あなたも内弁慶かも?10項目でわかるセルフチェックと治し方

内弁慶という言葉はよく聞きますが、それが何を意味しているのかを知っている方は意外に少ないのではないでしょうか。弁慶というのはかの武蔵坊弁慶から由来しています。武蔵坊弁慶は源義経の家来として付き従った歴戦の勇者で、義経終焉の地となった平泉では全身に矢を受けながらも義経を守ろうとしました。この時、全身に矢を受けた弁慶は立ったままで絶命したと言われています。これがいわゆる弁慶の立ち往生、仁王立ちと言われるものですね。武蔵坊弁慶に由来している内弁慶ももしかするとイイ意味なのではと思った方もおられるでしょうが、実際には逆です。ここでは内弁慶の意味や、セルフチェックの方法などについてお話しましょう。

内弁慶とは?


先ほどお話したように弁慶とは武蔵坊弁慶のことですし、それに由来しているのは間違いありません。しかし、内弁慶と呼ばれてしまうのはあまり名誉なことではありませんし、どちらかという不名誉な評価と言えます。

親しい人の間では威張るが他人には意気地がなくなる

内弁慶とは親しい人のあいだでは威張るが他人には強く出られない、意気地がなくなるような人を指して使う言葉です。武蔵坊弁慶は百人力の破戒僧であり武者でもありました。時には平家の武者を相手に大きく出ることもありましたし、威張れるだけの力量を持っていたのも事実です。内弁慶というのは弁慶のように自分を強く見せたり威張ったりするものの、仲間内でしかそれができない人を指しています。

外から見て強い人を表す弁慶が由来

すでにお話してしまいましたが、外から見て強い武蔵坊弁慶が由来となっています。弁慶は紛れもなく義経軍では最強の武者でしたし、平家の誰もが恐れていたと言われています。これが内弁慶となると内側、つまり身内の中でしか強さを発揮できない、ということになりますね。

年齢・性別に関係なく使う言葉

武蔵坊弁慶は男性でしたが、内弁慶という言葉は性別に関係なく使われます。男性に対してはもちろんですが女性に対しても内弁慶と使うことはあります。

セルフチェック!内弁慶の特徴

内弁慶の人は自覚がないこともありますから注意が必要です。自覚のない内弁慶ほどタチが悪いものはありませんし、そのままだと周りから人が離れてしまうかもしれません。ここでは自分でできるセルフチェック項目を用意しましたから、内弁慶の特徴を見ながら確認してください。

外面が良い

内弁慶の人は外面がイイ傾向にあります。外では愛想のいい顔を振りまいていますし、周りからの評判はそれなりに良いことが多いです。外面はいいものの自宅では家族に対して威張ったり、暴言を吐くようなこともあります。

見栄っ張りで自分を大きく見せたい

見栄っ張りで自分のことを常に大きく見せたいという方は内弁慶である可能性があります。これは自分に自信がないことの証拠でもありますが、自信がないために虚勢を張って自分を大きく見せようとしているのです。このような傾向にある人も内弁慶ですから注意が必要ですね。

自分の意見が言えない


自分の意見が言えないのも内弁慶の特徴です。身内の中では大きなことを言っていますが、外ではまともに自分の意見を口に出して言うことができません。結果的に周りに流されてしまうようなことも多々あります。

常に他者に合わせる

自分の意見を言うことができませんから常に他者に合わせることになってしまいます。そのことに対して不満を抱くこともありますが、その不満を直接本人たちにぶつけるような度胸もありません。自宅に帰って家族に当たり散らすのが関の山です。これも内弁慶らしい特徴ですね。

目が笑ってない

内弁慶だと目が笑っていないことが多いです。目が笑っていないのは本当に心を開いていない証拠ですし、常に周りに気を配っているような状態です。堂々としていればどこでも笑うことはできるのでしょうが、基本的に内弁慶は小心者ですからそれができません。その結果目だけが笑っていないということが起きます。

裏表が激しい(身内には裏・他者には表)

