飲み会に行きたくない!飲み会を断る5つの方法

飲み会に行きたくない!飲み会を断る5つの方法

飲み会は自然に発生するものでこれがひとつのコミュニケーションになっていたことも確かでしょう。ですが、仕事の延長として考えれば、自分の時間を消費することになってしまうので断りたいという人も出てきます。コミュニケーションの面では、できるだけ角が立たないように断るとともに、これがメリットになってくるようにしなければいけません。

飲み会に行きたくない人のよくある理由

お酒が飲めない

そもそも飲み会という場を考えれば、お酒が飲めなければ参加する意味がありません。単純にお酒を飲む場として考えれば当然のことでしょう。良くある理由のひとつではありますが、職場ではできないような話もできる場であることも考えるべきです。コミュニケーションの場として考えると、お酒が飲めるかどうかよりも、集まって話をしていることの意味も考えておかなければいけません。

終業後は自分の時間に使いたい

仕事が終わったら自分の時間を有効に使いたいと思う人は増えています。現代的な考え方ではありますが、自分の時間になるのですから当然といえば当然です。自分磨きや趣味を楽しみたい人は多いかと思います。ライフワークバランスを重視している人に多い考えです。

周りがハメを外し過ぎてうるさい

非常にまっとうな理由になるのが、あまりに羽目を外されることです。参加することに問題はなくても、不快な気持ちになるのであれば断りたいと思うのは当然でしょう。飲み会のメンバーを見て、あまりに羽目を外すようなタイプが混じっていれば断るといった方法は必要になってきます。はっきりとうるさいから参加したくないというのを伝えるのもひとつでしょう。飲み会として楽しめないのも不幸なことだからです。

酔っ払いに絡まれるのが嫌

アルコールを飲まない人に多く見られますが、酔っ払いに絡まれたりするのは嫌なものです。綺麗にお酒が飲めないような人がいれば、飲み会も楽しくありませんし、負担ばかりが増えてしまいます。これもはっきりと伝えてしまうことが必要でしょう。絡まれるような場にはいきたくないとすれば、軽く1杯飲んでお開きにするといったこともできるからです。泥酔するまで飲むこと自体が大きな問題といえるのですから、認識してもらうことが必要になるでしょう。

お金を払うのがもったいない

飲むこと自体を否定している人にとっては、お金を払いたくないと思うでしょう。飲み会をするとしても、料理もまずく、対応も悪いところでお金をとられるのは、不快なものです。当然参加したくはないと思うようになります。場所を変えてもらうといったことも必要になるので、場所に合わないといったことも伝えることが大切です。酒を飲むこと自体がもったいないと思うのであれば、コミュニケーションを取る手段を別に考えておくべきでしょう。

疲れているので帰って寝たい

疲れているので参加したくないというのは、は大きな理由になってきます。疲労を回復させるというのは、職務外として重要な意味を持っているからです。ライフサイクルを考えても必要なことなのですから、はっきりと伝えることが必要でしょう。仕事にメリットが生まれるのですから、当然考えるべきです。

奥さんが良い顔をしない

家族のサポートがあって、初めて仕事もうまくいくようになるでしょう。ところが、奥さんが良い顔をしないとなれば、飲み会であっても考えるべきです。家族関係を悪化させるような飲み会を続けているのは、仕事としてもデメリットを生じます。理由としてはまっとうなものなのですから、はっきりと伝えてしまう方がいいでしょう。

同僚の愚痴を聞くのが嫌

飲み会が口の場になってしまうことも出てきます。同僚が吐き続けるようなこともあるでしょう。楽しい場にならないのですから、参加したくないのも当然です。これもはっきりといってしまう方が、人間関係を良好なものにできることも出てきます。参加しない理由がはっきりとせず、もやもやとさせるぐらいなら言ってしまう方がいいでしょう。

みんなのノリに付いて行けずに寂しい思いをする

飲み会にもいろいろとありますが、あまりにノリノリになってしまうような場は疲れてしまいます。ついていけないような場になれば、一人で寂しい思いもしますし、何でノれないのだと非難されることも出てきてしまうでしょう。これではデメリットが増えていくことになるのですから、ノリについていけないことをはっきりといってしまったほうがましです。

飲み会を上手に断る5つの方法

①たまに参加しておき「ここぞ!」というタイミングで断る

上手に飲み会を回避するためには、いつも断るのではなく、大きな飲み会には参加しないというのも方法です。普段からちょっとずつ参加していれば、断っても不自然には感じないでしょう。毎回参加できる人のほうがまれなのですから、うまくコントロールしていくことが社会人としても、人付き合いとしても求められる部分です。あまり角を建てないようにするという意味でも、うまく使っていく必要があるでしょう。

②体調不良を理由に参加しない

お酒を飲むということは、健康でなければいけません。さらに、お酒を飲んで調子を崩せば、仕事に大きな影響を与えてしまいます。身体の調子が悪いことは、飲み会を断る理由としては、非常に全うなことになっていくでしょう。ただし、あまりに体調不良を訴えると、仕事にも問題があるのかといわれかねません。適度な話にしておくことが重要であり、何でも体の調子が悪いからといったことにしないのも必要な条件となってきます。

③飲み会の日に会社を休む

理由をつけたくないのであれば、飲み会の日に仕事を休んでしまえば問題はありません。いろいろな理由で休むこともできますし、有給の消化をするというのも方法になるでしょう。毎回やってしまうとあからさまになってしまいますので、うまくコントロールしていくことも必要です。会社を休むことで、仕事に支障が出ないようにするのも必要ですので、あまり影響のない飲み会には参加しておき、大きな飲み会の時には休むといった考え方も必要でしょう。

④「子供(家族)が風邪気味なので」と断る

家族の体調を理由にするのは重要です。子供が風邪気味で早く帰ってあげたいというのは大きな理由になってくるでしょう。子供の体調など、他の人はわかるものではありませんので、有効な方法となってきます。毎回使えるわけではありませんが、理由としてはとても全うです。家族のために帰りたいとすることで、仕事も安心して続けていけるのですから、否定していく人はいないでしょう。

⑤「親の体調が悪いので」と断る

何度も使えるものではありませんが、親の体調が良くないため、夜は自宅にいたいと思うのも当然です。もしも、何かあったときには、お酒を飲んでいては駆け付けることもできなくなるでしょう。特に車を乗る人であれば、大きな理由として使っていくことができます。

まとめ

飲み会にいきたくないと思うのは、なにも珍しいことでもありません。だれでも好きな場所とは限らないからです。断ることは問題がないとしても、コミュニケーションとして考えれば、別の手段は用意しておくべきでしょう。お互いの信頼関係といった部分もあるからです。単純にお酒が嫌いといっただけではなく、自分を取り巻く環境に配慮するといったことも必要になってきます。たまには参加してみると、同僚の違った一面を見て、関係が良い方向に変化することもあるからです。お酒が好きではなかったとしても、たまには顔を出すといったことも大切でしょう。