結婚のきっかけ15選!「結婚しよう」と思った男性心理は?

愛する人と結ばれる結婚は女性にとって憧れですよね。私もいつかは結婚したい、好きな人と結ばれたいと思っている方もおられるでしょうが、ここでは男性が結婚しようと思ったきっかけ、心理などについてお話したいと思います。

結婚はタイミングが大切!


結婚はタイミングだ、とよく言われていますよね。タイミングが大切だと言われていますし、タイミングを逃してしまうと婚期も先送りになってしまいます。タイミングだとは言われるものの、結婚に適したタイミングやきっかけなどは人によってまちまちですから「このタイミング!」というドンピシャなタイミングをうまく説明できないのも事実です。

結婚するきっかけになった年齢は?

結婚するきっかけになった年齢も人によってまちまちではないでしょうか。しかもこれは男性と女性とで変わってきますし、男性は比較的遅くても平気ですが女性は割と早く結婚したいと考える方が多い傾向にあります。女性は結婚したあとに妊娠や出産などのことも考えなくてはなりませんから、それゆえに男性よりは早い段階で結婚を意識するようになります。

交際期間はどれくらい?

交際期間も人によってまちまちです。最近ではスピード婚と呼ばれる交際期間3ヶ月ほどで結婚してしまうようなカップルもいますし、じっくりと数年以上かけてお付き合いし、その上で結ばれるというケースもあります。

男性が結婚を決意したきっかけ15選


女性は常に好きな人、お付き合いしている人から「結婚しよう」という言葉を待っているのではないでしょうか。10代や20代前半のカップルだとまだ結婚は考えていないでしょうが、20代後半や30代になると女性はほぼ例外なく結婚を意識しているはずです。早くプロポーズしてほしい、いつになったら結婚を申し込んでくれるのかと悶々としている方もおられるでしょう。男性としても結婚したいと思うきっかけがないとなかなかプロポーズはできないと思いますが、ここでは男性が結婚を決意したきっかけをピックアップしました。

環境が変わるタイミング

生活の環境が大きく変わるタイミングで結婚を申し込もうとすることはよくあります。ずっと長く住んでいたマンションを出て新しい土地に住居を借りた、というようなときに結婚しようかなと思うこともありますし、長年勤めていた会社を退職して新天地に転職したときに「結婚しよう!」と思うこともあるようです。

彼女の思いやりを感じたとき

彼女の思いやりを感じたときに結婚したいと思う男性は多いようです。自分のことをこんなに思いやってくれている、この気持ちに応えなくては、という想いで結婚を決意する方もいるようですね。

昇格や出世が決まったとき


これは割と多いパターンではないでしょうか。仕事で昇格や出世が決まったときに結婚を申し込もうとする男性は多いです。昇格や出世すると社会的な地位もできますし、収入も増えることになります。そのため、結婚してもうまくやっていけると考える男性が多いのです。また、自分に対して自信もつきますから、やっとプロポーズできるという気持ちに変化することが多いです。

転勤が決まったとき

転勤のある職場に勤めている男性だと、転勤が決まったときに結婚を考える方もいます。一つの節目としてこの機会に、と考える方もいれば、一緒に転勤先についてきてほしいという気持ちで結婚を申し込もうとする方もいます。

思い描く将来像が一致したとき

将来像が一致したときに結婚を決める方もいます。この女性となら明るく幸せな未来を作ることができるかもしれないと思い、結婚したいと考える男性は多いようですね。確かに結婚するうえで将来のことを考えるのは大切なことですから、将来像が一致したことでプロポーズの決心がつくというのは頷ける話です。

周りから結婚を勧められたとき

自分ではそこまで結婚に積極的ではなかったものの、周りから勧められて結婚を考えたという方もいます。男性は女性と違っていついつまでに結婚したい、早く結婚したいと考えることが少ないです。そのため、ずるずると交際期間が長引いてしまうということもよくありますし、女性からも結婚のことを言いだしにくい雰囲気のカップルもいます。このようなカップルだとなかなか結婚に至ることはありませんが、周りから勧められることで一気に結婚に傾くということもよくあります。

他の男に取られたくないと思ったとき


これも割と多いかもしれませんが、ほかの男性に彼女を取られたくないという想いで結婚を決意する方もいます。そう思うきっかけの出来事があったのかもしれませんが、自分の一番大切な人をほかの男性に取られるのが嫌だと感じて結婚を申し込む方がいるのは事実です。今まではあまり深く考えたことはなかったものの、彼女がほかの男性とくっつくことを想像して哀しくなってしまった、やはり自分には彼女が必要だと再確認できたことで結婚を決意するというのは意外と多いのではないでしょうか。結婚を決意させるためにやきもちを妬かせるのはイイかもしれませんね。

友人や身内が結婚したとき

これも一つのきっかけになることがあります。友人や身内が結婚したのをきっかけに自分も結婚しようと思うことがあります。身内や友人の結婚式に参加して花嫁のウエディングドレス姿を見て、幸せそうな二人の姿を見て結婚もいいかも、と思ってしまうこともあるでしょう。このようなきっかけで結婚するケースは意外に少なくありません。

貯金額が目標に達したとき

結婚するまでにこれくらいお金を貯めておきたい、と考えて貯金に励んでいる方もいます。そのような方だと目標額が貯まったことで結婚を決意することがあります。堅実なタイプの男性だとこうしたケースが多いですね。

年齢の節目を迎えたとき


30代に入った、40歳を迎えたといったときに結婚を決意する方もいます。年齢の節目を迎えたタイミングで結婚しようとする方は割と多いのではないでしょうか。確かに結婚するには良いタイミングだと思います。

家賃の契約更新が来たとき

賃貸マンションやアパートの契約更新のタイミングで結婚しようとすることもあります。結婚して2人で住めるもっと大きなところに引っ越そう、と考える方が多いですね。

親の老いを感じたとき

両親が老いたことで結婚しようと思う男性もいます。早く親に孫を見せてあげないと、という心理も働くのではないでしょうか。両親に会いに行ったときに以前に比べてかなり老いていた、結婚を急かされてしまった、孫を観たいと言われたといったきっかけで結婚する方もいます。

付き合った年数が節目を迎えたとき

付き合って5年経った、10年経ったという節目を迎えたときに結婚を決意する男性も少なくありません。

身内や友人の子どもと触れ合ったとき

身内や友人の子供と触れ合ったときに「子供ってかわいいな」と思ってしまうことがあります。このようなときに結婚をしようと思う男性も少なくありません。自分も早く結婚して自分の子供がほしい、と思うようになるみたいです。

精神的に追い詰めらえたとき

精神的に追い詰められているときに結婚しようと考える男性もいます。何が原因で精神的に追い込まれているのかは分かりませんが、このような時だと精神的な支えが欲しいと思ってしまいますし、その支えを結婚に求めてしまうことがあります。

まとめ


結婚のきっかけ、男性が結婚しようと思ったタイミングなどについてお話しましたが、いかがだったでしょうか。女性としては早く結婚したくても男性がなかなか重い腰を上げてくれないということはよくありますよね。どうしても結婚したいのなら彼に向かって彼女から結婚を申し込んでみるというのもアリですよ。最近では女性から男性にプロポーズすることも珍しくないようです。頑張ってくださいね。