【手相占い】仕事運がわかる手相の見方

手相によって仕事運を調べることができます。その人が仕事に関する適性や運勢を知ることができるのです。仕事運を知るための手相について解説しましょう。

頭脳線の向きで適職がわかる

仕事運を調べるための方法として頭脳線の無機は大切です。これがどのような向きとなっているかによって、その人の適職を知ることができるのです。それでは頭脳線の向きによる違いを教えましょう。

まっすぐ伸びている:経営者

頭脳線というのは頭脳をつかさどっている線のことです。こちらをチェックすることでどのような仕事に向いているのかが分かります。もしあなたの頭脳線がまっすぐに伸びているのであれば、あなたは経営者に向いていると言えるでしょう。頭脳線がしっかりと伸びているということは綿密に計画を立てながら仕事を進めることをあらわしています。中長期的な視点で仕事に取り組めるため、経営者には最適と言えるでしょう。

少しだけ下向きになる:ホワイトカラー


頭脳線が少しだけ下向きになっている方がいます。頭脳線というのは基本的に少し下向きになっているものです。そのため、このような線を持っている方というのは、普通の頭脳線を持っているといえます。そのため、特に何かの職業に向いているというわけではありません。基本的にはホワイトカラーとして普通に働くのが一番の適職といえるでしょう。

大きく下向きになる:クリエイティブ


頭脳線が大きく下向きとなっている方がいます。このような方は直感力に優れています。感性が優れているため、そのような能力が必要とされる仕事をすることをおすすめします。クリエイティブな仕事に挑戦してみましょう。そうすれば、あなたの適性をどんどん発揮させることができます。創造的な仕事に向いているのがこちらの頭脳線を持っている方の特徴といえるのです。せっかくクリエイティビティを有しているのに、その才能を活かさないのはもったいないでしょう。

生命線と頭脳線が離れている:ブルーカラー


生命線と頭脳線が離れているという方がいます。このような手相を持っている方はブルーカラーの仕事が向いているでしょう。ブルーカラーというのは頭脳を使うというよりも体が資本となっています。あまり頭脳を使う必要のない仕事をしたい方はブルーカラーを選択すると良いでしょう。このような手相の方は、ブルーカラーの仕事でこそ、その人の素質を発揮することができるのです。

仕事運を見る方法は?

その人の仕事運を手相から知るための方法はたくさんあります。手相にはいろいろな線が存在しています。それぞれの線の状態によって、その人の仕事運を知ることができるのです。こちらでは仕事運を知るための手相の見方について教えましょう。さまざまな手相について詳しく解説します。

仕事で名誉と財を成す覇王線


覇王線という手相があります。こちらは太陽線と財運線、運命線の3つが交わることによって構成されている手相のことです。この3つで大きな三角形を形成しているのが覇王線の特徴となっています。

この覇王線というのは出世に大きく関わる手相とされています。そのため、滅多に見られないものです。こちらの手相を持っている大企業の経営者や芸能人は多いとされています。このように各界で活躍している著名人が有しているとされています。

覇王線を持っている方というのは仕事において、名誉と財を成すことができるとされています。選ばれし人のみが持っているという手相です。

運命線が濃いほど仕事運が強い


運命線という手相があります。こちらは手のひらの中心に存在しています。中指に向かって縦に伸びている線のことです。こちらは仕事や結婚などの運勢に関わっているとされています。あなたの人生においていつが転機なのかも教えてくれるでしょう。

このような意味を持つ手相である運命線については、その点が濃く出ているほど運勢が強いとされています。もしあなたが濃い運命線を持っているならば、あなたの仕事運はかなり高くなっているでしょう。あなたの運命線がどのくらい濃くなっているかによって、仕事運を知ることができます。基本的に手相というのは濃いほど運勢が高くなりやすいのです。自分の運命線がはっきりとあらわれているならば、それは手相が濃いといえます。

太陽線がくっきりしているほど評価は高い


薬指の付け根の部分から下に向かっている線のことを太陽線といいます。こちらは金銭運や仕事運などを知ることができます。こちらの線がくっきりと出ているのであれば運勢は高いといえるでしょう。

太陽線がはっきりと出ている人は、金運が高くて、社会的地位も得られやすいです。さらに人気がアップしやすくて、周りの人から援助を受けやすくなっています。金運や人気運、仕事運などに関わっている手相として知られています。他人から信頼されやすくなるため、仕事においても重要な手相となっているのです。自分の太陽線を確認してみましょう。

向上線があるほど仕事で伸びる


向上線とは、生命線の起点のあたりから人差し指の付け根にある木星丘に向かって伸びている線のことです。向上線は上昇線や希望線、努力線とも呼ばれていることがあります。そのため、夢や希望があって努力を続けることができるかどうかを示している線とされています。

向上線がしっかりと長く出ている方というのは努力をすることができて、それによって夢や希望を実現することができるとされています。そのため、向上線のある方というのは仕事でもどんどん伸びる可能性があるでしょう。

アピール線があると自分の魅力が人に伝わる


自分の魅力を他人に伝えることができるかどうかを示している手相がアピール線です。こちらの線がある方というのは他人に自分の魅力をしっかりと伝えられるとされています。そのため、アピール線というのはタレント線やナルシスト線、スポーツ線などと呼ばれています。

アピール線というのは人差し指と中指の間から線が斜めに出ています。こちらの線を持っている方は自分を表現することが上手く、それは仕事において重要でしょう。どんどん周りから評価されるようになり、会社で出世しやすいタイプと言えるでしょう。人と接するのが上手くて、目立ちたがり屋な方が多いです。

商才線があると大きな仕事で成功しやすい

仕事に関わる手相の1つとして商才線があります。こちらは文字とおり商才を持っている方が有する手相のことです。こちらの手相を持っている方は金運に恵まれています。どうすればお金を儲けられるのかを理解しており、ビジネスチャンスをしっかりと掴むことができるでしょう。したがって、こちらの手相を持つ人は仕事で成功しやすいです。

商才線というのは、生命線や運命線の下部から小指に向かって弓形に入ってくる線のことです。こちらの線を持っている方は珍しいため、仕事でどんどん挑戦してみると良いでしょう。選ばれた手相といえるのです。

起業線があると独立しやすい

独立をしたいと考えている方がいるかもしれません。そのような方が持っていると良い手相として起業線というものがあります。起業線は財運線と呼ばれることもあります。運命線から小指の下に向かって伸びている線のことです。財運線の中でも特に線が長いものが起業線と呼ばれる事が多いでしょう。しっかりと長く伸びている起業線を持っている方というのは、起業をするのに向いているとされているのです。

まとめ

こちらでは仕事運に関わる手相について紹介してきました。仕事運といってもさまざまな手相が関わっているのです。あなたの仕事運を高めてくれる手相について調べてみましょう。1つの手相がなかったとしても、別の手相を持っている可能性はあります。こちらを参考にして、自分の仕事運について調べてみましょう。仕事運を調べることによって、あなたに向いている仕事を探すことができるでしょう。あなたの適職を知ることによって、これからの仕事について考えられるでしょう。