ぶりっ子とは?同性から嫌われてしまう理由と行動パターン

女性から見て、悪い意味でどうしても気になってしまう女性がいるものです。その中の一つが、ぶりっ子な女性ではないでしょうか。ぶりっ子と聞いて、思い浮かべてしまう女性があなたの近くにもいるのではないでしょうか。特別、自分にとって何も害が無くても、なぜかイラついてしまうぶりっ子。その理由の中には、自分はしたくてもできない、或いは自分に対して自分はすることを許していないのに、堂々としている人がいるので腹が立っているのかもしれません。

ぶりっ子とは?

年下女性の魅力とアプローチのコツを紹介!
自分を可愛らしく見せたい、綺麗に見せたいと思うのは、多くの方の願いのはず。その為、ヘアスタイルやメイクを工夫したりお洒落したりする方が多いと思います。ところが、どういうわけかぶりっ子だけは許されにくいといった傾向があります。それはどうしてなのでしょうか。

ぶりっ子はなぜ同性から嫌われてしまうの?

女同士の中で、嫌われてしまうことが多いぶりっ子。その理由は、必要以上に男性の目を気にしているように見えるからです。また、あざといと思われてしまうことも少なくありません。でも、よく考えてみれば、こちらを攻撃しているわけでもありませんし、何か被害にあったわけでもないのに、どうして見ているだけでこんなにもムカついてしまうのでしょうか。それは、女性の中でしてはいけないという暗黙のルールがあるのにもかかわらず、それを無視して自分だけが良く思われたいと思って行動しているように見えるからです。

男性がぶりっ子が好きだからライバル視している

女性の中には、男性がぶりっ子が好きであると認識している人も多いようです。男性が可愛い女性を好むことを知っている為、それをわざとやっている女性を許すことができないのです。しかしながら、男性の中にはぶりっ子の女性を嫌うタイプもいます。ですので、そこはあまり気にしなくても良いと言えるかもしれません。男性の好みも様々です。

男性に媚びる姿が気に入らない


男性に媚びる女性を嫌う女性も多いようです。理由は、そういった行為をする女性がズルく見えるからです。しかしながら、よく考えてみると、実はそこが理由ではない場合も少なくありません。女性が男性に対して媚びている姿を見ても、何も思わない女性もいることを考えると、むしろ自分ができないことをいとも簡単にしている(ように見える)女性が許せないだけかもしれません。つまり、嫉妬です。

好きな男性へのアプローチ方法は色々あって良いはず。それが、媚びるといった方法である場合もあるでしょう。でも、皆が皆出来るわけではないので、できる人に腹が立ってしまうのです。また、本人は全く媚びているつもりもぶりっ子しているつもりもないのに、そんな風に見えてしまう女性もいます。

女性だけの前で見せる態度と180度違うから

同性の前と異性の前で、態度が全く違う女性もいます。そこにずる賢さを感じてしまい、ぶりっ子を嫌悪する女性もいます。態度、しぐさ、声のトーン、笑い方など、全てが男性の前で変化してしまう女性の姿を見ると、腹が立つと言うよりも、恥ずかしくなってしまうのです。

ぶりっ子に騙されている男性を見るとイライラするから


むしろ、ぶりっ子に対して腹が立つというよりも、その嘘の姿にまんまと騙されている男性を見て腹が立ってしまうといった女性もいます。なぜ見抜けないのかと、愚かな男性にイライラするのです。でも、悪いことは言いません。放っておきましょう。それは、彼女と彼の問題です。

過去にぶりっ子に彼氏を取られた経験があるから

人は、誰かを目にした時、その人をまっさらな目で見ることが難しい生き物です。過去に嫌なことをされた人に似ている人に会うと、どうしてもまた同じことをされるのではないかと思い込んで敵視してしまいます。過去にぶりっ子に彼氏を奪われてしまったことがある女性は、ぶりっ子に当然良い印象を持っていません。その為、自分に関係ない人がぶりっ子をしているのを見ても落ち着かなくなってしまうのです。

