気が利かない人の特徴15選!気が利く人になるための改善方法

気が利かない人は、周りの人から良くないイメージを持たれがち。仕事がやりにくくなることもあります。そこで今回は、
  • 気が利かない人の特徴
  • 気が利く人との違い
  • 気が利かない人におすすめの対処法

などについて、お伝えします。

100人へのアンケートをもとに気が利かない人の特徴や、そんな人のための対処法をお伝えします!

100人にアンケート!気が利かない人が周りにいると回答したのは84パーセント!

feely編集部がアンケート調査をしたところ、84%もの人が、身近に気が利かない人がいるとの結果を得られました。気が利かない人には、どんな特徴があるのでしょうか?

気が利かない人の特徴第一位は「他人に対する思いやりがない」

アンケート調査によると、20%以上の人が、気が利かない人の特徴として「思いやりのなさ」を挙げています。

「同じチームなのに、忙しくていても手伝いをしてくれない」「両手が塞がっていても自主的にドアを開けてくれない」など、普段の仕事の些細な点から業務全体に関する部分まで、他人に思いやりがないと感じるシチュエーションが幅広く寄せられました。

気が利く人の15つの特徴

気が利く人は、他人のことを思いやった行動がとれるので、良い印象を抱かれることがたくさんあります。まずは気が利く人にある、8つの特徴を見てみましょう。

相手の変化にすぐに気づく

気が利く人は周りのことをよく見ているので、他人の変化に気付きやすく、相手のためになる行動がとれることが多いです。マスクをしている、どこが表情が暗い、いつもよりも残業をしている…など、些細な変化に気づき、相手の辛さが緩和できるように行動に移すことができます

相手を気遣う言葉がさりげなく出る

気が利く人は自分の手が空いているときに「何か自分にできることはありますか」と言ったり、部下や同僚がミスをしてしまった時には「私も昔は同じミスをしちゃって」などと相手を気遣う言葉がさりげなく出ます。

相手の立場に立って考えることができる


気が利かない人は、自分のことしか考えていないことが多く、相手の立場に立って考えるということが、あまりありません。その反対に、思いやりがあって気の利く人は、相手の立場を考えた行動ができるので、周りの人に良い印象を与える傾向があります。

他人のことも率先して行う

気が利く人は、他人の仕事であっても、積極的に手伝うことが多いもの。相手のことを思いやる気持ちが、率先して仕事をするという行動につながるのです。

「ありがとう」を常に言っている

感謝の気持ちを忘れないことが、気が利く人の特徴。だからこそ、いつも「ありがとう」という言葉を口にします。ちょっとしたことでもお礼を言うことで、周囲の人と円滑な関係を築けることは、気が利く人の共通点と言えるでしょう。

細かいところまで気遣いができる

その場にいる全員がきちんと発言できているかを観察し、できていない人がいたら話を振ったり、仕事が多そうな人には「仕事手伝いましょうか?」と声をかけたり、細やかな気遣いができるのも気が利く人の魅力。

相手のことを思いやり、細かいところに気が付けるからこそ、なせる技でしょう。

人間関係を築くのが上手

気が利くので、職場や学校などでも人間関係を円滑に築くことが上手です。

例えば、みんなが声をかけづらい人や孤立してしまっている人を輪に入れることも得意。一丸となって一つのことに取り組む際にも、とても大きな力を発揮してくれる人だと周囲から思われているでしょう。

行動が早い

気が利く人は、とっさに対応できる素早さを持ち合わせています。だからこそ、周りの変化を敏感に察知し、気の利いたことができるのです。

気が利く人・気が利かない人の13の違い


気が利く人の特徴を見ると、気が利かない人との差は歴然でしょう。ここからは、みんなが日常で感じる「気が利く人と気が利かない人の差」をより具体的なエピソードを元に紐解いていきましょう。

状況・空気を読むことができるか

気が利かない人は、うまく空気を読めません。そのため、場違いな発言をしたり、周りの空気を悪くしてしまったりすることがあります。その反対に、気が利く人は、うまく状況を読み取って、その場にふさわしい言動ができるという違いがあります。

