好きな人に避けられた!これは好き避け?嫌い避け?

好きな人に避けられているような気がする、と感じると寂しい気持ちになってしまいますよね。好きな人とはできるだけ親密になりたいと考えるものですし、避けられているとなると何とも言えない哀しい気持ちになってしまうものです。しかし、同じ避けられるにしても「好き避け」と「嫌い避け」があることをご存知でしょうか?ここでは好き避けと嫌い避けの違い、避けてしまう理由などについてお伝えしたいと思います。

「好き避け」と「嫌い避け」の違いとは?

好き避けと嫌い避けという言葉を耳にしたことがある方もおられるでしょうが、好き避けというのは好きだからこそ避けてしまう行動のことを指し、嫌い避けは嫌いゆえに避けてしまう行動を指します。この2つは同じ避けるという行為であることには違いないのですが、その真意はまったく別物です。好き避けは好きだからこそ避けているのであり、恥ずかしい、好きな気持ちを知られたくないといった心理が働いて避けてしまいます。一方の嫌い避けは単純に相手のことが嫌いだから避けているだけです。

男性の3割が好き避けをしてしまう

好き避けなんて本当にあるの?好きなら避ける必要ないのでは?と思った女性もおられるでしょうが、実は男性のおよそ3割が好き避けをしてしまうと言われています。このデータからも分かるように、全体の3割に及ぶ男性が好き避けをしてしまうという事実があるのです。これは女性からすると少々驚きの結果ですよね。

男性が好き避けをしてしまう理由

では、どうして男性はこのような好き避けをしてしまうのでしょうか。女性でも好き避けをしてしまうことはあると言われていますが、男性のほうが好き避けをする傾向にあると言われています。女性は割とストレートに気持ちを表現しますし、好きになった人に対しては積極的にアプローチする傾向にもあります。しかし、男性は好きになった人に素直になれず、屈折した愛情表現になったり避けてしまうようなこともあるのです。

恥ずかしいから


恥ずかしいからという理由で好き避けしてしまうことがあります。好きな女性と会話するのが恥ずかしい、自分の気持ちを悟られてしまいそうで恥ずかしいという気持ちが働いてしまい、結果的に避けてしまうということですね。意外とこうした心理が働く男性が多いです。

ツンデレな性格だから

ツンデレな性格の男性だと好き避けしてしまうことがあります。好きという気持ちは自覚しているものの、ツンデレな性格の人はそれを素直に表現することができません。相手に好きという気持ちを知られたくないと思っている人も多いですし、それゆえに好き避けという行為に及んでしまうこともあるのです。

プライドが許さないから


プライドが許さないからという理由も考えられます。これは少数派なのかもしれませんが、その女性のことを好きになってしまったことに対してプライドが許さない、好きな人に気持ちを知られてしまうことがプライドが許さない、などいろいろなことが考えられます。

自信がないから

これは比較的多いのではないでしょうか。特に高嶺の花と言われるような素敵な女性を好きになってしまった男性だとこの傾向にあります。自分に自信を持つことができないために好きなのに避けてしまうということですね。自信がないため相手の方に気持ちを伝えることもできませんし、自分に好きになる資格があるのかと自問自答することも多いです。

彼女・奥さんがいるから


彼女や奥さんがいると好き避けになってしまうことがあります。好きという気持ちは自分でも理解しているものの、自分には奥さんや彼女がいるためこれ以上近づいてはいけないと防衛本能が働いている状態です。

男性が送る好き避けのサイン

女性にとっては避けられているのが好き避けなのか、それとも嫌い避けなのか気になってしまうところですよね。嫌い避けならどうしようもありませんが、好き避けならアプローチするチャンスでもあります。実は、男性の好き避けにはサインもありますから見抜くことはそれほど難しいことではありません。ここでは男性が送る好き避けのサインについてお話しましょう。

目が合ってもすぐにそらしてしまう

目が合ったのにすぐにそらされてしまう、という経験をしたことがある女性は多いのではないでしょうか。これは好き避けのサインです。嫌い避けの場合だとそもそも目が合わないことがほとんどですし、目が合うというのは相手もアナタのことを意識している証です。アナタのことをいつも見ている可能性がありますし、目が合ってしまい思わず目をそらしてしまう、ということですね。

会話がはずまない

会話が弾まないのも好き避けのサインと考えられます。女性からすると会話が弾まないのは判断に困ってしまうと思いますが、アナタの事が嫌いなら恐らく会話の途中でどこかに行ってしまったり、その場から急いで立ち去ろうとするのではないでしょうか。会話が弾まないということはとりあえず会話はしようとしてくれていますし、嫌いではありません。単純に恥ずかしい、ドキドキしている状態のため会話が弾まないのだと考えられます。

