夫婦生活の悩みは夜の事情!?レス化する原因と10の解決策

セックスは大抵の人が好きな行為と思っている人もいると思いますが、そうではありません。長年連れ添った夫婦になると、セックスレスになる人も多くいます。原因として、相手に飽きた、出産を機に気持ちが無くなった、イマイチ盛り上がらないなど夫婦によって様々です。このままではいけないと考えている人も多くいるでしょう。それには様々な工夫やお互いの気持ちを理解し合うことが重要です。

セックスレスになる主な原因は?

仕事や家事で疲れて性欲がわかない

セックスレスになる理由の主な理由の一つとして、仕事や家事に追われ、疲れて性欲が湧かないと言う理由が挙げられます。疲れると、当然横になりたい、さっさと家事などを終わらせて眠りにつきたいと思うものです。セックスは、お互いの合意のもとで行うものです。どちらかが疲れている状態、また、両者ともにこのような状態では、セックスは行えません。

疲れているときに無理矢理されて嫌になってしまった

誰でも疲れている時は、そっと寝かしておいて欲しいものです。にもかかわらず、無理矢理されたらどんな人でも頭にきますし、究極、相手のことを嫌いになってしまいます。疲れている時はセックスはおろか、何もしたくありません。セックスはお互いの体調が万全な時や、気持ちがある時にやりたいものです。相手の気持ちや体調を無視して自分の都合で無理矢理行うとその時だけでなく、それ以降どんどん気持ちはなくなりセックスレスになります。

相手が喜んでくれていない気がする


セックスをしていても、相手が気持ちよさそうにしていない、喜んでくれていないと感じると、途端に熱が冷めてしまいます。その時だけの一過性のものかもしれませんが、中にはそれがトラウマになってしまうケースもあります。もう自分とやりたくないのかな、苦痛を感じているのかな、また喜んでくれなかったらどうしようなどと思い、セックスをするのが怖くなってしまうのです。その結果、セックスレスになってしまいます。

誘ったときに断られるのが怖い

一度誘って断られると、次に誘おうと思ってもその時のことが蘇り、また断られたらどうしようと怖くなってしまいます。そうなると、なかなか誘うことができなくなり、次第にセックスレスになってしまうと言ったケースも珍しくありません。誘う方もそれなりに気を使っています。断る方の言い分としてシチュエーションや体調、その時の気分などそれ相応の理由もあるでしょうが、誘った方はショックを受け、トラウマになってしまう人も少なくありません。

相手が淡泊なので盛り上がらない

相手がすぐにセックスを終わりにしてしまう、セックスの回数もセックスにかける前戯の時間も少ないといった場合、当然満足はいかないでしょう。そんな盛り上がらないセックスが繰り返されると、この人とのセックスはしてもつまんないとなり、だんだんと断る回数が増えたり、自然とセックスをしなくなっていってしまいます。セックスはお互い満足しなくては続きません。こういった場合は、セックスレスになる可能性が高いです。

毎回同じセックスなので飽きてしまってきた

毎回変わり映えのないセックスだと、正直飽きてしまいます。だからと言って、そのためだけの相手を探すのは単なる浮気ですから相手を傷つけてしまいますし、他の人に乗り換えるのは心が痛むことでしょう。お互いが気持ちよく、楽しいセックスをするためにも手間をかけるなどの工夫が必要です。たまにはシチュエーションや場所を変えてみたり、道具を使うなど、まずはセックスレスにならないための努力をしてみましょう。

セックスに対して不満を言われたことがトラウマになった


セックスに対して不満を言われたら、誰でも嫌になります。時にはそれがトラウマになってしまい、それ以降同じ相手とはセックスをしたくないと思う人もいるでしょう。そうなると、セックスレスの突入です。たとえ不満があったとしても、ストレートに言うのではなく、言葉を選んで傷つかないように伝えるよう気を付けることが大切です。セックスは自分本位ではいけません。相手の気持ちも考えながら行いましょう。

浮気相手とのセックスにはまっている

意外と多いのが、浮気相手とのセックスにハマっていることです。そうなると、自分のパートナーとはセックスをしたいと思えなくなります。浮気相手との方がスリルがあって興奮しますし、新鮮味を感じるからです。また、中にはセックスがうまい人を自ら見つけて浮気を行う人もいますが、そうなると尚更パートナーとのセックスはしたくなくなり、どんどんセックスの回数も減っていきます。

