彼女と喧嘩した男子必見!彼女と仲直りする方法を紹介

喧嘩するほど仲が良いと言われていますが、実際に喧嘩をするとやはり色々大変です。労力を使いますし面倒くさいですし。特に、理不尽な理解不能な理由で喧嘩になったときなどは、とても疲れます。どうして好きな相手と喧嘩をしてしまうのでしょうか。なぜ、想定外のことで喧嘩することになるのでしょうか。そこには、男女の違いや価値観なども理由にあるようです。

男性が彼女と喧嘩をする理由

男性と彼女が喧嘩してしまうとき、理由は案外どうでも良いことであることも少なくありません。いつもなら軽く流せることであっても、たまたま機嫌が悪かったり疲れていたりすると、流せなくなってしまう。こういった経験があなたにもあるのではないでしょうか。しかしながら、この後の対応で間違ってしまうことも多いのです。素直に謝罪して仲直りすれば良いのに、それがなかなかできない時、関係が悪化してしまうことが少なくありません。

ちょっとしたことが争いに発展

不倫をする男性の心の中【なぜ不倫をしてしまうのか?】
カップルで、ちょっとしたことが理由で喧嘩になることもよくあるものです。なぜなら、お互い相手に依存していたり関係に依存していたりする為、相手に対して気づかいがなかったり、横柄な態度をとってしまったりするからです。他の人との間で同じことが起こっても、許せたはずなのに、近い距離にあるカップルだからこそ許すことができないのです。

彼女の言動にイライラしてしまった

男性と女性は色々な面で違う部分があるものです。付き合い立てのころであれば、そこもまた新鮮で楽しかったかもしれませんが、長く付き合っているうちにそう思えなくなってくることもあります。でも、よく考えてみれば人は個人差があって皆違いますから、異なる分があって当たり前です。しかし、相手に甘えているため、つい彼女のちょっとした言動にイライラしてしまうのです。また、彼女のワガママが過ぎた時や愚痴をガンガン言われた時などもイライラすることが多いようです。

彼女のことが面倒になった

男性
ワガママを遠慮なく言ってくる女性は、面倒に思うものなのかもしれません。また、何でも他力本願のタイプや依存する女性なども、長く一緒にいると疲れてしまうかもしれません。他にも、精神が不安定の女性や気分屋の女性、ウルサイ女性なども面倒に感じやすいかもしれません。そんな時、つい怒ってしまうこともあるのでしょう。

女性関係のトラブル

これは男性の方に問題があると言えそうな理由ですが、女性関係で喧嘩することも考えられます。彼氏に浮気されて嬉しく思う女性はいません。この場合は、しっかりと謝罪する必要があります。しかしながら、心当たりがないのに女性からあらぬ疑いをかけられて喧嘩になることもあります。たまたま一緒にいた女性を浮気相手だと勘違いしたり、全くの妄想で彼氏を疑ったりする女性もいます。嫉妬深い女性などは、こういった妄想をする傾向があるようです。他にも、彼氏の言動をチェックして気に入らないと激怒するようなタイプもいますので、一緒にいる彼氏は面倒に思っても仕方がないのかもしれません。

喧嘩した彼女と仲直りするには

喧嘩した彼女とこれからも付き合いを続けて行きたいのなら、早めに仲直りする方が良いと言えそうです。自分が悪かった場合でも、プライドがあってなかなか非を認めることができなかったり、謝罪の言葉を言ったりすることができないこともあるかもしれませんが、ここは腹をくくって謝った方が良いかもしれません。謝罪を述べることと負けることは違います。一番良い方法で進めていく方が賢いと言うだけのことです。もちろん、こちらに非がない時は謝る必要はありません。

イライラしないで自分の心を落ち着かせる


イライラしたままの状態で謝罪しても、良い結果は期待できません。まずは、心を落ち着かせて冷静になってから仲直りするようにしましょう。反対に言えば、心が落ち着くまで謝罪はお預けにする必要があります。また勃発する可能性もあるからです。