これは内弁慶の顕著な例ではないでしょうか。裏表が激しく、外では表の顔を、身内には裏の顔を見せます。

家庭の愚痴や身内の悪口が多い


家庭や身内の悪口が多いのも内弁慶の特徴です。身内に直接言ってしまうことも多いですが、外でも家族の悪口などを言ったりします。

家の中では口が達者

内弁慶は家の中では口が達者です。外では口ごもってまともに自分の意見も言えないような小心者ですが、家の中では天下を取ったような振る舞いをしてしまいます。自分の意見もしっかりと主張しますし、不平や不満などもすべて家族にぶちまけてしまいます。もちろん外では口が裂けても言えません。外で言えないからこそ家の中では口が達者になってしまうのかもしれません。

普段偉そうでも大事な時に役に立たない

普段偉そうにしていても大事な時には役に立たないということも多いです。これも内弁慶の特徴ではないでしょうか。

身内と他者が同席する時は身内を過剰に褒める


普段は身内に対して威張り散らすような内弁慶ですが、身内と他者が同席するようなときには身内のことを褒めます。しかも、過剰に褒めてしまいますからちょっとわざとらしくなってしまいます。外面がいいからこそできることですね。

内弁慶の心理

ここまで読んだだけでも「内弁慶は本当に嫌なやつだ」と思った方は多いのではないでしょうか。実際、内弁慶だということがバレると嫌われてしまいますし、誰もこのような人とはかかわりあいたくありません。では、内弁慶の心理はいったいどのようなものなのでしょうか。

臆病:人とのトラブルや失敗を避けたい

もうわかっている方もおられるでしょうが、内弁慶は基本的に憶病です。臆病な性格ですから人とのトラブルなどはなるべく避けたいと考えていますし、失敗を避けたいとも考えています。

自己愛が強い:誰からも良く思われたい

自己愛が強いのも内弁慶の心理です。誰からも良く思われたいと考えていますし、自分のことを悪くいわれることに耐えられません。自分が悪く言われるような要因を作ることも嫌がりますから、それゆえに外面もいいです。誰からも良く思われたいために八方美人になってしまうこともありますし、口先でだけでその場を乗り切るようなこともあります。

家や身内でストレス解消:外で強いストレスを受けている

臆病者で小心者の内弁慶は外では言いたいことも言えません。職場などでも自分の主張を貫き通すことができませんし、結局周りに同調することになってしまいます。本当はこうしたい、という想いがあったとしてもそれを口に出すことができませんし、強いストレスを感じていることもあります。外で受けた大きなストレスを解消するために家では身内に暴言を吐いたりお酒を飲んで暴れるようなこともあります。

内弁慶の治し方


すでにお伝えしたように内弁慶は嫌われてしまいますし、下手すると身内からも突き放されてしまいます。もし恋人などができたときも内弁慶だとパートナーに迷惑をかけてしまうでしょうし、愛想をつかされてしまうかもしれません。内弁慶は治すこともできますから、自分で内弁慶だと思っている方は治すことを考えましょう。ここでは内弁慶の治し方についてアドバイスします。

ショック療法:失敗経験も財産だと学ぶ

内弁慶を治すためにはショック療法が効果的だと言われています。ショック療法はさまざまな医療シーンで用いられている治療法の一つで、ショックを与えることで治療を行うというものです。内弁慶にとって失敗は怖いものですし、できることなら絶対に失敗はしたくないと考えています。まずは失敗を認めることが大切ですし、その上で失敗経験も一つの財産であるということを学びましょう。内弁慶の人にとって自分の失敗を認めるというのは苦痛なことですし、耐えられないことかもしれません。しかし、それゆえにショック療法が効果的なのです。

今はただの失敗でもそれがいつか財産として花開くことも考えられます。失敗は成功の母という言葉を聞いたことがある方もおられるでしょうが、失敗をたくさん積み重ねることで達成できる偉業もあります。今現在成功している人でも最初は失敗続きだったという方はたくさんいます。現在のアメリカ大統領にしても何度か破産していると言われていますし、その後成功した莫大な財を成しています。このように、失敗することはまったく悪いことではありませんし、いけないのは失敗をそのままにしてしまうことです。失敗から学べることはたくさんあることを覚えておきましょう。