べべス 34歳
気が利く女性はその場の空気を読んで行動することが多いが、気の利かない女性は空気や雰囲気を察することが出来ずにぶち壊しにくることがあります。

その場にいて場が和むか

気が利く人は、周りの人に対する思いやりがあるので、場を和ませる話ができます。空気を読んで、努めて雰囲気が明るくなるような対応ができるので、周りの人の不快感を和らげることができるのです。その一方で、気が利かない人は、自分のことしか考えていないので、場の雰囲気を悪くすることがあります。

finfin 23歳
気が利く女性は会話の輪のなかで協調性をもってしっかり人の話を聞いてくれますが、気が利かない女性は自分がしゃべることに夢中で人の話を遮り、自己中心的でした。
くふ 30歳
気が利く女性はいつも話を聞くことが上手です、しかし気が利かない女性は自分の話ばかりしています。

人と関わる時に相手の気持ちを思いやれるかどうか


気が利く人は、相手の感情に共感できるもの。だからこそ、相手のことを思いやった行動を取ることができます。

相手と接する時に「相手は今どうして欲しいんだろうか」「相手は何を求めているのだろうか」を考えて行動をするように心がけることができると、気が利く人になる大きな一歩を踏み出すことができます。

挨拶・お礼などを大切にするかどうか

挨拶やお礼を軽んじる人は、気が利かない人と思われているかもしれません。反対に、気が利く人は、挨拶やお礼を大切にすることで、できる限り相手に嫌な気持ちをさせないように心掛けます。

基本的な「おはようございます」「お疲れ様です」はもちろんのこと、「ありがとうございます」といった感謝の気持ちを忘れないようにすることが大切です。

全体を見渡す力があるかどうか

気が利く人は、色んなところを見ていて、小さなことに気付きます。そのため、周りの人の気分を害することが少ないのです。その反対に、自分のことしか見ていない人は、全く相手のことを考えていないので、気が利かない言動をとってしまうことが多くなります。

仕事では、自分の業務だけでなく、自分の所属する事業部全体がどんな動きをしているか、できれば一人一人がどういった業務を日々行なっているのかを知ることができると、全体を見渡す力は大きくつくと思います。

人が気づかないような気配りができるかどうか

幅広い視野で物事を見ている人は、周りの人が気付かないことに対して気遣いができます。そのため、気が利く人は、「どうして、今、これが欲しいってわかったの?」などと言われることが少なくないのです。

また、些細なリスクも見逃さない傾向があります。ちょっとした不注意で怪我やトラブルに発展しないよう、細かいところに気を配れることも、気が利く人の特徴と言えるでしょう。

リュウリュ38歳
気の利く女性は飲み会の時に飲み物がなかったら気にしてくれます。気の利かない女性は話に夢中か、食べるのに夢中です。
和樹 51歳
飲み会の時、気が利く女性は自分の飲み物をおかわりする時、他の人もおかわりがないか確認するのに、気が利かない女性は他の人の事は一切気にせず、自分の分だけ注文してしまう。
エグタ 42歳
気が利く女性は、レストランなどで食事が運ばれてくるとすぐに人数分取り分けてくれたり、取りやすいように小さくカットしてくれる。気が利かない女性はおしゃべりに夢中だったり、取り分けられても気が付かず取り分けてくれたお礼も言わない。

七男 26歳
気が利く女性は大人数での食事のとき積極的に料理を取り分けたり皿を片付けたりしていましたが、気が利かない女性は自分が飲むドリンクを選ぶのに集中していました。

相手の変化にすぐに気づくかどうか

親身になって考えていると、相手の変化に気づきやすくなります。気が利く人は、少しの変化にも気づくので、さりげない気遣いや声かけができるのです。逆に相手の変化に気づけなければ、親切な気遣いや言葉がけはできません。

涼太 30歳
私が風邪をひいてマスクして会社に行くと、気がきく女性は心配してくれて、気がきかない女性は何も心配してくれない。
浩次 34歳
気が利く女性は仕事で顔色悪かった時に心配してくれたのに、気が利かない女性は何事もないように仕事をしていました。

困っているときにすぐに手を差し伸べられるかどうか

気が利く人は、配慮ができて、迅速な対応ができるもの。そのため、周りで困っている人がいたら、いち早く助けるという特徴があるのです。その一方で、気が利かない人は、困っている人に気付かなかったり、気付いても見てみぬ振りをしたりしてしまいます。