相手の浮気がストレスでEDになってしまった

相手に浮気をされた場合、それが原因となってセックスができなくなるケースもあります。自分のパートナーが他の人とセックスをしたことがフラッシュバックされ、それがストレスになったり、パートナーが憎い、汚い、自分が汚されると言う風に感じ、勃起しなくなってしまうのです。このような場合は、再びセックスが行えるようになるまで長い時間を要します。病院などでの治療が必要となる場合も少なくありません。

子作りのためのセックスになってしまった

子作りのためだけのセックスは、いずれセックスレスになる可能性が高いと言えます。なぜなら、子どもができてしまえばセックスをする理由がなくなるからです。子作りのためだけのセックスは義務的に行っているだけであり、気持ちは然程ないと言えるでしょう。本来であれば、相手が愛おしいから、さらに愛を深めるために行うものですが、子作りのためのセックスはそうではないため、子どもができてしまうとセックスレスになってしまうのです。

出産後に異性として見られなくなってしまった


子どもが生まれると、男性は女性のことを異性として見られなくなると言う人も少なくありません。女性は出産すると母親になります。そう言ったことから、妻を女性としてではなく、子どもの母親と言う風に見てしまうのです。母になった妻を女性として見られなくなると、妻に対して性欲が湧かなくなり、その結果セックスレスになってしまうのです。また逆に、女性も出産後は性欲が湧かなくなり、夫を異性として見られないと言う人もいます。

子供を気にしながらセックスをする状況になった

子どもが小さいうちは、親と子で一緒に寝る人が大半なのではないでしょうか。そういった場合、隣で寝ている子供を気にしながらセックスをしなければいけません。今までのように、周りを気にすることなくセックスできなくなります。子どもが目を覚ましてしまうのではないかなどと思いながらでは、セックスを楽しむことは当然できず、その結果、やりたくなくなってしまうのです。

適度なセックスによって得られるメリット

不倫のリスクを減らす

セックスレスになると、夫婦の間に溝が生じることがあります。特に男性は女性よりも性欲が強い傾向にあり、いつもセックスを拒否してばかりいるとその欲求が満たされないため、自分以外の誰かに身体を求めてしまうと言ったケースも珍しくありません。ですから、適度に相手を受け入れることが必要であり、それによって相手の不倫を防ぐことができます。

女性ホルモンの分泌によるアンチエイジング

セックスは、定期的に行うことで女性ホルモンが活性化され、若返り効果が期待できます。セックスをすると気持ちよくなり、女性ホルモンであるエストロゲンが多く分泌されます。エストロゲンが分泌されることで肌の調子が良くなったり、フェロモンが増加し、色気のある魅力的な容姿になれます。ですから、セックスを定期的に行っている女性は、そうでない人と比べると、若く見える人が多いです。

お互いの信頼関係の構築できる


セックスをすることでお互いの愛を再確認することができ、また、より愛を深めることができます。愛が深まるとさらに絆も強まり、お互いの信頼関係が生まれます。年月を重ねるごとにコミュニケーションが少なくなっていったカップルでも、セックスでコミュニケーションをとることで信頼関係が築け、再び仲の良いカップルに戻れます。また、いつまでも仲の良いカップルでいられます。

お互いの気持ちを再認識する事ができる

セックスは、お互いの愛を再確認することができます。セックスをすることで、身体だけでなく心も満たされ、相手に対して優しい気持ちが持てるようになり、相手に対してさらに愛情が増します。長く連れ添っていると、だんだんと相手に対して思いやりが持てなくなってしまったり、愛が薄れてしまう人が多いですが、そのような気持ちを気付かせ、忘れていた気持ちを取り戻すことができるのです。

セックスレスを解消し適度な夫婦生活を送る10の方法

新しい下着などを購入する


中には下着は関係ない、どんなものを身に付けていても構わないと言う男性もいますが、やはり、脱がせた時にボロボロの下着だと、萎えてしまう男性も多くいます。それがきっかけで相手に性欲が湧かなくなり、セックスレスになってしまうカップルも少なくありません。ですから、そんな時は下着を新調して、今までつけたことの無いような刺激的なものや可愛らしい下着に替えてみるのも一つの手ではないでしょうか。