外にたくさん出る:外の状況に慣れる

いつも家の中に閉じこもっているようだと内弁慶度が加速してしまう可能性がありますし、内弁慶が治ることもありません。内弁慶は外の世界に怯えている部分もありますし、できることなら外にはあまり出たくないという方もいるでしょう。しかし、これだといつまで経っても内弁慶が改善されることはありませんから、積極的に外にたくさん出ることが改善に役立ちます。外の状況に慣れることで内弁慶を改善することができますから、これからは積極的に外の世界に出るようにしてみてはいかがでしょうか。

外に出ないのが癖になると本当に出ることが嫌になってしまいます。その状態が続くと内弁慶はどんどん悪化してしまう一方ですから、なるべく自分の意志で外に出るようにしてみましょう。また、内弁慶を治したいという気持ちも大切になってきます。漠然と外に出ても改善は期待できませんから、内弁慶を何とかしたい、治したいという気持ちを持ちながら外に出かけることが大切です

気楽に構える:リラックスして治るのを気長待つ

内弁慶を治そうとして焦るのはよくありません。人によっては早く内弁慶を治したいという気持ちが先走ってしまい焦ってしまうこともあるでしょうが、正直内弁慶は焦ったところで早く治るということはありません。焦れば焦るほどストレスになってしまうでしょうし、そのストレスがまた身内に向いてしまいます。外では発散できませんから自然と家族に暴言を吐いてしまいますし、暴れるようなこともあるかもしれません。焦っても仕方ありませんから、内弁慶を治したいのならリラックスして気長に治るのを待つというのも一つの手です。

外でストレスを受けて自宅でもリラックスできないとなると内弁慶らしさを全開で発揮してしまいますから、自宅ではのんびりとリラックスできるような環境を整えておくことです。自宅でもリラックスできないとなるとそのイライラが当然のように家族に向いてしまうでしょうし、家族からするとこれほど迷惑なことはありません。自分の部屋を落ち着ける空間にするなど工夫してみましょう。また、すぐ家族に暴言を吐いてしまうという場合だと少しのあいだ家族との会話を断ってみるというのもいいかもしれません。

ストレス発散の方法を学ぶ

ストレスが溜まってしまうとその牙が身内に向いてしまいます。これは内弁慶の大きな特徴でもあるのですが、こんなことを続けていても内弁慶は改善しません。そこで、ストレス発散の方法を学んでみましょう。ストレスが溜まってしまうと悪い方向に作用してしまいますから、できるだけストレスは溜めないに限ります。そうは言っても社会生活を送っているとさまざまなシーンでストレスを感じてしまいますよね。職場でストレスをためてしまうということもありますし、ストレスを感じない日はないかもしれません。

ストレスを感じてしまうのはある意味仕方のないことですが、それを溜め込んでしまうのがNGとなります。ストレスを発散する方法はいろいろありますが、自分にマッチする方法で発散するようにしましょう。例えば、体を動かすのはいいストレス発散になります。適度に汗を流すことでリフレッシュ効果も期待できるでしょうから、運動をしてみるのはおススメですよ。また、歌が好きなら一人でカラオケに行くというのも良いでしょう。定期的に自分のやりたいことを思う存分やることでストレス発散になりますから、定期的に好きなことをしてみるのもおススメです。旅行に行く、飲みに行くというのでも構いません。自分にあった方法でストレスを発散するようにしてください。

まとめ

内弁慶は褒められた性格ではありませんし、内弁慶だということがバレてしまうと十中八九人は離れていくと思います。自分のためにも良くありませんし、家族も迷惑してしまいますからなるべく改善したいですよね。ここではそのための方法についてもレクチャーしましたから、本気で内弁慶を改善したいと考えているのならぜひ参考にしてください。先ほども言ったように焦る必要はありませんから、じっくりと内弁慶を治していけばいいのです。ストレスをため込むのもやめてくださいね。