出来る限り客観的な視点から冷静になることが大事

喧嘩の渦中にいると、どうしても自己中心的な思考になりやすくなりますし、周りが見えなくなってしまいます。ですから、出来る限り客観的な視点から冷静になることが大事になってきます。こうすることで、判断を間違いにくくすることができます。

相手と自分の主張について考えて着地点を決める

どちらか一方の意見だけを主張するのは、良い方法とは言えません。必ず、もう一方の中で不満が残ります。ですから、納得できるまで話し合うことが大切です。そして、着地点を決めましょう。お互いが気持ちよく受け入れられる方法を探しましょう。

とにかく仲直りのきっかけを探す


喧嘩の内容にもよりますが、熱くなっているときに、無理やり相手のご機嫌取りはしない方が良いかもしれません。余計に怒りが強くなってしまうこともあるからです。まずは、少し距離を置いて頭を冷やしましょう。そのあとで、何か仲直りできるきっかけを探すのが良い方法です。例えば、一緒に出かけてみるのも良いですし、ドライブや食事などもオススメです。

もちろん、最初はぎこちない状態になるかもしれませんが、時間が経てば打ち解けることができることでしょう。彼女の方も、あなたが思いやりを持って自分を誘ってくれたことを理解できる時が必ずやってきます。それまで待ちましょう。

連絡を取れるならばメールではなく電話がおススメ


ちょっと勇気が必要かもしれませんが、できれば連絡は電話の方が良いかもしれません。もちろん、時と場合によって難しい場合はメールでも大丈夫です。

電話で喧嘩が始まりそうならば早々に切り上げる

電話で連絡したときに、また喧嘩になりそうなときは早めに電話を切り上げるのがオススメです。火に油を注ぐ結果になりやすいからです。こういったことを避ける為にも、喧嘩したら少し時間を置いてから電話するのが良い方法です。

相手が出かけている間にプレゼントにメッセージを添えて置いておく

相手が出かけている間に、プレゼントを用意してメッセージを添えて置いておくのも良いかもしれません。言葉ではなかなか伝わらないことも、こういった方法であればまっすぐに伝わりやすいものです。

何よりも「ごめんね」の一言が大事


誰でも間違いますし失敗します。そんな時大切なのは、ごめんねの一言です。これができるかどうか、試される場面が何度かあるのが恋愛関係です。謝ることが勇気のいることであると多くの人が知っていますので、ごめんねが言えたら、相手もそこを理解して許してくれるはずです。

自分が悪くなくても反省点があれば謝ることも大事

こちらに非がないのに無理して謝罪することはありませんが、もし反省すべきことがあったのなら、ここは謝った方が良いかもしれません。こうすることで、相手もスムーズに謝罪できることもあります。

喧嘩中に彼女に言ってはいけないこと

「今さらそんなこと言うな」

多くのカップルが喧嘩します。驚くようなひどい理由で喧嘩する人もいます。それでもまた付き合いたいと思うのは、絶対に言ってはいけない一言を避けているからかもしれません。せっかく勇気を出して謝ってきた彼女に、「今さらそんなこと言うな」と言ってはいけません。もう何も言えなくなるからです。

「言ってくれなきゃわからない」

女性の中には、話下手、説明下手の人もたくさんいます。そんな人に向かって、「言ってくれなきゃわからない」はNGワードです。自信を無くして愛情も冷めてしまうことでしょう。

別れる気のない「別れようか」

本気で別れない時以外に、安易に別れを感じさせる言葉を言うべきではありません。相手は、それを信じてしまうことも多いですし、振り回されることを嫌う女性も多いので、嫌われてしまうこともあります。

「あっそ」、「うざ」と言った一言

彼女とは、良い時も悪い時もきちんと話し合いをするようにしましょう。「あっそ」、「うざ」などの言葉は、相手に対してとても失礼ですし、一気に愛情が冷めてしまいます。

まとめ

彼女と喧嘩になる原因は色々ありますが、とても小さなことであることも少なくありません。仲直りをするときは、非があれば早めに謝罪すること。もし非がなくても、反省することがあるなら謝ることです。また、喧嘩中に言ってはいけない言葉も多数ありますので注意が必要です。