自分がぶりっ子になりたくてもなれないから

ぶりっ子は、残念ながら誰でもできる行為はではありません。ぶりっ子が似合うキャラと似合わないキャラがあります。本人はそれをよく理解しています。自分がぶりっ子になりたくてもなれない。これが理由で、ぶりっ子を毛嫌いする女性もいます。つまり、嫉妬であり僻みです。

男性の前でだけ仕事をして後は怠けているのでシワ寄せが来るから

一緒に働いている女性が、怠け者であったり仕事ができないタイプであったりすると、どうしてもその分こちらの負担になってきます。好きな男性の前では一生懸命働くフリをするのに、それ以外の場ではさぼるので、その分こちらにシワ寄せが来る。これが理由でぶりっ子が大嫌いの女性もいます。

男性に依存しなければ生きていけない姿を見下しているから

特に今の時代は、自立した女性が魅力的であると見られる傾向があります。結婚しても働きながら子育てをする女性や、独身のままどんどん出世していく女性、起業する女性などに憧れる人も少なくありません。しかしながら、こういった自立した女性になる為には、それなりに努力も必要ですし強い心も必要となってきます。それは、なかなか大変なこと。そんな中、自分で努力せず、男性に依存することで生きて行こうとする女性を見て嫌悪する女性もいるのです。つまり、怠け者に見えるため嫌なのです。

こんな女性はぶりっ子認定!ぶりっ子女性の特徴とは?


自分では、ぶりっ子だと思っていなくても、周りからぶりっ子だと認定されている可能性もあります。特に容姿や声が可愛らしい女性は、普通にしていてもそんな風に見られやすい傾向があります。気にしない方は問題ないのですが、もし気にしているのでしたらちょっと注意して見た方が良いかもしれません。どんな言動をした時に、女性はぶりっ子だと思われやすいのでしょうか。

上目遣いをする

上目遣いを良くする人は、ちょっと注意した方が良いかもしれません。特に、身長が低めの方は気付かないまま上目遣いをしていることもあります。

アヒル口をする

アヒル口が可愛いともてはやされたこともありましたが、わざとらしくて嫌だと思う人もいるようです。これは、知らず知らずにしているということはなく、意識してやっている場合がほとんどだと思いますので、ぶりっ子認定されたくない方は控えることをオススメします。

語尾を伸ばす甘ったるいしゃべり方

話し方しだいで、その人の印象は大きく左右されるものです。場合によっては、良くも悪くも容姿よりも声や話し方の方が大きく影響してしまうこともありますので、注意が必要です。語尾を伸ばす話し方をする人や、甘ったるいしゃべり方をする人はぶりっ子認定されやすい傾向があります。

節々に見られる男性への軽いボディタッチ

男性に簡単に触ることができない方が多い中、気軽にボディタッチできる女性は敵視されやすいものです。もちろん、下心が無くても誤解されやすい行為ですので、注意した方が良さそうです。

男ウケするファッションしている

はっきり言って、女性はちょっとしたことで僻んだり嫉妬したりすることが少なくありません。また、女性に限らず目立つ人を引っ張りたくなる人も多い傾向があります。「出る杭は打たれる」という言葉がありますが、ファッションにも同じことが言えます。体のラインが見えるファッションや足や腕を露出するような服装は、仮に本人の好みであったとしても、ぶりっ子だと認定されてしまうことが少なくありません。つまり、目立つ服装を周りの女性は許せないということです。

その服装が似合えば似合う程、敵視されやすくなりますが、面白いことにこれ以上ない!と思えるほどかっこよく着こなせていると、今度は逆にその人が憧れの存在に変化します。これは、露出度の高い服を綺麗に着こなせた時点で、出る杭が、出過ぎる杭になるためです。誰も真似できないと思わせた時点で、誰もあなたを敵視できなくなるのです。

飲み会での酔ったフリ


飲み会で酔ったフリをする女性も、不快に感じる女性は多いようです。お酒を理由に好きにできますし甘えることができるので、そこにムカつくのです。

自分のことを名前で呼ぶ

自分のことを名前で呼ぶ人もいますが、わざと自分を幼稚に見せて可愛いと思わせようとしているのではないかと考える女性もいます。ぶりっ子に見える見えないは別として、やはり大人が自分のことを名前で呼んでいる姿はあまり素敵には見えません。そろそろ「私」と呼んだ方が良いのではないでしょうか。

