男が思わず振り返る!去り際に程よく香る「いい香りを放つシャンプー」

シャンプーの「香り」で女度を上げる

いい女の要素と言えば「香り」を上げる人は多いのではないでしょうか?特に去り際にさり気なく香るのが理想と言われていますね。しかし逆に主張が強すぎる香りは、「不快な香り」になってしまう場合も少なくはありません。

香りは異性に対してアプローチするのにも一役買ってくれる要素のひとつ。男性が女性に対して好印象を抱く香りがあるのだとか。ほのかに香るシャンプーの匂いは、女性らしさを感じさせると言われています。

今回は男性視点から見た、思わず振り返ってしまうほど、去り際に程よく香るシャンプーをご紹介します。女性として思わず意識してしまう男性受けのいいシャンプーの登場です。

男性好みの香り

フローラル系

女性らしさを感じられる香りとしてフローラル系の香りが挙げられます。フローラルは、お花のような香りを放ちます。お花は女性の魅力を引き立ててくれますね。

シャボン系

清潔感を感じさせるシャボン系の香りも異性受けのいい香りのひとつ。ポルトガル語であるシャボンは、石鹸という意味を持ちます。

柑橘系

甘酸っぱく爽やかな印象を与える柑橘系の香り。柑橘系とはミカンやレモンなどの柑橘と呼ばれる果実の香りのことを指します。香りものの中でも軽やかな印象を与える香りですね。

 

《凛恋》 シャンプー&トリートメント ユズ&ジンジャー

国産の植物の素材を使用したシャンプー。頭皮自体にアプローチをし髪の毛にハリとコシを与えるサポートをします。根元からボリュームのある、健康的なスタイルへ導きます。

香りは爽やかな柑橘系の「ユズ&ジンジャー」の香りです。使っている瞬間も香りに包まれながら使用することができるので、癒されながらヘアケアができますね。

販売価格 シャンプー&トリートメントセット(520mL) 3996円

口コミ

・洗いあがりがさっぱり(30代女性)

・パッケージを開けた瞬間からユズのいい香り(30代女性)

・ユズの香りがとてもいいです(30代女性)

 

《オブ・コスメティックス》ソープオブヘア・1-G

髪の毛をサラサラとした質感、紫外線ダメージから髪を守るサポートをしてくれるアイテム。髪の毛自体をいたわってくれるシャンプーです。

気になる香りは、柑橘系である「グレープフルーツ系」の香りで爽やか。人口で作られたような香りではなく、ナチュラルな果実の香りが好評です。

シャンプー (256ml)販売価格 2808円

口コミ

・香りがほんとに自然(20代女性)

・グレープフルーツのそのままの香り(30代女性)

・頭皮をマッサージしながら使えます(40代女性)

 

《ジルスチュアート》リラックス シャンプー/コンディショナー N

髪の毛を指どおりをよく、しなやかな髪へと導きます。ヘアカラーの色持ち防止をしながら、ヘアカラーによるダメージの補修を助けてくれるでしょう。

香りはリラックスシャンプーいう名の通り、甘く香るアロマティックなフローラルブーケの香りです。香りが良いと口コミでも評判のアイテム。

販売価格 シャンプー (450ml)2592円

口コミ

・口コミ通りのいい香り(20代女性)

・リップと同じ香りで女の子といった香り(20代女性)

・ジルスチュアートの香りがする(30代女性)

ブランドから発売されているリップやボディーアイテムと同じ香りがするとのことがあり、香りが統一されていることで使いやすいとの声もありました。ジルスチュアート自体が好きな女性にはピッタリな香りでしょう。

 

《 La Sana(ラサーナ)》プレミオール シャンプー/トリートメント

頭皮の油分バランスを整え潤いのある洗いあがりです。毛先にしっとりとやわらかさを与えるサポートをしてくれるアイテム。

香りは「ローズ」「ベルガモット」「オレンジ」の3種類の天然の精油をしようしたフローラルな香りのシャンプーです。

販売価格 シャンプー (375g)3942円

21日間限定のスターターセットや定期購入などで、定価よりもお安く購入する方法もあります。スターターセットのみ3点セットで販売中。

 

口コミ

・落ち着いたフローラルの香りが心地よい(40代女性)

・泡立ちが良くもっちりとした泡(20代女性)

・華やかな香りです(30代女性)

 

シャンプーで身にまとう「さわやかな香り」

異性受けのいい「柑橘系」「フローラル系」の香りシャンプーをご紹介しましたが、女性からも評判が良く香りに関しての口コミが多い印象を受けます。香りのいいシャンプーは、使用している人も香りに包まれることで癒されますよね。

評判のいい3種類のうちシャボン系の香りは、シャンプーではない種類の香りなので、ミストやソープなどボディケアで取り入れるといいでしょう。注意したいのは、複数のアイテムの香りが混ざらないようにしたいですね。

みなさんも香りで「いい女」をまとってみませんか?