かかあ天下はうまくいく?かかあ天下に対する男女の本音

かかあ天下はうまくいく?かかあ天下に対する男女の本音

かかあ天下というものがあります。こちらは亭主関白の反対の意味であり、母親が実権を握っている家庭のことです。このような関係性というのは果たして上手くいくのでしょうか。こちらではかかあ天下について注目してみましょう。

かかあ天下とは

そもそもかかあ天下とは具体的にどういう状態のことをいうのでしょうか。こちらではまずかかあ天下の正しい意味について解説しましょう。

妻の権威や権力・威厳が夫を上回る

妻の権威や権力・威厳が夫を上回る

かかあ天下というのは夫婦のうち妻の方に権威があったり、威厳があるということです。夫婦のあり方というのはそれぞれ異なっているものです。夫婦がバランス良くお互いの立ち位置を維持しているケースもあるのですが、どちらかが強い権威を持っているというケースも少なくありません。かかあ天下では、母親の方が権威を持っており、それに夫がしたがっているという状態となっています。したがって、男尊女卑の反対の状態になっているといえるでしょう。

亭主関白の対義語として使われる

昔から亭主関白という言葉がよく使われていました。しかし、最近は亭主関白というのは死後に近い状態となっています。あまりこのような家庭は見られなくなっているからです。逆にかかあ天下の家庭は増えているでしょう。昔の日本というのは亭主関白が当たり前の状態だったのですが、その反対としてかかあ天下と呼ばれる夫婦も一定数存在していました。最近ではこの関係が逆転しようとしています。いわゆる亭主関白と呼ばれるような夫婦というのは、若いカップルでは滅多にみないでしょう。

現代では妻が物事をリードしている程度の意味合い

現代では妻が物事をリードしている程度の意味合い

かかあ天下というのは時代によって微妙に意味が異なっています。かつてはもっと強い意味が含まれていたのですが、今ではかかあ天下が指しているのは単に妻がさまざまなことでリードしているという程度の意味合いになっています。そのため、あの夫婦はかかあ天下だと言われたとしても、それは実際に妻が権威を持っているという強い意味を含んでいない可能性もあるのです。

かかあ天下の家庭が増えている!その背景とは

かつての日本は男尊女卑の社会であり、かかあ天下というのは珍しいものでした。だからこそ、わざわざかかあ天下という言葉が生まれたのです。しかし、今では逆にかかあ天下の家庭が増えているとされています。これにはどういった背景が存在しているのかを説明しましょう。

社会環境の変化によるもの

まず社会環境が変化したことによって、かかあ天下が増えていくようになりました。現代は女性の社会的な立場がどんどん高まっています。男女平等を目指すことが世界中で進められており、日本でもさまざまな環境が整っています。高齢者の場合は未だに男尊女卑が強いのですが、若い世代になるほどそのような価値観は薄れてきており、逆に女性の方が男性よりも立場が上になっているケースも増えているのです。

女性の方が親戚づきあいなどが得意

かつての社会では女性が家庭で権威を持つことは困難だったのですが、今ではたとえば親戚づきあいが得意だったり、近所付き合いが得意な女性というのは、家庭の実権を握りやすくなっています。周りに自分の味方をどんどん作ることができるからです。社会との関わりについては、女性の方がコミュニケーション力が高いケースが多いため、その点で男性をリードすることが多く、そのような夫婦では女性の方が男性を引っ張っていくケースが多いでしょう。

家計や予定の管理が女性中心になっている

家計や予定の管理が女性中心になっている

たとえば専業主婦であっても、家計のやりくりをしたり、予定の管理をするのが女性の仕事というケースは多いです。実際に食事をしたり、子供の面倒を見ているのは奥さんであり、旦那が仕事に出ているのであれば、女性が家計や予定の管理をするのは自然な流れといえます。男性の方でもこれらの細かなことは女性に任せてしまった方が楽だと考えているケースも多いです。

家計や予定を女性が管理することによって、その家庭内の女性の立場が高まっているのです。これもかかあ天下が増える理由の1つといえるでしょう。

かかあ天下は家庭を円満にする

実はかかあ天下というのは家庭を円満にするとされています。さまざまなメリットがあるのです。それでは一体どうして家庭が上手くいくのでしょうか。かかあ天下の良いところについて紹介しましょう。

女性が明るいため常にポジティブでいることができる

かかあ天下の家庭というのは女性がとても明るいです。女性が家庭内の雰囲気をどんどん良くしていくでしょう。そのためみんなが常にポジティブな気持ちになることができるのです。これは家庭に良い効果をもたらしてくれるでしょう。家庭内が暗くなりにくいため、たとえば喧嘩してしまうことも少なくなるでしょう。家庭内でとても居心地がよくなるのです。夫はストレスを溜めることなく、家庭でリラックスすることができるのです。

女性の方がコミュニケーション力が高く結果的に旦那を立てることにもなるため

基本的に女性の方がコミュニケーションをする能力は高いものです。そのため、女性が主導となって家庭を支える方が良いケースが多いのです。男性の方が立場が上だと、その男性によほどコミュニケーション能力がなければ、親戚づきあいや近所付き合いでトラブルが起きてしまうかもしれないのです。コミュニケーション能力の高い側が家庭をリードしていく方が良いことが多いでしょう。結果的に旦那に上手く役立てることができるのです。

現代のかかあ天下はお互いの意見が尊重されているため

かかあ天下といっても、現代におけるかかあ天下というのは夫婦関係は上手くいっていることが多いです。それはきちんと妻は夫の意見を聞くからです。基本は妻がリードしていくのですが、お互いの意見はしっかりと尊重されるのです。そのため、旦那が虐げられてしまうようなことはありません。旦那はストレスや不満を溜め込むことはないのです。

男性の意見:かかあ天下と亭主関白がどっちがいい?

