オーバーオール×パンプスのおすすめコーデ10選!

デニム生地を使用したオーバーオールはカジュアルコーデに最適なアイテムです。

しかし、組み合わせ方によっては幼い印象になりすぎてしまうこともあります。パンプスを合わせることで洗練された雰囲気をプラスし、色や素材によってはスタイリッシュなイメージや大人可愛いイメージにすることも可能です。

以下ではオーバーオールとパンプスのコーデ例を紹介します。ぜひインナーの選び方や色の組み合わせ方などの参考にしてください。

この記事で紹介しているオーバーオール パンプスのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

オーバーオール×パンプスのおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

濃い色のオーバーオールなのでインナーとパンプスは淡い色を選び、バランスの取れた色彩になっています。インナーのレース素材と明るい水色のパンプスでフェミニンさをプラスし、軽やかな印象を与えているのがポイント。

引用:CBK(カブキ)

インナーとパンプスを赤で統一しており、まとまりのあるコーディネートとなっています。インナーはボーダー柄でオーバーオールと合わせカジュアルな印象にしつつも、フォーマルな雰囲気を持つハットでスタイリッシュに。

引用:CBK(カブキ)

黒のパンプスは上品で高級感あるイメージを足すことができます。赤が印象的なタータンチェックのストールはオーバーオールのカントリーテイストとマッチしている他、羽織ることでゆったりとした秋冬コーデになっています。

引用:CBK(カブキ)

細めの肩ひもが特徴のサロペットにはタイトなノースリーブインナーを合わせてスタイリッシュなIラインのシルエットを作り出します。パンプス・バッグ・ハットはホワイトで統一しており、夏向けの爽やかなコーディネートです。

引用:CBK(カブキ)

ダメージ加工の入ったオーバーオールがコーデの主役。ブラックの袖なしタートルネックと鮮やかなレッドが特徴のパンプスを合わせており個性的かつ洗練された雰囲気を作り出しています。サングラスで遊び心もプラス。


引用:CBK(カブキ)

丈の長いオーバーオールが個性的です。パンプスは高級感があり女性的な黒を選ぶことでカジュアルなオーバーオールコーデとは一味違った雰囲気を出せます。主役のオーバーオールを引き立てるため、インナーはシンプルなデザイン。

引用:CBK(カブキ)

オーソドックスなデザインのオーバーオールの裾を少しまくることで軽やかな足元にできます。ゆったりとした着心地のインナーは、爽やかなホワイトでパンプスと色を合わせています。ナチュラルさが特徴的なコーディネートです。

引用:CBK(カブキ)

オーバーオールにニットを合わせた王道のスタイル。オーバーオールとインナーがネイビーで統一されている分、パンプスは水色を選ぶことで全体の印象を軽くします。帽子も組み合わせカントリー的なスタイルが出来上がります。

引用:CBK(カブキ)

ギンガムチェックのインナーに加え、オーバーオールのベルト部分がリボンになっており大人可愛いコーディネート。パンプスは少し落ち着いた色合いのピンクを選び、ガーリーになりすぎずコーデのアクセントになっています。

引用:CBK(カブキ)

細身のオーバーオールはIラインのシルエットを作り、スレンダーに見せることができるアイテム。インナーはブラックでスタイリッシュさを出し、フェミニンさを持つパンプスを合わせて大人のカジュアルコーデに仕上げています。