他の女性との会話は弾んでいる


自分との会話は弾まないのにほかの女性とは話が弾んでいるということもありますよね。このような光景を目にするとイラっとしてしまうものですが、これは好き避けのサインでもあります。ほかの女性とは明らかに対応が違っていますし、アナタのことを意識している証でもあります。

すこし発言が横柄より

少し発言が横柄になっているとこれは好き避けである可能性が高いです。好きな女子の気を引くためにイジメたくなる、悪戯したくなるという男性の心理がありますが、それに近いものがありますね。

隣にいるけど話しかけてくれない

隣にいるけど話しかけてくれないというのも好き避けのサインかもしれません。嫌いなら隣にいることはまずありませんし、その場から去ってしまうと思います。隣にいながら話しかけてくれないというのは単純に恥ずかしくて話しかけられないのでしょう。意識しているということです。

LINEやメールの返信が遅い


LINEやメールの返信が遅いと嫌われている、避けられていると思ってしまいますが、これも好き避けである可能性があります。返信が遅いのはアナタに対してどのようなLINEを送ればいいのかと迷っている可能性がありますし、一生懸命返信の内容を考えている可能性もあります。また、わざと返信を遅くしてあなたの気を引こうと考えているのかもしれません。

笑顔を見せてくれない

笑顔を見せてくれないのも好き避けのサインという可能性があります。本当は笑顔で会話したいけど意識しているためにできない、恥ずかしくてできないというケースが多いです。

男性が送る嫌い避けのサイン

次に男性が送る嫌い避けのサインについて見ていきましょう。

不愉快そうな表情をしている

明らかに不愉快そうな表情をしているのなら嫌い避けかもしれません。好きな人に不愉快そうな表情を見せることは考えにくいですよね。

男性の視界に入らないようにされる

男性の視界に入らないようにされるのは明らかに嫌い避けである可能性が高いです。アナタのことを見たくない、見られたくないという心理が働いていると考えられます。

何かを頼んでも拒否される

何かのお願いや頼み事などをしても拒否されてしまう、というのは嫌い避けだと考えられます。アナタに好意を持っているのなら拒否されることはありませんし、喜んで応じてくれるでしょう。きっぱりと拒否されてしまうというのはアナタのことを嫌っている、避けている証です。

男性からは近づいてこない

男性のほうからまったく近づいてこない、というケースも嫌い避けだと考えられるでしょう。いつも近づくのは自分ばかりで、向こうからはまったく近づいてこないというのは嫌い避けです。

話しかけても表情が変わらない

話しかけてもまったく表情が変わらないのも嫌い避けだと思います。

好きな人に避けられた時の正しい行動:好き避けの場合

好きな人に避けられたときの正しい行動を見ていきましょう。まずは好き避けです。

いつもよりも積極的に話しかける

いつもより積極的に話しかけることで相手をしてもらえる可能性も高くなります。

現在の状況を冷静に客観視する

現在置かれている状況を客観視しましょう。客観的に考えないと次にどんな行動をすればいいのかも見えてきません。

諦めたふりをしてみる

諦めたふりをすることで相手の気を引くこともできますし、そこから関係性が変わってくる可能性もあります。

他の男性と仲良くしてみる


ほかの男性と仲良くすることで嫉妬してもらえる可能性があります。関係も進展するでしょう。

好きな人に避けられた時の正しい行動:嫌い避けの場合

嫌い避けのケースを見ていきます。

LINEで自分に非があったのかを聞いてみる

LINEで自分の何がいけなかったのかを素直に聞いてみましょう。もしかすると原因が分かるかもしれません。

一旦距離を置く

一旦距離を置いてみるのもおススメです。そこから関係性が変わるかもしれませんよ。

アピールする回数を減らす

アピールしすぎてしまうと余計にうざがられてしまいますから、アピールする頻度を少なくしてみましょう。

話しかける回数を減らす

先ほど同様話しかける回数を減らしてみましょう。

恋愛対象ではなく人間的に好かれるように努力する

人間的に好かれるように努力することでアナタのことを見てもらえるようになるかもしれません。

まとめ

好き避けと嫌い避けの違いなどについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。好き避けの場合だとちょっとしたきっかけがあれば一気に距離が近づきます。嫌い避けの場合だと最初は脈なしでもその後の行動によって関係性が大きく変化することは十分考えられるでしょう。まずは好き避けか嫌い避けかを判断し、それから今後の行動などを考えてみてはいかがでしょうか。嫌い避けだからといって必ず諦めないといけないということはありませんし、努力次第で何とかなるケースは多いです。諦めることなく頑張ってハートを掴んでみましょう。