それでは男性にとってはかかあ天下と亭主関白のどちらの方が良いのでしょうか。こちらでは男性の意見について紹介しましょう。男性が実際のところどのように考えているのか、いろいろな意見を採り上げます。

影で支配をするのが奥さんであるのが理想

奥さんはやはり影で支配をして欲しいと考えている男性は今でもたくさんいます。やはり自分が主導となって家庭を牽引していきたいと思っているのです。奥さんは縁の下の力持ちとして機能して欲しいと考えています。このような男性というのは、どこかで男の方が上になるべきだと考えているのです。プライドが高いために、もし奥さんが自分の意見にしたがわなければ腹を立ててしまう可能性もあるでしょう。

かかあ天下だと家庭円満になりそう

かかあ天下だと家庭円満になりそう

かかあ天下の方が家庭はうまくいきそうだと考えている男性ももちろんたくさんいます。自分は亭主関白をできる自信がないという男性もいるのです。亭主関白を実現するならば、男性が何でも決めていかなければいけません。女性をしっかりとリードしないといけないため、そのような主体性やリーダーシップのようなものがない男性にとってはプレッシャーが大きくなってしまうでしょう。女性の意見もきちんと尊重した方が家庭が上手くいくと考えている方は多いのです。

かかあ天下として妻が管理するのが良い

奥さんに何でも管理してもらいたいと考えている男性も意外とたくさんいます。このような男性は、たとえば優柔不断だったり、だらしない性格の方が多いでしょう。そのため、自分が家庭を管理したのでは家庭がめちゃくちゃになってしまうと危惧してしまうのです。また、普段は会社で働いていて、さらに家庭のことまで考えるというのは大変です。それでは旦那の負担が大きくなるため、妻に引っ張ってもらいたいという方もいるのです。

女性は強いくらいが良い

女性の方が男性よりも強いくらいがちょうど良いという意見もあります。たとえば女性の方がコミュニケーション能力が高いことが多いです。女性が専業主婦であるならば、ずっと家庭にいることになるため、女性に決定権がある方が便利な面もたくさんあるでしょう。家庭のことをしっかりと把握している女性こそが家庭を支えていく資格があると考える男性がいるのです。男性がむしろ影から支えていき、女性が主導で家庭を牽引して欲しいという意見があるのです。

亭主関白の方が気が楽かもしれない

亭主関白になるよりもかかあ天下の方が男性が気が楽になるという意見もあります。亭主関白ということは旦那がすべての責任を負うということになります。そのような責任の大きさに耐えられないという男性もいるのです。そのような男性にとっては、自分は立場が下でも良いからかかあ天下を望むというケースもあるのです。このような消極的な理由からかかあ天下を望むという方がいるのです。

女性の意見:かかあ天下と亭主関白がどっちがいい?

女性の意見も気になる方は多いでしょう。果たして女性は亭主関白とかかあ天下のどちらの方が良いと思っているのでしょうか。これにはさまざまな意見があります。それぞれ紹介しましょう。

かかあ天下の方がうまくいきそう

かかあ天下の方がうまくいきそうという意見は多いです。最近の男性は大人しい方が多いです。あまり強引に引っ張っていくようなタイプの男性はいないのです。そのため、そのような男性には任せておけないという意見が多くなっているのです。それならば、女性の方が主導となって引っ張っていきたいという意見があります。

亭主関白はエスカレートすると怖いかもしれない

亭主関白になると怖いという方もいます。それがどんどんエスカレートしていくと妻としての自由を奪われてしまうのではないかと思ってしまうのです。それならばかかあ天下になった方が安心できるという意見があります。

亭主関白で夫に威厳があって欲しい

亭主関白で夫に威厳があって欲しい

男らしさというものを未だに求めている女性はたくさんいます。そのような女性にとっては、亭主関白の方を強く求めている方もいるのです。その方が家庭をしっかりと引っ張っていき、夫が威厳のある姿を見ることができるのです。そのような夫の方がカッコよいと感じる女性もいるのです。

亭主関白で旦那に引っ張っていって欲しい

自分は後ろ向きなタイプだからどんどん亭主関白で旦那に引っ張って欲しいという方もいます。かかあ天下で家庭を引っ張っていく自信のないタイプの女性がいるのです。このような女性は亭主関白ができる男性に惹かれるでしょう。

まとめ

こちらではかかあ天下について注目してきました。かかあ天下の家庭は増えているのです。これにはさまざまなメリットがあります。男性と女性でかかあ天下と亭主関白のどちらの方が良いのか、意見は異なっているのです。それぞれの家庭によって最適な方を選ぶと良いでしょう。