手相占いで仕事運がわかる!適職・仕事のピークなどがわかる手相の状態12パターン

手相占いでは、いろいろな線から仕事運を調べることができます。自分の仕事運を知ることで、適職が何かを知ることもできるでしょう。適職を知ることで、仕事運はさらに高まります。

そこでこの記事では、頭脳線でわかる適職、仕事運を見る方法、運命線でわかる仕事のピークについて詳しく説明しましょう!

頭脳線の向きで適職がわかる

頭脳線は手相の基本線のひとつで、親指の付け根と人差し指の付け根のちょうど真ん中あたりを起点に、手首に向かって下がる線です。知性や才能を司る線で、この頭脳線の向きによってその人の適職を調べることができます。

頭脳線がまっすぐ伸びている:経営者

頭脳線がまっすぐに伸びている場合、あなたは経営者に向いています。頭脳線がしっかりと伸びているということは、綿密に計画を立てながら仕事を進める才能を表しているからです。中長期的な視点で仕事に取り組めるため、経営者には最適と言えるでしょう

頭脳線が少しだけ下向き:ホワイトカラー


頭脳線というのは基本的に少し下向きになっているものです。そのため、このような線の場合、特に何かの職業に秀でているわけではありません。基本的にはホワイトカラーとして普通に働くのが一番といえるでしょう

頭脳線が大きく下向きになる:クリエイティブ

頭脳線が大きく下向きとなっている人は直感力に優れているので、そのような能力が必要とされる仕事が向いています。創造性があるので、クリエイティブな仕事に挑戦してみるのもおすすめです。自分の適性をどんどん発揮することができるでしょう

生命線と頭脳線が離れている:ブルーカラー

生命線と頭脳線が離れている場合、頭脳よりも体を使う仕事が向いています。ブルーカラーの仕事が適職になるでしょう。直感に従って行動する能力があり、体を使った仕事でその素質を発揮することができるのです

さまざまな線で仕事運を占う

ここからは手相のさまざまな線で占える仕事運について、詳しく紹介しましょう。

覇王線:仕事で名誉と財を成す

太陽線と財運線、運命線の3つが交わって大きな三角形を形成しているのが覇王線です。この覇王線は出世に大きく関わり、非常に強運な手相です

この手相を持っている人は大企業の経営者や芸能人に多く、仕事で名誉と財を成すことができるとされています

運命線が濃い:仕事運が強い

運命線は、中指に向かって縦に伸びている線です。人生全般の運勢や仕事運を表す重要な線になります。濃く出ているほど運勢が強く、仕事運も高いことを表しています

太陽線がくっきりしている:周りからの評価が高い

薬指の付け根の部分から下に向かっている線を太陽線といいます。太陽線がはっきりと出ている人は金運が高く、社会的地位も得やすいでしょう。さらに周りからの評価も高く、援助を受けやすくなります

向上線がある:仕事で伸びる

 

向上線とは、生命線の起点から人差し指の付け根にある木星丘に向かって伸びる線のことです。夢や希望を持ち、努力を続けることができることを示す線になります。

この向上線がしっかりと長く出ている場合、努力をして夢や希望を実現することができるでしょう。そのため、向上線のある人は仕事でもどんどん伸びる可能性があります

アピール線があると自分の魅力が人に伝わる


アピール線は人差し指と中指の間から斜めに出ている線で、自分の魅力を他人に伝えることができることを表しています。この線を持つ人は自分を表現することがうまく、仕事でもそれを生かすことができるでしょう。

周りから高く評価されるようになり、会社でも出世しやすいタイプです。人と接するのが上手で、目立ちたがり屋な人に多く見られる手相です。

商才線がある:大きな仕事で成功しやすい

仕事に関わる手相のひとつとして商才線があります。商才線は、小指の下から生命線や運命線に向かって弓形に伸びる線のことです。こちらは文字とおり商才を持っている人に現れる手相です。

商才線を持つ人は金運に恵まれ、どうすればお金を稼ぐことができるのかを理解しています。ビジネスチャンスをしっかりと掴むことができるでしょう

起業線がある:独立しやすい

 

 

起業線は財運線と呼ばれることもあります。小指の下から運命線に向かって伸びている線のことです。財運線の中でも特に線が長いものが起業線と呼ばれることが多いでしょう。しっかりと長く伸びている起業線を持っている人は起業をするのに向いているので、独立しやすい傾向があります

運命線で仕事のピークがわかる!

運命線は仕事運を表す線になりますが、そこから仕事のピークを見ることができます。

手のひらに出ている運命線の位置で年齢を判断する方法を、流年法と言います。手首の部分を0歳として、中指の付け根の線を100歳と考えます。それを四等分して、下から22歳、30歳、52歳とし、頭脳線と交差するところが大体35歳、感情線と交差するところが55〜56歳です。

運命線が濃い部分を見てみましょう。その部分に当たる年齢が、仕事のピークということになります

まとめ

仕事運に関わる手相について紹介してきました。仕事運といってもいろいろな手相が関わっています。自分の仕事運について、さまざまな線から調べてみましょう。

仕事運を調べることで、適職や仕事の才能、仕事のピークなどを知ることができます。自分の適職を知ることで仕事が楽しくなり、さらに仕事運がアップするでしょう。