みか 29歳
気が利く女性は大変そうな仕事をしている時にささっと手伝いにきてくれるのですが、気が利かない女性は知らん顔、そういう所に気付きません。

動作や作業が丁寧かどうか

気が利く人は、一つ一つの動作や作業もとても丁寧です。気が利く人の作ったものや作業したものを見ると、彼女たちの丁寧さが顕著に出ているものが多いです。

その理由は、一つの作業に対して始まりから終わりまでをきちんと理解し、次の人のことも考えた上で行っているからでしょう。流れに沿って行なっているため、一つ一つがとてもしっかりしていることが多いです。

また、さらに気の利く人の場合、メモなどを残し、どこをどのようにして行ったのかなどを履歴として残しておきます

人が嫌がることを率先してやるか


人が嫌がることは、自分もしたくないと思うことが多いでしょう。ですが、気が利く人は、人が嫌がることに率先して取り組みます。誰かがやらなければいけないなら、自分がやろうという考え方をすることが、気が利く人の特徴なのです。

人に譲れるかどうか

気が利かない人は、自分にとって良いものに固執しがち。ですが、気が利く人は、快く相手に譲ってあげることができます。何かの順番を待っている時や、休憩時間の順番などを快く譲れる人は、気が利く人だと思われる可能性が高いでしょう。

相手の立場に立って考えることができるかどうか

気が利く人は「自分があの人の立場だったら、こうしてもらえると嬉しい」というように、相手の立場に立って考えるので、相手に喜ばれることが多いです。

相手を気遣う言葉がさりげなく出るかどうか


気が利く人は、相手に余計な気を遣わせません。そのため、さりげなく優しい言葉が出るという特徴があります。下心があったり、良からぬ企みがあったりすると意図が相手に伝わることがあるもの。しかし、気が利く人には、そういった魂胆が見えないという特徴もあります。

「これは○○ということですよね?」と、相手の意志を汲み取った上でさらに確認をすると、相手との齟齬を取り除くことができるので、積極的に気遣いの意味も込めて確認をすると良いでしょう。

相手に気を遣われたことに気づくかどうか

気が利かない人の多くは相手に気を遣われたことに気がつきません。かなり気を遣っているのにそれにまったく気がつくことがありませんし、さもそれが当たり前のように振る舞ってしまいます。

自分自身が人に気を遣うということができないため気を遣われていてもそれに気づくことがありませんし、当然のような態度を取ってしまうのです。これだと周りからは少々敬遠されてしまいますよね。

他人から言われなくても動けるかどうか

気が利かない人は、自分で物事を判断することができないという方が多い傾向にあります。他人から言われないと動けないタイプの人が多く、自分の意志で何かを決める、行動を起こすということがほとんどありません。

これも気が利かない人の特徴ではないでしょうか。言われたら何となく言うことを聴いてしまいますが、どうしてそれを今やらなくてはいけないのかなどと考えることもないでしょう。

鈍感であるかどうか

基本的に気が利かない人は鈍感です。鈍感ゆえに気が利きませんし、気を利かせたほうが良いシーンでもまったく気づきません。

周りに言われてやっと気づくようなこともありますが、どうしてそれをしないといけないのかという本質的な部分には気づけないままということが多いです。

自分のこと以外もやるかどうか

自分のことしかできないというのも、気が利かない人の特徴ではないでしょうか。周りに目を向けることがほとんどなく、自分のことばかりやってしまいます。

そのため、周りの人からは「あいつは自分のことしかやらない!」と憤られてしまうことも少なくありません。

しかし、本人はそれの何が悪いのかさっぱり分かりませんし、どうして周りの人のことまでやってあげないといけないのか理解できません。

機転が利くかどうか

気が利かない人は機転も利きません。臨機応変な対応などまずできませんし、自分の判断でその時必要な行動をとるということができないのです。そのために時には重大なミスを起こしてしまうようなこともありますし、周りに迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

予測して先回りができるかどうか

予測して先回りするということができません。常に目先のことばかり考えていますし、先のことを考えて行動するということをしない傾向にあります。

人の話をきちんと聞くかどうか

人の話を聞かずに自分のことばかり話してしまいがちです。自分の話したいことを人に話すのは大好きですが人の話をじっくり聞くことはあまり好きではありませんし、興味を示さないことが多いです。これも気が利かない人の大きな特徴ですね。