体をクネクネさせながら話す

癖で体を揺らしながら話す人もいますが、これは可愛らしく見せようとしているようにも見えてしまいます。ぶりっ子に見られたくないなら、真っ直ぐ背筋を伸ばして話すようにしましょう。

小首をかしげながら話す

小首をかしげながら話す姿も、ぶりっ子しているように見えてしまいます。悪気がなくても技としているように見えますので、避けた方が良いでしょう。

両手を口の前に合わせて話す

カップル

これは、意外に悪気無くやっている方が多い仕草かもしれません。しかしながら、不快に感じる方もいるようです。両手を口の前に合わせて話す癖は、やめた方が安心です。

失敗した時に分かりやすく落ち込む

失敗した場合、誰でも落ち込むかもしれません。しかし、それがわざとらしく見えてしまうことがあります。すると、見ていてイライラしてしまう人もいます。

空気が読めないのではなくあえて読まない

空気を読めない人は嫌われるといった話しを聞くこともあり、自分が空気が読めていないのではないかと心配する人もいるようです。しかしながら、反対に本当は空気を読めるのにわざと読まない人もいます。いわゆる「インチキ天然系女性」です。本当に天然の女性もいますが、中にはそれを装っている女性もいます。男性は少しバカっぽい方が好きであることを知っているので、このような行動をするのでしょう。ですが、女性はそれを見抜きます。

ぶりっ子でも同性に嫌われない女性になるポイント

老若男女関わらず同じ対応をする


ぶりっ子が鼻につく女性と、可愛らしく見える女性がいます。そのポイントは色々あるのですが、一つは誰に対してもぶりっ子で接しているのかどうかです。つまり、完全にそのキャラで生活していれば、あざとさが感じられないのです。これなら、女性に嫌われることがありません。

同性に対しても褒め上手な面がある

どうしてぶりっ子が嫌われやすいのかというと、あの手この手を使って自分だけが得をしている、美味しい思いをしていると思わせてしまうからです。ですから、同性をたくさん褒めることができれば、そういったことがなくなります。褒める行為は、人間関係においてもとてもメリットがある行為。それは、時に嫉妬から自分を守ることにもつながります。

仕事ができる


ぶりっ子は、己で努力せず男性に媚びて楽をしている。そんなイメージがあるのも事実です。ですから、人一倍結果を出して認められる存在になれれば、嫌われにくくなります。「あの人はぶりっ子だけど仕事できるよね、頑張っているよね」そんな印象になれたらしめたものです。

他人の彼氏や旦那さんにはしっかりと距離を取る

同級生の男性や男性の同僚などに対して、距離が近いと感じる行為をする人も多いかもしれません。しかし、結婚した後は程よい距離を持つことが大切です。悪気がないのに、他人の彼氏や旦那さんと話をしていると、誤解されてしまうこともあるからです。

自虐ネタや失敗談を気軽に話す

オープンな人は、好かれる傾向にあります。特に自分の失敗や恥を話してくれた相手に、人は好意を寄せるもの。こちらも、自分のことを話したい、知って欲しいと思うようになります。ぶりっ子であろうが美人であろうが、このように積極的にネガティブなところを見せるようにすると、距離を縮めやすくなりますし敵視されにくくなります。

頑張り屋さんで根性がある

仕事で参加できないと断る
人は、自分よりも得をしている人にネガティブな印象を持ちやすいものです。ですから、人一倍働いていたり頑張っていたりすれば、敵視されにくくなります。ぶりっ子であろうが何であろうが、積極的にアクションを起こしている人にマイナスなイメージを持つ人はあまりいないものです。

まとめ

ぶりっ子が嫌われる理由は色々ありますが、女性の嫉妬も大きな理由であると言えそうです。中には、ぶりっ子をしているつもりはないのに、しているように見えてしまい敵視されていることもあるようです。こういったことを避ける為には、失敗を話したり人一倍働いてがんばっていたりするところをアピールすることも大切です。

また、男性の気を引くようなファッションや行動、しぐさなども避けた方が安心です。或いは、誰もまねできない程完璧にまとめて、「出過ぎる杭」を目指すのもオススメです。