値踏みする女性になってない?あるあるな特徴と克服する方法

価値観や考え方は人それぞれです。何に価値を見出すのか、もちろんそれも人それぞれであり自由です。しかしながら、いつも他人のあれこれを気にしながら勝った負けたと考えながら生きていくのは、疲れるもの。知らず知らずのうちに、そんな値踏み女になっている人もいます。値踏み女は、自分で気が付いていないかもしれませんが、周りから見ると面倒くさくガツガツとした印象があります。その為、距離を置かれることも多く、気が付けば上辺だけの付きあいしかできなくなっていることもあります。もちろん、それが本当に幸せであるなら良いのですが、案外大切なものを失っているかもしれません……。

そもそも値踏みをするってどんな意味?

ふさわしい価値を見積もること


値踏みするとは、対象物に対して主観で価値を付けることです。これは、物であることもありますが、人であったり場所であったり関係であったりと、様々なことを含みます。多くの場合、すでに癖になっているので、自分が値踏みしていることに気が付かない人もいますし、想像以上に周りから冷ややかな目で見られていることも少なくありません。なぜなら、値踏みする人はガツガツした印象に見えますし、見た目(目に見える部分)だけで容易に判断してしまうため、空っぽの人に見えるからです。また、主観で評価するので、要注意人物として認定されやすいといった特徴もあります。

恋愛における値踏み=結婚に見合う相手かまで判断する

好きになるのに理由はいらないと言いますが、値踏みする女性は、恋愛するときも結婚に見合う相手であるか判断していることが少なくありません。もちろん、大人の恋愛であれば、ある程度はこういったことも気になってくるのは当然です。

しかしながら、値踏みする女性は、恋愛の一番大切なポイントを、人からどう思われるかといったことに置くことが多い傾向があります。結婚したら、自分が幸せになれる相手かどうかという意味よりも、自分が幸せに見える相手であるかどうかということを重要視する傾向があります。その為、本気で恋愛するのが難しい場合も少なくありません。

人を値踏みする心理って?

値踏みをする人は相手より優位に立ちたい

値踏みする女性の根底にあるのは、相手よりも優位に立ちたいといった気持ちです。つまり、悪い意味で負けず嫌いなのです。負けるのが好きな方はあまりいないですから、勝つためには自分が努力して挙がっていこうとするのが一般的な考えです。ところが、値踏みする女性にはそういった自分が頑張って登っていくといった気持ちよりも、自分が損をしないようにしてくれる物、人を重要視する傾向があります。ですから、悪い意味で負けず嫌いなのです。

相手が自分より上だと落ち着かない

値踏みする女性は、いつも張り合います。それは、独身時代の持ち物や立ち位置、役職などもそうですし、付き合う相手や友達などもそうかもしれません。また、結婚しても同じ価値観のため、夫の見た目、職業、収入、住む家などをはじめ、子供の出来不出来、子供に着せる洋服や持ち物、自分の持ち物、服装など全てにおいて負けるのが許せません。つまり、他人の幸せを喜ぶことができないのです。

存在価値があることを確認したい

どうして、値踏みする女性になってしまったのか。その理由は色々あるのですが、根底に強いコンプレックスがある場合も少なくありません。その裏返しとして、人よりも上に立ちたいと考えてしまうのです。つまり、自信のなさがそうさせていると言うことです。自分の存在価値を自分で見出だすことができていないので、これ以上傷つきたくないと強く願ってしまうため、負けるということが絶対に許せません。しかしながら、実際他人は人のことをあまり気にしてないのが事実。値踏みする女性は、一人でいつも競争相手を探して競争している状態ですので、疲れやすく僻みやすいといった特徴があります。

値踏みしがちな女性のあるある

付き合う相手をルックスで判断する

カッコイイ男性と付き合いたい。それは、女性の本心かもしれません。しかし、実際に誰かに惚れるとき、多くの場合見た目だけで判断していません。性格や考え方などを好きになることもありますし、同じ価値観であることに惹かれることもあります。しかし、値踏みする女性は、自分がどう思うかよりも、周りからどう見えるかが大切なので、付き合う相手を見た目で判断することも少なくありません。また、頼みもしないのに、他人の恋人にまで値踏みし始めますので嫌われます。

相手の年収が気になる

どれだけ稼げる男性なのか。やはり、値踏み女はそこを気にします。年収が多い方が人として上であると認識していることが多いようです。稼げる男性と付き合えば良い思いができるからといった理由もありますが、そういったことは別として、稼げる男性に愛される自分に価値を見出す場合もあります。

働く会社や役職が気になる

カップル
どれだけ自慢できるのか。それが値踏みする女性にとって大切なことなので、付き合う相手の会社も非常に気になります。有名企業で働く彼氏をもつ私も凄い!そんな誤った認識をしているのです。

自分が優位でないと気がすまない

何事においても、自分が優位でないと腹を立てる値踏みする女性。同じ職場にいると、何かと厄介な存在です。自分よりも下に思っている相手には何もしませんが、自分よりも上だと思う女性には、キツく当たることも少なくありません。

常に他人の持ち物を気にしている

自分が一番でないと気が済まないので、いつも他人の持ち物が気になってしまうと言った特徴もあります。一般的な人は、自分が使いやすくて気に入ったから購入しているのですが、値踏みする女性の場合そこはどうでも良く、価値がどれだけあるものなのかが気になります。そして、良い物を持っている人を見ると落ち着かなくなります。

価値のあるものが好き!ブランド主義


価値があるかどうか、手っ取り早くそれが分かるのがブランド品やアクセサリー類かもしれません。その為、値踏みする女性はこういったものが大好きです。ブランド物を身に着けると、勝ったような気持ちになるのです。

値踏みしないための克服法

値踏みする自分に気が付いていない人もいますが、中にはそれに気が付いていて自分でも情けないと思っている人もいます。しかし、長年培ってきた性格なので、容易に変えることなどできません。これが原因で、恋人に去っていかれたり友達から嫌われたりすることも多いので、何とかしたいと思っているのですが、どうしてもそれができません。なぜなら、こういったことを気にしてしまう人は、自信のなさが原因であることが多いからです。

値踏みしない人になりたいと本気で思うなら、自分自身が努力によって何か誰にも負けない能力や技術を身につけることが一番です。あるいは、どんなに価値がない自分であっても、それでも自分は自分を愛そうと考えを改めることです。これができるようになると、考え方はがらりと変わります。他人の言動や持ち物にあまり興味がなくなりますので、気持ちが楽になります。

値踏みする人は「値踏みされ返す」ことを理解する

面白いもので、値踏みする人は、かなりの確率で値踏みされ返されます。やられたらやり返すではありませんが、された方も気が付きますし不快になりますので、攻撃されやすくなるのです。

相手の性格や内面を深く観察する癖をつける


見た目だけでは分からないこともたくさんあるものです。もちろん、見た目が全く関係ないとは言いませんが、見た目やすぐにわかる部分だけで判断して、損してきたことも本当はたくさんあるのかもしれません。相手の性格や内面を深く観察すると、思いがけない発見があるかもしれません。それが、あなたが本当に探しているものである可能性もあるのです。

まとめ

値踏みする女性は嫌われます。相手が、気が付いていないと思っていたら大間違い。かなりの確率で相手も気づいています。値踏みする理由は、自信のなさやコンプレックスが原因であることも少なくありません。変えたいなら、まずは自分に注目することです。努力して自分の力で上がっていくのも良いですし、ダメな自分を丸ごと受け入れるのもオススメの方法です。