もしかして気が利かない?そんな人のための7つの対処法を紹介


周りの人から、冷たい態度をされたり、怪訝そうな顔をされたりする人は、注意が必要です。気が利かない人と思われて、仲間がいなくなり、働きづらくなってしまう可能性も。そこで、気が利かない人の特徴や原因とそれぞれの対処法を紹介します。

特徴:言葉のチョイスが悪い

えぬす 30歳
太った、髪が傷んでいる、肌が荒れている、などの外見的特徴について、人前で指摘された。

あんこ 45才
職場の同僚です。こちらが気にしている二の腕の太さを、
男女数人のチームで昼食をとっている時に、「二の腕去年より太くなった?!笑」と 皆んなに聞こえよがしに言われて、 ものすごく嫌な気持ちになりました。

気が利かない人は些細なことで、相手を不快にしてしまいがち。ちょっとした一言が相手との関係に溝を作ってしまうので、注意しましょう。

原因:相手の気持ちを考えず思ったことをそのまま口に出してしまう

無神経な言動をしてしまうのは、相手の気持ちを考えていないから。言う言葉が思い浮かんだ後、相手が言われたら嫌だろうな…とワンクッション置くことなくそのまま口に出してしまうことが原因です。

対策:相手が言われて嬉しい言葉に変換する


えぬす 30歳
もう少し言い方を変えてみたら良いのに、と思います。
肌が荒れているけど疲れているの?などであれば気にならないかなと思います。

あんこ 45才
他人の容姿が気になっても、口にしないか、二人の時に話すのが親しい仲でも礼儀だと思います。
職場は特に、こんなこと言ったら、相手はどう思うのか考えてから喋るべきだと思います。

相手に言いたいことでも、そのまま直球で言うのではなく、相手が言われて嬉しい、と思うような言葉に変換をして言うようにしましょう。

口コミのような「肌荒れ」で悩んでいそうな人を見た場合には「肌が荒れているけど疲れているの?」、仕事が忙しそうな人には「仕事大変なら手伝おうか?」と声をかけると、相手は不快にならず、むしろ「心配してくれているんだ」と嬉しい気持ちになります

特徴:困った時に手を貸してくれない

静 32歳
会社の先輩なのですが、チームを組んでいるのに自分の事しか考えていないのかどんなに業務が忙しくても手伝おうともしてはくれません。

おもち 31歳
両手いっぱいの荷物を抱えてドアの前に立っていても、「開けて欲しい」と声をかけるまで開けようとしなかった人がいます。

同じチームや空間にいる際に、明らかに困っているのは目に見えるはずなのに、それを手伝ってくれないと「無視しているのか」と思われ、相手を不快な気持ちにさせてしまいます

そういった事態が起きてしまう原因は以下です。

原因:他人に対する思いやりがない

思いやりがないということは、相手のことを考えていないということ。周りの人のことを考えられない人は、気が利かない人と思われやすいと言えるでしょう。

対策:声をかけることを徹底するよう心がける

立ち仕事

静 32歳
何か手伝うことはないか?等聞いてくれたら仕事もスピーディーに進むと思いました。

おもち 31歳
周りをよく見るクセを身につけ、自分が置かれたら困るような状況に出くわしたら、必ず自分から声をかけるようにすること。

自分のことばかり考えてしまう場合、努めて相手の気持ちを察することが重要です。大変そうな人を見かけたら手伝うなど、困っている人に注意を払う、わからなければとにかく声かけをすることを心がけると良いでしょう。

特徴:やったつもりでも周りには中途半端と思われてしまう

自分では十分にできたつもりでいると考えていても、周囲からはそう思われていないという人。そんな人には、以下の原因が当てはまります。

原因:言われたことしかやらない

しばこ 24歳
仕事で一通り教えて、わかっているはずなのに
次の工程までしてくれない。 実際にあったのは、印刷用紙がなくなったから補充しといてと言ったのに、紙を持ってきて、コピー機の近くに置いておくだけで、中にセットしてくれない。

