無理は禁物!仕事の疲れに限界を感じたときにとるべき行動5選

「仕事疲れた…もう何もかも無理…。」と感じたら

仕事に疲れ果てて、他のことをする気力が何も起きない。毎日憂鬱でしかたない。会社に行こうと思うと、具合が悪くなる。

こんな状態で我慢をし続けるのは、非常に危険です!

「仕事疲れた…。何もかもいや…。」と感じたらそのままにせずに、これからご紹介する行動をとってみてください!

よく食べて十分な休息をとる

何に対しても悲観的になってしまうのは、休息が足りずに体と心が悲鳴をあげているせいかもしれません。

お腹が空いていたり、睡眠が足りていなかったりすると、気分が落ち込んだり、頭が正常に働かなかったりします。

そんな原因に気がつかないほど追い詰められている場合もあるので、まずは十分な栄養と休息をとりましょう。

「今はあえてオフにして、これから頑張る元気を蓄えよう」とポジティブに考えると、休むことに対しての罪悪感も感じずに済みますよ。

単なる疲れが原因の場合は、おいしいご飯を食べてよく眠るだけでだいぶ気持ちが楽になることでしょう。

親しい友人に話を聞いてもらう

信頼できる友人に、話を聞いてもらうのも良いでしょう。

自分一人で考え込んでいても、なかなか良い解決策は見つからないものです。

そんな時に悩みを誰かに打ち明けることで、第三者からのアドバイスをもらうことができ、新しい突破口が開ける可能性があります。

言葉にすることで自分自身の頭の中が整理されるのも、人に話を聞いてもらうメリットです。

今まで、「つらいことを思う存分愚痴ったらスッキリした!」という経験がある方は特に、誰かに相談してみることをおすすめします。

仕事がつらいと感じている原因を明らかにする

仕事の内容が嫌なのか。自分のやりたいようにできないのが嫌なのか。それとも人間関係がうまくいかなくてつらいのか…。

このように、自分がなぜ「仕事がつらい」と感じているのか、その原因を明らかにしてみてください。

原因がはっきりすることで、その対処法を考えることができるようになります。

仕事自体が嫌なら、転職を考える。自分の思い通りに進まないのが嫌なら、働き方や周囲との関係を見直してみる。人間関係がうまくいかないなら、その相手との関係を改善する方法はないか考える。

こうして具体的な対処法を考えているうちに、今のつらい状況を変えるヒントが見つかるかもしれません。

環境が変わるだけで、あなたの仕事に対してのストレスはかなり軽減されることでしょう。

転職サイトを見てみる

実際に転職を考えているか否かは別として、転職サイトを覗いてみるのもおすすめです。

無数にある求人を見ていると、「こんなに求人があるなら、今の会社にしがみつかなくてもいいか」と良い意味で気楽に考えられるようになります。

「いろいろ見たけど、なんだかんだ今の環境は恵まれているのかも」「辞めるのはいつでも出来るし、もう少しだけ頑張ってみるか」と前向きな気分になる人もいるかもしれませんね。

今自分が属している組織だけを見ていると、何かと不満が出てくるのは当然のことです。

実際に転職をする前に、今勤めている会社の良いところと悪いところを冷静に洗い出してみることをおすすめします。

仕事を辞める&転職をする

十分に休んだし、友人に話も聞いてもらったし、仕事がつらい原因もわかったし、転職サイトも見てみたけど、どうしてもつらい…!という人は、仕事を辞める方向で考えましょう。

周りになんと言われようが、これはあなた自身の人生です。

仕事に押しつぶされて毎日憂鬱な気分でいるくらいなら、スパッと仕事を辞めて転職を考えてみてはいかがでしょうか。

誰しも、仕事に合う合わないはあります。最初から合う仕事を見つけられる人もいれば、なんども転職してようやく見つけられたという人もいるでしょう。

仕事を辞めるということ自体は、別に悪いことではありません。「新しいステージへの第一歩」とポジティブに考えてくださいね♩

自分が心地よく過ごせる環境を作ろう

仕事はたしかに大事ですが、体や心が壊れてしまったら元も子もありません。

つらさの基準はひとそれぞれ違うので、「もっと頑張りなよ」「それくらい普通だよ」という周りの言葉は信じすぎないようにしましょう。

仕事の悩みと向き合って、より気持ちよく働けるような環境に自分を誘導してあげてくださいね。