エッチな動画などで知識を増やす

セックスと一言で言っても様々なやり方があり、趣味や好みも人によって異なります。セックスレスの人は、自分のセックスの仕方を振り返り返ってみてはいかがでしょうか。相手をきちんと満足させられていたのか、相手はどんなセックスが好きなのか、ワンパターンではなかったかを考えてみましょう。ただ振り返るのではなく、エッチな動画などで知識を身に付け、再びセックスで喜んでもらえるように勉強してみましょう。

これまでNGだったプレイにチャレンジしてみる

これはなかなか勇気のいることかもしれませんが、今まで相手からNGを出されていたプレイに思い切ってチャレンジしてみるのも一つの手かもしれません。最初は拒んでいても、今までやったことの無いプレイに興奮して気持ちよくなる場合もあります。今までするのが嫌だったけどやってみたら新鮮で、案外楽しかった、気持ち良かった、などと思ってくれることを期待してみましょう。

性欲増強に効果のある食事を取り入れてみる

性欲が無くてセックスレスと言う場合は、食事を工夫してみてはいかがでしょうか。性欲を増強させるドリンクやサプリメントなども多く売られていますが、お金がかかります。やはり、食事に取り入れてみるのが良いでしょう。代表的な食材がにんにくです。にんにく料理は多くあり、炒めものにちょっと足すのでも良いですし、ホイル焼にして食べるのも良いでしょう。手軽に取り入れられるので、是非おすすめです。

相手の体調に合わせて誘う


やはり、体調が悪い時は気分が乗りません。疲れている時などは以ての外です。そんな時に誘っても、相手の怒りを買うだけで、相手は余計セックスがしたくなくなります。ですから、日頃からコミュニケーションを取ることを忘れず、その日の気分や体調を汲み取るようにします。また、話し方ひとつでもそれらを把握することができます。相手の体調が良い日は、その時は心置きなく誘ってみましょう。

週末に温泉など一泊旅行などに誘ってみる

休みの日にたまには温泉旅行など、リラックスできる場所に誘ってみるのも良いでしょう。気持ちがリラックスし、気分が高まると性欲もわいてきます。いつも決まった場所、同じシチュエーションでは誘われる方も気分が乗りません。ですから、気持ちが落ち着く、また、楽しいと感じられるようなことを提案し、旅行などに誘ってみましょう。気分転換になり、相手も応じてくれるのではないでしょうか。

模様替えや引越しをしてみる


模様替えや引っ越しも、セックスレス解消に期待できる方法です。模様替えや引っ越しをすることで当然、環境も家の中の雰囲気も変わります。そうすると気分も一新され、今までと違った気持ちで生活をスタートさせられます。少し心にゆとりができるので心が寛容になり、今まで我慢していたことや許されなかったことにもすんなりとOKしてくれ、セックスに応じてくれるかもしれません。

相手の行為に対して多少演技をしてみる

セックス中の相手の喜ぶ姿は、誰でも嬉しいものです。俄然やる気が出て、以降も大変盛り上がります。リアクションも無くただされるがままだと、やる気が失せてしまいます。ですから、たとえあまり気持ちよくなかったとしても、頑張って感じている演技をしてみたり、少しオーバー気味にリアクションをとってみましょう。そうすることで相手が喜び、それ以降もセックスを積極的に行ってくれるはずです。

夫婦にとってベストな回数を考える


セックスをしたいと思うタイミングもペースも人によって様々であり、夫婦間でも、もちろん違います。しかし、どちらかが自分の要望を無理矢理通そうとすると、険悪なムードになり、セックスを楽しめなくなります。こういった場合はお互いが相手に歩み寄ることが大切であり、事前に取り決めておくことをおすすめします。週に何回、月に何回、この日はやろうなど、2人にとってベストな回数を話し合いましょう。

一緒にアダルト動画を観てみる

セックスレスのカップルに特におすすめなのが、一緒にアダルト動画を観ることです。アダルト動画を観ることでエッチな気分になりますし、一人で観るより二人で観る方が気分が盛り上がり、相手を求めるようになります。ただ何となくセックスをしようと思っても、相手がその気でないとできません。そういった状況が続いた場合は、一緒にアダルト動画を観てみましょう。きっと気持ちの良いセックスができます。

まとめ

セックスレスは多くの人が抱える悩みであり、夫婦間に溝ができる原因の一つとして挙げられます。セックスはお互いが合意の下、気持ちよく楽しく行うものです。もし片方がそうでなければセックスはできませんし、それが続けば当然セックスレスになります。セックスレスを解消するためには、環境作りやムード作り、気遣いの気持ちやお互いの歩み寄る努力が必要です。