SORA 39歳
仕事はどんなものでも1人で完結できるものはほぼない。
次の人が少しでもやりやすくなるように、言われなくてもやるのが仕事だと思うが、言われた部分しかしない。

言われたことを100%こなして、完璧と思っている可能性があります。作業中に「ここ、こうした方がいいな」と思っても、それを見過ごしてしまっていたり、「まあいいか」と考えていると、周りからは「中途半端だ」と思われてしまう可能性が

対策:依頼者の真意を汲み取る


しばこ 24歳
私の言葉足らずなのかもしれないけれど、相手がこうしといてほしいだろうなっということを考えて動いてくれたらいいのにと思う。

SORA 39歳
言われたことしかやらない人は大抵、コミュニケーション不足の人が多いように感じる。人とのコミュニケーションを仕事上だけでいいから、とるのは大切だと思う。

依頼されたことに関して、相手がどういう意図でこういった指示を出してくるのか、完成したものをどういった意図で使おうとしているのか…などを徹底的に考えるようにしましょう。

そうすることで、無意識な気遣いをすることができるレベルまで持っていくこともできます。

特徴:人に迷惑をかける

ゆま 40歳
自分のしたことを忘れてしまうため、書類をどこに置いたか忘れたり、電話対応中、何を聞かれていたか忘れてしまうためお相手に「何でしたっけ?」と聞き直す。タイムカードに連絡用の付箋が付いているにもかかわらず、機械にいれて抜けなくなったにもかかわらず、誰にも言わず引っ張った為、機械を壊す。

ロイ 31歳
私の旦那さんの話ですが、夜寝る前にお布団の中で靴下を脱ぎ、そのまま放置して洗濯機に入れません。ちょっと洗濯機に自分で入れてくれたら私の手間が省けるのに。

気が利かない人ほど、周りの人に手間をかけてしまいます。その一方で、気が利く人は、周りの人の迷惑にならないよう、心がけている傾向があります。

原因①:自分のことができていない

人に手間をかけてしまうということは、自分がやるべきことに手が回っていないということ。だからこそ、周りの人の手を煩わせてしまうのです。

原因②:忘れっぽい

頼まれていたことや自分がやるべきことを忘れてしまいやすい人の可能性も。人から聞かれて思い出した頃には納期ギリギリだったり過ぎていたり…などが多い人は、こちらの対策をチェックしてみましょう。

対策①-1:自分のことは最低限、迷惑をかけないように行動する

仕事で参加できないと断る

ロイ 31歳
自分で靴下を洗濯機に入れるようにしてほしいです。

自分のことは自分でしっかり熟し、他の人に負担をかけないようにしましょう。日常では、誰かと一緒に暮らしている場合は自分で使用した食器は自分で洗う、洗濯カゴに衣類をきちんと入れるなどを徹底して、相手に負担をかけないように思いやることが大切です。

対策①-2:メモを取る

ゆま 40歳
物事を行うのに優先順位をつけ、整理整頓をする。お話を伺うのに、メモをとる。分からないことがあれば、すぐに人に聞く。

仕事の場合だとメモをとったりするのは基本中の基本で、わからないことをわからないままにせず、すぐに聞くことにより「後々に人に迷惑をかけてしまう」という事態を減らすことが出来ます。

特徴:空気が読めない

momo 43歳
人手がほしくて困っている時に、ちょっと手伝ってくれればいいのに、ボーっと突っ立っている。

あかね 29歳
自分の好きな話や、自分の知っている知識をただ話すだけの人ですね。会話の流れを全くとらえず、知っている単語が出たらとりあえずオススメしてきます。

気が利かない人は、相手のことを考えていないので、その場の雰囲気を読めないという特徴があります。空気が読めず、場違いな発言をしたり、ムードを悪くしたりするのです。

原因:人への気遣い、配慮が欠如している

人への気遣い、配慮が欠如している人は「空気が読めない」と思われてしまいます。その場の雰囲気を悪化させてしまったり、雰囲気を悪くしてしまうことが多い人は、以下の対策をチェックしてみてください。

対策:空気を読み、場を和ませるような言動を心がけてみて


momo 43歳
その作業は仕事でもなんでもないけれど、明らかに、手を貸してくれれば、作業も早く終わるのだから、空気をよんで、臨機応変に、言わなくても手伝って欲しい。

