仕事が遅い人の特徴7個!サッと仕事を進めるための改善策は?

仕事が遅い人の特徴7個!サッと仕事を進めるための改善策は?

仕事が遅い人には、さまざまな特徴があります。特徴を知っておくと、対応もできるようになっていきますし、雇用の段階で考えることもできるでしょう。あとから気付くのではなく、こちらから気付ければ、ダメージを最小限にすることもできるでしょう。

仕事が遅い人が持っている7個の特徴

①完璧主義でこだわり過ぎる

仕事が遅い問題点として、無意味に完成度を追求するタイプが存在します。完璧主義であるということを理由にしてこだわりすぎますが、そもそも大きな問題を抱えていることに気が付かなければいけません。仕事が完遂しない状況は、完璧ではないでしょう。どんなことにも通じていますが、最後の部分までできないようであれば、そもそも完ぺきではないのです。こだわることは良くても、結局中身がない状況に気が付くべきでしょう。

②デスク周りが汚い

仕事ができるかどうかにも関わってきますが、デスク回りが整然としていれば仕事は進めやすくなってくるはずです。仕事が遅い人は、整理整頓もあまり得意ではないことが多いです。中にはてきぱきできる人もいるでしょう。それでもどこに何があるかわからず探す手間が増えることから、仕事をこなすスピードがきれいな人に比べて遅くなり、生産性が格段に下がります。

③わからないことを質問できない

疑問点を持つことは、仕事を効率化していくためのヒントになるでしょう。仕事ができる人は、常に「なぜ?」を考えているためさまざまな疑問を持っていきます。この疑問点を解決していきながら、スムーズで効率的に仕事をすることになるのですから、質問することにも意味があるのです。質問できない人は、問題点の認識もできていません。これでは仕事が遅いのも当然でしょう。中には上司が質問は3回までといったばかげた対応をするところもあります。わからないことを整理して持ってこいという意味ですが、こうした障害を作り出せば、仕事は全体的に遅れていくようになるでしょう。

④マイペース

自分のペースで仕事をすることは、なにも悪いことではありません。仕事ができれば、マイペースであろうとも問題はないからです。ところが、進捗なども関係なしにマイペースで進めようとするタイプもいます。これでは、いつまでたっても仕事は完遂しません。自分だけの仕事であればまだしも、多くの人が絡んでくることを考えれば、マイペースは悪となるでしょう。

⑤仕事をしている意味を理解していない

仕事が遅い状況を考えれば、なぜ仕事をしているのか理解できていないことがあるでしょう。すなわち自分が仕事をしている意味や目的が分かっておらずモチベーションが低い状態です。そのような状態になってしまうと生産性を上げて働くことは難しくなってきます。このようなタイプの人には上司や仲間が一緒に考えてあげたり、食事や飲み会などのでのコミュニケーションを通して仕事の楽しさや会社が社会でどのように役に立っているかを伝えていったりすることが必要になってきます。

⑥頼まれた仕事を後回しにする

仕事を頼むことはよくあります。ですが、後回しにしていくのは、仕事が遅くなる原因にもなるでしょう。もちろん、優先順位が存在し、何でも急げばいいというわけではありません。つまり頼まれた仕事に関してもバランスを考えて行動することが必要になってきます。しかし仕事が遅いタイプは、根本的に判断ができていないのですから、全体が遅れていくことにもなるでしょう。そもそも仕事を依頼する相手を間違えてもいますが、こうしたタイプを信頼してはいけません。

⑦創意工夫をしていない

仕事は創意工夫によって早くもなっていきます。仕事が遅いことを問題視していないからこそ、創意工夫も進んでいかないでしょう。どうしたら改善できるのか、考えていくことが必要であり、改善ポイントを抑えていくからこそ、仕事は速くなっていきます。仕事が遅いタイプは、何を言っても聞きません。創意工夫のポイントを話したところで、暖簾に腕押しです。現代社会になり増えたタイプですが、とにかく理由をつけて創意工夫をしないことを正当化したがるでしょう。

仕事が遅い人の改善策

仕事をスケジューリングする

仕事が遅い人に対する改善策はいろいろとありますが、本人の意識を変えさせることが必要です。そのひとつとして、スケジューリングして管理するというのもポイントになってきます。問題は、なにが優先なのかの判断がつかないことで、時間の管理ができないところにあるからです。全体のミーティングを含めて、スケジュール管理を徹底させることによって、変わっていくこともあるでしょう。特に全体のスケジュールの中に、自分の予定を入れさせることがポイントです。表にして視覚的に管理させるというのも有効になってくるでしょう。

わからない事を聞ける環境を作る

システム的な部分ですが、疑問点が放置され、解決されずに進むような事態を避けるべきでしょう。話ができる環境を作り上げていくことで、問題を解決できるスピードをあげます。ボトルネックになってしまうことを避けられるのですから、システム作りを進めることが重要になってくるでしょう。とにかくだれかが解決してくれるといった、他人任せの状況を作らず、わからないことはさっさと聞いて次にいけるようにしていかなければいけません。

ToDoリストを作って把握する

スケジュール管理と同様になってきますが、ToDoリストを作成させることも必要でしょう。理由づけとして工程管理のようなところを抑えながらToDoリストを作成させます。これだけでも、大きな違いが生まれてきますが、自分でポイントを抑えられるような環境を作る必要があるでしょう。管理ができるようになっていくと、少なくても仕事は遅れにくくなっていくからです。

机の周りをキレイにする

机の周りを整理して、仕事がスムーズにできる環境を作るのは重要です。ものがある場所もわかりやすくなりますし、ワーキングスペースも増えます。今はいったいどんな仕事をしなければいけないのか、整理整頓が勧められていれば、解決できることもあるでしょう。だれでも効果が上がる方法ともいえませんが、試す価値はあります。

納期を考えて仕事に優先順位を付ける

優先順位をつけるという部分では、スケジュール管理が重要になってきます。例えばスケジュール表や工程表を作るというのもいいでしょう。スタートから終わりまで理解できるようになりますし、次の工程に渡すタイミングも見えてくるでしょう。自分一人でやっている仕事であれば、こうしたミーティングはいりませんが、チーム単位であれば、納期も意識して考えなければいけません。

時間を計って仕事を行う

仕事を素早くおこなっていくためには、効率を追求していかなければいけません。時間を図って効率化を考えるとともに、追いかけられている自体を認識しないとだめでしょう。

仕事が早い人との差分を分析する

仕事が早い人との差別化は、絶対に必要になってくる部分です。仕事ができる人が馬鹿を見てしまうことにもなり、モチベーションが落ちるからです。モチベーション維持のためにも、差分を分析しながら差別化も進めてみるといいでしょう。これがきっかけでスピードが上がることも出てきます。

人へ頼める環境をつくっておく

仕事が遅い人は、ミスマッチを起こしている可能性があります。能力的に会わない仕事をしていれば、当然遅くなっていくでしょう。問題は、この仕事を他の人に頼むことができない状況です。改善策として当然行われていかなければいけませんが、適材適所を認識して依頼ができる環境を作らなければいけません。得手不得手があるのは当然なのですから、もっと効率的で有機的な運用が必要です。

まとめ

仕事が遅い人はいます。問題は解決できるかどうかでしょう。得手不得手を理解したうえで、適した人に仕事を任せていけば、全体的にスピードも上がっていくことになります。人を育てるということにもなりますので、育成も忘れずに進めていくことが必要です。