ケアをさぼっていることがバレる!男性は〇〇を見て気づいていた

ケアも抑えておきたいポイントがある

日々の小さなお手入れが、後々大きな差が出てきてしまうもの。ある姿を見てしまうと、「もしかしてケアがご無沙汰?」と男性が感づいてしまうことも少なくはないでしょう。

男性視点から見た、女性のケアポイントをまとめました。逆を返せば、○○を最低限押さえておけば、綺麗にみえると言えますね。男性が思わず目に留まってしまう、女性のパーツが明らかに。

 

視界に入りやすいパーツ「髪」

ボサボサの髪

髪の毛はパーツを占める部分も大きく、自然と目につく場所でもありますね。ボサボサとしたまとまりのない髪の毛は、女度を下げてしまうだけではなく「だらしない」印象を与える要因になってしまいます。

しかし、女性ならお分かりですが、どうしても髪が上手くまとまらない日などがあるものですよね。そういった場合は、思い切って髪をまとめてしまうのがいいでしょう。

パサパサの髪

髪に潤いや艶を感じさせないパサパサとした髪は、ケアさぼりがバレるだけではなく、年齢よりも老けて見えてしまう要因のひとつです。カラーやパーマにと髪にダメージを与え続けてはいませんか?綺麗な髪色でもパサパサの髪の毛では、魅力も半減してしまいますね。

1度受けてしまった髪の毛のダメージの進行をカバーすることはできるものの、残念ながら完全に修復し、健康な髪の状態に持ってくることは不可能です。傷み過ぎた髪は、傷んだ部分を切るか、生え変わるのを待つしかありません。

プリン状態の髪

ヘアカラーをしている人は気を付けたいプリン状態。染めている髪と新たに生えてきた髪色に差がある場合に起こる現象。1度地毛よりも明るい髪色にした場合は、こまめにカラーリングをする必要があります。

周りの人へ与える印象も悪くなってしまいがちなので、こまめなお手入れができない場合は、思い切って染めない方が清潔感は保てるでしょう。

 

話している時に気になる「口元」

乾燥した唇

話していると自然と口元に視線が行きがち。カサカサと感想している唇は、男性も気になってしまう人が多いでしょう。乾燥が原因で、化粧ノリも悪い印象を受けてしまいます。

潤いを与えてくれるリップなどでのケアは必須です。いざという時のために、普段からコスメポーチに忍ばせて置くと役に立つ時が来るでしょう。

ガチャガチャ歯

日本人はあまり歯に気にかけない人が多いですが、海外では最も大事なパーツとして普段からケアに力を入れています。歯並びの良くない歯は、見た目だけではなくケアのしづらさから、虫歯などのトラブルが起きやすいと言われています。

最近では、美容として歯のお手入れをする人が増えてきました。歯並びが気になる人は、思い切って整えてしまった方がお手入れが楽かもしれません。

 

「細かなパーツ」で感じるケア不足

指先のネイル

普段からネイルをしておしゃれを楽しむ女性も多いことでしょう。おしゃれでしたはずのネイルが剥がれてしまっては、元も子もありません。

爪が伸びていたりすると間違って、誰かを傷つける恐れもありますし、衛生的にもあまり良いと言えるものではありませんね。

手入れする時間があまり取れないのであれば、自分の爪を研いで整えてあげるだけの方が、周りからの印象はいいでしょう。

ムダ毛の処理不足

夏場になると肌の露出が増え、普段見せないような場所を露出する機会が増えますね。冬場は肌を見える部分が少なくなることで、油断をする女性が増えるシーズンではないでしょうか?

共通して言えることは、見えないと油断していた箇所が、意外にも動いたりすることで見えてしまうなんてことはあるものです。めんどくさがりな女性ほど、数カ月に1回のペースで専門の脱毛サロンや医療機関で施術をしてしまった方が楽かもしれませんね。

漂う匂い

臭いと感じさせる匂いはもちろんのこと、きつすぎる香水も周りの人を不快にしてしまう要素と言えるでしょう。

また、女性もの用のアイテムは、香りが付いているものが多い傾向にあります。異なる香りを身に着けることで、香りが混ざってしまい不思議な匂いを放っている可能性も考えられます。

メインで使いたい香り以外は無香料のアイテムを使用するのがいいでしょう。制汗剤なども香りがあるものは、場合によっては汗と香りが混ざってしまうこともあるので気を付けたいもの。

 

「持ち物」で感じるケア不足

ぐちゃぐちゃのバック

バックの中身は、人に見られる部分ではないからと油断していませんか?食事の後のお会計の際に、財布を取り出す時などに意外と見えてしまう部分でもあります。

バックの整理整頓が行き届いていないと言うことは、自然と「ズボラ」な印象を与えてしまうでしょう。ゴミや不要なものは、入れないようにするだけで、バックの中の散らかるなんてことは簡単に回避できると思います。

マイナスイメージを与える服

普段着こなす洋服の状態でも、その人が普段ケアが行き届いている人なのかを自然と感じてしまう部分です。お気に入りだからと言って、毛玉やシミ、シワや色あせなどのマイナスイメージのを与える服を身に着けたりはしていませんか?

ストッキングなども気づかないうちに電線してしまうこともあるので、替えのストッキングなどを持っていると便利でしょう。

 

少し気を付けるだけで避けられる「ケア不足」

何も毎日多くの時間を費やす必要はありません。方法を変えるだけで時間をかけずに楽にケアをできる方法もたくさんあるでしょう。

おしゃれよりも清潔感を意識することで、ケアの行き届いた印象を与えることができます。無理してトレンドを追いかけたりするよりも、毎日少しずつ自分をケアしてあげることが美に繋がります。

「自分をケア=自分を労わる」ことだと思います。忙しい人こそ、普段頑張っている自分にご褒美としてケアをしてあげて下さいね。