あかね 29歳
とりあえず話を聞いてほしいですね。会話のキャッチボールについて知ってほしいです。
相手に興味を持って知ること、聞くことを覚えてそれに気付いてほしいです。

自分のことばかり考えていると、周りの空気が読めません。なので、周りを見渡して雰囲気をつかむよう、心がけましょう。そして、ムードが悪いことを察知して、明るく振る舞うことができれば、気が利かない人を抜け出せるでしょう。

特徴:すぐ散らかしてしまう

つばき
調理現場で散らかし放題散らかして、放置して次の仕事に移るので、次に使う時に片付けしてからの作業になり大変だった。

mamumo 28歳
仕事で皆んなが使う場所を使う時、忙しいと散らかるのは仕方ないけど、自分がその場から離れる時にキレイな状態にしないので、他の人が片付けから作業しなければいけなかった。

気が利かない人は、細かいところに目が行き届きません。自分が仕事を効率的にこなせなくなるばかりか、他の人に迷惑をかけてしまう恐れも。

すぐにものを散らかしてしまいがちな方は、以下のことが原因かもしれません。

原因:複数の仕事に手をつけて全て雑に終わっている

複数の仕事に同時に着手してしまい、全部を完璧に把握することなく雑に終わってしまっている可能性があります。

仕事でどういうものが必要なのか、どの手順でこなせばいいのかを把握できていないので、使うのか使わないのかよくわからないものが散乱してしまっている状況、ということはありませんか?

そんな方は以下の対策を試してみましょう。

対策:一つ一つの仕事を丁寧に終わらせる

つばき
一つ一つ自分の仕事を丁寧に終わらせてから次の仕事に移る。

mamumo 28歳
片付けてから、その場を離れるということや今手が離せないなら一声掛けるなどすべきだなと思います。

一つの仕事を丁寧にこなし、終わらせることを心がけましょう。

一つの作業を終えるごとにきちんと片付けることになるので、自分の状況が煩雑になってしまったり、作業場が散らかってしまうということもなくなるでしょう。

特徴:他人のために動かない

ひなりんちょ 30歳
仕事後オフィスの掃除をしている人がいるのに何も言わずに帰ってしまう。

あきな 39歳
仕事で動いたら損とばかりに動かない人がいます。自分の目の前の仕事しかしないので、他人が忙しくしてようが電話がかかってこようが知らんぷりです。

気が利かない人は、周りの人への配慮ができないので、他人を手伝うという意識がありません。他人のために働くことが損と考えている人もいます。

原因:思いやりの心がない

困っている人を助けないのは、思いやりの心がないから。相手を気遣っている人は、誰に言われることなく、他人を助けようとするものです。

対策:困っている様子だったら声をかけ、手伝う


ひなりんちょ 30歳
何か予定があるのかもしれないので手伝ってとは思わないが、一言「予定があるので今日は失礼します」くらい声をかけたり、やりたくないのであれば「いつもありがとう、助かります」等の声をかける気遣いをすれば印象が違うと感じる。

あきな 39歳
もう何年も働いているんだから、全体を見て仕事をして欲しいです。自分が手が空いている時くらいは手伝うよと一言言ってくれたらみんな気持ちよく仕事ができるのになと思います。

みなさんからの声には「一言声をかけてほしい」といったものが多く寄せられました。一言「手伝うよ」と声をかけるだけで、周囲の人の印象が大きく変わることが口コミからよくわかります。

手伝うことが難しいとしても「いつもありがとう」など、感謝の気持ちを伝えることは忘れないようにしてください。

気が利く人になるためにするといい11の行動


気が利く人になりたいと思ったら、普段の行動や心掛けを変えていく必要があります。ちょっとした意識の違いが、行動の差を生み、その積み重ねがあなたの印象を変えるのです。そこで、気が利く人になるために今すぐできそうな行動を見てみましょう。

周囲への気遣いを常に意識する

自分のことだけしか考えていないと、気が利かない人と思われます。そのため、周りの人のことを考えるようにしましょう。相手の立場に立って考えるだけでも、相手の望むものが見えてくることがあります。

