡を見たときに前髪が額にぺったりくっついていると、ガッカリしてしまいますよね。

デートなど、大切な予定を目の前にしているのに前髪がぺったんこのままだと見栄えが悪くなってしまいます。メイクやファッションはバッチリなのに前髪だけがダメ、ということにならないように対策を知っておくと便利ではないでしょうか。

対策ポイントをおさえて、前髪を復活させよう

ぺったんこになってしまった前髪を復活させるには、ちょっとしたポイントをおさえておくだけでOK。理想のふんわり前髪を取り戻すために対策方法をチェックしていきましょう。

皮脂をふきとってサラサラ感をキープ

ハンカチなどで皮脂をオフ

ぺったんこ前髪の原因となるのが、汗や皮脂。前髪が額にかかっていると、どうしても汗をかきやすくなってしまいますよね。汗によって前髪が濡れることで、次第にぺったんこになってしまいます。

そうしたことを防ぐために、こまめに額の汗や皮脂をハンカチでぬぐっておくのがおすすめ。すでに前髪がぺったんこになってしまっていても、ハンカチで汗や皮脂をとることで対策することができます。

サラサラになる汗拭きシートを活用

前髪がぺったんこになっている場合は、汗や皮脂を拭き取ってから汗拭きシートで拭いておきましょう。肌がサラサラになる成分が含まれているものを使うと、べたつきがちな額もサラッとした状態にしやすくなります。

逆毛を立ててふんわり感を復元

内側から逆毛を立てる

ぺったんこになってしまった前髪を外側からとかしても、さらにぺたっとしてしまいます。ふんわりとした質感を取り戻すためには、逆毛を立てるのが重要なポイント。

前髪の内側から櫛やブラシを入れて逆毛を立てていきましょう。ふんわりとした前髪の状態になるように、根元から優しく逆毛をたてていきます。力を入れすぎると髪の毛を傷めるので、無理のないように逆毛を立ててくださいね。

整髪料を使うのもおすすめ

逆毛を立てるときは、整髪料を活用するとふんわり感が復活しやすくなります。前髪を整えた後も理想の状態をキープしやすくなるため、ぜひ使ってみましょう。

ミニサイズの整髪料であればバッグに入れて持ち運べるので便利。前髪以外に巻き髪などを復活させるのにも使えるので、理想のヘアスタイルを維持したい場合は常備しておいてはいかがですか。

最後に手櫛で仕上げる

逆毛を立てたら、最後に手櫛で仕上げていきましょう。指に油分がついていると、またぺったんこになってしまうため、清潔な状態にしておくことも大切です。鏡を見ながら前髪のバランスをとってください。

前髪の形が決まったら、整髪料をスプレーしておくのがおすすめ。前髪のキープ力が高まり、大切な予定の間も前髪を気にすることが少なくなります。

理想的な前髪を維持しよう!

朝は理想的だったのに、いつの間にか前髪がぺったんこになっていると残念な気持ちになりますよね。相手に好印象を与えるためにも、対策を取り入れてふんわり前髪を復活させておくのがおすすめ。自分が納得する前髪に仕上げてみてくださいね。