呼び方は大事?彼氏の呼び方についてのポイント

恋人ができたときに、相手のことをなんて呼ぶべきなのか迷ってしまったことのある方がいるかもしれません。呼び方というのは、これからの恋人生活にとってとても大事なものです。こちらでは恋人の呼び方のポイントについて紹介しましょう。

相手の呼び方は重要だった!


相手の呼び方というのは重要なものです。一体どのような意味において重要なのか、彼の呼び方の重要性について解説しましょう。

相手からどう呼ばれるかで人の心は決まる

その人が他人からどのように呼ばれるかによって、その人の心に与える影響というのはとても大きいのです。その男性が喜ぶ呼び方をするべきでしょう。それぞれの男性によって、どのような呼び方をされたいのかは異なっているのです。相手の好む呼び方をすることによって、恋人の関係はどんどん良くなっていくでしょう。逆に相手の嫌がる呼び方にしてしまうと、それによって恋人関係が破綻してしまう可能性もあるのです。その男性によって適切な呼び方というものがあります。それを見つけましょう。

呼び方は距離感のバロメーター

弾性に対する呼び方というのは距離感のバロメーターとなるものです。他人行事な呼び方を続けている限りは、あまり仲良くなっていないと考えることができるでしょう。特別なあだ名を考えたり、相手を下の名前で呼び捨てできるような関係になったのであれば、これは二人の仲がとても親密なものになったことをあらわしているのです。仲良くなった証として呼び方をどんどん変えていくと良いでしょう。距離感によって使い分けるべきです。

男性が喜ぶ呼び方とは?

カップル

どのような呼び方をすれば男性は喜んでくれるのでしょうか、彼の呼び方のパターンはたくさん考えることができます。それぞれの呼び方について彼が喜んでくれるのかどうかについて教えましょう。

下の名前を呼び捨ての場合

彼氏の下の名前をそのまま呼び捨てにするというのはよくある呼び方となっています。カップルにおいては一番多い呼び方なのではないでしょうか。相手が年上だったとしても、恋人同士の関係であれば呼び捨ては許容されるでしょう。呼び捨てにすることによって、彼ととても親密な関係であることをアピールできます。あなたから呼び捨てにされれば、彼は喜んでくれるでしょう。

これまでに下の名前を呼び捨てで呼ばれたことがないというケースもあります。そのような男性にとっては、この呼び方はとても新鮮な聞こえるでしょう。

下の名前にさんをつける場合

相手の下の名前をさん付けするというやり方があります。この場合は違和感があるかもしれませんが、相手が年上の場合は自然に聞こえるでしょう。彼女からさん付けで呼ばれてみたいと考えている男性は意外と多いのです。さん付けの方が上品な印象を与えることができるでしょう。そのため、男性からも割と好評となっているのです。いきなり男性を呼び捨てにすることに抵抗のある方はたくさんいるでしょう。そのような方におすすめです。

下の名前にくん、ちゃんをつける場合

彼氏の下の名前をくんちゃちゃん付けで呼ぶというパターンもあります。この場合は、とても親近感のある呼び方となるでしょう。まるで家族になったような気分になることができます。彼氏が自分よりも年下であれば、このような呼び方は自然といえるでしょう。また、年上の彼氏に対してもくんやちゃんづけをするのはとても新鮮な気持ちを相手に与えることができるでしょう。

苗字にくん、ちゃんをつける場合

名字に対してくんちゃちゃん付けをするというケースもあります。苗字にくんやちゃんを付けるというパターンはあまりないものでしょう。そのため珍しい呼び方となっています。特別な呼び方をしたいという方におすすめします。周りから見てもこの二人は仲が良いのだと思われることでしょう。苗字にさん付けだととても他人行事なのですが、くんやちゃんを付けることによって、親しみを感じさせることができるのです。そのため、違和感もなくなっていくでしょう。

名前にちなんだあだ名をつける場合

彼氏の名前にちなんで何か新しいあだ名を考えてみるという方法もあります。たとえば名前の一文字目にちゃんを付けるという呼び方があるでしょう。まっちゃんやよっちゃん、けいちゃんといった感じです。あるいは名前の最初の文字に君付けをするというパターンもあるでしょう。単に名前にちゃんやくんを付ける場合よりも、あだ名にしてしまう方がさらに親しみのある呼び方となるでしょう。これまでその彼氏が呼ばれたことのないようなあだ名を考えてみるのも良いでしょう。

ふたりだけの特別なあだ名

カップルの間でのみ通用する特別なあだ名を考えるという方法もあります。名前にちなんだあだ名だけではなくて、もっと特別なあだ名を考えることもできるでしょう。そのようなあだ名を作って、さらにそれは二人きりのときにだけ使うようにするのです。そうすれば、二人はさらに特別な関係になることができるでしょう。

二人きりのときにだけそのあだ名で呼び合い、みんながいるところでは普通の呼び方をします。このようにして呼び方を場面によって使い分けてみることによって、二人きりになったときには特別な雰囲気が生まれるでしょう。

彼氏の呼び方を変える時のポイント

これまでとは違った呼び方をしたいということがあるでしょう。どのようなタイミングで呼び方を変えるべきなのでしょうか。そのためのポイントについてこちらで説明しましょう。呼び方を変えるタイミングについて悩んでいる方は参考にしてください。

付き合い始めた時に変える

まず付き合い始めたタイミングで呼び方を変えるという方法があります。これは一番一般的な方法といえるでしょう。付き合うことになったのであれば、これまでとは関係性が変わるということとなります。そのため、そのタイミングで呼び方を変えることによって、自分達は付き合うことになったのだと実感できるようになるでしょう。これまでと呼び方が変わらないと、自分達が本当にカップルになったのか実感が持てなくなるでしょう。

一緒に住みだしたタイミングで変える

彼氏と付き合うようになって、一緒に住みだしたタイミングで呼び方を変えてみると良いでしょう。これは良い機会となります。彼氏との関係がさらに深くなったタイミングによって、呼び方を変えてみるのです。そうすれば、さらに特別な関係を強調することができるでしょう。一緒に住むようになるとお互いのことを呼びあう機会はたくさん増えます。そのため、呼び方を変えるタイミングとしてちょうどよいのです。

付き合いが長くなったタイミングで変える

付き合うようになってその期間がどんどん長くなっていたのであれば、そのタイミングで変えてみると良いでしょう。付き合う期間が長期になるとだんだんお互いの関係がマンネリ化していきます。そのため、何か新鮮な出来事がなければ、カップルとしての関係性が悪くなっていくかもしれません。このタイミングで呼び方を変えることで、また新鮮な気持ちになって付き合っていけるでしょう。

一夜を共にしたタイミングで変える

彼と一夜をともにしたというタイミングで呼び方を変えてみましょう。相手に体を許したということは、二人の関係が特別になったということです。そのタイミングで呼び方を変えてみることによって、お互いが特別な存在になったことがより鮮明になるでしょう。男性と一夜をともにするということを特別なことだと考えている方は、ぜひともそれによって呼び方も変えてみましょう。

まとめ

ここまで彼氏の呼び方についての記事をまとめてきました。彼氏の呼び方というのは二人の関係についてさまざまな影響を与えるものなのです。こちらを参考にして彼氏をどのように呼ぶのかについて考えてみましょう。適切なタイミングで彼氏にふさわしい呼び方をしてあげてください。そうすれば、彼氏は喜んでくれるでしょう。