さりげなく困っている人に声をかける

周りに困っている人がいないか、注意深く観察しましょう。このように気を付けるだけで、手助けが必要な人を見つけられるのです。困っている人がいたら、自分から声をかけて手助けをすると、気が利く人だと思われるようになります。

観察してもわからないなら、「困っていることはありませんか?」「手伝うことはありませんか?」と声かけをしてみましょう。

広い視野を持つ


周りのことを考えられる人は、気が利く人だと思われるもの。なので、広い視野を持って、色んなところに注意しましょう。そうすることで、自分のことしか考えていない時には気付けなかったことが見つかるはずです。

相手に興味を持つようにする

自分本位な考えは、気が利かない人と思われる要因になります。そのため、相手に関心を持って接することが大切。相手のことを考えるほど、相手が求めるものが見えてくるでしょう。

例えば「週末は何をしたの?」「今どんな仕事を抱えているの?」といったちょっとした雑談から、相手の困りごとや望んでいることが見えてくることもあります。

情報を積極的に収集するようにする

たくさんの情報を持っていれば、その中から正しい選択肢を選べます。ですが、情報が少ないと、正解を見落としてしまい、周りに迷惑をかけてしまうかもしれません。他人に手間を取らせてしまうほど、気が利かないと思われやすいので、注意しましょう。

自分の仕事の分野の本を読んだり、ネットで記事を積極的に見るといいでしょう。

自分の強みを知り、そこを重点的に強化する


自分の良さを活かせれば仕事で活躍できます。強みを発揮することで、周りの人の負担を減らせるかもしれないのです。そうすると、頼りにされたり、良い印象を持ってもらえたりするので、強みを伸ばしていくことは、とても大切だと言えるででしょう。

あわせて読みたい

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

続きを読む

相手に対して感謝の気持ちを持つ

相手に対して感謝の気持ちを持つというのは大切なことです。感謝する気持ちをいつも忘れないようにすれば気が利く人間になることも可能でしょう。

感謝の気持ちがあれば自分が受けた恩を返したいという気持ちも芽生えるでしょうし、そのためには何をするべきかという考えにも至ります。感謝の気持ちが持てなければ何かをしてもらってもそのままになってしまいますし、周りからは「あれだけやってあげたのに感謝もない!」と思われてしまいます。

相手に対して感謝の気持ちを持つということを忘れないようにしましょう。

相手の気持ちを想像する


相手の気持ちを想像することも大切です。気が利かない人は相手の気持ちを想像する能力が低いですからそれゆえに気が利きません。

相手が今どんな気持ちなのか、ということを想像することができれば自分のとるべき行動も見えてくるのではないでしょうか。相手が今何を考えているのか、どんな気持ちでいるのかということを考えるよう癖を付けてください

見返りを求めない

自分の起こした行動に対して見返りを求めないことも覚えておきましょう。何に対しても見返りを求めてしまうようだと周りの人からもうざがられてしまいますし、あいつとは付き合わないようにしようと思われてしまうかもしれません。

気が利く人になるためには見返りを求めないことも大切なことですから覚えておきましょう。

あわせて読みたい

見返りを求めない人の考え方と行動

続きを読む

自分がされてうれしいことを相手にもする

自分がされて嫌なことを人にしないというのは当然ですが、自分がされて嬉しいことは人にもしてあげましょう。

自分がされて嬉しいことは相手もされて嬉しいものです。それが当たり前のようにできるようになれば気が利く人にもなれるでしょう。

言われる前に先回りして行動する

人に言われてから行動を起こすのではなく、常に言われる前に先回りして行動するようにしましょう。これも気が利く人になるためには必要なことです。

これができるようになると職場での評価もきっと高くなるでしょう。言われてから行動を起こすのと言われる前に自分で判断して動くのとでは周りからの評価が大きく変わってきますよ。

想像力を持ち、相手を思いやることが大切

気が利かない人は、自分本位な傾向があります。周りの人のことを考えないで行動するので、周りから反感を買ってしまったり、イライラされたりしてしまうのです。そのため、相手の立場に立って考えられる想像力を養いましょう。

気が利く人と思われれば、あなたの印象も良くなっていくので、さらに快適な毎日が送れるはず。気が利く人になって、より良い日々を過ごしましょう。